僕の心、私の心

ぶんぶん

僕の心
私の心
誰だって考えてることはちがうけど
思い合うことは違わない。

君のことが大好きだから
あなたのことが大好きだから

この言葉をおくります。

僕の心


君のことがずっと大好きです。
君を始めてみたのは小学生のときでした。
クラスで一番可愛くてみんなと仲良しで素敵だった。

君に初めて恋をしたのは中学生のときでした。
少し大人ぽくなった君をみてどんどん惹かれていきました。
でも周りにはライバルがたくさんいて行動できなかった。
君と同じ高校にいきたくて一生懸命勉強した。
まさか気づかれてたかな?

そしていま君の手を握って寄り添って歩いています。
ずっと夢見ていたことがかないました。

私の心


あなたに初めて会ったのは小学生の時だったね。
男子の中で一番面白くてバカでいっつも叱られてたね。
でも運動会のときはすごく輝いてたなぁ。

あなたに初めて恋をしたのは高校受験の時期でした。
私が行きたい高校を聞いた時から目のいろ変えて勉強してたね。
私ずっと透きだったんだよ?だから、行きたい高校一番最初に教えたんだよ。


そしていま
あなたの手を握って寄り添って歩いています。
本当に幸せです。あなたが居てくれて私は本当に幸せです。

君の心、私の心


高校を卒業して数年。
本当に夢に見ていた日がきました。

君にやっと伝えることができた。
あなたにやっといってもらえた。


僕はここで君を待ってる。

私は今からあなたの所へいく。

そこで二人でキスをして

永遠に一緒でいることを誓う。

もう、離れたりすることなんてない。

二人の心が一つになった

ありがとう

これからもよろしくね。

君のこと
あなたのこと


ずっと、あいしてます。


end

僕の心、私の心

読んでいただいてありがとうございます。
どうでした?
純粋に私が書きたいことを
書きなぐっただけなんですけどね(笑)

これからもがんばりますのでよろしくです(*^^*)

僕の心、私の心

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-07-14

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain
  1. 僕の心
  2. 私の心
  3. 君の心、私の心