Daikichi

いちだいじ、いちだいじ。

狐はちらちらと懐中時計を見ては道を急いでいました。

今日は熊さんの誕生パーティ。遅れたらどやされる。

狐は流れる汗を拭きもせず、せっせとせっせと熊さんのうちへ。

道でウサギさんを見つけました。

ウサギさんは、両手を広げたくらいの穴をじっとのぞいています。

「やあ、うさぎさん、何をしているの?」

「狐さん、いいところに。実はこの穴にね。」

「穴、ですか。

やや、時間がない。私はいそいでいるので、失礼。」

狐さんは、うさぎさんの二の句を待たずに道を急ぎました。

狐さんはなんとか熊さんの誕生パーティに間に合いました。

熊さんのパーティはたくさんの人が集まって、大賑わい。

狐さんもケーキやジュースを飲んではしゃいでいましたが、どうしてもひとつ気になってしかたがありません。

「うさぎさんは、僕に何を言いたかったんだろう。」

「もしかして大事な何かを落として困っていたのかな。」

「もしかして珍しい昆虫がいるのを見せたかったのかな。」

狐さんの頭にいろいろな事がぐるぐると回ります。

熊さんの誕生パーティは5時で終わりました。

狐さんはパーティが終わるやいなや、あわてて来た道を駆け出しました。

狐さんの頭の中は、穴のことでいっぱいです。

「もしかして誰かが落ち込んでしまっていて、助けを求めていたんじゃないだろうか。」

狐さんは走りながら不安になりました。

「もしかしてまだ穴の中に落ちた人は、まだ穴の中で泣いてるんじゃないだろうか。」

きつんさんは走りながら悲しい気持ちになりました。

「ウサギさんは僕が手伝わなかったことを怒っているんじゃないだろうか」

狐さんは走りながら申し訳ない気持ちになりました。

狐さんは、うさぎさんが穴をのぞいていた辺りまで戻ってきたのですが、どこにも穴は見つかりません。

「もしかして、もう穴に落ちた人を助かったのかな」

「穴は、そのままだと危ないから埋めようということになったのかな。」

狐さんは、ほっとしました。肩が軽くなったような気がしました。

しかし、狐さんがそのまま家に帰っていると、少し離れたところに、

ありました、ありました。

うさぎさんがのぞいていた、あの穴です。

狐さんはドキッとして、立ち止まりました。

穴の周りには、だれもいません。

ただ暗い穴が、ぽかり、と開いています。

狐さんは、なんだか怖くなって、走って穴の横を抜けて行きました。

でも3分ほど歩くと、ふと足を止めました。

狐さんは気になってしょうがありません。

穴に落ちてしまった人がいるかもしれない事。

その人が泣いているかもしれない事。

うさぎさんが怒っているかもしれない事。

狐さんはやっぱり穴をのぞいてみることに決めました。

狐さんは、走って来た道を戻りました。

あった、あったぞ、あの穴だ。

うさぎさんがのぞいていた、あの穴だ。

狐さんは食いつくようにして穴を覗き込みました。

ぽっかりとあいた暗い穴。

両手いっぱいの丸い穴。

でも、でも。

そこには、

なんにも、なかった。

僕でも降りられるくらい浅かった。

ほっとした狐さんは、顔いっぱいに満面の笑みを浮かべて、家に帰りました。

何もないものが幸せをもたらす、という話を書いてみたくて書きました。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • SF
  • 児童向け
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC