【超短編小説】あの雲ハート型

六井 象

 ビルの屋上。「あ!あの雲ハート型!見て見て!」とダッチワイフに話しかけているおじさん。しばらくして雲が風にちぎられると、おじさんはダッチワイフを抱いて屋上からゆっくりと飛び降りた。

【超短編小説】あの雲ハート型

【超短編小説】あの雲ハート型

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-09-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted