色(仮)

中上 真依

(ひと)(だれ)もが自分(じぶん)(いろ)()っている。
他人(ひと)(まじ)わることで、(あたら)しい(いろ)やいろいろなものを()みだすことができる。
()みだされたものは、()みだした(ひと)(いろ)()()ぐ。
そして(ひと)は、(だれ)かに()みだされたものにふれることで、他人(ひと)との(まじ)わりの(なか)で、日々(ひび)成長(せいちょう)する。
成長(せいちょう)すると、その(ひと)(いろ)日々(ひび)変化(へんか)していく。

また、(ひと)(だれ)しも自分(じぶん)(おな)(いろ)色眼鏡(いろめがね)をかけている。
だから自分(じぶん)()(うしな)ったりする。
自分(じぶん)では()えていない(めん)(おお)い。
他人(ひと)(いろ)嫌悪感(けんおかん)(いだ)くことがある。
時々(ときどき)自分(じぶん)には()えてすらいない(ひと)がいたりもする。
それが、お(たが)いの(いろ)変化(へんか)することで()きになったり、()えるようになったりする。
毎日(まいにち)他人(ひと)(ちが)った(めん)発見(はっけん)することができる。

でも他人(ひと)のことをすべて()るには自分(じぶん)(いろ)()てなければならない。
つまり他人(ひと)完全(かんぜん)理解(りかい)するのは不可能(ふかのう)なのかもしれない。

それでも(ひと)(だれ)かと(とも)()きていく。
自分(じぶん)(いろ)()ったまま、自分(じぶん)色眼鏡(いろめがね)をかけたまま。
ときには相手(あいて)()えなくなり、ぶつかったりすることもあるだろう。
相手(あいて)変化(へんか)について()けなくなることもあるだろう。
綺麗(きれい)(まじ)わることができなくなったりもするだろう。
自分(じぶん)(いろ)()っているが(ゆえ)に。

でもだからこそ、この世界(せかい)はとても(うつく)しいのかもしれない。

色(仮)

色(仮)

十人十色なこの世界は、とても素晴らしいと思いませんか?

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-07-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted