赤色の君の、

御兄様

*出会い

赤いレインコート。
不釣り合いなほど大きなマスク。
さらりと長い黒髪を揺らして、彼女は。

「わ、わ、わた、わたし、き、きれ、綺麗?」

なんて。
隣の友人が後ずさりをしている中、綺麗と言える材料を探す。


だけれども


「……いや…」


そんなマスクじゃわからないし。
初対面なのに。


それに、

だって、

何より、


「可愛い系な気がするよ」

「…………………………へ?」

間抜けな声を漏らした直後、途端にレインコートと同じくらいまで赤くなった彼女に。


「っ、」


僕は友人が恋に落ちる瞬間を見た。

赤色の君の、

ホラーなのかわからんかったけどタグつけた!
ホラーもとめてるひとごめんよぉ(ゲス顔)

さて。
今回登場する赤色の君は、
スーパーネガティブコミュ障***ガールです。
いつか、貴方のそばにも現れるかもしれません。

赤色の君の、

もしも。 一目惚れした相手が****だったら。 貴方は、どうしますか? 普通の男子高校生が恋に落ちたのは。 普通ではない、女子高校生。 その攻略の難易度は、未知数。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-01-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted