今日の僕 昨日の自分

今日の僕 昨日の自分

おねむ


きっと、僕の思いは
誰にも理解なんてされなくて
誰かの笑顔が見たいとした言動も
傍からみたらただの戯言で

放たれる冷たい音によって
ぐちゃぐちゃに切り裂かれて
たった一言で
僕の存在価値は消え

僕の心は血に塗れ
真っ黒な涙に濡れ

僕にはもう居場所はないと
画面に張り付き
『自分』を探し
認めてくれる人のところへ
僕をあたためてくれる人のところへ
僕を必要とし
僕の存在を見つけてくれる人のところへ
僕を「アイシテ」くれる人のところへ

たすけて
声にならない音を放つ
「キミガスキ」
渇いた喉から絞り出して
逃げて逃げて
どうせこの場所も
いつかは消えてしまうのかと
また新しい『ボク』を偽って

それでも
そんな僕を

『僕』として抱きしめて
もう大丈夫だからと
一緒にいるからと
唯一 僕の涙を見つけてくれた君へ

感謝と愛を込めて

今日の僕 昨日の自分

自分が探しているものは
案外近くにあるものです

ありがとうございました。

今日の僕 昨日の自分

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-07-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted