心変 第一話

逢坂美之

私は私の幸せの為に彼を殺した――

(ハーッピバースデーィトゥーユー……)

 バースデーソングを呟きながら、薄暗い部屋の中で独り、細いロウソクの火を消した。
 今日は私の誕生日。そして彼の命日。
 私は私の幸せの為に、彼を殺した。だがこの先、私が捕まることはない――。
 今夜一緒に祝福してくれる筈だった親友の亜沙美(あさみ)は、数分前に部屋を出ていった。涙を流しながら去って行く彼女を、追いかけることはできなかった。やはり亜沙美には相談しておくべきだったのかもしれない……。しかし正義感の強い彼女の事だ、今の彼女では私の心は理解できなかっただろう。いつか彼女も分かってくれると信じて、今は時が過ぎるのを待とう。時間は十分にあるのだから。
 いつも付きまとっていた清治(せいじ)という男は、もうこの世には居ない。これからは自分の行いを制限する必要も、誰に気兼ねする必要もなくなるだろう。それが少し寂しくもあり、嬉しくもある。
彼は私の兄のような存在であり、よき理解者だった。それも今日でお仕舞いだ。もう彼の姿を見ることはない。
 彼と出会って十五年。これで私は解放される。

心変 第一話

今後の参考に、是非ご意見・ご感想をお待ちしています。

心変 第一話

殺人や反社会的表現を含みます。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • サスペンス
  • 青年向け
更新日
登録日
2014-12-09

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND