なんでこんなことに?

ホーロー・ジャッキュー

さかのぼること・・・

さかのぼっているのは彼らだけではなかった。

さかのぼっているのは我らだけではなかった。


「さかのぼっているのは、君たちだけではなかった・・・」

あいつは誰だ、あの人は誰・・・?

さかのぼる人々の出会いがあった。

まじわるか、まじわらないか・・・


貴重ではないのか、貴重なのか?

あいつはいいやつか?

さかのぼるやつがいいわけないと?


いや、推測すると・・さかのぼるなど・・

たいしたことないことなのだ・・・

特別ではない・・・

危険性はふつうより、高くないか?

低いか?


あいつはさかのぼっていない?

俺はさかのぼっているのか?

あいつは進んでる?おれはさかのぼってる?

その逆?そのまた逆?

ここはどこだ?


我らが基本どこに存在してどのように進んでいて

それがはたして、普通であったかどうかなど、

知る由もない

ただ、多数であるか?少数であるか?

現在のところどうだろう?


みんなが何が好きか気になる?気になるわよね・・・

多数の意見は少数に勝る・・?本当・・・?

なんでこんなことに?

なんでこんなことに?

さかのぼるすすむ、その逆、そのまた逆、多数と少数、どちらの意見が通るの。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted