カブイテ歌舞伎☆

ホーロー・ジャッキュー

    カブイテ歌舞伎☆

花形と花形の恋模様を描いた、男歌舞伎役者と女歌舞伎役者の話は大反響!

やんややんやの大喝采!

しかーーし、美しい、花形の男女に嫉妬するやからがわんさかわんさか!!

醜い嫉妬の炎を燃やしつつ、花形の男女の恋を引き裂いた!!

そのあと!何を思ったか男歌舞伎役者は、目も当てられないようなぶさいく売女を

連れて歩き回った!!

驚いたのは周囲の嫉妬していた老若男女!!

なーーんであんな女を連れて歩くのかと喧々囂々!!

女歌舞伎役者もまた、しょーーもないヒモ男を連れて歩き回る姿が目撃される!

またまた周囲の人間が、なんでしょうもないヒモ男を連れて回るのかと

泣き出す始末!!

いつの時代も芸能の世界は変わりません。

美しい異性を連れて歩けば嫉妬され、しょうもない異性を連れて歩けば嘆かれる。

そこで、思いついたのが、美しい同性を連れて歩くこと。

これなら周囲の人間たちも納得のはずである・・・。

と思いきや!!外国からの謎の文化の流入により、美しい同性の恋人を連れて歩けば、

なにやら、げい?だとかれずびあん?などという言葉が流入!

人々はなぜか洗脳され、それは異常であるなどと思い始めた!!

それにより、恋人であるなどということは伏せなければならないという事態が発生!

同性を恋人にすれば今度は異常であると周囲に罵られる始末!!

それによって、同性の恋人はただの同性の友人であるということになってしまった。

恋人であることを周囲に知られてはならないので、外ではいちゃつけない!!

それによって、秘密の組合が出来上がり、なぜか謎めいた秘密裏のクラブのような感じになってしまった!!

カミングアウトできない恋の苦しみ!!!

それにより、また美しい異性を連れて歩くものが多発!!やっぱり嫉妬の対象になるが・・ならない時もあり、

あ?なんだろ・・ならないときもあるんだなーーー、みたいになってきて、

また、美しい同性を連れて歩けば、ミステリアスな同性との恋の炎がちらちらと・・・周囲にみえるらしく

ますます魅力的にみえるなどと周囲が言い出した!!

どっちにしろ、しょーーーもないのを連れて歩いたら、イメージダウンにはなるかなーーー

みたいに思い始め・・・芸能人としては美しいのを連れてあるかなきゃならないかなーーー

などと芸能人の自覚が芽生え始めた・・・!!

かぶく!歌舞伎役者はかぶいてなんぼ!

常に美しく装うものだと、かぶくやつらの芸能恋模様!!これからもワイドなショーで恋の行方を見守る次第でございます・・

おあとがよろしいようで・・・。

   おしまい

カブイテ歌舞伎☆

カブイテ歌舞伎☆

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-12-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted