アメイロマジカル

アメイロマジカル

シオン

お初です。よろしくです!!

ある日、突然魔法少女になった件について

どうも、突然で申し訳なく思いますがなんか変身しちゃったんですか、どうすればいいんですか?
それもこれも、朝から学校に遅刻しそうになるからこんなことに……

「ばぁーさん、変な飴なんていらなかったよ」

ベタにたらこフランスパンくわえながら、学校へ急いでいたら曲がり角でぶつかった私は、何故かぶつかった相手のおば…ばぁーさんに飴をもらい、どこぞに飛んで消えたパンの代わりが如く、飴を開けるとまぶしいくらいの光に襲われ、再び目を開いたらいつもの制服から、明らかに脇役位置ぽそうな緑基調の服に身を包んでいて、冒頭に戻る。

「ベイペイ!」

「お約束の、雑魚キャラとの初戦フラグ」

どここかに、ナビゲーター的な妖精はいないのだろうかと思わず、辺りを見渡すがむしろ、素晴らしいぐらいの虚構が広がっていた。

「あー…なんか、ごめんなさい。」

たかだか、勝負服(魔法の服)に身を包んだだけでいきなり、活躍できるとかどこのチートだ。少なくとも、私には無理であるからして雑魚キャラに謝ってみたが、効果はないようなので、次に財布から野口を出してみると

「のぐち!」

食いついた。よし、これで一つ学んだ雑魚キャラには野口が有効。ただ、これからランクアップしていく敵キャラの対象をお金で考えると、諭吉が財布ならぬ通帳から姿を消すであろう…

「なんて、恐ろしい。」

「お前いいやつ!ボスに会わせる!!」

「いや、謹んでお断りします。」

こうして、風祈は初勝利を飾った。

アメイロマジカル

アメイロマジカル

だって、欲しかったんだもん…。 色々、あって手にいれた魔法で織り成すギャグメインの魔法少女達のお話。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2013-09-22

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND