あの空の向こうには・・・4

ユウ

「さて、案内するって言ったのはいいけど、どこから案内しようか。」

成り行きで案内を請け負ってしまったが、実際案内するとなると、どこから案内しようか迷う。

「そう言えば、水無月さんはお昼ご飯は弁当かな?」

「あ、いえ、今日はお弁当ではなくて、ここの学食でいただこうと思っています♪」

「そっか、じゃあまずはご飯食べようか、案内するよ、こっちだよ。」

俺は水無月さんを学食へと案内することにした。

「あ、あの、倉町さん。」

廊下を歩いていると、水無月さんに声をかけられた。

「ん?どうしたの?」

「あ、あの、何かオススメメニューとか、あるんですか?あったらぜひ教えて欲しいです♪」

「ん、あぁ、個人的な嗜好もあると思うけど、俺的にはカレーライスがオススメかな、コクがあって美味しいんだ。」

自分で言うのもなんだが、俺はカレーライスに対する愛は誰にも負けないと思う、1日3食全てカレーライスでも飽きないほど俺はカレーライスが大好きなのだ。

と、そんな話をしていたら学食へと到着した。

「さて、いい席は空いてるかな〜?」

学食内をぐるっと見回すと、窓際のいい感じに外が見えるなかなかの席を見つけた。

「お、あそこの席が良さげだな、あそこの窓際の席にしようぜ。」

「あ、はい、そうですね、外が良く見えて気持ちよさそうです♪」

そして、俺と水無月さんは、席を確保すると、荷物を置いて注文をしにカウンターへと向かった。

「あ、水無月さんもカレーライスにしたんだ。」

「あ、はい、倉町さんのオススメだと仰っていられたので。」

うん、ほんとに落ち着きのあるいい子だなぁ、どっかの誰かとは大違いだ。

「ーへっくち!んぅ、誰かが私の噂でもしてるのかな〜、はっ!?もしかしてゆーまくんが私の事を思っているのかも!いやんゆーまくんったらぁ、お姉さんにべったりなんだからぁ♡」

そして、俺と水無月さんは席に着き、世間話をしながら昼食を済ませた。

「はぁ〜食った食った、美味しかったね。」

「はい!とっても美味しかったです!」

うんうん、水無月さんも喜んでくれたみたいだ、よかったよかった。

「さてと、後はトイレとか保健室とか、必要なところをのんびり見ていこうか。」

「あ、はい、そうですね、お願いします♪」

と、そんな話をしながら階段を下りようとした矢先ーー

「あっ、きゃあ!!」

水無月さんがつまづいて階段を踏み外してしまった!

「うおっと!危ない!」

俺は間一髪水無月さんを受け止めることに成功した。

「うぅ・・・あっ!ごめんなさい!!私が不注意なばっかりに!!」

「い、いや、俺は大丈夫だから、それより、水無月さんは平気?」

俺は水無月さんが、どこか痛めたりしてないか心配になって、水無月さんに問いかけた。

「あ、はい、私は大丈夫です、ありがとうございます・・・でも、あの・・・///」

「ん?・・・あぁ!ごめん!」

受け止めたままだったので、彼女を抱きしめるような形になってしまっていた。

「い、いえ、私は・・・大丈夫ですよ・・・///」

「そ、そうだ!確か保健室だったよね!さ、行こうか!」

俺は恥ずかしさのあまり、急かすように提案した。

「あ、はい、では行きましょうか♪」

「お、おう・・・。」

なんか調子狂うな、この子といると・・・。

あの空の向こうには・・・4

こういうのかいてて思うんですけど、高2ってめちゃくちゃ都合がいい年ですよね、先輩も後輩も同級生も出せるなんて、というわけで、みなさん(=゚ω゚)ノぉ ぁ ょ ぅユウです♪4話いかがでしたか?一応共通ルートの終わりくらいまではお話が出来てるので、じゃんじゃん書いていこうと思います!まだまだ新キャラも登場しますよ!お楽しみに!

あの空の向こうには・・・4

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-08-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted