あの空の向こうには・・・5

ユウ


前回のあらすじ

俺は水無月さんに校舎をいろいろと案内した。

ー放課後(^ω^)ー

「じゃあ、また明日学校でねー。」

「またねー、ゆなっちー♪」

「は、はい!今日はありがとうございました!倉町さんと草薙さん、また明日ー。」

俺と沙弥は、水無月さんに、別れの挨拶をして、帰宅路に着いた。

「なんだか、お前らいつの間に仲良くなっててビックリしたわ。お前って誰とでも友達になれそうだよなー。」

「ふっふっふ、あたしのコミュ力をナメてもらっちゃァ困るよ悠真や。」

「誰もナメてなんかねぇよ。」

まだ夏の日差しの暑さが残る時期だが、これもまた、心地よいというものだ。俺と沙弥は、ちょこちょこ寄り道をしながら、のんびりと帰宅した。

「ただ今戻りましたー。」

「あ、ゆーまくん、おかえりー♡」

「ん、今日は抱きついて来ないんですね。」

「ん?ゆーまくんはお姉さんに抱きついて欲しいのかな??だったら抱きつくよ!ゆーまくーーーーーん!!」

「あぁ!やめてください!ちょっと!」

帰ってきて早々、ひどく疲れたのだった・・・。

トントントントン。包丁で軽快に野菜を切る音がキッチンに響く。昨日の奈々さんの料理があまりにもひどかったので、今日からは俺が作ることになった、これでも、料理はそこそこ得意だったりする。

「お待たせしましたー、晩ご飯出来ましたよ、奈々さん。」

今日は適当に冷蔵庫にあった材料だったので、野菜炒めしか作れなかったが、我ながらなかなかの出来だと思う。

「うわ!すごいねゆーまくん!ゆーまくんお料理もできるんだ!」

奈々さんがすごいと目をキラキラさせて褒めてくれる。これは素直に嬉しいのだが、なんだか照れくさくなってきた。

「じゃあ、ご飯にしましょう。いただきます。」

「はーい!いただきまーす!」

うむ、美味しかった、素材本来の味を殺さずに味付けが上手くできたぞ。

今日はいろいろあって、なんだか気疲れしてしまったので、ご飯を食べ終わったら、俺は直ぐに眠りについてしまうのであった・・・。

あの空の向こうには・・・5

はい!みなさんコンニチハー((((o´ω`o)ノユウです!

今回はなんだかグダグダな回でしたね、まぁいつもテンポがいいわけではないですがww

次回!新キャラ登場!乞うご期待!

るろ剣の映画見に行きたい・・・ww

あの空の向こうには・・・5

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted