『 仲良しな二人 』

熊亀

「私は交番に届けた方が良いと思う」

「うん、僕もそう思うよ」

とっても仲良しな二人。
二人の意見は、いつだって一緒。

「この服、買ってもいいよね?お小遣い残ってるし」

「そうね、買っちゃいましょう」

とっても仲良しな二人。
二人の意見は、いつだって一緒。



「お前って、良いことする時も悪いことする時も全然迷わないよなぁ。この前だってほら、担任の車に落書きした時、お前だけは全く躊躇わずにやってたしさ。そうかと思えば、拾った一万円を悩まずすぐに交番に届けて。普通、頭の中に天使と悪魔が……」

とっても仲良しな二人。
二人の意見は、いつだって一緒。

『 仲良しな二人 』

『 仲良しな二人 』

極短小説。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-10-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted