幕がおりるまで

ソフォクレス 作

油谷友貴のフォト蔵内のテストアルバム 編

ある日彼は鼻の持ち主から逃げ出した。
持ち主の平素のあこがれているゴトウカンとなって。
ゴトウカンの格好をしてマントを着込んで馬車に乗っていなくなった。
アカーキイの彼本人より大切な外套のように、このハチトウカン本人よりも大切であり願望そのものである
鼻が逃亡を企てた。

場所はペテルブルクだ。

さあ造物主に向って言うがいい!

幕がおりるまで

幕がおりるまで

ゴーゴリとソフォクレスと小島信夫に影響されて、舞台を日本のいなか町にして短編を書いてみました。 どちらかというと図らずもクロードシモンの風味が出てしまったようですけどユーモラスさには値打ちがあると思います

  • 小説
  • 掌編
  • 幼児向け
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted