SJな奴ら。短編集

SJな奴ら。短編集

いぇみ

このお話は、SJのメンバーと貴女が繰り広げる小説です。

未熟者なんで、幼稚な描写があるかもですが、お願いします♪

因みに主人公の名前は「みらい」で、日本産まれの韓国育ち。
年齢は、12歳、小学6年生です。

ナルシ×ナルシ-HC

.


はぁ!?どうゆうこと…?


私が子役オーディションに不合格なんて……。


私…可愛いし、演技も完璧だったはず。なのに。


審査員「んー、やっぱもう少し韓国語上達しないと……」


韓国語…!?

みらい「私は韓国語充分に話せます!!なんで不合格なんだよ……」


韓国語、上達したはず……。


本や動画…沢山見た…のに……。


.


.


私はオーディションの帰りにコンビニに言った。夕飯を買いに。

親は、私が小さい頃に、事故で亡くなったの。


みらい「んー……お!グラタンだぁ。」

残り一つのグラタンに手をのばした。


ガシッ


みらい「は?」


私よりはるかにでかい人が、グラタンをとった。



「早い者勝ちだから」


え?ちょ……!

みらい「ちょっ、待て!大人気ないぞコノヤロー」


私が言葉を蹴散らすとその人がこちらを向き………。


「お前ガキのくせに……」



みらい「ちょい、おまっ……ひ、ひ、ヒチョル…?」



その瞬間、頭がフリーズした。

ヒチョルだったから。


マスクをとり…。


テレビでみるよりも顔が綺麗だ。


私には負けるがな。←


みらい「えー、と。グラタン……譲って」


HC「は?やだね……このグラタンは俺が食べる運命だし」


みらい「何でもするから!くれー!!」

SJな奴ら。短編集

SJな奴ら。短編集

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2013-09-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted