『 矗 』 

熊亀

アオバラセドアマダラキセグモは変な蜘蛛だ。
それを飼っている私も、変な女だ。



じわりじわりと近付いていく。
糸に絡まり逃げられない小さな羽虫に、一日一歩ゆっくりゆっくり。
空腹で死にそうになりながら、ゆっくりゆっくり。
恐怖で羽虫の味が良くなるのか、ただ鈍くさいだけなのか。
獲物を狙わない時は無駄に素早い事を考えると、前者なんだろうけど。

「また蜘蛛ちゃん観察?本当悪趣味だよ、お前」

頭を撫でながら、笑う彼。

「うるさいな」

彼の視線が痛いくらい右肩に刺さる。
やっぱり見てるんだ。

矗。
私の肩で育つ珍しい病気。

この病気だと分かった直後、今まで結婚をやんわり避けていた彼が突然プロポーズしてきて。

じわじわ死んでいく私を想ってくれたのか、私と一緒で悪趣味なだけなのか。
前者だと思いたいんだけど。

「……本当変わってるよなぁ。うん、お前は、まったく」

頭を撫でていた手が右肩に伸びる。
愛おしそうに矗を撫でてる。

前者だと思いたいんだけど、たぶん。

『 矗 』 

『 矗 』 

極短小説。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-10-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted