傀儡

まど

学校の帰り道 花弁をもいで吸った蜜
ホームランボールを探しに入った草むら
タイヤで作った秘密基地 駅は絶好の隠れ場所
裏山の木に登って 境内でかけっこして
近くを流れる清流で 泳ぐ魚を手掴みする
 
誰のものでも無いと 言い張っている自然達
そのうしろに 細く何かが見える
じっ と 見てみれば
それは 天に続く糸 
今にも千切れそうに ピンと張った糸

気づけば どこもかしこも糸だらけ
赤外線センサーのように張り巡らされた
糸を迂闊に手繰り寄せれば
誰かの怒りに触れて
突如降りかかる落雷に手痛く焦がされる

「みんな 傀儡に過ぎなかった」
アルバムに綴じられた写真に
小さな呟きが落ちた

傀儡

傀儡

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND