とり



あ、した。
とりのこども。
雪みたいに降って落ちてそのまま風になって鳥になって落ちて無いて笑って終わり。
なんでもないような日にも
ぼくが元からすごい?ぼくは頑張ったような気がする
明日からまた会えるような
わたしが考えてくれてるからいいや

とり

とり

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2023-11-26

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted