空ばかり見つめて

まど

 空ばかり見つめて何になろう
 鮮やかに突き刺す太陽光に目玉を毒されて
 冷たい雨粒に視界を濁されてまで?

 空ばかり見つめて何になろう
 先に薄っすらと見える広大な宇宙に怖気づいて
 掴めそうで届かない雲の節々に虚しく思いを馳せてまで?

 空ばかり見つめて何になろう
 お前を魅了する雲の行方を追うあまり
 涯の断崖から足を踏み外す無様な愚か者共よ

空ばかり見つめて

空ばかり見つめて

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND