猫よりももっとずっと

さち

イケメン幕末の二次創作です。
お相手は沖田総司さん。
ヒロインの名前ははなとさせて頂きました。
名前変換はありませんが、気分だけでも夢小説として読んで頂けたら嬉しいです。

ねこガチャの沖田さんのミニシナリオのイメージですので、ネタバレ要素がございまのでご注意下さい。
まだあんまり沖田さんと親しくないため、別人でごめんなさい!

.


「あんな可愛い猫が来てるんですね?」

剣の手入れをしていると、廊下からはなさんの声が聞こえた。
どうやら山崎に案内されて、こちらに向かっている様子。

俺に会いに来たのだから、呼んで貰えれば迎えに行ったのに。

迎えに行こうと行かまいと、彼女はここにやって来る。
結果には何ら変わりはないのに。
どうしてそんな事を考えてしまったのだろう?と、一人首を傾げて居た。

彼女は変な人だから。
見ていて飽きない面白い人だから。
そんな彼女と共にあるうちに、俺までおかしくなってしまったのかも知れない。

「沖田、はなさんを案内した」

襖越しに聞こえる山崎の声に、

「どうぞ」

と、応えた俺は、さっきまで考え事で止まっていた手を慌てて動かした。

別に待って居た訳じゃない。
あなたを気にしていた訳じゃない。
ただ剣の手入れをしていたんだと、まるで言い訳でもするみたいに。

「沖田さん、屯所に可愛い猫がいるんですよ」

入ってくるなり猫の話。
そう言えば彼女は、餅助の事も可愛がっていた。

俺に似ていると言われるうさぎの餅助。
よく屯所にやってきては、みんなが『沖田さん』と呼ぶうさぎ。
犬や猫じゃないから、そんなに懐かないのは当然なのだろうが、そのうさぎはいつも近藤さんに噛み付いていた。

『近藤さんがまた沖田さんに噛まれた』

そんな風に毎度みんなが騒ぐものだから、彼女は本当に俺が近藤さんを噛んだと誤解して、ひどく驚いてた事もあった。

「へぇ…。そう言えば、みんなが騒いで居ました」

興味なさげに返す言葉。

確かに騒いでるみんな程興味はないかも知れない。
かと言って、こんなに素っ気なく返す程、興味がない訳でもないのに。
なんだか胸がすっきりしない。
もやもやする何かが、胸につっかえているかのように。

「私、さっき、山崎さんに案内して頂いて、会ってきたんです」

いつも山崎で遊んでいる事に対する仕返しだろうか?
きっとこうなる事を見越して案内したんだ。

そう思って、でも、また考え直す。
山崎がそこまで考えて彼女を猫の元に案内するだろうか?
恐らく噂を耳にした彼女が、こんな風に興奮気味に話すから、それで案内したに違いない。

だとしても迷惑な話だ。
俺に会いに来たのに、今のあなたはここには居ない猫に夢中なのだから。

「そうですか」

また素っ気なく返す俺の声に、彼女の興奮は冷めてしまったようだった。
その素っ気なさを怒りと勘違いしたのか、伺うように俺を見つめる視線を感じた。

「あの…」

気まずい空気が流れるのをなんとかしようと口を開いた彼女。
けれど、それを遮るみたいに、子猫が鳴いた。

にゃ~。

聞こえたそれに、また彼女は嬉しそうに、

「聞こえましたか?沖田さん!凄い可愛い鳴き声ですよね?」

また興奮気味に話しかけて来る。

全く、懲りない人だ。

そんな彼女がおかしくて、クスリと笑い、俺は手入れをしていた剣を鞘に戻す。
カチッと言う音と共にすっと立ち上がり、彼女のそばに。

「おっ、沖田さん?」

近い距離に驚いた彼女は、大きな瞳をさらに大きく見開いた。

「はなさんだって、可愛く鳴けますよね?」

悪戯な笑みを浮かべて訊ねると、

「えっ!?」

驚いた様子の彼女。
けれど彼女は知っているから。
俺がこんな笑顔を見せる時には何かがあると。

だからだろうか?
分からないという様子ながらも、僅かに身構える。

「もっと、可愛く鳴けますよね?」

再び悪戯に微笑み、そう言った俺は、そのまま彼女の唇へと自らのそれを近づけて、彼女の唇の端を舐める。

「ひゃっ!」

驚いたような声を上げた彼女は、けど俺の意図する所が理解出来たのか、途端に頬を赤く染めた。
そうしていつもの困ったような顔を見せる。

例えば誰かがあなたを困らせるのなんて許せない。
けど、俺はあなたの困った顔が好きで。
それを見たくていじめたくなる。

だから彼女を押し倒した。
畳の上へと。

「えっ、あっ…あの、沖田さん」

驚いている彼女に構うことなく、その首筋へと口付ける。
襟元を肌蹴させて、そこから手を差し入れながら、

「ねぇ、はなさん、可愛いく鳴けますよね?」

そう問いかけながら胸に触れる。

「っあーっ」

甘く漏れるその声に、鼓動が高鳴る。

ほら、猫なんかより、ずっとあなたの方が可愛く鳴けるじゃないですか。
だからもっと聞かせて下さい。

「ねぇ、もっと大きな声で鳴けますよね?」

耳元に囁き、甘く噛みながら、右手を着物の合わせから忍ばせて、太腿を撫でる。

「あぁんっ、沖田さんっ!」

一層甘く聞こえる鳴き声に、思わず微笑んでしまう。

切なげに歪むその表情も。
俺の指に応えるように上がる体温も。
甘く鳴くその声も。
その全てが愛おしい。

「はなさんの方が…可愛く鳴けたじゃないですか?だから、もっと聞かせて下さい」

そう、俺だけに。
俺だけの為に鳴いて下さい。

可愛くて愛おしくて堪らない。
いじめたくなる位に。

みんなが猫に夢中になっているのより、もっとずっと。
俺はあなたに夢中なのかも知れない。

俺の愛撫に応えて、可愛く鳴く愛おしい人とその熱を重ねながら、そんな事を考えていた。



.

猫よりももっとずっと

閲覧頂きありがとうございます。
また別なお話でお目にかかれましたら幸いです。

猫よりももっとずっと

イケメン幕末の二次創作です。 お相手は沖田総司さん。 ヒロインの名前ははなとさせて頂きました。 名前変換はありませんが、気分だけでも夢小説として読んで頂けたら嬉しいです。 ねこガチャの沖田さんのミニシナリオのイメージですので、ネタバレ要素がございまのでご注意下さい。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-11

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work