天秤

なごむ

右手に友情を手にしている

左手に恋愛を手にしている

どちらも今は小さいが

いずれは私の片方の手だけでは収まりきらないほど大きいものになるだろう

いずれはどちらかを捨てなければならないかもしれない

どちらにしよう

そう迷っているあいだにも

2つはゆっくりと成長していく

一度天秤にかけてみよう

そしてより育っているものを手にしよう

まずは友情を皿にのせる

もちろん勢いよく天秤は傾く

もう片方の皿は高く跳ね上がり踊る

今すぐに恋愛をかけようものならあっけなく振り落とされ砕けてしまうだろう

私は天秤が落ち着くのを待った

誰かに見られてはならぬものかのように

優しく両手で包み込みながら待った

今すぐにでも両者を比べたい

いつまでこの揺れは続かせれば気が済むのかと

多少の嫌悪を友情に抱きながら待った

しばらくするとその揺れは収まった

このあいだにも大きく成長した恋愛を天秤にかける

釣り合った

釣り合ってしまった

私は悩んだ

明らかに私の目には友情の方が小さく見える

釣り合うはずがない

私は2つを計量した後

恋愛を再び抱えるのだと予想していた

いや

むしろ確信していた

しかしその確信は怒りへと変わる

釣り合わせてはいけない

何度も呟きながら考えた

確信により硬くなった頭はなんの迷いもなく

私の左手を恋愛の乗った皿にかけさせ一気に下へと引っ張った

ビクともしない

天秤の2つの腕は互いに水平を保つ

ならばこうだと持ち去ってしまおうとしても動かない

成長しすぎた

既に私の力では持ち上げることすらできない

もうどうしようもないのだろう

考えても考えても何も生まれない

私はその釣り合った天秤を横目に去った

その釣り合いを認めたくない一心で

近い将来急に傾くだろうと

その時は急いでここに戻ってこようと

いつしか私は空いてしまった2つの手で

この小さく邪な希望を抱えていた

天秤

私の好きな人は私の一番の親友のことが好きでした。私がこの先幸せであるためにはどうするのが一番良いのだろうかと悩みました。

天秤

三角関係を一辺を構築するのは私。壊すも壊さないも私の勝手。そんな話。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC