僕とお父さんとの約束

愁羅

約束

《僕ねパパみたいな男の人になりたい!!》
《そーかそーか、期待してるぞ悠李!》
4歳の誕生日、僕はパパと約束をした。
“この家族を守る。”
パパはこう言った。“約束は守るからこそ約束なんだ”
パパ……絶対約束守るね。

キィーーーーーーー
救急車の音と警察のサイレンが鳴り響く。
目の前には血に染まったパパがいた。
「パ………パ?」
ただ呆然と倒れているパパを見ていた。
4歳の誕生日の日。
パパが買い物に行くといって出かけた数分後。
ねぇパパは何をしているの?
演技だよね……ははっ、そうだよね。
呼んだらきっと笑って答えてくれる。
僕は言い続けた。
「パパ〜起きてよ〜っ……グズっ。早く家帰ろうよ〜。」
僕は声が枯れるくらい大声えで呼んだ。
でもパパはピクリとも動かない。
『ゆうちゃんごめんね。パパは……………死んじゃったの。』
ママは溢れる涙を抑えていた。
「返して!。パパを……パパを返して!!!」
パパは死んじゃったの?



「返せ………パパを……『悠李!早く起きて!学校遅刻するよ?』。」
んー、夢か。変な夢。
それより何年前だよ。今16だから………12年前か。
『それより悠李〜今日○○いかない?』
あれ、そこどっかで。
「あぁ、いいけど。」
この子は俺の恋人、佐藤香菜。俺の運命の人かな。
風が気持ちいい季節になった。
確かあの頃もこんな感じだったな。
「ほらあんまはしんなって。……!?香菜!!!。」
どうしよう香菜が引かれる。
俺はあの頃の言葉を思い出した。
“家族を守る”
香菜はいつか俺の家族になる。守らなきゃ。
俺の体は無意識に動いて香菜を押した。
その瞬間。
バーーーーーーン。
俺は引かれた。俺の体が血に染まっていく。
あぁ、俺死んだら香菜と家族になれないじゃん。
嫌だ。
俺が今引かれた日。お父さんが引かれた日。
「助けて、死にたく……ない。」
俺の目から涙が溢れ出した。
ごめん香菜。
俺は意識を失った。


白い霧の中。
「あれ、生きてる?」
でも服血まみれだし。もしかして天国?
「嘘だろ。」
俺の後ろから白い人が通り過ぎて行く。
あっ、隣の叔母さん。
叔母さん死んじゃったんだ。
でも幸せそう。俺も。
『悠李。』
「えっ?………………お父さん?。」
その顔はあきらかにお父さんだった。
あ、そっかお父さん死んでるもんな。
『悠李、どうやら約束は守ってるみたいだな。それより、
大きくなったな。昔はあんなに小さかったのに。』
会えた、やっと。
俺は涙を流していた。するとお父さんはかすかに消えかかった。
『もう心配ないな。悠李、これからお前は泣いたり、喜んだり、怒ったり、
悔しがったりするだろう。でもどんな時でも笑顔でいろ。』
お父さん……やっと会えたのにもう消えちゃうの?
12年ぶりに会えたのに。
『お前が笑顔なだけで周りは幸せになる。だから自信をもて。
あと香菜ちゃん大切にな。絶対守り抜け。いいな?』
お父さんはそう言って微笑んだ。
伝えなきゃ。
お父さんに伝えられなかったこと全部。
「お父さん!俺お父さんのこと大好きだよ。いつも励ましてくれて、
優しく微笑んでくれて。大好きだった。ありがとう…………パパ。」
俺の目の前が真っ暗になった。
最後に見せてくれた笑顔。忘れない。
お父さん、今度は俺が家族を守るばんだ。
『ゆう……り?……!?悠李!今先生呼ぶね。』
俺はとっさに香菜の手を掴んだ。
守る、俺が、みんなのことを。
「俺はお前らを守り抜く。だから俺についてきてくんないかな。」
『クスッ。そんなの当たり前でしょ!悠李は未来の旦那なんなんだから!」


この世界には不幸な人がたくさんいるだろう。
もしかしたら幸福な人なんていないかもしれない。
でも“幸せ”はたくさんある。
ただ普通に会話して、笑いあって。時には喧嘩もして。
そうすることで“幸せ”は生まれてくるんだとおもう。
泣きたい時は人に頼って。大切なひとは命をかけて守る。
俺はそれが“幸せ”だと思う。
だよね。お父さん。
『頑張れよ、悠李。』
そんなお父さんの声が聞こえたきがした。


〜10年後〜
『悠李!千智!いくよ。』
26歳。俺は香菜と結婚して千智を産んだ。
毎日が幸せな日々。
それがなくなるまで俺は家族を守る。
「今いくよ。」
暖かい風が吹く。
そしてまた俺らは笑いあった。

僕とお父さんとの約束

僕とお父さんとの約束

  • 小説
  • 掌編
  • 児童向け
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY