歯車の創傷

まど

  1. HalLUCinAtiOn
  2. 勲章
  3. Gallery
  4. 時限爆弾
  5. 林檎花火
  6. Mechanical Flowers

六つの詩で、一つの詩という形です。

HalLUCinAtiOn

『蒙昧ネオン、蜃気楼』
 鏡の中に僕は幽霊を見た 幽霊は
 忽ち金属質の液状に蕩けて
 蛇口を通して皮膚に溶け込み
 血液を辿って心室に居座った
  
『防空ネット、警告音』
 幽霊の歌が耳の奥にこびり付く
 幽霊の髪が瞳の裏まで競り上がる
 幽霊の爪が心臓の壁を掻きむしる
 叫ぶも 僕にそれを止める手立てはない
 
『監視カメラ、蓄音器』
 一度外に出れば 夥しい数の目玉が僕を睨みつける
 空中に 地上に ビル群の隙間に 前を歩く人の背広に
 僕が何かしようものなら 目玉は一斉に喚きだす
 血走った眼を半球に割って 幽霊の声で喚きだす
 
『無声ラジオ、処方箋』
 鏡には 病的に青い 海蛍色の幽霊が浮かぶ
 背後で 涎を垂らしながら分裂していく目玉の群衆
 耐え兼ねて鏡を殴り割れば
 幽霊も目玉も消えて 僕の血液が鮮やかに滴った

勲章

 雑居ビル2階
 冷えたコンクリート廊下の隅に
 染み出す雨水が闇の澱を生んでいる
 
 背筋のひどく曲がった店番は 
 窓越しに空を見つめる
 小さく千切れていく薄紫の大雲
 排水パイプの口から垂れる水が
 じわじわと石を削っていく
 
 雑多なアンティークに塗れた部屋
 ゴミ箱に詰まっているのは
 紙魚に食われた啓発本と
 血と汗の染みついたユニフォーム
 
 彼の心臓は語りだした
 
「お前は一体どこにしまった
 かつて真っ直ぐに張った胸にて
 貴い輝きを誇らしげに放っていた
 あの 黄金の勲章を」
 
 彼は答える
「錆びたから捨てたのさ」
 
「錆びたのは誰の責任だ
 少しヒビが入った不格好さに絶望して
 自分より立派な勲章に
 自身の勲章を 恥じ入ったのではあるまいか」

 彼は答える
「簡単に壊れる勲章を 信用できなくなったのさ」

「勲章はお前の確かな爪痕だ
 ゴミ箱に打ち捨てた生きた証を
 再び漁り返すつもりはないか?」

 彼は答える
「下品な真似はできっこないのさ」

 心臓は諦めてまた無言になる
 彼はまだ空を見つめている
 少し拳が固い

Gallery

 僕は絵を見ている
 額縁に囲われた絵を見ている
 名も知らぬ作者に描かれた絵を見ている
 笑い合って 手を取り合って
 そんな ありふれた絵を見ている
 
 僕が一歩 絵の前に踏み出すと
 宝石で彩られていた触れがたい額縁が外れ
 切り取られていた景色が時間を浴びて
 流れ出した映像は現実に投影され
 笑い合っていた顔が僕に向けられて
 取り合っていた手が僕に差し出されて
 そして僕もその手をつかんで
 
 そんなありふれた夢を願いながら
 錆びた車椅子に乗せられたような気分で
 僕は絵を見ている

時限爆弾

 愛を知った私は 少し遅れて憎しみを知りました
 紙一重の転換点はきっと
 幸と不幸の天秤が大きく崩れる時

 幸福とは 時間で薄れゆく消耗品
 だから我々は それが消えてしまわないよう
 抱擁によって互いの幸せを調節し合い
 その総量を 愛する人と同量に分配する

 しかし あなたは私の差し上げた幸福を奪い去り
 あろうことかそれを費やそうとしている
 愚かな男に 愚かにもあなたはそれを費やそうとしている

 あの頃のキッチンタイマーは今も動いています
 しかし いつ壊れてしまうか分からない
 分水嶺は 私にも不明瞭です
 平穏な時を刻んでいたタイマーが ある時刻を指すなり
 一瞬にして 一切を破壊する残酷な爆弾に変わる

 今日は 悪魔の寄り添う十六日
 あなたが狂気と言い捨てた私の感情は
 あなたへの純粋な愛に他ならなかった

林檎花火

 脈動する心臓大砲から打ち出された
 血液結晶の光を放つ 林檎が一つ

 林檎は空に昇っていく
 よろよろと緋色の軌跡を垂らしながら
 絶えず働きかける絶対重力を遠くに振り切り
 地平の果てまで覆われた 闇色の緞帳を斬り裂いて

 そうして間もなく辿り着いた頂点にて
 林檎は轟音で爆発する

   同心円状に破裂する果肉
   一等星も霞む果汁飛沫の輝き
   噴き出た化学的緑炎は一層燃え上がり
   花火の残滓が地べたを這いずる蟻共を焼き殺す
  
 それは一瞬だった
 月の消えた夜空 誰もいない河川敷で
 ひっそりと終える 林檎の復讐

Mechanical Flowers

 宇宙色の闇の下 腐食した土に押し出されて芽吹く
 一方は巻き螺子 一方はコイルの
 見るからにアンバランスな双葉対

 システマティックに成長していく芽
 電源供給と駆動部品に頼らなければ
 一人で咲くことも叶わない きわめて惨めな植物だ

 養分となるべき空気で錆びて 雨水に狂わされる
 所詮は誰かの捨てた 廃材の寄せ集めでしかないから
 その癖 細々な手入れが必要なのだから厄介なものだ

 きれいに咲いている隣の花が恨めしくて
 時折 雌螺子の隙間から蝋蜜を垂らしてみせるが
 自分が錆びない為だけの潤滑油に 無邪気な蝶は見向きもしない

「生まれたからには気高く生きねばならないが
 一向に花になれない偽物の自分に
 どう咲けと言うのだろうか」

 怒るように嘆く花はしかし気付かないのだ
 彼の周囲一面に咲く綺麗な花々もまた
 花畑に埋もれるため 懸命に花を模した機械であることに

歯車の創傷

歯車の創傷

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND