魔法のお薬

魔法のお薬

大沢アルマ

馬鹿みたい

いや

馬鹿だね

あの人はもう私の事なんて

とっくに忘れてる

過去の傷にすらなっていない

私はあの人の中にはもう存在しない

知ってた事なのに

分かってた事なのに

事実を付きつけられると胸が苦しい

まぬけな話し

惨めな話し

恋しい気持ちは悲しみへと変わる

いっその事 繋がりを全て断ち切ってしまおうか

Skypeの中のあなたの黄色い点灯

今の時間にどこへ出かけたの?

もう そんな事を考えるのも嫌

どこかに記憶をなくすお薬ありませんか?

私の人生の全ての記憶を失っても構いません

あの人の事を忘れられるのなら

何を犠牲にしても構いません

どこかに魔法のお薬ありませんか?

魔法のお薬

救いようのない気持ち、記憶。時間が解決すると言うけれどそれまで待てない時もある。

魔法のお薬

ポエムです。一方通行な気持ち。相手の心に傷ひとつ、つけられない恋。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-12-16

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted