永遠の人

はるのいずみ

     永遠の人に


    「今晩は・・・。」お下げ髪でまだ4年生ぐらいだったあなたは

    そう言って僕の顔を見ましたね。

    僕はちいさな胸に、夕刊の束を抱いて歩くあなたの姿を

    五十年経ったいまも、はっきりと思い出すことができますよ。


    オクラホマミキサーを踊りながら、あなたとの順番が回ってきて

    おかっぱだったあなたの横顔を、気付かれないようにそっと眺めると

    あなたは俯いたままで、じっと地面をみていた・・・・・。

    細くてやわらかなあなたの掌の感触が、不安定な僕のこころに

    どんなに安らぎを与えてくれたことか。


    教室の机に座りながら、涙を流しているあなたを見た、あの時

    なぜ、「どうしたの?」って聞いてあげなかっんたんだろう?

    まわりのみんなの眼なんか気にしないで、勇気をだして、

    「なぜそんなに悲しいの?」って、どうして聞けなかったんだろう?

    
    あなたは進学を諦めて、就職をしなければ、ならなかったんですね。

    
    この頃ちっとも夢のなかに出てきてくれませんけど、お元気ですか?

    前回の同窓会にはあなたの都合がつかなくて、会えませんでしたよね。

    次回は必ず出席してくださいね。お願いしますよ。

    あなたは気付いていないかも知れないけど

    僕にとってあなたはかけがえのない

    永遠の人なんですから・・・・。

    いまも変わらない姿で

    僕のこころの奥に

    ひっそりと

    息づいて

    いる
  
    人

    。
   
    
 
        

    
    

    
    

永遠の人

永遠の人

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted