『 世界一華やかに呪われた少女 』

熊亀

灰色の化け物に対抗する手段なんて何もなかった。

ただ一つ、僕の脳味噌から離れてくれない『あの日の奇跡』を除いて。

「舗装された道なんて、久しぶり」

無邪気な笑顔。
とっても楽しそうに、彼女は歩いていく。

『ピギィヤァァァ』

生体アスファルトの断末魔。
幾重にも幾重にも塗り重ねられたソレを突き破り、彼女の足跡に黄色くて可愛らしい花が咲いた。

。。。。。。。。。



自我を持たせてはいけない。
効率面しか見ていなかった人類がそれに気付いたのは、世界中から『自然』が消え去った後だった。

「助けてください。人類を、世界を」

大地や木々を塗り潰して『自然』をしっかりと舗装した後、次に狙われたのは『生物』で。

「お断る」

灰色の化け物への対抗手段は、ただ一つ。
世界で唯一自然が生き続ける森に暮らす、不可思議な少女の力だけが頼りだった。

「世界とか人類とか、そんな重いモノ背負いたくない」

正直、駄目なのは分かっていた。
今まで世界が彼女にしてきた理不尽な仕打ちを考えれば、快く引き受けてくれる訳がないことくらい。

。。。。。。。。。


不気味な力だと、恐れ、嫌い、世界の隅っこに追いやった。
消せる筈のない愚かな過去が、最後の希望を吹き消そうと……。

「散歩って事なら、別に良いけど」

頭を抱える僕とは対照的。
気の抜けたトーンでそんな事を言いながら、いつの間にか少女は出掛ける準備を始めていた。

「あ、え」

鼻歌混じりに彼女が開けたクローゼットには、真新しいふりふりの洋服たち。
可愛らしい靴。
帽子に、ベルトに。

「散歩、お出掛け、ピクニック。世界を救う旅以外だったら、呼び方は何でも良いから」

がさがさとそれらを漁る横顔は、普通の女の子そのもので。

「お兄さんが望むなら、デートでも良いよ?」

クローゼットの前が、あっと言う間に色とりどりの花畑になっていた。

『歩いたところにあらゆる法則を無視して花が咲く』

それがあの日僕を魅了した彼女の奇跡。
世界中が不気味だと罵った、彼女の奇跡。

『 世界一華やかに呪われた少女 』

『 世界一華やかに呪われた少女 』

極短小説。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-10-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 。。。。。。。。。
  2. 。。。。。。。。。