入学式

HERO

入学式

 私は、神谷亜里砂。

今年、国文館高校に入学することになった。

入学式当日国分館高校に行った。クラスはなんと、1-C組でした。

ウキウキワクワクの私でした。私の小学校の頃からの友達もいた。まぁいろいろ話していくうちにクラスは新入生で埋まった!

その頃、担任の先生が入ってきた。いかにも大学出たばかり!って感じの先生でした。いきなり先生は自己紹介を始めた。

 「C組の担任となった神村有希です。年は22歳です。皆と仲良くできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

それでは、入学式に行きますよ。


そして入学式のとき風間俊介に似た人を見た。


 そして、風間俊介に似た先生の名前があきらかになった。


先生の名前は、村越聖矢と言う名前でした。


入学式が終わり、自分たちの教室に戻ってホームルームが始まりました。

 「皆さん明日から普通授業になるので遅刻などはしないようにしてくださいね」

そしてホームルームが終わり、帰る途中のことでした。

なんと廊下でD組の担任の先生の村越聖矢先生に会いました。

 「C組の子だよね。はじめまして、D組担任の村越です。多分C組で社会担当すると思うから」

「そうですよ。私はC組の神谷です。よろしくお願いします。それではさようなら。」

 「おう!明日社会あるからな!忘れるなよ」

「はーい」


そして、入学式は終わった。

 

入学式

なんか最高の入学式なような...(笑)

入学式

少女マンガみたいなことが現実にあるんです。 少女漫画みたいなかんじで想像するのではなく、現実で想像してみてください。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 青年向け
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA