めだまの神 デシューバギル2

ホーロー・ジャッキュー

デシューバギルはあるとき、

すごい素材を手に入れた。

花火という、映像だ。

その花火はすごいレベルで、

稀代の花火師が

作った花火だった。

この花火の映像と、

このコスプレをした人々の映像を

くみあわせ、魔法の世界が

あるように作った。

我ながらうまくできた・・・。

とデシューバギルは思った。

そしてそれを、電柱の下に放置した。

一週間立つと、その作品が、

消えていた。

誰か気に入って持っていったのか?

そう思って、ふと外を見ると、

なんと映画館に、その作品が、

そのまま上映されていた。

    おしまい

めだまの神 デシューバギル2

めだまの神 デシューバギル2

めだまの神、作品を創り電柱下に放置。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted