SS43 陰影の哲学

ぷにょ

光が当たると影が出来る。それはなぜ?

「面白いよね。なんで光の当たった反対側は黒くなっちゃうのかな?」
 夕日で赤く染まった身体をいくらターンさせても、影は必ず纏わり付いてくる。
”何にでも光と影はあるものなのさ”
「それって答えになってないじゃない」
”そうかな?”僅かな沈黙を挟んで言葉は続く。”じゃあ、さっき雄太が転んだお年寄りを抱き起してあげた時、財布を抜き取ったのはどうしてだい?”
「それは……、痛そうにしてたからかわいそうだと思ったんだけど、つい、いつもの癖でさ……」
 悪かったと思ってるんだよ。そう言いた気な雄太の口は語尾が掠れるように小さくなった。
”ね、君の中にもちゃんとあるでしょ? 陰と陽。だから外見もそう見えてしまうのさ”
 分かったような分からないような曖昧な顔で、雄太は自分の暗い部分を見詰めて項垂れた。
「影をなくすにはどうすればいい?」
”そんなことは簡単さ”
「ホント?」
”雄太が輝けばいい。そうすればもう影はできないよ。
 だけど、今度は他人に影を作っちゃうけどね”

SS43 陰影の哲学

SS43 陰影の哲学

光が当たると影が出来る。それはなぜ?

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-12-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted