キリーク

キリーク

佐秋

「……それにしても真っ暗な所ですね。まるで闇の中で目を瞑っているようですよ。長い長い暗闇を、足が地面についているのかも分からないような状態で、ずっと進んできました。
 失礼ですが、座ってもよろしいですか? ……ありがとうございます。
 え? ここに来るきっかけになった事件ですか? よくご存じですね、ちょっと長い話になりますが……
 ええ、分かりました。お話ししましょう。

 あれからどれくらい経ったのか分かりませんが、確か平成二十五年の一月十四日のことだったと思います。雪が降っていましたから、お寺の裏山では雪が枝木に積もり、それが高い枝から低い枝へと時折落ちてゆく様は、まるで滝のようでした。生き物の気配もなく、その他は静かに雪が降り続けているだけで、永遠に降りやまないものかと思われました。
 見上げると空に昇ってゆくようで、死ぬにはこれ以上ない日だと思いましたね、ええ、実はそこに自殺をしに行ったんですよ。
 いえ、理由と言える程のものはありませんが、ただ、生きているということにやりきれなくなりましてね。もうじき三十になりますし、大体自分の人生は見えてきました。この先、途方もなく長い時間を無為に過ごして、老いて体も動かなくなり、孤独に生きて、死んでいくだけですから若いうちに逝った方がよいと思うのは、不自然なことではないでしょう?
 私は誰もがそうであるように、安楽に死にたいと願いました、まあ、当然のことですよね。そこで色々調べたんですが、一番楽な死に方って、首吊りらしいですね。首を吊ると、一瞬で意識を失うので苦しみは全くないんだとか。
 そこで私は首を吊るための真っ白なロープと、それを適当な長さに切るためのアーミーナイフを持っていきました。もちろん、そんな物持って歩いていたら山に着く前に捕まってしまいますから、ちゃんとリュックに入れていましたがね。
 山に入って二、三十分もした頃でしょうか、枝ぶりといい高さといい、申し分なさそうな木を見つけてリュックを降ろした時には、その上にも雪が積もっていました。雪を払うと、あまりに冷たくて指が痛くなってきましてね、死ぬ前だっていうのに、手袋を持って来ればよかった、なんて考えていましたよ。はは、おかしいでしょう? 
 ナイフとロープを取り出そうと、リュックを開けたその時です。

 ドン
 ドンドン
 ドンドンドンドンドンドンドンドン……

 と、和太鼓の音が静寂を払うかのように響いてきました。すぐにそれは、私の前方にあるお寺の方からだと気が付きましたがね。木々の間から、黒い瓦が雪に霞んで見えるだけでしたが、お堂の中で何かお勤めでも始まったのでしょう。
 なんとなく、その永遠の世界を壊されたような気になってしまいまして、私は暫し茫然としていました。一瞬、やめて帰ろうかとも思ったんですが、どうも景色が綺麗で、死に場所にこれ程相応しいところはそうそう見つかるものでもありませんから、惜しいような気がしましてね。それにほら、寒いところでは死体も腐りにくいって言うでしょう? 
 そのまま、どれくらい経ったのでしょうか、私の感覚としては十数分といったところですが、まあ、寒い中を何もせずに立っていられるものとは思いませんから、せいぜい数分だったのでしょう、女が歩いてきました。

 降りしきる雪の中、山道で上から見下ろす形だったにもかかわらず、女とすぐに分かったのは、躑躅色(つつじいろ)の和傘に赤い振袖を着ていたからです。そう、もう十年近く前に済ませてしまったので忘れていましたが、その日は成人式だったんですよ。
 でも、異様でしょう? 成人式の雪の日に、振袖でハイキングなんかする女がいますかね? 歩き方から察するに、靴ではなく草履履きのように思われましたし、雪景色にもなんら注意を払っていないようでした。
 その様子を見て、これは同類だな、と思いました、自殺志願者だとね。自分の晴れの日を選ぶなんて、女らしいじゃありませんか。帰らなくて正解だった、私は、この女を道連れにしてやろうと思い、木陰に隠れて待ちました。
 女が近付いて来るにつれて、その振袖の藤と扇の模様が明らかになり、白い首筋が、赤い口紅が、目鼻立ちの整った上品な顔が、次第々々に傘の下から現れてきました。女は自分の足元のみに視線を注ぎ、こちらに近付いてきます。
 そして、女が私の後ろを通り過ぎようとしたその刹那、私はその女を押し倒し、そのまま馬乗りになりました。いきなり襲われた女は悲鳴も上げず、ただ私の目を怯えた目付きで見ていました。左目の下に、泣きぼくろがありましたね。女の髪のいい匂いがして、傘が、女の背中の辺りに落ちました。
 その瞬間、急に性的な興奮を覚えましてね、私は手に持っていたロープで女に猿ぐつわをして両手を縛り、花飾りを乗せ後ろで編みこんだ黒髪を枕に、女の頭を乗せました。女は何が起こったのか分からない、といった様子で私を見ています。私は一瞬、またこの女みたいに人が来たらやっかいだな、と思いましたが、自殺に選ぶような場所です。その心配はないだろうと思い直しましたので、そのまま振袖の(えり)を無理やりに開くと、白い襦袢が現れました。ようやく状況を理解したのか、尻の下で女の足がもがいているのが分かりましたが、私は格闘技で言うマウントポジションを取っているのです。むしろ、その揺れが私にサディスティックな快感を与えましたね。そこで女が涙を流して私を睨んでいましたので、私は『大人しくしろ』と耳元で囁きました。多少の効果は期待したんですが、その途端女は目を見開いて、縛られた両手で私を殴りましてね、気の強い女だと思ったものです。
 それでもナイフでブラジャーを切り裂こうとした時には、刺されると思ったんでしょう、女は大人しくなりました。せっかく面白くなってきたのですから、刺すつもりなんてなかったんですがね。もっとも、カップの間を無理やりナイフで切ったものですから、少し女の肌を傷つけてしまいましたが。
 ブラジャーを開くと、桃色の乳首を乗せた白いふくよかな乳房が二つ、正中線上の、ナイフによってついた切り傷を中心線として露出しました。女は猿ぐつわからフーフー息を漏らしながら、泣いて私を見ています。あまりにその涙が愛おしく思えましたので、女の後頭部を押さえて頬からその泣きぼくろを通って、耳まで舐めました。女の唾液混じりの息が首筋に当たり、睾丸には太腿の温もりが伝わってきて温かかったこと……
 ちょうどその時、般若心経の合唱が聞こえてきました」

 観自在菩薩
 行深般若波羅蜜多時
 照見
 五蘊皆空
 度
 一切苦厄
 舎利子……

「そこで女の頭を離し、胸の傷から流れている血を舐めてそのまま舌を乳房に這わせますと、ちょうど私の舌が絵筆のように、女の肌に赤い模様を描いていきました。口に広がる血の味が、何とも言えませんでしたね。鳥肌の立った乳首が唾液まじりの血に包まれ、露に濡れる(つぼみ)のように可愛らしく光っていました。恐怖のためか、寒さのためか、女の体が震えていますので、それを受けて乳房も微妙な振動を繰り返しているんですよ。手で揉むと安心したように私の掌に収まりましたがね。
 女の乳房を弄んでいると、勃起したペニスが帯の辺りに擦れますし、私は苦しいくらいに興奮してきました。我慢しきれなくなって、逃げられないよう女の左足を掴んで体から降りて、太腿の間に手を突っ込んだその時、裾の中がいやに湿っているのに気付きました。まるで、温かいお湯でも浴びせたようなんです。そこで裾をめくって覗いてみますと、失禁しているんですよ、女がね。赤い振袖が黒く濡れて、股の間の雪が溶けて湯気を上げていました。下着が透けて、女の陰部に貼りついています。
 私は女の顔を見つめました。おもらしなんかして、きっと恥ずかしがるだろうって思いましたので、表情を確かめたかったんですよ。そうしたら案の定、女はその泣きぼくろを濡らしながら私から目を逸らしました。ちょうど女の頭上に躑躅色の傘がかかっていて、猿ぐつわから漏れた涎に、長い黒髪が貼りついていました。その顔の惨めな美しさったら……
 女がなんとか立ち上がろうとしますので、私は掴んでいた左足を木にくくりつけて、ビショビショになった下着を下ろしました。毛の薄い女の陰部が露出し、湯気を吹いています。それでも女は、そんな恰好のままいざって逃げようとするんですよ。もっとも、足がくくられているので、余計に股が開くだけですがね。
 とうとう女は観念して、動くのをやめました。赤い振袖を敷き、銀白の山道を背景に躑躅色の傘を背負って、降りしきる雪を目で追っているように見えました。雪は髪を、頬を、乳房を、陰部を濡らし、滴となって落ちていきます。
 暫く眺めていると、裾のまくれた太腿がガタガタ震えて、性器を私に向けたまま、乞うような視線を向けてくるんですよ……

 その視線に促されたような気になって、性器に顔を近づけてみますと、膣口が呼吸をしているように開閉するのが見えました。私はそこに舌を当てて、尿道を通って、陰核まで一直線に舌を這わせました。すると酸っぱいような味と匂いと共に陰部の凹凸が舌先から伝わり、何度も舐めているうちに、膣口に被さりがちだった大陰唇も自然と開きっぱなしになりました。女は空いている方の足で地面を蹴って腰を引っ込めようとするのですが、もうロープは完全に伸びていますから、ただ絶望したような目で性器を舐める私を見ていましたね。
 暫くすると、唾液か分泌物かは分かりませんが、濡れた性器が真っ白な空を反映してきましたので、私はズボンを脱ぎ、正面から女に入れました。
 きつかったですね。あんなにきつかったのは初めてですよ、ペニスが切断されるかと思いましたね。女が泣き喚いて縛られた手で私を引き離そうとしますので、入れたまま女の手を木にくくり付けました。完全に固定すると、出し入れが楽になりましてね、私も女の手を払いのける必要がなくなりましたので、空いた両手で女の細い体を抱き締めました。
 耳元で女の泣き声がして、湿った息と唾液が私の耳朶を濡らし、こめかみに涙が伝いました。女の体温が私を更なる陶酔へと誘い、私は真冬の野外だというのに上衣の前をはだけて、女の体に密着させました。突き刺す度に乳首が私の肌に擦れますし、更にきつく抱き締めると、汗が女の頬に落ちました。体はあんなにも熱かったのに、吐く息が真っ白なのが何かおかしいような気がしましたね。女の中で、私のペニスがどんどん固く、大きくなっていくのが分かりました。先端は壁みたいなものを突き、血液が、私の心臓ではなくペニスを通って、女の体から流れてくるんですよ。女の中に射精するのに、そう時間はかかりませんでした。

 射精して女の体を引き離すと、女は虚ろな視線を空に向け、唇とロープの間から涎を垂らしていました。頭の花飾りもすっかり乱れて下を向き、今にも地面に落ちてしまいそうに俯いています。私も放心したような気になってきましたので、やっと周囲に意識を向けると、いつの間にかお経は阿弥陀如来の真言に変わっていました」

 オン
 アミリタ
 テイセイ
 カラ
 ウン
 オン
 アミリタ
 テイセイ
 カラ 
 ウン……

「私はその祈りの合唱を聞いて何をすべきか、どうやってこの女を道連れにするべきかをすっかり悟ったような気になりました。
 ですから私はナイフを持って、女に囁いたんですよ、『お前の子宮を見せてくれ』って。女は相変わらず虚脱したような状態で、何の反応もしませんでした。ただ女のこめかみから落ちる涙が、地に積もる雪に穴をあけているだけです。仕方がないので、そのまま女の下腹部にナイフを突き立ててみますと、やっと女が呻きました。そのまま魚をおろすみたいに綺麗に裂きたかったんですがね、なかなか上手くいきません。女が呻く度に腹が動いて方向が狂わされ、手も血に濡れてナイフが滑るのです。女は終始目を瞑り、猿ぐつわを振動させて訳の分からない悲鳴を上げていました。固定されている手足を無理に動かそうとするものですから、血が滲んでロープと足袋が赤く染められていきます。腹を一直線にパクッと割るはずだったんですがね、女が動かなくなる頃には、ズタズタになっていましたよ。
 その裂け目に、血と私が出したばかりの白濁した精液が混じり合って、湯気を立てているのが見えました。白い雪が、女の体を中心にみるみる赤く染まっていきましてね、振袖の藤と扇の模様に縁取られ、まるで万華鏡のようでした、キラキラと光ってね。

 興奮の冷めないうちにと、女を縛った残りのロープを首に巻いて木に吊るし、その生命の根源、すなわち血と精液を眺めながら、私は死にました。
 眼下に雪の舞う中、最期に見たのは、そう、我が子を見下ろす父親のように俯いている自分の姿でした……

 ……もうすぐ、妻子に会えますよね? この苦しみも不安もない世界で、一緒に幸せになりたいです……」

キリーク

キリーク

  • 小説
  • 短編
  • 成人向け
  • 強い暴力的表現
  • 強い性的表現
更新日
登録日
2013-09-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted