うつくしい道

ナナホイコ

うつくしい道

 ひろい野原のまんなかで、老婆がひとり、ぽつんとくらしていました。
 老婆はもうなん十年も、ほかのだれともあわずに、ちいさな畑をたがやして、くらしてきたのでした。
 畑でとれるやさいは、どれもみずみずしく、たいへんおいしかったのです。そしてやさいはまいにち、やさしい声で老婆にはなしかけましたので、老婆はひとりぼっちでも、さびしくありませんでした。
 ある、夏の日のことでした。青青とした野原の、はるかむこうから、いっぽんの白い道がゆっくりとのびてきて、ついには老婆の畑を、すっかりふさいでしまいました。
 老婆は道のまえにすわって、いちにち中、じっとしていました。
 道はコンクリートでできていて、さわるとあたたかく、すべすべしていました。
 老婆はよこになりました。そして道の上に、耳をぴたりとおしつけました。こうすれば、土のなかでねむっているやさいたちの声が、きこえてくるにちがいないとおもったのです。
 やさいたちは、老婆がいくらはなしかけても、声をださなかったけれども、へんじをするかわりに、まっ白い道に、うつくしい色をつけていきました。
 それは、夏のあかるい日ざしをあびた、やさいたちの色におもわれました。やわらかなうす紙が色をすうように、老婆のまわりのコンクリートは、そまっていきました。赤や緑のつるが、老婆をつつむようにして、のびていきました。
 老婆はうっとりと、それをながめていました。そしていつのまにか、道にはりついたようになって、死んでしまいました。鳥たちがやってきて、老婆をどこかへ、はこんでいきました。
 やがてそのうつくしい道は、うわさとなって世の中にひろまって、とおくの人々のあいだでも、知られるようになりました。
 たくさんの人が、道の上をあるいて、野原のまんなかの、老婆の家を、おとずれるようになったのです。

うつくしい道

うつくしい道

やわらかなうす紙が色をすうように、老婆のまわりのコンクリートは、そまっていきました。赤や緑のつるが、老婆をつつむようにして、のびていきました。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted