足音

相模雫

ホラー系が苦手な方はご注意ください


あの家に住んでいた頃の私は就職したばかりの新入社員で、そこは自分で初めて借りた部屋だった。
一人暮らしを始めるまでは、あれやこれやと期待に胸を膨らませていたが、実際は憧れだった生活には程遠く、毎日新しい仕事を覚えることに必死で、自宅は帰って寝るくらいの場所でしかなかった。


事の発端は些細なものだった。

その日も先輩から新しい仕事を叩き込まれ、心身共に疲れ切っていて帰宅した時には思考が完全に停止していた。
ぼんやりとしたまま、ただひたすら機械的に冷蔵庫の残り物を口に運んでいた。


不意に、視界の端に何か動くものがあることに気が付いた。
ガラス戸にかけてあるカーテンの裾が、ひらり、ひらり、と揺れているのだった。

しばらく観察していると、それは同じの幅、同じのリズムで揺れていることがわかる。
最初は、ベランダから隙間風でも入っているのだろうと思っていたが、それにしてはいささかおかしい。
すぐ隣にある、もう一枚のカーテンが一切動いていないのだ。

これは相当疲れているのかもしれない。
目頭を押さえながら瞼を閉じる。
ゆっくりと開くと裾はまだ動いていた。

静かにそばまで近づいて、そっと手をかざす。
やはり風はふいていなかった。
カーテンに手をかけて勢いよく開けてみると、そこには何もなく、隙間が空いているわけでもない。
私は何事もなかったかのようにカーテンを元に戻すと、先ほどまで動いていたはずの裾はピタリと止まっている。

やはり気のせいだったとほっとして、その場から離れてまた夕食の続きを食べ始めた。


そのあと風呂から上がり、寝る準備をしていると、突然テレビの電源が入った。

映し出されたのは騒々しいバラエティ番組。
驚いて思わず画面を凝視してしまう。
それは普段見ることのないもので、テレビのタイマーをセットした記憶はない。
無意識にリモコンを触ったのかと思ったが、リモコンはテーブルの上に置いてあるので、そのようなことは考えにくかった。

生唾をゴクリと飲み込む。
辺りを見回したが、もちろん変わった様子は何もない。


私は大きく深呼吸して心を落ちつけると、何食わぬ顔でテレビを消した。

以来、あまり頻繁ではなかったが、月に数回くらいのペースで奇妙なことが起こっていた。

突然室内の照明が切れかかった蛍光灯のように瞬いたり、テレビを見ている途中で突然画面が消えたり、新品のDVDは見るたびに違うところにノイズが入ったり、ということもしばしあった。
テレビは一度、メーカーに修理を依頼したのだが、返ってきた答えは異常無しということだった。

私は次第にこれらのことに慣れてきて、気付けばそれが当たり前のようになっていた。
害はないので、あまり深く考えないようにしていた。

なんとなく、この事に囚われてしまってはいけない気がして。とにかく意識してはいけないことのように思っていた。


だが、考えまいとしていた私の嫌な予感が、現実のことになっていく。


いつものように布団で寝ていると、突然目が覚めた。
正確には意識が戻った、という表現の方が正しいと思う。

頭ははっきりとしているのに、なぜか体は動かなかった。
どんなに力を入れてもピクリともしない。

初めての経験で動揺してしまい、それが金縛りだと気づくまでにしばらくかかった。
金縛りは時間が経てば解けると聞いたことがあったので、これも一時的なものだろうと考えて、私は無理に力を入れようとするのをやめた。



すると急に、周りの空気がひんやりと冷たくなったような気がした。

その直後。
部屋の入口の方から、

ドス……
ドス……

とゆっくりと引きずるような重たい足音が聞こえてきた。
体は動かないから見たわけではないのに、何故かその気配だけで、私は直感的にこれが足音だと確信した。

次第にそれは近づいてきて、私の足元の方から横を通って頭の上を回り、反対を通ってまた足元の方へ。

私の周りをドシッ、ドシッ、と床を踏み鳴らしながら円を描くように回っていく。
足音に合わせてわずかに床が振動する。
それは次第にスピードを上げ、円の直径が小さくなる。

少しずつ私の体の方に近づいてきた。
先ほどまでは床から感じていた足音が、今ではもう自分が寝ているすぐ横の辺りから聞こえてくる。
何かが通過している風さえも感じることができた。
徐々にスピードが上がっていき、音も大きく、激しくなっていく。

それは普通では考えられないような速さで円を描き、私との距離はもうほとんどない。
踏まれる!と身構えた瞬間、足音がピタッと止まった。

静まり返る部屋の中。それまで感じていた気配が一瞬で消えた。
金縛りが解けて、ふっと体が楽になる。
緊張から解放されたせいか、体の自由が戻ると同時に激しい睡魔が襲ってきて、私のそのまま抵抗することもできずに眠りの世界へ引きずり込まれていった。



朝になって目が覚めて周りを見回してみても、いつもと何も変わらなかった。
昨晩寝た時と同じ状態の部屋がそこにある。


その不気味な出来事があまりにも鮮明に記憶に残っていて気味が悪かった。
しかし、出勤の時間も迫っていたので気を取り直して出かける支度を始めた。
あれは夢だったのだと自分に言い聞かせて。

次の晩は明かりをつけたまま寝ることにした。
昨日のことを思い出して悪寒が走り、思わず身震いをする。
布団を肩までしっかりと被って目を閉じる。
とはいえ恐怖心は拭いきれず、眠れる気がしなかった。

一度起き上がってテレビをつけ、家じゅうの電気も全てつけてから布団に戻った。
テレビの音を聞いているうちに、だんだん眠気がやってきて、そのまま静かに眠りに堕ちていった。


そして、私はこの日もしっかり意識を取り戻した。
今日は体がうつ伏せで、相変わらず指一本動かせない。

耳にはテレビの砂嵐の音が聞こえていた。
普通なら今どきの民放は深夜になっても番組をやっているし、砂嵐が映ることなんて滅多にない。
それなのに私の耳には、ザーというあの独特の音が聞こえている。
明かりがついていることには変わりがないようで、光が瞼に透けて視界はうっすらと白っぽい。

この時はまだ何の気配も感じられなかった。
息を潜めて再び眠ろうとするのだが、頭が冴えてしまってうまく寝付けない。
そうこうしているうちに部屋の入り口の方からまた

ドス……
ドス……

と足音が近づいてきた。
おそらく昨日と同じ。
私の横を通って頭の近くまで来ると、

ダンダンダンダンッ
ダンダンダンダンッ

と布団をたたくような大きな音がする。
足で踏み鳴らしているようなそれは、まるで私のことを起こそうとしているようだった。


心臓が激しく脈を打ち、全身からじっとりと気持ち悪い汗が噴き出した。

そして足音がピタッと止まる。
途端に首から上だけが軽くなった。
どうやら顔だけが動かせるようになったらしい。

思わず目を開けようとした次の瞬間、ズシンッ、と全身に何かがのしかかっているような、ひどい圧迫感に襲われた。
私は再び固く瞼を閉じた。

すると今まで瞼の裏で少しだけ明るかった視界が突然真っ暗になった。
顔にかかるわずかな風。
生温かく湿り気を帯び、フー、フー、と規則的で。
それはまるで何かの息遣いのようだった。



顔を、覗き込まれている。
光を遮られ、息遣いを感じるほどの、至近距離で。



気を抜けば何故か瞼を開いてしまいそうになる。
私は必死でそれに抗って頑なに瞼を閉じていた。

本能が、見てはいけないと警鐘を鳴らしていた。

いったいどれほどの時間が経ったのだろう。
わからないが、とにかく私は息を殺し、ただ時が過ぎるのを待っていた。



ふっと瞼の裏で視界が明るさを取り戻し、顔にかかる風がやんだ。
それと同時に体にのしかかっていた圧迫感からも解放されて「何か」の気配が消えていった。

体が自由を取り戻し、確認するように一本ずつ指を動かしていく。
ゆっくりと手を握り締めて、また開く。

恐る恐る瞼を開けると、枕元に置いていた時計が四時四五分を示していた。

いつの間にか、テレビからは早朝のニュース番組の音がしている。
体を起こして辺りを見回すが、いつもと変わらない私の部屋がそこにあった。
そこまで確認すると、やっと生きた心地がして肩の力が一気に抜けた。

今頃になって体が震えだして止まらない。
私は両腕で自分の体をぎゅっと抱きしめた。



私はその日のうちに別の家に引っ越すこと決め、すぐに新しい家を探し始めた。
引っ越すまでに2か月ほどかかったが、それまでの出来事が嘘かのように、その後は一切何も起こらなかった。

足音

わけあって怖い話に挑戦しました。
怖いのが苦手な私は最初で最後になると思われます。
このジャンルは初めて書いたので、至らない点も多いと思いますが
楽しんでいただければ幸いです。

足音

今日も眠る私の元へ、ソレはやってくる……

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted