愛しい彼らに幸があらんことを

甘乃

愛しい彼らに幸があらんことを

 スルリと、通り抜ける手。
  それは存外あっけなく、彼らの肩を突き抜けた。とはいっても、物理的に貫いたわけではない。水に手を入れても通り抜けるような、そんな感じだ。
  しばらく、通り抜けた何も感じない透けた手を見て、すっと目を細める。いつからか始めたこの習慣。
  今日は触れられるんじゃないか、明日は触れるんじゃないかと、ありもしない希望に縋り付いているこの習慣。

  あの日身を投げたのは、自分だというのに。

  全てをかなぐり捨ててでも守りたかった彼らに、最後は全部裏切るように身を投げた。
  泣きながら俺を止めに入る彼女も。怒りながらこちらに突進してくる彼も。驚きで動けない彼女も。強すぎて、こちらが目を逸らしたくなるような眼光を向ける彼も。
  「……帰りたいなぁ」
  思わず呟いた言葉。後悔先に立たず、とはよくいったもので、この拷問のような状況に膝をついてしまいそうだ。自分で選んだ道のくせに。
  ふ、と耳に入る涙声。自分の名前。ああ、そういえば今は葬式の最中だった。
  鬱々とした空間に、鼻を啜る音や、お経が相まって、そこには悲しみと陰鬱な空気が漂っていた。
 もし、ここで俺が現れて、「うそだよ、ごめんね?」っていえたら、どんなに幸せだろうか。あんな奴のために死ぬんじゃなかった。まあ、俺が死ななかったら、今頃彼らも死んでたけれど。それを考えると、やはり死んでよかったのかもしれない。触れれないのが辛くて、存在を認識されないのが苦しいけど。
  こんな未練タラタラでも、やはり彼らには幸せになって欲しいと想うのは、いけないことだろうか。
  最後の遺言だとでも思って受け取ってくれないかな。彼らはきっと受け取らないだろうけど、そもそも聞こえてすらいないだろうけど、
  「君たちの幸せを永遠に、願うよ……」


 呟いた時に、彼らがこちらに振り向いたのは、気のせいじゃないと信じたい。
  もう、確かめるすべはないけれど。

愛しい彼らに幸があらんことを

この作品をお読みいただきありがとうございます!
もしよろしければ感想などもぜひ

愛しい彼らに幸があらんことを

注意:死ネタ(死亡)表現有り。グロはありません

  • 小説
  • 掌編
  • 青年向け
更新日
登録日
2014-08-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted