『 うっかりと神の領域 』

熊亀

タンスと王将が僕らの周囲を跳ね回り、胸ポケットでクマさんがはしゃいでいた。
肩の上で踊るレーテリアを見て、僕とパパは思わず笑ってしまった。

大変な毎日だけど、僕はこんな毎日が大好きなんだ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


作業中のパパはとってもカッコイイ。
真剣に木材を見つめ、彫刻刀をまるで自分の手のように巧みに扱う。

「……」

一彫り一彫りに魂を込めていく。
全力で素材と向き合う事で、自然と素晴らしい作品が出来るんだって、パパはいつも言っていて。

「……」

集中して作業すること一時間弱。
それはそれは見事な、木彫りレーテリアが出来上がった。

狩りをしている時の躍動感溢れるポーズ。
獲物を見据える険しい表情。

やっぱりパパは、世界一の職人さんだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「あ」

躍動感溢れる小さな木彫り像が、小刻みに震え始めた。

「ああ」

結局、やっぱり、いつものパターン。
まばたきをして伸びをして、レーテリアは大きな欠伸を一つ。

「あああ」

忘れもしない八年前の誕生日。
僕に贈るプレゼント用に、パパは全力でクマさんを彫ってくれたんだ。
全力過ぎて、気持ちを込め過ぎて、木彫りのクマさんに命が宿ってしまって。

「これじゃ、また売り物にならないな」

あの日からパパの作品は、生物はもちろん、タンスやナベぶたまで魂を持つようになってしまった。
将棋の駒ですら自由に動き回る始末。

「せめて愛想を振りまいたり、他人に懐いてくれれば良いんだけどね」

肩によじ登ってくるレーテリアに苦笑い。
彼らは僕らにしか懐かないし、面白がって買ってくれた人に襲いかかった事もあった。

「……すまん」

一彫り一彫りに魂を込め過ぎた結果、世界一の木彫り職人だった僕のパパは、貧乏な想像主になってしまったんだ。

『 うっかりと神の領域 』

『 うっかりと神の領域 』

極短小説。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-11-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted