M

岩渕幸弘


蝶々の過失を追いまわした かの島へ

鍵もなくなく家路へ駆ける 少女はくるう

かんかん照りの常識と不義理と

迷いこんではお天道をしゃぶり

いつか()るぞと意気込んでいた

にべもなく 親しげな風情もなく

どことなく(いびつ)な平和を規律ただしく三食くらい

まずいまずいと痩せ我慢こらえ

つかの間へと籠もりゆくのか



クレパスで描いた似顔絵に血だまりの暴言が浮かぶ

弦がちぎれるほど虚ろな魂が

不健康な道徳しょって待っている

病だれの意義すらしらず

十数枚の宿題だけが 机上からさめざめと失踪する

おさえきれない

欲望はとめどなく

あれを大人と呼ぶのであらば

少女は何処へと芽をだすか



「だがしかし」は罪悪の(うみ)

暴走も安穏も一緒くたといえるのか

他人は無関心より温いといえるのか

少女は何処へと芽をだすか

問いかける かの島の純情へ

いつか()るぞと意気込んで

記憶の網をかけてゆく

M

M

「蝶々の過失を追いまわした かの島へ 鍵もなくなく家路へ駆ける ……」

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted