ふじひろいち

五感の一つで捉える情報
低い音は体を振動させ間接的に耳へそして脳へ

頭のなかでつくられる音のイメージは多様で摩訶不思議
大気を伝わる単なる振動とはおもえない

違う周波数の音が同時に鳴ると和音に
時間とともに音が繋がると旋律に
ある規則で反復するとリズムに
これらが適当に合わさると音楽に
そして旋律に詩が乗ると歌に

悲しい演歌
踊りだしたくなるサンバのリズム
目を閉じて聴きこむオーケストラのアダージョ
ギターをかき鳴らし自分の思いを語る若者のフォーク
マイクなしでコンサートホールの後部席までとどく声楽ソプラノ
夏の野外で行われる耳をつんざく激しいロック

人が奏で
人が魅了されうる
音の表現と解釈
感情の移入があり
そして
歌には真実がみえる

音の大きさと
音の高さと
音の長さと
音のあいだの間と
いろんな音のまじりぐあいとで
人らしさがでるもの

時間軸というキャンバス上に描かれる抽象画の世界
音楽ですね

音を人がとらえるということはどういうことなのか、かんがえてみました。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2014-07-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted