やっぱり、若者は嫌い。

amphibia

やっぱり、若者は嫌い。

オリキャラ再使用。これが大事かもしれない。

いけ、シデ。

シデ:しかし、カレルチャペックは、仕事で、ロボットの話し作っていたのに、なるべく労働しなくて済む話しかんがえるのが、おもしろすぎると思う。なんでそうなっているんだろう。

まあもっとも、ただ遊んでいるだけなのに、長時間労働の話しする人も、いたら、その人も皮肉だけど。
ハリー:お前は、自由であり、なにものにも、制限されることはない。

ブスマン:アーメン。
ヘレナ:わたし、バカだから、なにいっているのか、ぜんぜんわからへん。
シデ:わからないのか。
ガル:若者にはわからなくても、いずれわかるようになる。
シデ:わたしは年寄りなので、わかる気がする。でも、カレルチャペックが、ロボット作ったとき、まだ彼は若かったはずだけど。

みんな出ていく。

ヘレナ:置き去りにされた。
シデ:なんで?
ハリー:料理をするんです。
ヘレナ:なにを?
シデ:ヘレナの反応が速い。ヘレナは食い気女。

ハリー:ロボットは、料理できないので。
シデ:そんなバカな。できるはず。
ハリー:何故ですか?
シデ:味がわからなくても、見た目とか、工程を覚えていることで、判断するから。例えば、日本の料理番組だと、かならず、材料の配分の指定がある。日本人の視聴者や、料理人は、ロボットみたいに、決められた種類の材料を、決められた割合で、調合することに、特化している。味なんか考えてない。これほど、ロボットのように、駆動するニンゲンがいるんだから、ロボットが、美味しい料理を作るなんて、あさめしまえ。

ハリー:わかりました。改良します。

ハリーは、電話をかけて、マリウスに、指示を出す。マリウスは、オペレーティングシステムを、変更する。

ヘレナ:わたしは、オムレツと、肉の網焼きの、ソースかけが、食べたい。
シデ:とうがらしスパゲッティがたべたい。
ハリー:たまたまですが、ヘレナさまが、ご所望のものは、さきほどの技師たちが、作ってきます。スパゲッティは、マリウスに指示します。

彼は、指示する。電話を切る。

ハリー:ここも改良しないと。

彼は、マリウスに、指示を出す。電話をきる。

ハリー:以前、ヘレナ様が、透明自動掃除機を、いわれたが、それを応用して、透明な、音声認識によって、指示を受けてくれる、存在を、作ることにしました。もうできたかな。
シデ:便利だね。

ハリー:さあ、テーブルを用意しなさい。

しばらく、3人がまっていると、テーブルに、自動的に、テーブルクロスがかけられる。

シデ:おや。どうしたことか。
ハリー:おそらく、オペレーティングシステムが、テーブルクロスを、テーブルにセットするための、透明なロボットを、作ったものと思われます。
シデ:なにでできているの?
ハリー:ニンゲンに無毒な、透明な気体。

シデ:エア友達ってやつか。

ハリー:エア下僕です。

シデ:そういえば、マイナス物質を調べた。たぶん暗黒物質だと思う。これも認識が難しい物質。

ヘレナ:ハリーさん、なんで、ロボットの性別を、わけるんですか?

あと、わたしは、旧約聖書を信じているので、男の方が、本体だと考えている。
シデ:わたしは、ゾウリムシみたいな、単細胞生物は、全部メスだと信じているので、メスの方が本体だと考えている。

ハリー:それは、現実の職種が、男女差別されているからです。
シデ:なんで男女差別するの?

ヘレナ:ロボットたちは、お互いに無関心なのは、よくないと思います。
シデ:ふうん。でも機械だから仕方ないよね。もし、ハリーさんよりも、同僚のロボットを、重視したら・・・反乱が起こると思う。

ハリー:わたしを、婿にしてください。
ヘレン:え?
シデ:わたしの婿になってください。
ヘレン:ハリーさん、お断りします。
ハリー:では、他の男を婿にしてください。
ヘレン:いやです。
シデ:ハリーさん、わたしはいいって言っている。無視しないでほしい。

ハリー:あなたはだめ。
シデ:なんで。
ハリー:だって・・・原作が、ヘレナをめでる話しだから。

シデ:別に、ヘレナが、会長の娘だからじゃないんでしょ。
ハリー:関係あります。ヘレナを愛でる前提があったので、ヘレナを、会長の娘に、設定したんです。あなたも、なにか設定してください。

シデ:じゃあわたしは、ハッカーっていう設定にしよう。
ハリー:へんなの。
シデ:わたしと・・・わたしと結婚しろ。
ハリー:愛人にしてやる。

ヘレナ:ハリーさん、わたしと結婚しなくていいから、わたしを一番スキでいてください。
シデ:邪魔するな。
ハリー:あたりまえです。こんな、小細工女と、あなたは格が違う。
ヘレナ:でも、わたしは、あなたを婿にしません。6人と同時に、セックスできないからです。
シデ:しろよ。

ハリー:ファブリは?
ヘレナ:5人同時にすればいいんですか?
シデ:一人ならどうなの?
ヘレナ:いやです。
シデ:なんで。

ヘレナ:ハリーさん、ロボット女の、婿になってください。
ハリー:だめです。ロボットは女ではない。あと、正直、スラしかいないと思うし。
ヘレナ:予想するに、あなたは、子供を作らせたいだけだと思われます。
ハリー:美人に子供を作らせたい。
シデ:わたしを無視するな。
ハリー:あなたは美人ではない。
シデ:・・・反論できない。

ヘレナ:ハリーさんなんか、絶対に嫌いです。あなたの子供なんか、妊娠したくないです。
シデ:なんて酷いことを・・・

でも、ハリーは何故か、ヘレナの肩に、手をおく。

ハリー:もっとののしってみろよ。もしできなければ、お前の負けや。
ヘレナ:乱暴なキチガイ。
ハリー:男は、乱暴だったり、キチガイだったり、しなきゃいけない。

シデ:ヘレナは、もしかして、脳内がピンクになっているのかな?

ヘレナ:乱暴だったり、キチガイだったり、そんな真似をされたら、わたしは、もみくちゃに、なってしまう。
ハリー:最後のひとことを、ヘレナ。

シデ:カレルチャペックの若さを感じる。

ヘレナ:だめです。ハリー。わたしが、おかしくなってしまう。

調理人たちが、料理をもって、戻ってくる。作業は中断される。

シデ:ロボットのころから、エロいラブコメがある。ハリーさん、わたしを抱いてもいいですよ。

シデは、ハリーを見上げる。

ハリー:んー。いやだ。
シデ:なんで。
ハリー:汚れる気がする。
シデ:酷いこと言いますね。ハリーさん、もっと、汚れてください。そしたら、わたしでも、だけるようになるはず。

やっぱり、若者は嫌い。

ペストのことをかんがえると、脊椎動物の飼育は、だめな気がする。

シデは、ハッカーとして、マーガレットに雇われる。

わたし自身は、ITのこと、全然わからない。シデはとりあえず、マーガレットの使用している、パソコンとかスマフォの、セキュリティを、強化した。

公爵夫人:ホッパーさんにも、案内状を、さしあげてくださいまし。
シデ:ところで、この話し、女しか出てこないから、男漁りできないんだけど?

ホッパーさんって誰?

公爵夫人:金持ちのオーストラリア人で、親が、缶詰を売って儲けている人。
シデ:はぁ。いない人にモーションかける・・・違う。冷静になるんだ。あなたは、そういうエロい話ししているわけじゃない。で、その、オーストラリア人に、手紙を出せばいいのね。

公爵夫人:いや、アガサに言っているだけだから。落ち着け。
シデ:落ち着く。
公爵夫人:彼は、アガサに、メロメロになっている。
シデ:アガサに言わせろよと思う。

公爵夫人:チャンスなので、アガサを、嫁にやることにしている。
シデ:あなたたちは、旧約聖書的ではない。カレルチャペックの方が、婿制度を採用している。

アングロサクソンが、そうなってしまったんだろう・・・なのと、スラブ人のほうが、旧約聖書的な方式を選んでいるのかもしれないな。西洋人に絶望しそうだが、モーパッサンが、多分フランス人なんだよなぁ・・・。

西洋人と日本人で、あまり変わらないじゃん。おもしろくもなんともないよ。

公爵夫人と、娘はでていく。

マーガレット:こまったな。
シデ:ただそれだけの話し。あまりたいした話しじゃない。
マーガレット:まあいいか。クソして寝るか。
シデ:いいと思うよ。

マーガレットとシデは、向き合いながら、ぼーっとしている。すると、ウィンダミアが戻ってくる。カレの名前は、アーサーの可能性がある。

アーサー:マーガレット、わたしの通帳を、絶対に見るなよ。
マーガレット:はぁい。

カノジョは、通帳を開こうとする。アーサーは、マーガレットをとめる。

アーサー:みるなっていってるだろ このくそ。
マーガレット:はなせ!

カノジョは、アーサーを、突き飛ばす。マーガレットの目は、ギラギラ光っている。カノジョは、通帳にかかった、拘束具を、無理やり破壊する。開く。ページをめくる。

アーサー:だめだ!
マーガレット:シデ、アーサーを妨害しろ。

シデは、アーサーに、とびついて、押し倒す。二人は、もみくちゃになる。マーガレットは、のんびりと、通帳を拝謁する。マーガレットは、アーサーの、使い込みを発見する。カノジョは、通帳を捨てる。

マーガレット:アーサー。絶対に許さない。矯正してやる。
アーサー:なにを見た?
マーガレット:あなたは、わたしから、逃れられない。
アーサー:いや・・・

アーサーは、いろいろ考えている。つまり、アーサー自身、マーガレットを捨てないほうが、おそらく都合いいだろうということである。ってのは・・・マーガレットが、仮に無職でも、マーガレットの現在持っている資産や、マーガレットの親が持っている資産を、あてにできるため。

アーサー:気楽にいこう。
マーガレット:まあいいや。わたしは、公爵夫人に言われたようにするだけ。
シデ:うまくいかないな。イギリスの階級制度が強いせいか? いや・・・そうだな。そのせいだ。

オリキャラ出せば、それで済むわけでは、ないらしい。

マーガレット:正直面倒な部分はある。結婚なんか面倒だなと思う。アタマが金に支配されている。

では、何故、アーリン婦人に、金をわたしたんだ?
アーサー:カノジョが困っていたから。
マーガレット:バカな。困っている人を、いちいちすくっていたら、キリがないだろう。いくらでもいる。
アーサー:わたしの金を、わたしがどう使おうと、わたしの勝手。

やっぱり、オリキャラ消す。はぁ・・・なんのために、切り替えたんだか。オリキャラ出さないことで、くいつくすことができる。

マーガレット:それはそうだな。
アーサー:お前だけ、優遇されるとでも、思ったか。そんなの、三日天下にすぎない。金が欲しいなら、自分で稼げ。
マーガレット:黙れ。わたしは、実は、デイトレードしている設定にしてやる!
アーサー:ごくろうさん。

マーガレット:いいよアーサー。別に・・・性欲を感じないし、アーリン婦人のもとに、いけばいいじゃないか。いけよ。ほらいけよ!
アーサー:いや、いまは、ここにいる。
マーガレット:あっそう。

アーサーは、アーリン婦人に、電話して、カノジョに、パーティに出席するようにいう。

マーガレット:まだなにか?
アーサー:いや。とくには。

金の切れ目が えんのきれめ で、冷たすぎる。なんか、いやだなぁ・・・。この人々。

マーガレットは、収入源を得たので、アーサーに対する興味を、うしなった。性欲が、どっかにいってしまった。

この話しは、もうやめよう。
ーーー
ケイ・ダーシーがぐるぐる回る。彼女の太い黒髪はポニーテールにまとめられ、彼女はジーンズと前ボタンの青いブラウスを着ており、彼女の笑顔は魅力的でありながら鋭い.
ーーー
コドモという、男がいる。彼は、仕事中に、キレて、彼の手の甲を、彼が並べるはずである、ナイフで突き刺す。彼は、ナイフを、カレの手の甲に、貫通させつつ、テーブルの上に、ナイフがつきささらないか、試している。彼は、解雇される。

コドモは、老人が、イスに座っているのを見ると、彼におそいかかる。老人は、何かしらの、圧力を発し、コドモを吹き飛ばす。コドモは、受け身をとる。彼は、起き上がる。老人の姿は、透明になっている。老人は、雨雲を呼んでから、落雷をふらせて、落雷を、コドモに命中させる。コドモは、焼き尽くされる。

コドモは、衣服店に忍び込んで、服を盗み、裸をやめる。以前老人に、焼き尽くされたので、彼は裸になっていた。衣服店を出る。

カーネーションが売られている。彼は、財布を確かめる。一本だけ買う。彼は、カーネーションを、コンクリートの溝にたまった、土にさしてから、水をふりかけて、呪文をとなえる。カーネーションは、根をはやし、ねずく。

老人が来る。今回は透明ではない。彼は、コドモに尋ねる。

老人:なにか、お探しですか。

コドモは、老人を無視して、道を歩く。歩いていると、男たちが、上半身裸で、腕立て伏せしている。コドモが、彼らを見ていると、彼らは、はりきって、腕立て伏せを強めて、顎を、ユカに、ぶつけるまで、身体を下げて、腕立て伏せする。
ーーー
シデは、家にいる。カノジョは、年齢を偽って、年金を不正受給することにした。なので、年金が、毎月、2万程度手に入る。

シデ:不正受給しているのに・・・やすすぎる。

カノジョは、オナニストなので、マスターベーションを、布団の上でやっている。やりおわる。

シデは、暇つぶしに、外に出て、歩いている。すると、腕立て伏せを、上半身裸でやっている、男共に出会う。シデは、男たちを眺める。

ある男が、腕立て伏せする男たちが、差し出している、反対側にされた、帽子の中に、小銭を入れる。シデは、その小銭をひろう。

ある男が、シデの肩に、手をかける。シデはいう。

シデ:セクハラをご希望か?

男は、シデの顔に、唾をはく。シデは、つばをぬぐいとる。男は、シデの、ポケットに、手をつっこんで、カノジョの、財布を、奪い取り、財布の中身を確かめる。

シデ:やめろバカ。

シデは、3000円しか、財布にいれてない。男は、3000円抜き取る。それから、シデの顔を、財布でたたく。シデは、財布をひったくる。シデは、男に、人差し指をむける。

シデ:おまえみたいなバカは、死んでしまえ!
男:でもお前、国民年金不正受給しているやろ。
シデ:うるさい。お前に関係ないだろ。
男:弱虫。金とりかえしてみろよ。

シデは、仕方ないので、男に襲いかかる。カノジョは、男の顎を狙って、まっすぐ殴る。男は、シデの攻撃を避けつつ、シデの顔に、逆に、まっすぐ殴る。シデの鼻は、潰れる。シデは、後退する。

シデ:なんてひどいことを。
男:ザコやからこないなるんやろ。
シデ:お前はバカ。死んでしまえ。わたしみたいな、貧乏人から盗むな。ハゲバカ死ね。

シデは、そのあと、靴磨きをすることにする。路上で、靴磨きをしますと言いながら、待っている。

男が、にやにやして、近づいてくる。シデはいう。

シデ:よろしく。
男:いらない。
シデ:なんだよ。

男は、にやにやするばかり。

シデは、変な男が、あつまってきて、にやにやするばかりなので、仕方ないので、場所を変えて、レストランの前で、くつみがきをしようとする。しかし、すると、レストランから、男が出てきて、シデに、硬貨を、投げてくる。シデは、キャッチする。

シデは、しばらく路上にいる。眠くなってくるので、座ったまま寝る。夢を見る。内容はよく覚えていない。

男が、グラスをもってきて、近づいてくる。シデは、おきる。男は、シデの目玉の上に、大きめのグラスを、かぶせる。こうすると、目の周囲に、密着する。中身が、真空状態に近くなる。すると、皮膚にグラスが、吸着する。

シデ:なに?

男は、シデの、胸の先端あたりを、さわる。彼は、シデにいう。

男:ペスト記念館がある。いってみろ。
シデ:どこ?
男:グーグルマップで、探してみたらどうだ?

ペスト記念柱というものが、オーストリアの、ウィーンにある。

しかし、チェコには、ペスト記念館が、あるとしておく。シデはそこにいく。

ペスト記念館は、チェコのズノイモに、あることにしておく。シデは入る。

記念館は、有料だが、余計な人件費はつかっておらず、ロボットが受付している。ロボットに、料金を支払えば、扉が開かれて、奥にすすめる。シデは、500円支払う。入る。

何故か、創世記みたいになっている。男から、女が作られている。

記念館には、ペストに関する情報が出ている。

より広い範囲で疫病、または 譲渡、または 歴史的な意味では、社会に重大な影響を与える深刻な感染症を意味します[1]現代のスピーチでは、この意味ではほとんど使用されていませんが、古い文献、特に中世および近世の年代記では使用されていません。歴史論文では、この概念は一般的です。狭義にはペスト菌によって引き起こされる特定の病気を意味します。この記事では、この用語のより狭い内容をさらに扱います。深刻な病気であるペストは、人間だけでなく一部の動物にも発生します。

エルシニア ペスティス(元はパスツレラ ペスティス) は、エルシニア科の病原性 グラム陰性菌です。動物にも人にも感染する 通性 嫌気 性菌です。

ペストはペスト菌によって引き起こされる感染症です。ペストは 18 世紀までヨーロッパで発生し、現在では南米、アジア、アフリカで散発的に発生しています。潜伏期間は短く、感染した人は 12 ~ 24 時間以内に死亡する可能性があります。治療が早期に開始されれば、ペストは抗生物質で治療可能です。

ペストについてはすでに十分に書かれています。歴史的作品から医学的作品、哲学的作品まで、さまざまな範囲と深さの作品。それにもかかわらず、多くの疑問が残ります。私たちは一緒に過去に行き、この恐ろしい人類の惨劇が残した痕跡をたどります。富や社会的地位に関係なく、数千万人の命を奪った病の痕跡。私たちの歴史だけでなく、私たちの生き方や考え方も形作った病気です。

まず旧約聖書に注目しましょう。10世紀から9世紀に作成されたテキストの転写では セント。紀元前 医学的観点から、汚れた動物や死体と接触する個人および共同体の衛生に関する明確に定式化された命令を見つけます(Lv 11:39). 「汚れた」人々を少なくとも 7 日間隔離する必要性と、収容所の外で別々に暮らすという彼らの義務 (レビ 13:14; 民 5:1-4) は、一種の最初の検疫でさえありました。ペリシテ人があえて契約の箱を奪おうとしたとき、神は残酷な罰で彼らを捕らえました(1 S 5と6)。ここで、ペストの可能性に最初に気づき、齧歯動物への言及を強調する著者もいます。

しかし、それ以上の具体的な証拠がなければ、50,000 人以上の男性の不可解な死は謎に包まれたままです。紀元前7世紀に アッシリア人は、185,000人を殺した天使によってエルサレムを征服することを妨げられました(列王下19:35)。ギリシアの歴史家ヘロドトスはまた、ユダヤ人の同盟国であるエジプトの王の奇妙な行動についても説明しました。彼は夜に密かに敵の野営地にかじりネズミを放ち、装備を破壊したとされています。ペストに感染したネズミだった場合、少し想像力を働かせて、彼が生物兵器を最初に使用したと疑うことができるでしょうか? もちろん、これはすべて推測に過ぎません。

紀元前 430 年のアテネでの「ペリクロス-トゥキディデスのペスト」もまた、私たちの注意を逃してはなりません.ペロポネソス戦争で最高潮に達した好戦的なスパルタのライバル関係にもかかわらず、アテネが文化の中心となった全盛期に街を襲った.

ギリシャ全体の教育。トゥキディデスは、当時の医師たちが対処法を知らず、彼らの命を奪い、後にペリクレス自身の命さえも奪った病気についての書面による証言を私たちに残しました. 今日、症状に基づいて、発疹チフスと赤痢の組み合わせであると推測されますが、鼠径部の結節は、実際のペストの可能性を示しています.

また、3世紀のリビア、エジプト、シリアでの「ペスト」の流行について、いくつかの情報源から知っています. 紀元前 紀元前 212 年の第 2 次ポエニ戦争中のシラクサの包囲中に出現した別の説明。歴史家のリヴィウスが私たちに残したものです。

166年、ローマは「ガレノス・アントニヌス・ペスト」に見舞われ、大不作の際に、パルティア人との戦いから戻ってきた軍隊によって街にもたらされた謎の病気が急速に広まり、多くの住民の命を奪った。 「永遠の都」。

しかし、それまでほとんどの研究者は薄い氷の上を歩いていました。生き残った記録によると、それが常に本当にペストだったのか、それとも別の感染症だったのか、それとも別の感染症だったのかはわかりません。それらの組み合わせについて。ペストという用語 ( mrítiに由来) は、感染症の原因物質に関する知識がなくても急速に広がる伝染病に使用されました。おそらく542年からのみ合意があります(詳細については、 Vesmír 83、554、2004/10を参照してください)。

東ローマ、ビザンチン帝国は、人々の移動中に野蛮人に抵抗し、ユスティニアヌス1世(527-565)の統治下で、非常に勤勉な君主である「眠らない皇帝」がその文化的および経済的ピーク。コンスタンティノープル (現代のイスタンブール) にある彼の神の知恵の神殿、アヤソフィアは、今でもビザンチン様式のモデルと見なされています。そして、彼の後に他の多くのモニュメントが保存されました。とりわけ、 Codex Justinianusは、伝統的なローマ法と当時の新しい要件を融合して作成され、後に有名なCorpus iuris Civilisの基礎となりました。

しかし、542 年にユスティニアヌス帝の帝国で疫病が発生し、これはおそらくエジプトから持ち込まれたものであり、すぐに歴史的に記録された最初のペストの大流行に変わりました。それは何年にもわたって続き、戦争で疲れ果てた国々に信じられないほど残酷な犠牲を払いました - おそらく最大で1億人の命が奪われました.

征服されたイタリアは、アヴァール人によって追い出されたゲルマン ロンバルド人によって占領され、アラブ世界がビザンチンのアフリカの所有物を支配するのにほぼ 100 年を要したにもかかわらず、帝国は崩壊していました。古代は終わっていた、古代は終わっていた。ペストは何世紀にもわたって沈黙していました。

この病気は、1344 年のクリミアで、カッファを包囲するタタール人の侵略者の仲間入りをするまで、再び現れませんでした。彼らの死体は要塞に投げ込まれたため、そこでも疫病が発生しました。その後、ペストはジェノバの船によってヨーロッパに持ち込まれ、いくつかの波で旧世界を通過しました。それはヨーロッパにいくつかの風土病の病巣を残し、そこで時折燃え上がり、再び広がりました。今日の冷静な推定によると、ヨーロッパでは 2,500 万人の被害者 (ヨーロッパの人口の 4 分の 1) であり、アフリカとアジアではほぼ同じ数です。

チェコの土地では、およそ 800,000 人の死者が予想されます (Eduard Wondrák の本では、歴史、当時の医療処置についての詳細だけでなく、他の多くの興味深い読み物や写真も見つけることができます)。当時の文書は、ペストを防ぎ、戦うための必死の努力についての詳細な証言をもたらします。不審船は港に入る前にヴェネツィアで40日間待たなければならなかったため、イタリアの検疫は検疫になりました。これらの保護手段には、医師の衣服が含まれていました (図1; ペストから保護するためにスパイスを使用することの興味深い結果については、Vesmír 74, 496, 1995/9を参照してください)。

火の浄化力が大きな役割を果たし、遺体や家屋は灰になり、集団墓地だけが残った。神は彼の民を見捨て、国は狂信的な鞭打ち師 (禁欲的な宗教運動の信奉者) の大群によって縦横無尽に横行し、彼らの体を宗教的エクスタシーで血の点まで引き裂きました。ヒステリーがエスカレートした。ブヨがペストの膿を家に塗りつけるという噂が広まりました。一般的な混乱は、盗難と略奪によって完了しました。ポグロムの時代が到来し、口実は(いつものように)簡単に見つかりました。ユダヤ人が井戸に毒を盛ったり病気をまき散らしたりしたと非難し、信じられないほどの残虐行為でユダヤ人を絶滅させるには十分でした。ゲットー全体を焼き尽くします。

ペストは15世紀になってもヨーロッパにとどまり、トルコ人との戦いで風土病の堆積物が再び燃え上がりました。その後の数世紀でさえ、ペストの流行が再発し、ヨーロッパを壊滅させました。ミラノの疫病、ロンドンの疫病、マルセイユの疫病、その他…数十万人の死者。

ペストを予防または「治す」方法に関する文献もありました。1562 年に、ペスト菌がウィーンで印刷されました。これは、疫病の流行時に人口の移動と収集を制限し、都市の清潔さと食品の販売を規制し、病院の役割を定義し、家をマークするペスト命令です。規制の結果は本当に来ました - 腺の形態(腫れた結節を伴う)が徐々に肺の形態よりも優勢になりました。今日、ペストが主にノミを介して広がり続けていることはすでにわかっていますが、多くの対策のおかげで、飛沫の広がりはすでに少なくなりました.

1715 年の最後の疫病はボヘミアで終息しましたが、他の場所では再び流行しました。たとえば、1771 年 9 月、モスクワで腺ペストが発生しました。軍隊によって守られた検疫はすぐに設定されましたが、大規模な集会(宗教サービスを含む)の禁止と神の母のアイコンへの財政的寄付の封印は、大衆の嵐を引き起こすのに十分でした。殺害され、教会は略奪されました。秩序は軍事介入によって回復されたが、ペスト自体は寒さの到来によって治まり、さらに10万人が死亡した. そして突然、平和が訪れましたが、長くは続きませんでした。

ペストは、1891 年に中国の雲南省 (ビルマとの国境) で再び蔓延し始めました。彼はさらに1000万人の命を奪った。疫病は広東を席巻し、1894 年に香港に到達し、そこから世界に広がりました。

当時、スイス出身のフランス人 A. イェルシンと日本人の S. 北里は、ペストの真の原因物質である細菌をほぼ同時に発見しました。光学顕微鏡下では、他のグラム陰性桿菌のように見えました (図2)。最初はパストゥレラと呼ばれ、後にエルシニア・ペスティスと呼ばれました。. それは信じられないほど伝染性が高く、単一の細菌が実験用マウスを殺すことができます. また、比較的耐性があり、好ましい条件下では、水中や乾燥したノミの糞の中で数週間生存し、土壌中では数か月持続します。低温には敏感ではありません。煮沸、直射日光、酸性環境で確実に破壊されます。今日、私たちはオリエンタリス、アンティクア、メディアエヴァリスの 3 つの生物型を区別しています。他の科学者たちは再びネズミの役割に焦点を当てています - そして結局のところ、ブリューゲルやプッサンなどのヨーロッパの何人かの画家はネズミに気づき、16世紀には絵に描いていませんでした. M. Ogata はノミが病気の保因者であることを認識し、最後に PL Simon は病気の疫学全体を正しく説明しました。1898 年、インドの WM Haffkine は、熱によって殺菌された細菌の培養物、つまり死んだワクチンを自分自身に接種し、抗ペスト動物血清も試しました。

流行はボンベイを通じてインドに広がり、1898 年から 1908 年の間に最大 600 万人の犠牲者を出した。ペストは、満州を含め、さらに導入されました。1910 年、マーモットの皮 ( Marmota sibirica )の需要、貧困と飢餓により、何千人もの経験の浅いハンターが、ロシアと中国の新しい鉄道に沿ってトランス バイカル地域のペストの古い流行地に追いやられました。すぐに絶滅した狩猟キャンプがありました。この自然発生の混乱は 50,000 人以上の人命を奪いましたが、状況は 1920 年から 1921 年に繰り返されました。

ペストも新世界を逃れませんでした。米国での最後の流行は 1924 ~ 1925 年にロサンゼルスで発生しましたが、自然発生は今日までアメリカ大陸全体に散らばっています。ペストは、1939 年から 1948 年の間にインドで 218,000 人を殺しました。第二次世界大戦中、この病気はネズミによって再びヨーロッパ、つまりマルタ、南イタリア、サルデーニャに運ばれました。当時、日本人は中国で感染したノミを生物兵器として使用していました。戦後、アメリカとソ連の科学者がその開発に取り組みました。何よりも、彼らはノミのような「信頼できない変数」をバクテリアの機械的噴霧器に置き換えようとしました. (同時に、そのような装置の発明の主導者がチェコの医師ビニャットとメチーシュに属していることを知っている人はほとんどいません。彼らはすでに保護領の下でそれを開発しました。)

おそらく、ヨーロッパに持ち込まれたペストの最後の症例は、1970 年にフランスで記録されたものです。最後の局地的流行の 1 つは 1994 年にインドで発生しましたが、今日に至るまで、世界保健機関によると、毎年世界中で何百人ものペスト患者が報告されています。

ノミの目は、毛皮や羽の素早い動きに適応した空気力学的な体構造を持つ、高度に特殊化された個体を表しています。彼らはよく発達した刺すような吸引システムを持っています。彼らの足のない幼虫はまだ何でも食べることができますが、成虫である成虫は血という1つの食べ物しか知りません(できれば1日に数回)。感染したノミでは、ペスト菌が数日以内に増殖し、糞便中に排泄され、最終的に消化管を詰まらせます。次のそりの間に、空腹のノミは健康な宿主の体に何万ものペスト菌を投げ込みます. しかし、バクテリアが保菌者を素早く殺すことは、バクテリアと一緒に暮らすことを学び、貯留動物は自然に同じことをしようとします。

ペストの自然発生は通常隠され、せいぜい動物の集団感染として現れます。一部の国はそれが何を意味するかを知っています。たとえば、モンゴル人にとって、グラウンドホッグが突然死んだ領土は常にタブーでした。また、伝統的なヒンズー教の概念では、ネズミは死の使者と見なされており、大量のネズミは家を出るようにとの指示と見なされています。このようなペストの自然発生では、ほとんどの場合、捕らえられたげっ歯類(一次宿主)の狩猟と処理中に、偶然にのみ感染します。ペストノミ ( Xenopsylla cheopis ) がバクテリアを一次宿主からラットとラットに移したのは、これらのアウトブレイクの 1 つであったと推測できます(図3)。これにより、ペストの二次発生が発生しました。ペストノミ (写真4) に加えて、一般的なノミ ( Pulex irritans)、人間の寄生虫(写真5)、または犬と猫のノミ。しかし、ペストはまだ初生堆積物に潜んでおり、世界中に少なからず存在します (図6)。

ワクチン接種、生ワクチンまたは生ワクチンによる予防接種は時間がかかり、結果が不確実な個人にとっては不確かですが、広く適用されると、脅威にさらされている地域の病気の人々の割合が減少することが証明されています. これはまた、殺虫剤または忌避剤によるノミの駆除と駆除の出番です。

4本足のペットの飼い主であることは、必ずしも喜びだけではありません。外で過ごすのが好きな犬は、不要なテナントを家に持ち帰ることができます。短時間で増殖するノミのことです。咬傷に加えて、深刻な病気を伝染させる可能性もあります。この問題を解決するには、家庭でノミを寄せ付けないものを知っておくと役に立ちます。

多くの人は、自宅でノミを駆除する方法を知らず、インターネット フォーラムで助けを求めています。寄生虫は追跡が困難です。彼らは動物の毛皮だけでなく、他の多くの隅にも隠れています。彼らは湿気の多い部屋、マットレス、床の隙間、幅木を探すのが好きです。いくつかの方法でそれらを取り除くことができます。近くのドラッグストアでノミ取り剤を購入するだけです。ノミ対策も自作できます。

動物のノミを駆除することが重要です。この目的のために、獣医クリニックで販売されている特別なシャンプーがあります。犬を入浴させ、コートを完全にすすぎ、櫛で梳く必要があります。ノミの首輪やノミのしずくでペットをノミから永久に保護することをお勧めします 。一方、家の中では、ノミが定着する可能性のあるすべてのコーナーに化学薬品をスプレーする必要があります。基本は、私たちが過ごす部屋の掃除と清潔さの継続的な維持でもあります。

市場にはさまざまな 抗寄生虫薬があります。 寄生虫を撃退するだけでなく、殺すこともできるため、化学的なものは依然として最も人気があります. デルタメトリン、 プロポクスル、 フルメトリン、 ペルメトリン 、またはフィプロニルは、化学駆虫薬に含まれる最も一般的な化学物質の 1 つです。しかし、物質デルタメトリンと ペルメトリン は猫にとって非常に有毒です。抗寄生虫製剤に含まれる化学物質は、子犬や子猫にとって有毒で あり、免疫力を脅かす可能性もあります. さらに、寄生虫 はそれらに対する耐性を容易に発達させます。 では、天敵と戦うために、化学ではなく自然を利用してみませんか?

2000 種以上のノミが哺乳類や鳥類に寄生します。イヌは、ほとんどの場合、Ctenocephalides felis (ネコノミ)によってコロニー形成されます。Ctenocephalides canis (イヌノミ) によってコロニー形成されることはほとんどなく、時にはPulex irritansおよびPulex simulans (人間のノミ)、さらにEchidnophaga gallinacea (ニワトリノミ) およびArchaeopsylla erinacei (ヘッジホッグノミ) によってコロニー形成されます。 )。ノミは、体長約 1 ~ 6 mm の扁平で翅のない昆虫で、大きく柔軟な足と刺すような口を備えています。淡褐色から暗褐色で、宿主の血を吸う。

ペストのことをかんがえると、脊椎動物の飼育は、だめな気がする。アヒル欲しいと思っていたけど、やめた。

ジャイアントミルワームにしよう。

ノミの発生は、卵から孵化して幼虫になるところから始まり、幼虫の発育には 3 つの段階があり、ノミは蛹になり、蛹は成虫になります。メスのノミは、生涯で約 50 ~ 100 日間、1 日平均 30 個の卵を産みます。卵は通常、犬が休んでいるときに産まれ、ベッドや犬がよくリラックスする場所に落ちます。数日以内に、卵は幼虫に孵化し、幼虫は 3 つの段階を経て蛹になります。幼虫は、卵と一緒に犬から落ちる未消化の血液を含む死んだ細胞物質とノミの糞を食べます。蛹は、できるだけ早く犬を占有する大人に成長します。気温が低いなどの悪条件では、蛹は孵化する前に最大50週間生き残ることができます. 理想的な条件下では、ノミの卵から成虫になるまでのサイクルには約 2 ~ 4 週間かかります。大人のノミC. felisとC. canisは宿主に永久に生息し、時折別の宿主にジャンプし、宿主がいない状態で長期間環境に留まることはありません。段階(卵、幼虫、蛹)は宿主の環境に生息し、幼虫は枕の下、カーペット、床の隙間などの隠れた場所に隠れます。

犬は他の動物と接触することでノミを家に持ち帰ることができます。ノミは、居間での発生に理想的な条件を備えています。これらの条件下では、それらの増殖は急速に進行します。

ノミの中で最も一般的な種である C. felis は、その宿主動物にうるさいわけではありません。世界中で、C . felisは 50 種類以上の動物や人間に見られます。

犬では、ノミは主にかゆみや、境界がはっきりした赤い斑点などの局所的な皮膚反応を引き起こします。より深刻な反応は、水ぶくれや痂皮につながることもあります。掻き続けると抜け毛や湿疹の原因になります。ノミが好む場所は、耳の部分、尻尾、お腹、太ももの内側などです。ただし、犬のノミ感染は完全に無症状の場合があります。

犬は、ノミの唾液に対するアレルゲンによって引き起こされる過敏反応であるアレルギー性皮膚炎(FAD)を発症することもあります。FADは、犬の最も重要かつ一般的なアレルギー性皮膚疾患の1つです。ここでは、感染した犬に非常に激しいかゆみを引き起こすのに、1匹のノミで十分です.

女:この怪しげな宿では、変な売春をしている。

シデは、ペスト記念館から出てくる。それから、仕事の都合で、ある男の家にいく。入る。

男は何故か、シデに会うと、シデのアタマを撫でる。

シデ:なんの仕事なんですか?

男はなぜか、なみだぐんでいる。

男:ミネラルウォーターをもってきてくれ。

シデは、買ってくる。男にわたす。男は、カーペットの上に、横になっている。男は、パジャマ姿。男の腹は、でっぱっている。彼は、シデに、カレの隣に、座るようにいう。彼は、起き上がる。シデは彼にいう。

シデ:いえ。寝ていてください。

男は、残念そうにする。

シデ:別に座りたくないわけじゃないです。あなたが、寝ている方がラクだと思ったから、そういっただけです。

男:娘よ。座りなさい。
シデ:そんな年齢じゃないです。

でも、シデは、カレの隣に座る。

男:きちんとした商売人は、不動産、在庫、商店の3つを、もたねばならない。しかし、不動産がなくなると、他のは機能しなくなる。他の二つは、かけても、どうにかなる。
シデ:不動産ってのは、土地の意味かな。

男:わたしは、象牙のくしを、運ぶ仕事をしていた。
シデ:象牙を使用するのは悪い。

男:自転車を、丘で押していると、丘のうえで、じっと立っている、若い女がいた。カノジョは、わたしを、じっとみていた。
シデ:自転車を押していたからじゃないの。

男:わたしは、カノジョを見つめていたが、カノジョが、どうしても、目をそらさないので、しかたなく、目をそらした。カノジョは、ラズベリーでも、つみにいきませんかと、わたしにいった。わたしは、自転車を、丘のうえにとめた。すると、かのじょも、わたしの自転車の隣に、自転車をとめた。

カノジョは、わたしの腕を、ひっぱって、丘の上にある、灌木のかげに、わたしを連れて行ってから、わたしを、地面に、おしたおした。それから、カノジョは、わたしの、ズボンの、ジッパーを、おろした。

シデは、それをきくと、カレの太った乳房の、先端部分を、つついてみた。

男:気がつくと、その娘は、わたしの上に、乗っていた。わたしは、むすめの、はじめての、相手だった。

シデは、カレの口の中に、カノジョの指を、つっこんでみた。そしたら、カレは、シデの指を、クチに含んで、舐めた。シデは、男のズボンのチャックをひらいてから、カレのパンツの、裂け目から、カレの生殖器を、触ってみた。シデは、男に、キスをした。シデは、男から、クチをはなす。

シデ:この小説も、どっちみち、カレルチャペックと同様に、阿部賢一さんが、やっている。エロい傾向があるのは、阿部賢一さんの、好みなのか、それとも、チェコ人が、だいたいこんな感じばかりだから、なのかは、わからない。

でも、男、わたしは、性交渉がないので、よくわからないんだ。これ以上どうすればいいのか。

シデは、男の、ズボンのチャックの上にある、とめがねを、外して、男の、パンパンなズボンを、解放する。シデは、男のズボンを、脱がせようとする。半分脱げる。シデは、男の、生殖器を、カレのパンツから、露出させてから、クチに含む。男は、されるがままに、なっている。シデは、面倒なので、男のズボンを脱がせる。シデはまず、自分の上着を脱ぐ。すると、シャツになる。それから、シャツを、引き上げる。すると、下乳が出る。カノジョは、ブラジャーをずらす。乳房が出る。カノジョは、裸になった乳房を、男の胴体に、こすりつける。

シデは、男のうわぎを、たくしあげる。男の肉が露出する。シデは、裸の男の胴体に、自らの、裸の乳房を、こすりつける。

シデは、ズボンを脱ぐ。それから、パンツを脱ぐ。なので、上半身だけに、衣類が残っている状態になる。それから、靴下も脱ぐ。それから、男を押し倒し、カレの半裸体に、カノジョの半裸体を、こすりつける。それから、シデは、少し、アタマをひっこめて、男の、乳房を、なめる。

シデは落ち着く。

シデ:おわり。

男は、起き上がる。シデは、男の隣に、裸のまま座る。男は、めくりあがった、上着を戻し、裸を隠す。

男:わたしは、自転車のもとに戻った。商品が、なくなっていたら、大変だと思っていた。あった。娘も来た。わたしの自転車と、カノジョの自転車は、からまっていた。

カノジョは、農夫の娘だった。カノジョは、わたしに言った。これは、二人が、離れられない印ね。と。
シデ:なるほど。
男:わたしは、怖くなった。

シデは、男のまだ、脱げているズボンの奥の、カレの生殖器を、もう一度解放してから、カレの生殖器の上に、自分の生殖器を、かぶせた。そして、男のペニスを、自分の膣の中にいれた。シデは、男に、くみつく。シデの膣は、男のペニスに対し、圧力を強める。シデは、男に、しがみつく。カレの頭部の側面に、カノジョの頭部を配置する。

シデは、横を向いて、男の側頭部を見る。カノジョは、男にいう。

シデ:怖いの?
男:自転車が、からまって離れないので、わたしたちは、一緒に、森の中に、自転車を押して、はいっていった。娘はまた、わたしのズボンを、触ってきた。
シデ:これ以上は、わたしの、おまんこが、おかしくなる。

シデは、男の首筋を舐める。それから、カノジョの乳房を、男にこすりつける。

シデ:もうだめ。わたし、いきやすいの。

男:あのころのわたしは、今よりはるかに、若かった。
シデ:わかった。
男:わたしたちは、自転車をおいた。今度は、わたしの自転車が、カノジョの自転車の、上になった。そうやって、わたしたちは、愛し合った。

シデは、ソファーに、倒れ込みながら、男の腕を、引っ張った。すると、男は、シデに、おおいかぶさってきた。シデの生殖器は、まだ、男の生殖器と、結合したままだった。

シデ:不思議だ。さっきより、発情しない。
男:攻めなんじゃないの。
シデ:わからない。

シデの体重は・・・おそらく、55kgくらいかと、思われる。

シデ:にくぶとん。
男:わたしも、上がスキ。
シデ:そういうことなのか・・・

男:わたしは、カノジョの上になって、楽しんだ。いいかい、娘よ、人生は、少しでも、うまくいくと、素晴らしいものになる。

男は、シデから、身体をはなすと、テーブルから、水をとって、飲んだ。シデは、ソファーに、身をあずける。

シデ:このままだと、わたしは、慰安婦みたいになってしまう。それではいけない。
男:別にいいじゃん。
シデ:わかった。

シデは、男の家から出ていく。シデは、仕事の都合で、別の男の家に入る。彼は、寝室で、じゃがいもパンケーキを焼いて、食べている。

シデ:わあ、おいしそう。わたしも最近、炭水化物を食べることにしたんだ。

男は、じゃがいもの皮を、寝室のユカに、捨てている。シデは、まず、カルシウムのサプリメントを、取り出して、3粒飲む。それから、じゃがいもの皮を、ポリ袋に、集める。

男は、シデに、靴磨きを頼む。シデは、カレの靴を磨く。

シデ:エロい奉仕はしないの?
男:いらない。

シデは、男の部屋から出ていく。そして、ポリ袋の中身を、ゴミ箱に捨てる。ポリ袋は、たたんで、ポケットにしまう。

シデは、イースト菌を、販売している業者にいき、運送業をする。イースト菌を、欲しがっている人に、届ける仕事をする。

思春期に始まり(初経)、個人差はあるが、閉経時期までの間におよそ28日周期で起こり、通常3~7日間続く(正常月経周期:25日から38日)

だいたい、1ヶ月。おそらく、1ヶ月に一回、女は、産卵(あるいは排卵)している。

ヒトでは、排卵が起きる期間を排卵期といい、正常なサイクルであれば周期の長短の個人差に関わらず排卵から14±2日後に(妊娠が成立していなければ)月経が起こる。言い換えれば、排卵は生理予定日のおよそ14日前頃に起こり、例えば平均的な28日間の周期の人では月経開始から数えると14日目前後にあたる。

排卵の前に、卵胞は卵子が生きていく為に一連の変形を行なう。この過程が卵丘膨張である。これの後に卵胞へ裂け目ができ、これを通って卵子が卵胞を出る。卵子は卵管へ入って、子宮へ向かって行き、受精をすれば着床し、さもなくば24時間後に退化する。

375日間すなわち月経周期約13回をかけた過程を通して、卵巣で眠っていた未成長の原始卵胞が成長して次第に一つの排卵前卵胞が選ばれる。

もし受精しなければ卵母細胞は約24時間で退化する。

シデは、イースト菌を運ぶ業者をしたが、靴を運ぶ業者はしなかった。

イースト菌を運ぼうと、運ばなかろうと、どうでもいいかもしれない。わたしは・・・どっちかといえば、エロ本にするために、この本を使用した気がする。

果菜類(かさいるい):主に果実(実)を食べる野菜類。主にトマトきゅうり、なすび等。

今回はトマトやキュウリなどの「2.実の部分を食べる野菜(果菜類)」をまとめています。

枝豆
オクラ
かぼちゃ
きゅうり
ごま
ゴーヤ(苦瓜)
さやいんげん
さやえんどう(きぬさや)
ししとうがらし(ししとう)
ズッキーニ
そら豆
唐辛子(とうがらし)
冬瓜(とうがん)
とうみょう
とうもろこし
トマト
なす(なすび)
パプリカ
ピーマン
落花生(ピーナッツ)
ーーー
日本人使用しないといったけど、川端康成使用してみる。

江口老人は、宿に来ている。カレは、宿の女となにか話しをする。

オリキャラを出して、うまくいかないケースが、何故かある。一応出す。何故、オリキャラを出して、うまくいく場合と、うまく行かない場合の、二つに分かれるんだろう。

シデは、江口老人と、宿の女が、喋っているのを、ロビーで、近くできいている。

シデは、動き出す。シデは、宿の中を、みてまわる。自由に歩き回る。この宿は、そういうのを許可している。宿の 2かい の、ガラス張りの場所から、外の風景が見える。山が近いが、市街地である。

おそらく、主役を食う必要がある。なので、もはや、シデじゃなくて、一人称小説でも、いいのかもしれない。

わたしは、鍵のかかった部屋のむこうから、怪しげな女の声をきいた。和製ホラーだとおもった。この宿の家屋は、和風な作りになっている。和風な宿は、ところどころにある。西日本には多いかもしれない。そういった宿に、わたしは、中津川市や、あとは・・・諏訪市で泊まったことがある。しかし、ここの和風度は、それどころではない。

わたしが、ドアをノックすると、鍵がひらいて、女が出てきた。女は、極端には、ふけてなかったが、若くはなかった。女は、わたしに、おいでおいでした。わたしは、女がいた部屋に入った。中には、いろりがあって、いろりの隣には、火鉢がおいてあった。

わたし:一酸化炭素中毒。
女:通気は完備してある。この家屋の通風システムは、家屋の下にもうけた、地下空間とも、通気するシステムになっている。
わたし:それは・・・古い家屋じゃない。

女:その地下空間を使用して、暖気する。地下空間と、外気は、通気がある。ただし、この小部屋と、外気の直接の通気もある。しかし、この小部屋と、周囲の部屋などの、通気もある。
わたし:かなり、通気にこっている。

女:この怪しげな宿では、変な売春をしている。
わたし:なんだと。
女:違法かもしれない。というのは、この宿にくる女の一部は、ある程度、性行為されてしまうことを、知りつつくる。わたしたちは、哀れな被害者に、薬を飲ませて、眠らせる。深い眠りに落ちる。そのあと、この女を、しっちゃかめっちゃかにしてしまう。
わたし:あなたが?
女:まさか。殿方がだよ。
わたし:わたしはどうなの?
女:薬物耐性がありそうだ。
わたし:気をつけよう。
女:眠ったまま、レイプされるのは、いやなのか?
わたし:わからない。眠った女とじゃなきゃ、性行為できない、気が弱い男・・・を、助けたい気持ちもある。
女:まあ、あなたはちょっと、老けすぎているけどね。
わたし:まだ31歳。ロリコンすぎる。

だから、掃除機作ればいいじゃん。それだけの話し。

女:しかしだけど、
わたし:なに?
女:わたしは実は、この宿の従業員なんだ。
わたし:なんとなくそんな気はしていた。

女:お前の胸揉んでいい?
わたし:あなたはロリコンじゃないのか。
女:揉ませろ。レズビアンになるんだ。
わたし:後天的になれるものなの?

女は、わたしの胸を、衣類の上から、さわりながら、注意深く、わたしの乳首を探していた。

女:まあいいや。こんなものはどうでもいい。
わたし:あなたがよくわからない。
女:川端康成は、なんかしらんが、自殺してしまった。思うに、カレのアタマは、なんというか・・・こんがらがっていたんじゃないかと思える。錯乱状態、タイプFぐらいだ。Fは、ファックのF。

要件は、酒だ。国産酒を、いくつか揃えている。のみたきゃ金を払え。
わたし:いや、飲酒はしないので。

女:わたしの尻を貧相だとかいうな。
わたし:わたしのほうが、多分お尻大きいと思う。

女:お前のでかいケツをだしやがれ。肛門に、指つっこんでやろう。
わたし:ノーベル文学賞をなめるな。

わたしは、尻をむける。わたしはいまは、ハーフパンツのスカートをはいている。女は、わたしの、T字型の、ショーツを、ずらして、わたしの肛門に、指をさしこむ。わたしはちょっと発情する。

女:はいらないな。
わたし:やさしくして、本来そこは、なにか突っ込むためのものじゃない。
女:うるさい。臭いケツしやがって。

女:お前のろくでもない尻には、ローションなど使用してやらない。

わたしは、オリーブオイルを、女にわたす。

女:なるほど、肛門には、食べ物をねじこむというわけか。

カノジョは、オリーブオイルで、カノジョの指を、濡らしたあと、わたしが、お辞儀の姿勢で、尻をむけているので、その尻の中に、カノジョの指をねじこむ。

女:スカトロは、ここまでにしよう。

女は、スカトロをやめる。

女:何故わたしはこうなんだ・・・

女は落ち込む。

わたし:変態だから。
女:どうもそうらしい。

わたし:お尻はだめ。
女:どこならいいの?
わたし:生殖器。

女:お客様、タバコなど、お飲みになられるか?
わたし:断る。

女は、タバコを吸う。

わたし:あほ! 副流煙いや! でてけ!
女:小説やないかー。ええやないかー。

女は、わたしに触ってくる。

わたし:だめ! でてけ!

女は、でていく。

女は、でていく前に、わたしの部屋のとなりに、眠れる美女が、いると説明していた。さっき女は、カノジョは、睡眠薬で、眠らされて、レイプされるのを待っていると、説明していた。わたしは、扉をひらいてみる。扉は、横にスライドする。裸の女が、布団に寝ている。わたしは、カノジョを起こす。

女:何故おかさなかったんだ?
わたし:いや・・・普通女は、女と性行為しないだろ・・・
女:このやろう。舐めていると、その貧相な、胸もむぞ。
わたし:変な人たち・・・

この女は、若い女であって、10代だと思う。

女は、ちゃぶ台の上においてある、酒のボトルと、グラスを手にとる。そして、酒をついでから、飲む。

女:ぷはー。
わたし:豪傑を気取っているな?

ところで、未成年は、飲酒してはいけない。さすが変人。法律ぐらい無視する。

女:カエル、犬、水死体。
わたし:連想ゲーム? カエルと犬を合体させると、わたしの感覚だと、アザラシ。

女:アヘンやろうぜ。
わたし:いや・・・どんだけ・・・とにかく、だめ。わたしが副流煙すいたくないから。
女:日本では、注射器が流通しないようになっている。覚醒剤の使用を妨害するためと、考えられる。

女:美女だって、いびきぐらいかくさ。わたしはかく。
わたし:美女かー。
女:お前・・・もしわたしを、ブス扱いしたら、殺す。
わたし:いや、美女にも、いろいろあるだろうって、言いたいだけだよ。

女:お客様、マンコに、指つっこんで、指を曲げようか?
わたし:なんで?
女:お客様に対するご奉仕。
わたし:あなた仕込みなのか。
女:バイトをやっている。

女:お客様の、オマンコが、わたしの指に、すいついてくる・・・とか、やらせろ。
わたし:わかんないよ。本当に発情できるか、よくわからない。

女:お客様、美形すぎて、発情してきちゃいます。
わたし:わたし、基本ブス扱いしか、うけたことないからね。
女:いや、あなた程度で申し分ない。
わたし:それセールストークでしょ。いや、蓼食う虫も好き好き、なのかも。

女:おばさま。わたしを抱いてくれ。
わたし:なるほど。

わたしは多分・・・実年齢を維持させつつ、場合によっては、変装(魔法)で若返る手法を使う。年齢もそういう意味で、大事。

女は立つ。カノジョは、浴衣をきている。浴衣は、上下一体型の服とみなす。カノジョは、上をはだく。

女:おらぁ! どうだおばさん!
わたし:んー。
女:反応が鈍い。
わたし:コーカソイドたちと、ちょっと付き合ってきたからかな。

カノジョの衣類は、帯でしめられているので、下はぬげてない。

女:わたし、すごくドキドキしている・・・

カノジョは、胸に手をあてる。

わたし:本当なの?
女:わわわわ、わたしが脱いだんだ。もっとほめろっ
わたし:わたしは、エミリア萌え。(マクロプロスの処方箋)

女:わたしは、やすい女じゃない。

カノジョは、衣類を戻す。

わたし:どうなんだろうなー。欧米人って、どの程度、シースルーを使用するんだろう。

女:おばさん、脱げ。
わたし:えー。
女:おい。シースルー使用するキャラを目指すんじゃないのか? 脱ぎなさい。
わたし:そんなことは言っていない。
女:隠すんじゃない。さらけ出すんだ。

わたしはとりあえず、上着をぬぐ。わたしは、ジャケットの下に、袖のないシャツをきていた。開襟度は高い。そして、そのシャツも脱ぐ。女は、わたしの腹部の、贅肉を、さわってくる。

女:ひょっひょっひょ。酒池肉林。
わたし:あなた痩せているからね。

女:柔らかい贅肉・・・萌える。
わたし:へー。そういうもんなんだ。わたしは、あまり最近そうじゃない。胸揉まなくなったし。

女は、浴衣の隙間から、脚を伸ばす。カノジョはいう。

女:ほらぁ。わたしのこの、脚線美。舐めていいわよ。
わたし:舐めるの・・・?
女:日本の伝統文化やろ。
わたし:そうなのかなぁ。よくわからない・・・。

という、ネタしか、ノーベル文学賞から、出てこない。本当にこれでいいのか? わたしがじゃなく、川端康成が。
ーーー
ハリー:花は何故、美しいのだろう?
わたし:なんでだろう・・・昆虫をおびき寄せるためじゃないの? そうだな。ラフレシアや、サトイモの仲間は、匂いでおびき寄せる。しかし、花の形状は、外観を、複眼を使用している、昆虫に見せる意味が大きい。他にも、物理的な、損傷から、内部に格納された、おしべ、めしべを、保護する意味もある。なので、ラフレシアや、サトイモの仲間など、匂いで昆虫を吸引するタイプの花の形状は、見せるための外観ではない、可能性が高いが・・・。

ハレマイエル:シクラメン萌えれる。
わたし:シクラメンなの? わたしは、単子葉類がすき。
ハレマイエル:なんで?
わたし:なんでだろう。弱いからかな。
ハレマイエル:そんなことはない、お前は本当は、双子葉類のほうが、スキなはず。
わたし:わたし、双子葉類に関しては、餌としてしか、みなしてない。見た目はどうでもいい。トマトに最近はまっている。トマトの見た目はどうでもいいと思う。やわらかくて、栄養価があるから、評価しているだけ。

でも、単子葉類の場合も、ユリみたいに、花がキレイで、なおかつ、球根も、餌に使用できる、万能型がいいと思う。

ハレマイエル:プリムラ、ジャスミン。
わたし:双子葉類だね。ぐらいしかしらない。ジャスミンは、アロマに使用される。あなたは、双子葉類がスキらしいね。

わたしだって、トマトとピーマンスキだよ。あなたの生きていた時代に、それらは、残念ながら、なかったかもね。

プヤ・ライモンディいい・・・

プヤ・ライモンディのことは、耐寒性はあるけど、湿度に弱いと思うので、乾燥植物ハウスに、一緒に植えればいいと思う。サボテン農園、日本にもあるけど、サボテン農園の中に、プヤ・ライモンディも、寄植えしておく。

ヘレナと、ナーナが入ってくる。ナーナは、ヘレナの乳母。乳母って・・・ベビーシッターのことかな。多分。おっぱいを飲ませるタイプの、ベビーシッター。

ナーナ:わたしは、ロボットを、異教徒だと思います。

わたしはニヤニヤする。

わたし:わたしは異教徒です。キリスト教徒では、ないですからね。
ナーナ:あなたはロボット。
わたし:変なこと言わないでください。

ヘレナ:ちょっと、二人共、ボタンをとめて。
ナーナ:わかりました。

ヘレナは、背中のボタンを、ナーナにとめてもらう。

ナーナ:ロボットは、薄汚い化け物。けだもの。
わたし:けだものをわるくいうな。ペストで、けだものに困らされた経緯があったのは、確認したけど、けだものを食べているじゃないか。わたしは・・・デンプンに移行すると思う。肉の消費量減らす。

ロボットは機械。機械大事。

ナーナ:あなたは、キリスト教徒らしい、名前をもってないじゃないか。
わたし:へー。そんなこと気にしているんだ。見た目より律法を重視すればどうだ? じゃあみてみよう。

たとえば・・・新約聖書の場合は、

神に愛され、召された、聖徒一堂へ。

たしかに、この記述からは、洗礼名をもってないものを、ハブる力を感じる。でも、わたしは、洗礼名を仮にもってなくても、新約聖書を参照する行為自体で、聖徒として、認識されるように、頑張る。

旧約聖書をみてみよう。

幕屋がすすむときは、レビびとが、これを崩し、幕屋をはるときは、レビびとが、これを、組み立てねばならない。

ほかの人が、これに近づくときは、殺される。

きなくさいな。下手すると、わたしは、旧約聖書を見ると、殺されるかもしれない。しかし、冷静になろう。冷静になれば・・・、わたしは、幕屋にかかわってはならない。というだけの話し。わたしが、レビびとってことは、まあ、普通はないだろう。

テントもはらない。金がもったいない。

どうだ! ナーナ! 幕屋はるんじゃねえよ!? 洗礼名もっているだけで、いい気になるなよ? おまえ、レビびとじゃ、ねえから!

ヘレナ:そうよ。シデさんはね、かわいそうな人なのよ。ナーナ。
わたし:うん。わたしは、かわいそう。

ナーナ:ヘレナさま、あなただって、異教徒を、いやがっているじゃ、ありませんか。
わたし:そうなんだ。それは悲しい。

ナーナ:異教徒は、ヘレナ様に、ふれてはならない。
わたし:うるさい。おまえなんか倒す。

ヘレナ:べつに・・・そんなに、いやがっているわけじゃない。ただ、かわいそうと、思っているだけ。
わたし:かわいそうと言われる。でも、わたしが、かわいそうなのは事実。

ナーナ:異教徒からは、犬さえも、肉をいっさい、ほしがらない。
わたし:それはいえてるな。

わたしは、うなづく。

わたし:川端康成も、放棄しちゃったしな。あなたの言う通り。

ナーナ:あの、にせびとの、匂いを察すると、しっぽを、だらりと下げて、吠えるのです。
わたし:なんで、キリスト教徒以外、使用できなくなったんだろう・・・? 不思議。とっても不思議。でも、別に・・・ぶっちゃけ、カレルチャペック以外、誰も使用できない気すらするけど。

ヘレナ:犬は、ききわけが、ないからよ。
わたし:吠えることすら、しなくなったわよ。ガン無視の傾向を発している。

ナーナ:そう、ききわけが、ないぶん、犬のほうがまし。異教徒は、コドモを産むことが、できない。
わたし:そういう問題なの?

ヘレナは、背中をむける。

ヘレナ:ボタンかけて。

わたしは、ヘレナに近づく。

わたし:これかな。

かける。

ナーナ:神は、自然物を作られた。あなたがたは、神のすがたを、うやまわなかった。天からの、ひどいバツが、くだるだろう。よく覚えておいてください。
わたし:ふーん。あまり気にしないことにしよう。

ルベンの、宿営の旗につくものが、その部隊に、したがっている。

わたしは、二次創作を続ける。

ヘレナと、ハリーが、キスをしている。

わたし:おまえら・・・わたしにも、キスさせろ。
ヘレナ:えー。
ハリー:代わりに小さな胸を、もんでやるよ。
わたし:それで許す。

揉んでもらう。

ハリー:・・・汚れた気分。
わたし:精神攻撃がきつい。ねえ、なんで? ヘレナ、人種差別なの? なんなの?

ヘレナ:ためしに、あなたにキスを、してあげる。

ヘレナは、わたしの額に、キスをしてくれる。

わたし:ありがとう。
ヘレナ:どういたしまして。
わたし:ハリーさんって、ゲイなの?

なんで、ヘレナは、スルーしたのに、ハリーさんは、わたしをいやがったんだろう・・・。

そのあと、技師たちが、ヘレナに、色々なプレゼントをわたす。

わたしはなにかかんがえる。わたしはとりあえず、ヘレナに、ユリの球根を一つわたす。

ハリーは、最終的に、ヘレナに、軍艦をわたす。

わたし:航空母艦の方が上だと、艦これで、おそわった。
ハリー:そっか。軍艦は、わたすとしても・・・もっといいものをわたさなきゃな。
わたし:あと、ここアメリカなのに、海辺なんだ。

ヘレナ:工場を閉鎖しろ。
わたし:バカな真似はやめろ。

ナーナ:しかし・・・これはおそらく、白い病の、ガレーン博士につながっているが、原作では、ロボットが、ニンゲンの指示をうけて、大量に、民間人を殺している。

つまり、大量破壊兵器。
わたし:でもさ、わたしは、槍と刀剣の戦争でも、殺人は殺人だと言った。

旧約聖書をみてみよう。

身をけがしてはならない。

大量破壊兵器が駄目なのかというと、駄目だと思う。この技術は、殺人の道具を作るのに、使ってはならない。というだけの話しで、ちゃんと使えば、いい技術。

だから、掃除機作ればいいじゃん。それだけの話し。

ドレスは、むらさきの、花柄。

つまみぐいをしていこう。

カレルチャペックの話しの場合、くいきらない。しかし、川端康成の場合は、くいきった。

オルハンの場合は?

わたしは、フュスンの、幸せを、願うことにする。

わたしは、ケマルにいう。

わたし:なんで、フュスンの幸せを、ねがわないの?

わたしは、フュスンが、映画に出るのを、後押ししてやることにする。

フュスンに、話をきく。

わたし:あなたは女優なんでしょ。
フュスン:映画女優やな。
わたし:わたしも出たいなぁ・・・
フュスン:この話しは、フィクション。出られると思うよ。
わたし:抜擢されればいいと思うよ。わたしは、魔法を使うので、精神操作してあげる。
フュスン:ありがとう。
わたし:でもさ、あなたは、一体どういう映画に、出たいの? ケマルが説明しそう。

潮流がかわった。潮目がかわった。おそらく、ボフマンの話しを使用して、オナったからだと、考えられる。強力な、一人称小説を、使用する力を、身につけたらしい。

オルハンに会う。これは別に、原作者の意味ではない。

オルハン:そうだな・・・恋人に、なにか台詞をいう練習をしているので・・・付き合ってくれ。
わたし:どうぞ。本物の恋人にしてください・・・。
オルハン:じゃあ今だけ本物ということで。
わたし:キスしていいですか?
オルハン:どうぞ。

わたしは、背伸びして、カレの、顎あたりに、キスをする。

オルハン:幸せは、きみのものだけど、思い出は、誰にもわたさない。
わたし:つまり、あなたの本は、全部フィクションって意味だよね。おそらく。

わたしはとりあえず、オルハンを連れて、映画館に入って、映画を見る。

人々は、息をひそめている。わたしは、敗北を、受け入れる方法をかんがえる。堂々と受け入れる方法を。

わたしは、オルハンと解散して、外に出る。そして、男性に声をかける。

わたし:あなたは強いですか? 強いなら、わたしと戦ってください。
男:かなりの、手練の女を知っている。
わたし:じゃあその人と戦います。

男は、電話で、女性を呼び出し、わたしたちは、タイヤに座って待っている。すると、車がとまる。女が降りてくる。サングラスをつけている。

女:お前か。
わたし:はい。
女:トルコで・・・銃が解禁されているのか、しらないので、ここは、拳法でいくぞ。
わたし:わかりました。

カノジョは、いきなり、わたしの鼻を、殴る。カノジョは、続けて、わたしの、みぞおちを、肘で殴る。わたしは、よろめく。

女は、見ている。

女:どうだ?
わたし:負けました。

次いこう。

原作者が、トルコ人なので、ここは、クルアーンを、使用していこう。

あらゆる民族が、学びたいと思う知恵・・・科学技術・・・? そっちだな。宗教のほうじゃない。しかし、トルコの場合、水ネタは、さほどいらない。

素粒子の話しでもしよう。トルコ語の、ウィキペディアを見てみよう。

素粒子は、既知の部分構造を持たない粒子です。これらの粒子は、宇宙を構成する物質の基本的なビルディング ブロックです。標準模型では、クォーク、レプトン、ゲージボソンが素粒子です。

すべての素粒子は、スピンに応じてボソンまたはフェルミオンになります。スピン統計定理は、フェルミオンとボソンを区別する量子統計を指定します。この方法論によれば、物質に関連する粒子はフェルミオンです。これらは半分の整数スピンを持ち、12 のフレーバーに分けられます。基本的な力に関連する粒子はボソンであり、整数のスピンを持っています。

あまり、素粒子に関する記述は、発達してない印象。

他にも思いついた。それは、トルコ語の、ニュース。

元妻を殺害した女性、最初の夫に電話した後に頭を撃った。

え? 銃モテるっぽいね。トルコ。

わたしは、女と戦いにいく。カノジョは、既婚者であって、カノジョの戦闘を、夫に見せるために、戦っている。

テレビで放映されることになる。夫は、職場のパソコンで、それを見ている。

女は、拳銃を持っている。カノジョは、銃を撃つ。そうだな・・・これは、緋弾のアリアに出てくる、キンジの兄が使用する、抜いてから、撃ってから、戻すまでの、速度が速すぎて、常人には、見ることのできない、銃撃と、同じ系統の銃撃だとしておく。銃の種類は、んー・・・拳銃って、どっちなんだろう?

見たかんじだと、シリンダーではない。シリンダーって、あの、回転するもののことを、言っている。

つまり、持つところに、銃弾が入っているっぽいもの。こっちが普通なら、女は、これを使用している。

わたしは、銃弾を・・・身体を気体みたいにすることで、避ける。わたしは、魔法を使ったわけだが、女は、カノジョの味方の女、観客席にいる女に、命じて、魔法を使用させる。カノジョの魔法は、わたしの魔法を、封じる意味がある。カノジョは、呪文を、詠唱しつづける、必要がある。また、この呪文を、拡声機を使用して、大声で、会場に響かせる。これによって、わたしの魔術は、解除される。女は、わたしの頭部を、銃で撃つ。しかし外れる。

拳銃の精度を、低いとわたしは、見積もっている。わたしは、ナイフをもって、女に近づく。この拳銃は、連射できる。女は連射する。わたしは、全部よける。女は、もう一つの拳銃を出して、連射してくる。

わたしの頭部に、ついに命中するが、わたしは、脳みそを、噴出させながら、女に近づく。

女は、わたしの脚を、破壊し、わたしは、動けなくなり、倒れる。

チョルムでは、イルクヌル・アイドアンという女性がバタル・アルカンの家に行き、元妻に会いました。彼らの間で議論があったとき、Ilknur Aydogan は Battal Alkan を銃で殺しました。その後、イルクヌル・アイドアンは最初の夫に電話をかけ、バッタル・アルカンを殺し、同じ銃で自殺したと述べた。

チョルムでは、イルクヌル・アイドアンが元妻バッタル・アルカンの家に会いに行きました。ここで、当事者間で原因不明の口論が勃発した。話し合いの中で、イルクヌル・アイドアンはバタル・アルカンをピストルで撃ち殺した。その後、アイドアンは電話で最初の妻FBに電話をかけ、バタルアルカンを殺したと言い、今度は自分で銃を狙い、引き金を引いた。

わたしは、ある女に会う。

女:わたしには、夫がいるんだけど、カレには、昔の妻がいる。つまり・・・彼は、バツがついているって意味。わたしは、今夜、この女を殺す。
わたし:なんで?
女:なんでも。

わたしは、女が指定した、敵の女の家にいく。二人は、路上に立っている。片方の女が、銃を抜いて、道路に、倒れ込みながら、発砲する。撃たれた女も、かがみこみながら、拳銃をぬいて、敵の女に発砲する。二人は、伏せた状態で、しばらく撃ち合うが、片方の女の顔に、銃弾が命中する。女は、死亡する。

生き残った女は、口の中に、銃口をくわえて、発砲するが、弾切れになる。女は、銃弾を入れ替える。

わたしは、女の肩に、手をおく。

わたし:なんで?
女:おい。きやすくさわるな。
わたし:そうなんだ。

わたしは、距離をおく。女は、わたしに、銃を向ける。わたしは、女を、ながめる。

女:くそ。気分がそがれた。

カノジョはかんがえる。

女:駄目だ。お前を殺さなきゃ、わたしは死ねない。
わたし:なんで死ぬの?
女:わからない。

わたしには、よくわからない。クルアーンを見てみよう。

わたしたちは、しっかりとした、確信など、持てない。

女は、わたしの頭部を、銃弾で潰す。わたしは、倒れる。女は、銃口をくわえて、喉に発砲し、自害する。

わたしは、おきあがってから、近くの家に、助けを求める。わたしは、風呂に入る必要があった。

男:芸術的な格好だな。
わたし:撃たれました。他の人が死んだ。
男:どこだ?

わたしが、指差すと、かれは、そっちに移動する。女も出てくる。

女:とりあえず、警察と病院に連絡しよう。
わたし:それもそうですけど、風呂を使わせて欲しいんです。
女:なにが目的?
わたし:血液を流したい。
女:家が汚れる。だから、外の水道で洗ってくれ。

カノジョは、わたしを、外の水道に連れていく。カノジョは、ホースで、わたしに、放水する。わたしは、びしょぬれになって、血液は、服にしみる。わたしは、そのまま、歩いて、道路に戻り、道路を、とぼとぼ、家に戻る。

この代償に、わたしは、あるお金持ちから、別荘をもらった。わたしは、バスで、そこに移動できる。その別荘からは、海が見える。でも、わたしは、一人。

1492年8月、コロンブスはジパングの「黄金」とインドの「コショウ」を手に入れる目的で、スペインの港を出航して西へ西へと航行し、ついに西インド諸島を発見した。

彼はここをインドと信じ、原住民をインディアンと呼び、また現地で目にした小粒の赤い色の辛い果実が原住民たちの利用の方法から、これがコショウであると思い込み自国へ持ち帰った。

玉ねぎの歴史は古く、原産地は中央アジアとされ、原産地を通し紀元前の時点からエジプト圏で玉ねぎと思わしき品種の野菜が食べられていたとされます。ニンニク同様に、栄養価の高さと水分量の豊富さ等で労働者を支えた、歴史的にも重要な食物の一つと言われています。とくにエジプトでは原産地が近いうえ水分量が多く、さらに野菜と言う性質が珍重されたようです。エジプト圏で労働者を支えた玉ねぎの栄養価と水分量はヨーロッパでも注目され、地中海沿岸部を通し伝わり、さらに大陸全土に広まったと言う歴史を持ちます。

日本では、玉ねぎは江戸時代に長崎より伝来したと言われていますが、そのときは野菜として食すると言うよりは、玉ねぎの花を見たり、花のほかにも特徴的な球根部分を見たり、断面を観察したりと「観賞用」としての面が強く、玉ねぎは食べるものではなく花や断面を見るものと言う扱いでした。花を見るのでみでなく、球根部分を食べるようになったのは明治時代。試験栽培された玉ねぎが食べてみると美味しかったことから「食用」としての玉ねぎが全国各地に広がっていきました。

わたしの兄は、結婚している。わたしはあるとき、カレの家におり、夕食が出るのを待っている。

わたしは、普段は、母と一緒に暮らしているので、その日、母と一緒に、カレの家にいった。

わたしの父は、家で仕事をしている。

兄:なんで、わたしの会社に、入らないの?
わたし:どういう仕事かによる。わたしは、たぶん、出不精なので、営業なんかしたくない。オフィスワークならいい。

わたしの、名前は、シデ。

ゴト:インフレって楽しい。
わたし:インフレきらい。
ゴト:露出度が低くて、エロい服装ってなんだろう。
わたし:わかんないよ、そんなの。

なので、国をトルコに、指定して、服装の検索を行う。

ゴト:カフタンにしよう。

トルコ人は、日本人がしないような服装も持っている。というか、たいていは、日本離れしている。カフタンは、特に特徴的に思える。欧米人の服装ではない。

でも、これは、うわぎ。

ズボン、トラウザーズというものがある。

ゴト:では、パープルのカフタンと、黒い花がらの、トラウザーズ。
わたし:へー。まあ、裸ではセイカツできないので、なんかしら、服装を決めておくほうがいいね。

花は、ピンク、赤で、双子葉類の花。

わたしは、フリルと、パターン、マキシ ドレス に する。靴は、ハイヒールの、白いブーツみたいなの。ドレスは、むらさきの、花柄。

やっぱり、若者は嫌い。

やっぱり、若者は嫌い。

  • 小説
  • 短編
  • 恋愛
  • SF
  • コメディ
  • 幼児向け
更新日
登録日
2022-09-21

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work
  1. やっぱり、若者は嫌い。
  2. ペストのことをかんがえると、脊椎動物の飼育は、だめな気がする。
  3. 女:この怪しげな宿では、変な売春をしている。
  4. だから、掃除機作ればいいじゃん。それだけの話し。
  5. ドレスは、むらさきの、花柄。