歌集 聖と俗

青津亮

書き足していくつもりです。

 一 聖性と墜落

(そら)蔽うおもたき瞼は避妊具で打ち上げる精液、撥ね墜ちる歌

ふと堕ちて──そとはいちめん雪景色、血そそがん真紅に純化してみて

かれはない かれはわたしを愛さない さればわたしは貴方を恋うの

神話めく身振りの影絵と善くうごく、少女が恋するひと模すように

蒼穹はがらすの張りモザイクのごと、わが身其処にて磔の刑

魂は曰く虚数で実在は睡り不在とめざめる、信じる

むこうがわ見せてわたしの想い人 (くち)割れ熱き吐息(いき)洩れるごと

高貴なる仮面を切って薙げ出され、俗に吹き飛び、果ては空無

天降らす巨大なゆびに薙げられたい、わたしは「わたし」として生きたい

美と善の青き翳にわが鮮血を──愛せよamethystに照る恋情


 二 頽廃と燦爛

蒼銀の憂鬱の砂に腹うずめしろく剥がれる背骨を想う

血飛沫のどぎついビルに彗星と青みの刺して燦くネオン

湯女揺れてゆらめきに結う百合花は悠と遊宴ulalume往く

汝が霊は優美にしなる頸でなく硬きカットのonyxに宿る

Yunaという娼婦の詞に刻まれた少女の名簿に聖性の射す

腕折られ美の疵ひらくビラビラは醜く爛れた薔薇の切口

奥行なぞいらぬなべてを呑み照らせ、身振で語れよ光の辷る

くび墜つるはらはら堕つるくち紅を曳き落つる椿天蓋に吊る

死産児は幸福でした閉ざされて夢歌い絶つ我が歌に似る

腹切のために鍛えたかれを模し犬死のため日焼けどめ塗る


 三 郷愁と呪詛

裏切の閃光投げし星霜が雪の衣装の我が背を伝う

腐敗した不在の爛れたはらわたに少年の我あり抱けよいまさら

呪わしき二千年代基督と授業中天にわが身を磔

磔の天空にわが身浮ばせて現世でえられぬ安息をえる

わたくしは苦しい少年の日を過ごし幸福と裁かれ詞軋んで

閃光と銀の暴力降る幾日我姫と夢み絵画へと剥く

殉教に焦がれ削がれて犯されて信仰なきて「愛」天に置く

紗の音を立てて蝿音絶えません死にたい気持は銀照る衣擦れ

ふるさとに安息なぞなし海来れば劇しき非情に躰を寝そべる

「ニ十歳でね一緒に死のう」と約束せしimaginary friendが絞め殺す明晰夢(ゆめ)

歌集 聖と俗

歌集 聖と俗

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-11-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted