女神の誓い

御兄様

*ProloguE

知らなかった。

そうだ、知らなかったのだから、仕方ない。
あんなもの、誰かに教わらなければ知るわけがない。
私は悪くない……と、思う。

……いや。言い訳は良くない。

確かめなかったのも、勝手にやったのも全て私だ。
騎士たるもの、過ちは認めなければ。
罪を、過ちを認め、償い、己の糧として精進する。
そう、誓ったはずだ。


だのに――…

女神の誓い

厨二感わしわしMAX!(乂'ω')マックスヤデェ

恋に不慣れで。

憎しみも恋も、尊敬も、
どれが恋かもわからずに、
それでも気になるのはなんででしょう。

女神の誓い

恋も知らない15歳。 そんな女の子は、沢山いるかもしれないけれど。 私が誓ったのは契ではなく忠誠のはず。 なのに――… 婚約から始まる、三角の誓い。 恋を知らない少女は、この街の…女騎士。 対するは、元指名手配にして、彼女の――

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-01-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted