『 意地悪少女とシャボン玉 』

熊亀

来る日も来る日も僕はシャボン玉を吹いた。
雨の日も風の日も雪の日も、毎日吹いた。

ある曇った日。
信じられないくらい、とんでもなく大きなシャボン玉が出来た。
感動して涙が溢れ出るくらい大きかった。

ぱちん

彼女の手が音もなく伸びて、躊躇いなくソレを割った。

「やっぱり」

とことん性格が悪いんだ。
最高傑作が出来たら、やると思ってた。

「おかえり」

薬も医者も治せなかった、連れて帰れなかった彼女を、ついに僕は取り戻した。
シャボン玉と、根気だけで。

『 意地悪少女とシャボン玉 』

『 意地悪少女とシャボン玉 』

極短小説。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-10-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted