まじょとゆうれい

石田 はじめ

まじょとゆうれい

まじょとゆうれい

 空がまっさお!
 そのひかりのうしろで、たくさんのほしたちが、でばんをまっています。
 きょうは、たなばたまつりです。
 学校のかえりみち、みいは、なんだかそわそわして、おちつきません。
 となりのりょうくんのほうを、ちらちらと見て、いおうかどうしようかまよっています。
 りょうくんとは、一年生になってから、一ばんのしんゆうです。
 いままで、ひみつをもったことは、ありません。
 だけど、こんどのことはどうでしょう。
 みいには、りょうくんのしらないともだちがいるのです。
 ともちゃんです。
 ともちゃんとは、きょ年のたなばたの日に、ともだちになりました。
 それから一年、あっていません。
 でも、つぎのたなばたにも、きっとあおうねとやくそくしたのです。
 それがきょうです。
 みいは、ともちゃんはきっとくる、としんじています。
 りょうくんにもしょうかいしたいのです。
 でも、りょうくんはどうおもうでしょう。
 ともちゃんは、ふつうの子じゃないのです。
「どうしたのさ」
 みいのようすがおかしいので、りょうくんが、ふしぎそうにはなしかけてきました。
「うん・・・あのね、りょうくん、きょう、ろうそく出せにいく?」
 ろうそく出せっていうのは、このちほうの子どもたちが、たなばたの日に、夕ぐれのまちに出て、うたをうたいながら、おかしをもらってあるくぎょうじです。
 みんな、この日をたのしみにしています。
「もちろんいくさ、みいもいくんでしょ?」
「いくんだけど・・・ともちゃんがくるかもしれない・・・」
「ともちゃんって? きんじょの子?」
「たぶんね・・・」
「いいじゃん、どうしてこまるの?」
「へいき?」
「きまってるだろ、きんじょの子、みんないっしょなんだよ。おおいほうがいいよ」
 みいは、ちょっとあんしんしてわらいました。

 ばんごはんのあとで、みいはゆかたをきせてもらいました。
 赤とむらさきの、大きなあさがおのもようを見ながら、みいは、きょ年のともちゃんをおもい出しました。
 ともちゃんのゆかたは、トンボのもようでした。
 雨がふっていて、ゆかたをきているのは、ともちゃんだけでした。
 このつぎは、みいもぜったい、ゆかたをきてくるからと、やくそくしてわかれたのです。
 みいは、うれしいようなこわいような、気もちになりました。
 ともちゃんは、ゆかたをきてくるでしょうか。
 そとへ出てみると、もうおおぜいの子どもたちが、あるいていました。
 女の子たちはみんな、いろとりどりのゆかたをきています。
 みいは、ともちゃんをさがそうとおもったけど、ちょっとかんがえてやめました。
 そとがまだ、こんなにあかるいうちは、ともちゃんはこないことに、気がついたからです。
「やあ! みい」
 こえがして、ふりむくと、りょうくんがにこにことたっていました。
「りょうくん、どう? きれいでしょ?」
 みいは、クルリとまわってみせました。
 ゆかたをじまんしたかったのです。
 りょうくんはちょっとうなずくと、てれて赤くなりました。
「ともちゃんって子は?」
「まだ・・・」
「どこの子なのさ」
「しらない・・・」
「なん年生?」
「しらない・・・」
「なんだよそれ。ともだちなんだろ?」
「りょうくん、びっくりしないでね。ともちゃんは、あの・・・あのね・・・ゆうれいなの」
「ええっ、ゆうれい? うそだろ、みいはゆうれいと、ともだちなの?」
「みいもいちどしか見てないの。でも、やくそくしたのよ。たなばたの日にまたくるって。りょうくん・・・こわい?」
「う、うん・・・なんていっていいか、わかんない」
 りょうくんはこまったかおをしました。
 それから、二人はなんとなくだまってあるきました。

 五けんくらいまわって、あたりはようやく、くらくなりました。
 まちかねたように、空は星でいっぱいになりました。
 そして、そのほしにまけないくらい、たくさんの、ちょうちんのあかりが、子どもたちの手にゆらゆらゆれて、ゆめのようにきれいです。
「みい・・・みいってば・・・」
 りょうくんが、みいのそでをそっとひっぱりました。
「うしろから、げたの音ががする・・・」
 うしろにはだれもいないはずです。
 みいは、はっとして、いそいでふりむきました。
 小さな女の子がいました。
 トンボのゆかたをきています。
「ともちゃんだ!」
 みいはさけびました。
 ともちゃんは、はずかしそうにうつむいています。
「やっぱりきたのね。うれしい。やくそくどうり、ゆかたをきてきたよ。どう?」
「うん、きれい・・・」
「おかしを入れるふくろ、もってきた?」
「うん・・・」
 みいは、じぶんのふくろの中から、おかしをつかみ出して、ともちゃんのふくろに、入れてやりました。
 ともちゃんは、花のようにわらって、ふくろをだきしめました。
 そのしぐさが、あんまりかわいいので、りょうくんは
「き・・・きみさ・・・ほんとにゆうれいなの?」
 と、おもいきって、ききました。こえがすこしふるえています。
 ともちゃんは、こくりとうなずきました。
 りょうくんは、この子、どっかで見たことあるな・・・とおもって、ふしぎな気がしました。

 りょうくんのいえのそばまで来ると、子どもたちがきゅうにしずかになりました。
 りょうくんのいえのとなりは、「まじょのいえ」とよばれています。
 そこのおばさんは、子どもが大きらいで、いえのまえを、子どもがとおるのさえいやがります。
 りょうくんのいえに、ともだちがきて、あそんでいたりすると、かならず、うるさいと、くじょうをいいにきます。
 だから、こんないえでは、おかしをくれっこありません。
 子どもたちは、だまってとおりすぎていきました。
 でも、ともちゃんだけは、「まじょのいえ」をじっと見て、うごきません。
「そのいえはだめよ、ともちゃん。すごくこわいおばさんがいるのよ」
 みいがそういうと、、ともちゃんは、なぜかなみだをポロポロながしはじめました。
 それを見ていたりょうくんは、とつぜん、とび上がってさけびました。
「ああ! おもい出した! ともちゃんって、ここの子だったんだよ。ね、そうでしょ?」
「ここの子?」
 みいにはなんのことかわかりません。
「ずっとまえに、ぼくのママがいってたんだよ。ここのおばさんは、ほんとうはやさしい人だったんだけど、子どもがこうつうじこで、しんでしまってから、すっかりかわってしまったって。その子は、たしかにともちゃんって名まえだったよ」
「ほんとなの?」
 みいがきくと、ともちゃんは、くしゃくしゃのかおでうなずきました。
「ママはやさしいもん。まじょなんかじゃないもん・・・」
「ぼくんちのママがいってた。おばさんは、子どもをなくして、さみしくてしかたないんだって。だから、よその子を見ると、じぶんの子どもをおもい出して、よけいにかなしくなるんだって」
 そういって、りょうくんは、じっとともちゃんを見つめました。
 ほかの子どもたちは、もうすっかり先のほうへいってしまい、三人きりになりました。

「おばさんに、あいにいこう! ともちゃんも、おかあさんにあいたいでしょ?」 
 そういうと、りょうくんは、先にたって「まじょのいえ」へむかいました。
 おそるおそるチャイムをならすと、げんかんのドアがすこしあきました。
 中からかおを出したおばさんは、りょうくんをにらんで、いいました。
「となりの子ね。よそへいきなさい。うちにおかしなんてないんだよ」
「まって、おばさん、しめないで! ともちゃんもいっしょなの」
 みいのことばに、おばさんはびくっとして、あたりを見まわしました。
 それから、ものすごくこわいかおになって、
「おとなをからかって!」
と、ドアをしめようとしたので、りょうくんはあわてていいました。
「ほんとだよ、おばさん! ともちゃんが、おばさんにあいたいって、いっしょにきたんだよ。ほら、ここにいるんだ」
「ともちゃんは、きょ年もきたのよ。トンボのゆかたきて・・・」
「とんぼのゆかた?」
 はっとしたおばさんは、ドアを大きくあけて、みいたちを見ました。
「どこにいるの」
「おばさんには、見えないの? ここにいるでしょ」
「ともちゃん、おばさんには見えないみたいだよ。きみ、ゆうれいだろ? なにかふしぎな力をつかって、おばさんにしらせなよ」
 さっきからともちゃんは、なきながら、ママ、ママ、とよんでいますが、おばさんにはそのこえもきこえません。

「ほら」
 りょうくんが、ともちゃんのせなかを、おばさんのほうへぐいっとおしました。
 そのとき、ともちゃんのげたが、カランコロン、となったのです。
「ああ・・・!」
 おばさんが、手でかおをおおってさけびました。
 ともちゃんのお気に入りの、赤いはなおのげたの音だ、と気がついたのです。
「ともみは・・・トンボのゆかたをきているの?」
「そうよ、おばさんがかってあげたんでしょ?」
「ええ、ええ、でも、見えない・・・見えない…見えないわ・・・どこなの、ともみ!」
 おばさんの目から、なみだがどっとあふれて出ました。
 かたくにぎりしめてむねにあてた手はガタガタとふるえています。
 ともちゃんは、ママ、ママといいながら、せのびして、その手をなでました。
 みいもりょうくんも、ふたりがかわいそうでたまりません。
 なんとかして、ともちゃんのすがたを、見せてあげられないでしょうか。
 みいは、できるだけくわしく、ともちゃんのようすを、はなしましたし、おばさんは、しんけんにきき入っていました。
 けれども、とうとう、ともちゃんを見ることは、できなかったのです。
 だけど、おばさんはやくそくしました。
 らい年のたなばたには、きっとおかしをよういして、まっているからと。

「おばさん、かわいそうだったね」
「やっぱりさみしかったんだね」
 しょんぼりしているともちゃんを、つくづくとながめながら、さっきから、くびをかしげていたりょうくんが、
「ぼく、ともちゃんと、あそんだことあるような気がする」
 というと、ともちゃんは、やっとあかるいかおになって、うなずきました。
「そうだよ、りょうくんといつもいっしょにあそんだよ」
「だけど、ともちゃんは、ぼくよりずっとおねえちゃんだったでしょ?」
「ゆうれいって、大きくならないんじゃない? きょ年のともちゃんは、みいとおなじくらいだったのに、ことしはわたしのほうが、ずっと大きいもの」
 それをきいたともちゃんは、また、さみしそうなかおになりました。
 みいは、あわてていいました。
「でも、ともだちだよ。みいがどんなに大きくなっても、わたしたちはともだちだよ。ね、りょうくん」
「あたりまえだよ。ゆうれいとともだちなんて、ちょっとじまんできるじゃん」
 そこで、りょうくんは、ちょっとかんがえて、またいいました。
「それに、まじょとも、ともだちなんだぜ!」
 いっしゅん、ほしたちもつよくかがやいて、空がわらったようでした。

まじょとゆうれい

まじょとゆうれい

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 児童向け
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND