必要なこと

必要なこと

桐灰悠

何もかもが近くて
何もかもが遠い

昇る日を見る目

散歩をしようと思った
思考が全て内側へ向かうから
再認識しなければいけない
狭い部屋の中で選ぶ
必要ななんとなく

色を失う
光を失う
失うばかり
というわけでもない
らしい

何度も何度も

そこを目指せと
オウムが云う

耳を塞いで
暗い方へ
暗い方へ

必要なこと

これは全て必要なことなんだろう。

ありがとうございました。

必要なこと

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2013-08-21

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted