綾と魔法使いシイナ 『風船の花が飛ぶ日』

YO2

綾と魔法使いシイナ 『風船の花が飛ぶ日』

綾の住む「央野区」は、普通の街と少し違っています。
街の中央には「魔法学園」があり、街には魔法使いが住んでいます。

綾の家にホームステイしているシイナも、そんな魔法使いの一人。
「ふわぁ… ねむ…」大きなあくびをするシイナ。
「もうお昼よ?」呆れ顔の綾。

日曜日の昼下がり。
春の陽気がシイナの眠りを誘うようです。
「わ、もうそんな時間?」
シイナがあわてて立ち上がります。
「行こ!綾ちゃん」シイナの金髪がふわりと揺れます。
「へ? ちょっと、どこへ?」

シイナが綾を家の外に誘います。
「早く早く!」
「待って、シイナ」
シイナはずんずん先に歩いて行きます。

着いたのは「妖精の丘」。
央野区の中でも、不思議なことがたくさん起こる場所です。
「今日は風船の種が飛ぶ日なの」シイナが笑顔で言います。
「風船?」綾が聞き返します。

丘をずんずん登って行く二人。
「見て、綾ちゃん!」
眼下に広がる風景を見て、綾が声を上げます。
「わぁ…!」
丘の上の草原一面を埋め尽くすのは、色とりどりの風船。

赤、青、ピンク、黄色、緑、黄緑、紫、橙、ベージュ、灰色、空色、茶色、白、黒、茜色…。
「ええと…」目に飛び込む色の数が多すぎて、綾は目が回りそうです。
風が吹くたびに、たくさんの色の風船たちがゆらゆらと揺らめきます。
「もうすぐ始まるよ!」シイナが笑顔で言います。

すると、赤い風船が一つ、ふわりと空へ浮かびました。
それを合図にするように、空色の風船が一つ、ピンクの風船が一つ、空へ浮かびます。

「あっ…!」
風船が次々と空へ飛び立ちました。
空の青色がさまざまな色の風船でおおわれていきます。
青いカンバスの上で、色とりどりの丸が思い思いに踊ります。

「すごい… きれい… 」綾が思わずつぶやきます。
「今日は風船の花が一斉に種を飛ばす日なの」
シイナが綾に語りかけます。
「飛んで行った風船が、またどこかで根付いて花を咲かせるんだよ」
「素敵ね…」
「また次の種の日も、綾ちゃんと見たいな」シイナが綾に笑いかけます。
「そうね…」綾もシイナに笑いかけます。

『シイナのおかげで、なんでもない日がまた、素敵な思い出の日になったね』
綾は、心の中でそうシイナに言いました。

シイナの魔法は、人をちょっとだけ幸せにする魔法。
魔法学園では落第生のシイナですが、綾にとっては世界を輝かせてくれる、素敵な魔法使いなのです。

―END―

綾と魔法使いシイナ 『風船の花が飛ぶ日』

綾と魔法使いシイナ 『風船の花が飛ぶ日』

普通の女の子・綾と、魔法使いの女の子・シイナは仲良し同士。 何事もマイペースなシイナを心配して、綾はいつもやきもき。 でも、シイナは綾に笑顔をくれる素敵な魔法使いなんです。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA