『しあわせな王子』

白黒猫

ある病院に、ひとりの少年が入院していました。
少年は重い病気にかかり、外で遊ぶことも出来ずに孤独に眠っています。
目元には泣き腫らした痕が残っており、可哀想な少年を誰もが哀れんでいました。

ある日、そんな少年のもとに不思議な人物が現れて、こう言いました。
「わたしは魔法使いだ。きみのその病気を治してあげよう」

少年が不気味に思っていると、その魔法使いは少年の手を握りました。
すると不思議なことに、少年の病気はあっという間に治ってしまいました。

「魔法使いさん、ありがとう!」
少年がお礼を言うと、魔法使いは静かに微笑み、姿を消しました。


ある病院に、ひとりの少女が入院していました。
少女はある日事故に遭い、目が見えなくなってしまいました。
その目は悲しげに閉じられており、可哀想な少女を誰もが哀れんでいました。

ある日、そんな少女のもとに不思議な人物が現れて、こう言いました。
「わたしは魔法使いだ。きみのその目を治してあげよう」

少女が不気味に思っていると、その魔法使いは少女の手を握りました。
すると不思議なことに、少女の目は視力を取り戻し、閉じられていた目には光が戻りました。

「魔法使いさん、ありがとう!」
少女がお礼を言うと、魔法使いは目を閉じて微笑み、姿を消しました。


ある病院に、ひとりの青年が入院していました。
青年は心臓の病気で、何年も病室から出られませんでした。
いつ尽きるかもわからない命に恐怖し、可哀想な青年を誰もが哀れんでいました。

ある日、そんな青年のもとに不思議な人物が現れて、こう言いました。
「わたしは魔法使いだ。きみのその心臓を治してあげよう」

青年が不気味に思っていると、その魔法使いは青年の手を握りました。
すると不思議なことに、青年の心臓はあっという間に健康になり、元気な鼓動を刻み始めました。

「魔法使いさん、ありがとう!」
青年はお礼を言いましたが、魔法使いの姿はどこにもありません。


魔法使いはたったひとりで、ほかには誰もいない場所にいました。
魔法使いは眠っています。
魔法使いはとてもしあわせな気持ちで眠っています。
いつまでも、いつまでも。

『しあわせな王子』

究極の自己犠牲。
王子はしあわせに生きたのでしょう。

『しあわせな王子』

グリム童話の恐ろしさ

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted