ENDLESS MYTH 第1話-1

ENDLESS MYTH 第1話-1

Zin

長大な神話の始まり。
1人の青年が運命の大河へ脚を踏み入れる。

全次元をは今、《神話戦争》に巻き込まれる。


 昨晩のアルコールがまだ残っていた。安いウィスキーを飲んだのがまずかったのか、BARを出てから5時間、何をしていたのかまったく覚えていないメシア・クライストは、朝日がビルの隙間から梯子のように伸びる先の5メートルほどしかない短い橋の上に立ち、眼球の奥にしみる朝日を眺めていた。首の後ろから後頭部にかけて上がる気分の悪さと、重心の傾きを抑えられない倦怠感が肉体を支配しているのが分かった。
 湖面に顔を出したように視界がはっきりして意識が戻り始めて、そこが知っている場所なのに気づいた。携帯電話で時間を確認すると、6時を過ぎたばかりだった。
 とりあえず知っている場所で休みたいと考えたメシアは、アスファルトの少しのくぼみにすらもブーツを引っかけてしまう足取りで、身体を休める場所を目指した。
 街の朝は人の気配に満ちていた。彼が立っていた橋は少し路地に入ったところにあるためか、人の気配がまばらだったがそこより、少し通りの大きいところへ歩を進めるだけで、ラッシュアワーの大河へとぶつかった。この日は平日ともあって朝の人混みは喧噪を極めていた。路地から顔を出す彼の表情は明白な二日酔いが目の下に現れ、通り過ぎる人々の瞳には、怪訝のもやがかかっている。
 腹部から刺激の強いものが上がるのを喉に刺さるトゲで把握しつつも、吐くまではいかず、ひたすらに人の波の中をめまいを伴いながら歩く。
 人混みから逃げるように離れた先に、角が欠けたコンクリートの階段が現れ、彼は這うようにその三段を駆け上がると、いつも以上に重く、渋い木のドアにもたれかかるようにして開き、釣り上げられた魚のごとくすぐ目の前の長いすに座った。
 朝とあって人の姿はないが、古い教会の天井付近にあるステンドグラスから朝日が中央付近へ降り、神々しい朝の空気が張り詰めている。
 メシアは自分が場違いなのを理解しながらも、そこで時間にして20分、全身の力を抜き、ぐったりと横になっていた。
 奥の色あせた木製の分厚い扉が開き、1人の男が礼拝堂に入ってきた。中年の男である。
 丸い眼鏡をかけた男の姿は誰が見たとしても、神父とすぐに分かる黒い衣服を着用して、手には分厚く、古びた聖書を持参していた。
 マックス・ディンガー神父は丸めがねの奥から礼拝堂の一番奥の椅子に立ち膝をしている男の姿をすぐに見て取り、軽く微笑した。
「また朝まで呑んでいたのですか?」
 神父の声は溜息のそれと同じである。これで何度目か、という溜息である。
「とりあえず水を」
 力のない腕が椅子の奥から天井に上げられ、神父に助けを求めていた。
 やれやれと首を振る神父は、聖書を横の台に置き、一度おくへと引き返し、3分ほどで戻ると、打ち上げられたわかめのようなメシアへ水の入ったグラスを差し出す。
 身体のバランスがとれない彼がようやく身体を起こし、ステンドグラスの光が乱反射するグラスを握りしめ、一気に水を喉の奥に流し込み、顔の中心に皺を寄せ、自分のふがいなさと多少はスッキリした気分を、大きな呼吸で表した。
 神父は人差し指の第一関節の甲をくるりと丸めて眼鏡の縁を押し上げる。大きさが合わないのか、定期的に眼鏡を押し上げなければ、鼻の下まですぐにさがってきてしまっていた。
「気分が良くなるまでここで休むといい。まあ、君のことだ、そうするだろうがね」
 嫌味のない笑みを浮かべ、メシアの肩に手を置いてから、革靴を古いコンクリートの床で鳴らしながら、奥へと戻って行った。
「ありがとうございます」
 一応の挨拶はするものの、毎回のことだけに悪びれる様子のないメシア・クライストである。
 奥の木戸が閉じるのを見届けてからふと壁際の置き時計へ眼をやる。赤ちゃんの様相をした2人の天使が時計を掲げているデザインの時計。その針は6時半を過ぎたことを彼に提示している。
 仕事に行く準備をしないよ。いったん、家に帰るか。心中で呟き、さっきよりは姿勢を保てる身体を起こす。と、手にコップを掴んでいることに気づいた。
 家の次ぎに親しみのある建物だから、見取り図は完璧であり、自然と神父が戻った木戸を開け、小さい中庭を抜ける廊下を通り、神父の母屋へと脚を踏み入れた。
「コップ返しにきたよ」
 水分を摂取したそばから乾く、どくどくの二日酔い症状がある舌先で神父を呼ぶ。
 が、奥から聞こえてきたのは、言い争いをする声であった。
「どうして分かってくれないの」
 若い、少女の幼さが残る声色が激しく拒否する声だ。
「君こそ何故わからない、マリア。もうここは君の居る場所ではない。独り立ちの時だ」
「分からない。お父さんはわたしをどうして追い出したいのよ」
 丸い眼から滴が今にもこぼれおちそうになりながら、彼女は神父を睨むように見つめていた。
「マリア・・・・・・」
 神父の分厚く、太い指が彼女の小さい頭に触れた。
 が、彼女は神父の腕を振り払い駆けて部屋を出て行った。
 部屋の出入り口でコップを手にしていた彼の横を、細身の彼女が通る。その顔には気まずさがにじんでいた。
 突然の事にコップを持った手を上げたまま呆然とするメシアを神父はみやった。丸い眼鏡の奥の眼はペンで書いたように細くなってはいるが、目尻の皺には苦いものが浮かんでいる。
「追いかけてくれますか」
 まだこめかみの辺りに締め付けるものがあるメシアは、コップを入り口付近に置かれた棚に置き、足早に踵を返した。
 丸めがねを人差し指で押し上げ、後ろで腕を組むと1つ溜息を吐いた神父は、数歩先の淡い赤色のクロスがかかったテーブルの上に、テレビのリモコンと無造作に置かれた携帯電話を見つめた。


第1話―2へ続く

ENDLESS MYTH 第1話-1

ENDLESS MYTH 第1話-1

朝焼けに昨晩のアルコールが残る吐息をはきかけ、恋人が暮らす教会へと向かったメシア・クライストは、そこで恋人マリア・プリースと父親代わりの神父が喧嘩をしている場面に遭遇する。 飛び出したマリアを探し、真夏の日差しの中を海辺へたどり着き、彼女の父へ対する思いを耳にする。 だが、2人の頭上から運命の光が降り注ぎ・・・・・・。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-03-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted