青春、初恋、二十億光年

富井

一人で立って
愛してるって
百回言って
確かめてみた

まだまだ変わらぬ
重さに泣いた

二人で立って
愛してるって
千回言って
確かめてみた

吹くと消えそうな
安さに泣いた


言葉なんて
所詮人間がこしらえた

君に届くには
あと何光年?

わからないまま
大人になってしまった



.


.

青春、初恋、二十億光年

こんなん書いてる中学生がいたら、黒歴史になるからやめなよって言う。
でも、恥ずかしげもなくあげちゃう!私は大人だから!
どーだー!大人って汚いだろー!わはは

青春、初恋、二十億光年

散文詩。かなりえげつない。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-04

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted