つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。

谷脇太郎

つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。

ベンジャミンは、筋トレルームから、出てくる。彼は、シデの隣の席に座る。彼は言う。

ベンジャミン:私はここにいて、歩き回って、ホットな中国のベイビーをチェックしていました…そして私は得ていました…まあ、あなたが知っている. あなたが聞いている有名な中国のマッサージの1つを切望しています。あえて家に持ち帰ることはありませんでした。出入りするか、知っている人に会うのではないかと常に心配していました。わかる?
シデ:マッサージ。わたしは、日本の、名古屋市にいったことがあるんだけど、その時に、マッサージすると言っている、中国人の女性にあったことがある。わたしは、眠かったので、寝かせてもらうために、彼女についていった。結果的に、彼女には、3000円程度支払った。彼女は、性的なサービスを、する場合には、追加料金をいただくとか、言っていたけど、わたしはそれは断った。隣の隠れた場所に、客がいる気がしたんだけど、彼らは多分、生殖器を、いじめて貰っているだけだと思っている。つまり、彼女自体はセックスしない。

シデは、ぼっちなので、人間関係とか、商業関係ぐらいしかない。あとは、投稿小説。

ベンジャミン・ルーカスは、生後 11 か月のときに、サンフランシスコのルーカス家の養子になりました。彼はスタンフォード大学とボストン大学に行き、過去 6 年間、米国の中央情報局の工作員でした。

シデは、勇者ヨシヒコに、はまっている時、反世界にある、秋田市に旅行したことがある。そこには、ミルドラースをモチーフにした、邪教祖がいたが、彼女は、その時、邪教に改宗した。

ベンジャミンは自分の感情を表に出すことを拒否します。彼は、能面みたいな顔になる。

シデは、何故か、ニヤニヤしている。でも、銃をつきつけられているのは、シデの方である。

男は、テーブルをひっくり返す。シデは、彼女が用意した、クリープを被って、白くなる。男は振り向いて、背後に発砲する。彼は、物陰に隠れる。彼は言う。

男:リン、あなたはあなたの党とあなた​​の国に対する裏切り者であり、あなたは代償を払わなければなりません.

しかし、リンは出てこない。

シデ:二重スパイか。

そして、拳銃男は、粛清者らしい。拳銃男は、誰かと、銃撃戦を開始する。シデは、傍観している、ベンジャミンをほっといて、ロビーから、退室する。彼女は、アメリカに向かう。

ホワイト ハウスの 2 階には、個人の家族の居住区があり、中央情報局の 33 歳のリアム グレイはアンティークのソファに座って大統領に会うのを待っています。

ところで、銃つきつけられたとき、シデはたしかに、発情したので、ジャンル:恋愛。でも、構わない気がするが、もうちょっと、適切なジャンルがあれば、そっちの方にしていいと思う。

この空っぽのリビングルームの隣にある小さなオフィスへのドアが開き、バレット大統領の補佐官の 1 人で、必要なホワイトハウス ID を表示するストラップを身に着けている若い黒人男性がいる。

シデも、この部屋に入る。ところで、カレルチャペックの、劇作程度にみんな、しておけばいいのにと思う。

ニクソンやトランプなど、彼の前の他の大統領のように、バレット大統領は階下の大統領執務室で仕事をするのが好きではありません。昨年の就任の翌日、ニューヨーク・タイムズのワシントン支局の編集者や記者との会談で、彼は次のように述べていました。美術館の展示の中にいるような気分になります。リラックスして、家具に足を置いて、邪魔されることなく仕事ができるようになりたいです。

バレット大統領は、ハーディング大統領が使用していたと思われる古い木製の机の後ろに座っています。彼は整然と積み上げられたフォルダとテレホンバンクから立ち上がり、リアムに足早に歩み寄る。

そのとき、CIA の職員は、彼と大統領が小さな木製パネルの部屋にいるのは 2 人ではないことに気づきました。

木製のコーヒー テーブルの周りに配置された 2 つの小さな青いソファの 1 つには、リアムと同じくらいの年齢の女性がじっと座っていて、スマートに見えます。彼女はツーピースの黒いスーツ (スラックスとジャケット) とアイボリーのブラウスを着ています。彼女の明るいオリーブ色の顔色は、短くカットされてスタイリングされた黒髪に縁取られています。

リアムはそこに行ってそうし、彼女の香水のわずかな匂いを感じました. いいね。オフィスは小さく、本棚と額入りのフレデリック・レミントンのウエスタン プリントが 2 枚あるだけで、他にはほとんどありません。

リアム:はい。PDB は、大統領の情報チェックリストとして知られていたジョン F. ケネディ大統領の時代から、ほぼ神聖視されてきました。それ以来、それは拡大し重要性を増しており、現在では大統領が定期的に受け取る最も機密性の高い重要な情報と見なされています. 毎日ブリーフィングを希望する大統領もいれば、毎週ブリーフィングを希望する大統領もいました。過去数回の政権では、セキュリティで保護されたコンピューター タブレットで準備されていましたが、この大統領は、彼とノアの向かいに座って、ダークグレーのスラックスと襟付きの青いオックスフォード シャツを着ていました。元に戻し、袖をまくり、日焼けした肌と太い茶色の髪を慎重にトリミングしました。紙に戻すように要求しました。

シデ:えーっと、屋外で作業することあるから、日焼けするんだよね。わたしはインドア。の、極み。ところで、外に夜しか出ない場合は、日焼け全然しない気がする。しかし、夜出ているんだから、インドアではない。

大統領:私たちが国として直面している最も危険な非国家主体は誰ですか?
シデ:非国家主体・・・? 敵国の意味と解釈しておく・・・中国とか言うのか? いや、わたし自身は日本人だけど、この場合、あなたたちアメリカ人にとっての、敵国になる。
ノア:サイバー。私たちは、ハッカーやボットが外に出て選挙に影響を与えたり、銀行口座を盗んだり、都市のソフトウェアの身代金を要求したりするレベルを超えています。彼らは、電源を切り、インターネットのスイッチを切り、国の人々を扇動して、想定された敵に立ち向かうように仕向けることができます。朝は第一世界の国家になれますが、サイバー攻撃の後、日没後には第三世界の国家になることができます。
シデ:へー。実際にはわからないけどそういう設定なんだ。IT技術は大事だと思う。

ノア:彼らは自分たちのイデオロギーや歪んだ宗教観を説きながら、人を殺したり物を爆破したりしますが、ひそかに最高値を付けた人に売りに出されます。彼らは良い説教をしますが、実際にはニヒリストです。彼らは適切な価格でどこでも誰でも攻撃します。
シデ:金で動くって意味だな?

大統領:何十年にもわたって私たちが世界のサンドバッグであった後、私はこの政権がもはや反応的ではないと判断しました 私たちは積極的に行動し、敵が攻撃する前に敵を追跡します。私たちはもはや犠牲者になるつもりはありません。私は 2 つの CIA チームを立ち上げます。1 つは国内、もう 1 つは海外です。物を壊し、悪者を殺し、敵の頭をクーラーボックスに戻す許可を与えます。
シデ:へー。怖いね。まあ・・・わたし自体は、ハッカーじゃないから、検閲対象には、ならないと思うけど・・・。そうそう、バイデン大統領は、yahoo.comのニュースを、使用して、アピってたんだけど、彼は、ロシアの封じ込めに関しては、ドナルド・トランプや、バラク・オバマよりも、優れているらしい。いや、IT戦争は、ロシア対策にも、大事だろうからねと、思ったので言ってみた。

ただ、わたしは、バラク・オバマみたいな人も、スキなんだけどね。彼は商業重視であって、坂本竜馬を彷彿とさせる。と、判断している。

ただ、商業重視の姿勢が、コロナウイルスの情勢下で、伸び悩む気もするけど、まあ、コロナウイルス程度無視すべきかもしれない。結果的に・・・その時の統治者が、何を得意分野にするかに依存するのだろうな。

ノア・ヒメルは、もともとテルアビブ出身で、企業銀行家の母親が素晴らしい仕事のオファーを見つけたときに、5 歳のときに家族と一緒にニューヨーク市に引っ越しました。お父さんはグラフィックアーティストで、彼女は一人っ子です。彼女がコロンビア大学で国際関係の修士号を取得して卒業した後、叔父のベニーがイスラエルから飛行機でやって来て、彼女を祝福し、バージニアにいる旧友に仕事について話すよう勧めました。

ノアは女らしいが、旧約聖書のノアと同じ名前なので、男だとばっかり思っていた。

それは、CIA に雇われることと、ベニーおじさんがモサドで働いていたという家族の噂を確認することの 2 つの展開につながりました。

ノアは、ホワイトハウスで勝利する前に元陸軍大将、国防長官、CIA 長官、カリフォルニア州議会議員を 2 期務めた。

ノア:彼は私たちが米国で活動できないことを知っています それはCIAの憲章に反しています。議会とその監督…彼らはそれを決して許さないでしょう。機関に海外での作戦と任務を遂行させる権限がありますが、米国内では…それはできません。
シデ:あなたは、CIAだよね。CIAの意味を、よく知らないので、調べてみる。

中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英語: Central Intelligence Agency, 略称:CIA)は、アメリカ合衆国の対外情報機関。主に人的情報(HUMINT)を利用して世界中から国家安全保障に関する情報を収集・処理・分析することを公式任務としている。アメリカ合衆国の安全保障政策の決定に必要な諜報活動を行う。諜報活動のために膨大な予算を与えられているが、その用途などの詳細情報は明らかにされていない。

アメリカ合衆国に友好的な政権樹立の援助
アメリカ合衆国に敵対する政権打倒の援助
アメリカ合衆国に敵対する指導者の暗殺
外国軍隊への拷問指導 - 中南米など。
外国のジャーナリストのスパイ・協力者獲得
外国の保守政党の選挙に資金提供
外国の左派政党の弱体化
外国の与野党にアメリカ合衆国に友好的な政治家の育成
国内外でのスパイ養成
アメリカ軍の戦闘地域での情報収集 - ヒューミントの他、無人偵察機を使用したものを含む。
外国の政治・軍事・経済情報の収集
外国での情報操作
反政府組織などの援助・人材育成
インターネット上での諜報活動/謀略活動
クラッカー養成
(外国への)サイバー攻撃

アメリカ合衆国に敵対する指導者の暗殺に関しては、フォード大統領によって暗殺禁止の大統領令が出されたこともあるが、今では撤回され、パキスタン・イエメンなどで無人偵察機のプレデターでイスラーム主義テロ組織の指導者を暗殺している。

アメリカ軍が関与する戦闘地域へ潜入しての軍事的情報の収集に関しては、ベトナム・イラク・アフガニスタンなどでの戦争において、局員は現地へ潜入して敵性ゲリラ・民兵・テロリストの情報収集を行い、その拠点や隠処の攻撃時間・座標をアメリカ軍へ通知している。しかし不正確な情報であることもしばしばで、誤爆による多大な民間人の犠牲を招いている実情がある。

2001年の9・11テロの後は、コマンド部隊によるテロリストの逮捕・殺害計画を極秘に企画していた。アメリカ政府の元高官によると、この計画は1972年のミュンヘンオリンピック事件の後にイスラエル諜報特務庁(モサド)が実行した報復作戦に類似しているという[9]。

2006年5月に「テロリスト関係者若しくはそれらと接触した人物」をアメリカ入国の際に拉致し、国内法の及ばない地域(シリアやグァンタナモ米軍基地)の秘密収容所に、取調べを口実に収監していた事が判明して、アムネスティ・インターナショナルや母国政府が調査に乗り出す事態になっている。2006年9月、ジョージ・W・ブッシュ大統領は秘密施設の存在を認め、この秘密施設でのCIAによる取調べを「CIAプログラム」と表現した。オバマ大統領はグァンタナモ基地に対して厳しい姿勢で臨んだ。

シデ:おそらく、インターネットの世界は支配しているのは、基本だとしても、軍事兵器まで使用するのか。あなたの言っていることは、よくわからないけど・・・。

男:私は米国内での CIA 資産の一時的な展開に関する大統領の調査結果を発行し、私の司法長官はそれを承認しました。ノアとリアムは、違法なことをする心配はありません。それは帳簿上にあるでしょう… もちろん、帳簿をつけているのは私ですが。
シデ:えーっと・・・CIAはCIAの権限内で、動けばいいのではないかとしか・・・いいようがない。あなたも同じ意見っぽいな。仮にCIAの権限が変更されることがあるとして、一体誰が決められるんだろうね。CIAは、CIAのために動いているかというと・・・税金で運営されているだろうし、ただの公務員なので・・・政府に服従する組織に過ぎない判定なのが、普通に思える。学がない。税金で運営されている組織が、いくつかあって、それらを、どう統括するかだけど・・・わたしには、単純に、トップダウンにしてから、大統領が、一番上にくればいいのかどうか、よくわからないし、大統領の各組織に対する、命令権が、どの程度浸透されるべきかも、よくわからない。

ノアはリアムが話すのを待っていますが、彼は口を閉ざし、自分の意見を独り占めしています。これは通常、CIA での賢明なキャリアの動きです。彼は身なりが良く、見栄えの良い顔と明るい茶色の髪をしていますが、どこかの砂漠で武装して立っているかのように、奇妙な座り方をしています。

しかしノアの見方は違う。エージェンシーで働くということは、現場で競争することと、すべての大規模組織に伴う官僚的な内紛に対処することの両方を意味しますが、彼女は、バレット大統領が陶磁器店のことわざの雄牛であり、彼女に一緒に来るように頼んでいるように感じています.

シデ:CIAの構造は、日本の省庁と、同じだと思っておく。だから、上から下に、命令系統が通っていると思っておくけど、であれば、内紛は起こらないと思うってのは、内紛って、部署ごとで、意見が対立して、なんか・・・それなりに紛争になるって意味だよね。

ノア:サー、議会のそれぞれの諜報委員会があなたの発見をめぐって地獄を上げるとは思わないのですか?
男:諜報権限法は、私が議会に『タイムリーに』通知すれば、大統領は議会への正式な通知なしに手続きを進めることを認めている。それは私が定義することですよね?『適時』?
シデ:へー。それが、CIAと、大統領の関係ってわけか。なるほど。つまり、各組織は、組織ごとに、おそらく、大統領との関係性が、異なっているんだろうな。

バレット:現在、彼らは、私たちが法の支配を順守し、適切な手続きに従って応答しないかどうかに応じて、身を隠しています。私たちの敵は、これまで以上に活​​動家です。私たちは見返りとして活動家にならなければなりません。なぜあなたを選んだのか、あなたに何を期待しているのか、なぜ あなたたち にブリーフィングをすることにしたのかをお話ししたいと思います。
シデ:CIAって、CIAの機能とか機構を、自己変更する権利あるの?

大統領は結婚したことがなく、有名な海兵隊のジェームズ・マティス将軍に似た「戦士の修道士」のように生きてきた. 彼は完全に米国とその防衛に専念していますが、JFK、ジョンソン、クリントンなどの元大統領が持っていた「もの」を持っています。彼らの前にいるとき、人は気づきます。

シデ:実際のアメリカ大統領って、既婚者ばっかだよね。んー・・・。まあそっちの方が安定するかもしれないけど、ただ、差別しまくっていると、特権者の中からしか、選べなくなっちゃうので・・・質は劣化する気がする。まあしかし、そんなもんで、推移している・・・アメリカはそれでも、凋落しないとは思うけど。しかし、そうならないかぎり、なかなか反省しないだろうし、既婚者とか、あるいは、人種とか、女性とか、そういう差別しない状態で、大統領を選んだ場合の方が、大統領の能力が高いのか、どうか、検証することも、できない。

ノアはまた、大統領が彼女のサイズを大きくしているように、大統領の外見の優位性に気づき、彼が評価しているのは彼女の経験なのか外見なのか確信が持てません.

シデ:そだな・・・見た目はかなり、バイアスがかかっている気がする・・・男女双方。その状態で選びつつ、今は、バイデン大統領。外見も何もかも、一切差別しないで、大統領選択する国があれば、それがどの程度、有力なのか、検証できるが・・・アメリカはとにかく、そうはしていない。

ただ、外観で選択することに、何かしら有効性があるから、そういう選択方式に、なっているんだろうとは思う。アメリカは、とにかく、今の方式で、一定の成功は、おさめている。つまり・・・やはり、比較検証する対象が必要。ただもし、アメリカの今の方式が、行き詰まっていると、感じるのなら、改善する余地がある。

大統領:しかし、政治のせいで、私はそれについて何もできませんでした。所長は社長の意のままに仕えるのですが、当時の社長は何度説明しても、やるべきことをやる勇気がありませんでした。それは今やめます。あなたたちは機関で家を掃除する私の完全な権限を持つことになります。すべての枯れ木を、二度と見つからないように非常に小さな破片に切り刻むつもりです。
シデ:CIAは、暗殺もやるらしいけど、まあ、情報操作する方が、基本ギョウムなんだろうとは、思っておく。もし、CIAの暗躍が、著しいのであれば、まあ、yahoo.comの情報なんて、全て、今の場合、バイデン大統領にとって、都合いい情報だけってことになる。あととにかく、CIAは、外国人(アメリカ以外の国)の情報も、操作してしまうはずだとは思っておく。

であるなら、嫌な大統領にあたると、かなり嫌な思いをすることになる。わたしも、一応、インターネットの住人だからね・・・。

大統領:ミルトン・フェンウェイ監督代理、お願いします。あなたの上司に無礼ではありませんが、私が計画していることを彼に話しました。彼は乗り込んでいます。彼のことは心配しないでください。
シデ:ミルトンさんが、来るって意味か?

可哀想なフェンウェイ監督代理。数ヶ月前、大統領はスマートハードチャージャー、元副局長のハンナ・エイブラムスを指名した。最悪の場合でも、利用可能なすべての海外任務を引き受けました。作戦局のほとんどは、エイブラムスが機関の指揮を執ることを楽しみにしていますが、彼女の指名は、何らかのあいまいな政治的理由により、依然として上院で保留されています.

その行き詰まりが解消されるまで、Milton Fenway が局長代理を務めます。彼は CIA の科学技術総局出身です。つまり、彼は情報収集の技術的手段 (SIGINT と ELINT) のさまざまな側面で経験を積んでいますが、人間の知性である HUMINT は経験していません。 . 世界中でおとり捜査をしている男女は、正しいか間違っているかに関わらず、自分たちがエージェンシーの槍の先だと思っており、その男性に敬意を払っていません。

シデ:おとり捜査? CIAの情報操作ギョウムの、一環としての、おとり捜査なのか? なんか、いやに、物理的に思える。

大統領:国中には中国人とロシア人のための隠れ家もある。私たちはそれらのほとんどがどこにあるかを知っています。中国人やロシア人を混乱させたり困らせたりしたくないため、または彼らを起訴する証拠がないため、私たちは彼らを放っておく. それと地獄に。それらの家は取り除かれようとしており、内部の外国のエージェントは姿を消そうとしています。
シデ:yahoo.comのニュース見ていると、別に中国に対しては、しめつけを、厳しくするような話しは、見受けられない。ただ、わたしの父親は、そういう動きを、アメリカが示しているとは言っていた。そして、あなたは今、中国とロシアを、同列に並べて語った。実際、どの程度の、スパイ活動を、各国が行っているかは、本物の、CIAなら、よくご存知だろう。

ところで、シデって名前は、適当に作った、日本人の名前に見えるように作られた名前であるので、まあ・・・彼女が、女性なのか、男性なのかは、わかりずらい。名前の上からは。ただし、どんな名前であれ、モトは、存在しなかったので・・・必ず、誰かオリジナル。まあ・・・コハルにもう、怒られたくないので、自作するしかない。自作している日本人は、ノベルアップなどに、見受けられたが・・・わたしの、今のスタイルの方が、おそらく、正しい。シデは、申し出 という、文章中から、切り取られて、作られただけの、名前である。実際のところは。

総括しよう。わたしは、シデに、エミリアかわいい・・・エミリア萌えとか、言わせていたが、このエミリアは、マクロプロスの処方箋に、出てくるエミリアのことである。ただ、別にまあ、エミリアだけじゃなく、わたしは、カレルチャペックのことが、スキなのかもしれない。

そしてだけど、この投稿小説家にも、期待している。ノアも、わたしを発情させる存在である。でも、これがどこの誰なのかは、流石に、わかんねえだろうなと思う。原文はそのまま切り取って、残してある・・・。

申し出 から シデが、生じたように、文章中から、切り取って、新しい日本人名を、作る作業を、考案できたのは、わたしの、統合失調症の働きであって、統合失調症の方が、オリジナリティを高めることができるという、例になる。つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。その方が、わたしや、社会のためになる。

もし、カレに、健康被害が、一切ない場合にだけ、農薬を使用してもいい。

仮に、もう、オンライン小説の方が、かなり、よくなっているのなら・・・、岩波が、古い話ししか、翻訳出版していないのは、効率的に思える。

さて、わたしは、自家受精が駄目だという話しを信じている。ここでもし、単純に、アメリカ人だけが、賢くて、残りはみんなバカだと考えてしまったら・・・いや、アメリカ人にも、わたしにとっては、不要な人は、たくさんいるが、ここんところは、ジャンル分けで、隔離されているらしい。

ノアの話しの人は、アメリカ人だろう。ホワイトハウスの話しだす、英語の執筆者である。アメリカ人以外はありえない。

カレルチャペックのことを、チェコ人だと思ったので、チェコ語で調べてみたら、ワットパッドに、チェコ語タグを、見つけたので、見てみた。みんなバカか、やる気ないかの、どっちかに思えた。

要するに、インドヨーロッパ語族だから、いいとか、キリスト教徒だから、いいとか、コーカソイドだから、いいとか、そういう問題ではない。チェコ人たちよりは、奮闘努力の度合いでは、日本人の投稿小説家の方が、上である。

じぇねこ は わたしを、オープンスケベに、変えてくれた。つまり・・・九州人には、やはり、期待できるし、それに、やはり、自家受精はよくなくて、全然関係ない、赤の他人の文化に、触れる必要が、あるらしい。東北の文化と、九州の文化は、おそらく、全く違うのだろう。

トランスユーラシア説をわたしが、入手したのは、とにかく、じぇねこ以降ではあった。

そして、ノアという女を出してくる、アメリカ人の、オンライン小説家は、わたしを、ファザコンにした。これはきっと、アメリカ人の多くが、ファザコンなことに由来する。

そのことを考えており、そしたら、dir en grey の、embryoの歌詞を、思い出した。dir en grey自体は、関西人なので、まあ・・・日本人の一種で、九州人よりは、幅をきかせている存在。と思っている。embryoの歌詞は、近親相姦をした女が、彼女の父親を、殺害しつつ、死んだ母親のことばかり、考えているという話しである。わたしは、父親に、わたしの胸もんでもらっているという、妄想をした。わたしは別にそれで喜んでいるという内容。ただし、妊娠するような話しにはなっていない。アメリカ人の多くが、ただのファザコンだとして、関西人は、当然、アメリカ人と、なんの関係もないわけだけど、彼ら彼女らの、アタマの中がどうなっているのかというと・・・。

で、dir en greyのことを、考えていたら、スリップノットの、若い頃の曲を思い出したんだけど、わたしだって、当初は、ユダヤ教徒を、悪くいうようなことを、実はしていた。当時のスリップノットは、黒人を悪くいうようなことをしていた。いまはどうだろう? わたしは、改心してきている。オープンスケベになったからだ。スリップノットは、アメリカ人。

2021年のスリップノットは、黒人を批判するのではなく、おそらく・・・tiktokみたいのを、批判している。批判はする。しかし、わたしも、tiktokみたいなのは、嫌い。同意できる。

ただし、わたしは基本的に、発情したいだけではある。そのために、大統領と、CIAが、密談するような話しを、みなきゃならない。何故だろうか。それはきっと、ノアが、大統領に、身体触られたいとか、実は考えているからに思える。

大統領:アルゼンチン軍が南大西洋上空でヘリコプターから逮捕者を放り投げた『汚い戦争』のようなことを言っているのではありません。いいえ、憲法やアメリカの弁護士にアクセスできない施設に「姿を消して」ください。彼らは不法にここにいて、米国に対して戦争を行っており、それに応じて扱われます。
シデ:アメリカ国内から、逮捕者を出す予定なんだな。まあスパイが実在するのなら、それはやる意味がある。ただ、サイバー攻撃が、アメリカ国外からしか、行われてないなら、スパイを捕まえても、そんなに意味がない。その場合とにかく、IT技術者を確保する方が大事となる。だよね。

自動翻訳だと、プレジデントが、社長に翻訳される。でもこれ、大統領の意味。

シデが何を考えているかというと、わたしが考えていることと、同じことしか考えていないと、思うが、彼女は別に、・・・ノアが出てくる文章を見る限りでは、ノアみたいな女に、発情させられたいと思っているだけ。ただし、ノアが出てくる話しでは、彼女が喋るシーンは、あまりないので、二人のからみは少なくなる。

アメリカの政治の制度を、わたしは知っているわけではない。なんともいえない。日本にかんしても、よくしらない。なので・・・これらは、話題にすぎず、本質は、上記で述べたように、ただ、発情したいだけ。

家事、と彼女は考えています。バレットの前任者と議会によってかけられた法的​​および制度的な手錠は、外されたばかりです。せっかくのチャンス。確かに、彼女は、そこにいる悪役を本当に激しく攻撃する機会、またはこれが別のイラン・コントラ災害に発展した場合、屈辱を与えられ、逮捕され、私の年金を剥奪される機会だと考えています.

イラン・コントラ事件 アメリカ政府がレバノンでテロリスト集団に捕らえられたアメリカ人の解放を目的にイランと裏取引をした上、同国へ武器を売却し、その代金をニカラグアの反共ゲリラに提供した事件 

さらにその代金をニカラグアの反共右派ゲリラ「コントラ」の援助に流用していた事件。1986年に発覚するや、アメリカ国内のみならず世界を巻き込む政治的スキャンダルに発展した。

スキャンダルになったんだ?

この頃のイスラエルは、アメリカによる極秘裏の支援が開始される以前からイランを支援し、武器を密輸出していた。イラン革命の直後にイラクに攻撃されたイランは、国際的には敗北必至と判断され、実際に戦死者はイラクをはるかに上回っていた。

いまのイスラエルは、イランを苦しめる方針だと聴いている。まあ・・・もう邪魔になったんだろう。当時は、イラクを倒す必要があったらしい。

一方、ニカラグアの「コントラ」に対しても、元々は左傾化が進む中南米で、ニカラグアをはじめとする複数国で右派ゲリラを積極的に支援していたイスラエルが単独で支援していた。アメリカも1970年代前半は反共ゲリラを公式に支援していたが、民主党左派であるジミー・カーター大統領によってその支援は非合法化された。そののちアメリカは、イスラエルを介して間接的に援助するようになり、イスラエルは数重にわたってアメリカの代理人となって、反共ゲリラに対してアメリカの最新兵器を輸出していた。

イスラエルは、少し不思議な存在に思える。右翼支援の前線基地みたいになっているみたいだが、イスラエルの周囲には、イスラム教徒や、アラビア人しかいない。アメリカも、ほかの新大陸に住んでいる、インドヨーロッパ語族たちから、孤立しつつあったとされている、南米が左傾化するってのは、そういう意味に思える。

レーガン政権はイスラエルの外交を利用してイランとニカラグア双方と接触したものの、暴露されてしまった。イスラエルは暴露の前に、アメリカとのこの様な取引を清算しようとしており、スキャンダルによって攻撃されることは免れた。その後のイランの政治状況の変化を受けて、一転してイスラエルは反イランの姿勢を強めている。

1985年8月に、アメリカ軍の兵士らがレバノン(内戦中)での活動中、イスラム教シーア派系過激派であるヒズボラに拘束され、人質となってしまった。

人質を救出する為、共和党のロナルド・レーガン政権率いるアメリカ政府は、ヒズボラの後ろ盾であるイランと非公式ルートで接触し、イラン・イラク戦争でイラクと戦っていたものの劣勢であったイランに対し、極秘裏に武器を輸出する事を約束した。この様な状況下でのイランへの武器の輸出の提案は、ヒズボラおよび西欧諸国での爆弾テロを支援したグループに対する影響力を持つイランの歓心を買った。

ノアは、これがいいことだったのか、わるいことだったのか、どっちと判断しているのか・・・あとで見返してみる。

ロナルド・レーガン大統領直々の承認を受けて極秘裏にイランに対して武器を輸出したばかりか、国家安全保障担当補佐官のジョン・ポインデクスターと、国家安全保障会議軍政部次長でアメリカ海兵隊のオリバー・ノース中佐らが、イランに武器を売却したことで得た収益を、左傾化が進むニカラグアで反政府戦争(コントラ戦争)を行う反共右派ゲリラ「コントラ」に与えていた。

「アメリカの裏庭」とも揶揄される中南米にあるニカラグアは、1979年のサンディニスタ革命により、40年以上続いた親米のソモサ王朝独裁政権が崩壊し、キューバおよびソ連に支援され、社会主義寄りのサンディニスタ民族解放戦線(FSLN)政権が統治しており、中南米の赤化を警戒し、冷戦を戦い抜こうとするアメリカにとっては看過出来ないことであった。

ニカラグアは、中米の、小さな国。

しかし、イランへの武器輸出と、反共ゲリラへの資金流用というそれぞれの行為は、本来なら必要である議会の了解を取っていなかったばかりか、当時民主党が多数を占めた議会の議決に完全に反していた。

なるほど。たしか、ノアたちは、CIAに、大統領が、議会を介さずに、直接命令できると、言っていた気がする。

この2つの行為が明らかになった後、オリバー・ノース中佐は、全米にテレビ中継された、連邦議会での公聴会における証言によって著名になった。同事件においてノース中佐は、武器ブローカーを通してイランへ武器を密輸する計画の責任者を務め、そこで得られた資金でニカラグアの反政府組織コントラへ資金援助の道筋を付けた。ノース中佐はまた、コントラを援助する目的に用いられた秘密のネットワークの設置にも関与していた。

当時の民主党は、どうする気だったんだろう? それはもう・・・コントラを支援せずに・・・イランとは取引せず、アメリカ軍人のことは、どうする予定だったんだろう。アメリカの場合、大統領と与党が、無関係の動きするみたいだな。いや、日本は全くそうじゃない。

イスラエルとアメリカが、どっちが偉いのか、よくわからないけど、イスラエルにはイスラエルの方針があるので、どのみち、イスラエルは、イランを支援する予定だったろう。

聴聞の間、ノース中佐は自分が議会に対し虚偽の証言をしたことを認め、このことによって後に告訴されることになった。

ノース中佐は、「自分が『自由の戦士』と見なしたコントラを援助する目的が正しいものであることを信じている」と述べることで自身の行為を弁護した。そして非合法のイラン・コントラ計画を「素晴らしいアイデア」であると自分は考えていると述べた。

ちなみに、共産主義の、なにが悪いんだろう。それはよくわからない。ただ、スターリンなどの、五カ年計画などは、まあ・・・資本主義しないことが、共産主義なのであれば、経済効率は下がるだろう。

ただ、それより・・・つまり、ニカラグアの経済力が、下がろうが、上がろうが、アメリカには関係ないが、国際社会から、アメリカが孤立するのを、防ぐために、共産主義の妨害をする意味があったのだと思われる。国際社会から孤立することで、大日本帝国は、ああした負け方をしている。

ノース中佐は16の重罪で告訴され、1986年5月4日の判決で、収賄、聴聞議会の妨害の支援および幇助、(ノース中佐の命令で秘書のファウン・ホールが行った)書類の破棄の3つの罪状で有罪を宣告された。そして1989年11月5日、ゲートハルト・A・ゲゼル連邦地方裁判所判事によって執行猶予3年、保護観察2年、罰金15万ドル、1,200時間の社会奉仕活動の刑を宣告された。

執行猶予があって、保護観察ってことは、刑務所に入る必要はないとみなしておく。だったら、わたしより、刑が軽い。

しかしながら1990年7月20日、3人の判事からなる上訴審査委員会は、上告審においてノース中佐への有罪判決を覆した。ノースが以前行った公開の場での証言によって、公正な裁判を受けるノースの権利が侵害された可能性があるとの理由だった。連邦最高裁はこの訴訟の再審理を却下した。

ゲゼル判事は1991年9月16日、独立検察官の動議による免責問題する公聴会の審議を経て罰金の判決を棄却した。本来、ノース中佐には議会証言に対して限定的免責を与えられており、この宣誓証言は審議における証言に影響を与えたと見なされたので有罪判決は覆されたのであった。

裁かれたのはなぜか、ノース中佐だけであったらしい。随分小さくまとまったな。

昆虫食は、クモ形類動物や多足類など、昆虫以外の節足動物を食べることも含むと定義されることがあります。クモ形類を食べることは、クモ形食と呼ばれることもあります。

ジャイアントミルワームを、肉の煮物の中に入れてみたい。

シデ:ノアさん、あなたは、ノース中佐みたいになったら、いやだと言っているんだね。恥かくから。彼は別に・・・そこまで、重罰を受けたわけではないけど。でも、恥はかいた。

ノアはエージェンシーに所属することで世界に変化をもたらしたいと考えており、大統領は彼女にそうするためのゴールデンチケットを与えました.

バレット大統領はいい話をしているが、死体が積み重なればそれだけで済むのだろうか?

大統領:イラン人、中国人、ロシア人が管理するテロ組織、ハッカー、ボット ファームがあり、世界中に雇われのハッカーがいます 彼らは、サイバー空間や現実の世界を介して、昼夜を問わず私たちを攻撃しています。状況をエスカレートさせたくない、ターゲットが 100% 確実ではない、または彼らのレベルに屈したくないという理由で、適切な報復を行いません。それは今日はやめます。諜報機関や軍関係者を集めてチームを作ることになります。そこから海外へ。これらの農場、セル、およびその他の構造…ローマがカルタゴに何をしたか知っていますか?
シデ:中国人は、技術力が高い印象なので、警戒すべきかもしれないけど、ロシア人って、あまりそうじゃない印象なんだよな。でも・・・ヒラリー・クリントンの情報諜報していた覚えがある。ロシアが。イラン人って、サイバー攻撃できる様な技術力あるの? でも、北朝鮮にすら、あるのなら、イランだってあるのかも。IT戦争って、大変だね。まあでも・・・大変だけど、武器を使った殺し合いより、ましな状況に、なっているのかもだけど。

母親がたしか、煮物は、冷めるときに、塩分を、具の内部に吸収するので、一旦冷ます必要があるとか、言っていた。

リアム:はい、ローマが最終的にカルタゴを征服すると、彼らはすべての建物を破壊し、廃墟の周りの地面を塩漬けにして、そこに再び何も成長しないようにしました. そして、まさにそれが起こったのです。
シデ:そうだったのか。塩どっからもってきたんだ。最近の日本でも、ドクダミを除去するために、カレ自身の庭に、塩まく人が、いるらしい。

Carthage salted earth ruin

カルタゴが塩漬けにされたという主張は、第三次ポエニ戦争の終わりに都市が破壊されたという話の汚染です。都市は炎上し、人々は殺されるか奴隷にされ、ローマ人がアウグストゥスの治世中にこの地域を植民地化することを決定する前に、土地は呪われて短期間放棄されました。塩の話は現代の発明であり、それを裏付ける古代の証拠はありません.

カルタゴの破壊が壊滅的だったが、おそらく文字通り粉々になったわけではないことを認めるならば、まだ塩の問題があります. この主張の背後にある考えは、地球を塩漬けにする軍事的プロセスがその土地を住めないものにするというものであり (それ自体が主張であるが、それ自体が異議を唱えている人もいる)、これはカルタゴの呪われた土地に関する後の多くの情報源の記述に適合している. しかし、2 つの問題があります。1 つ目は、ローマ人が都市を塩漬けにしたという記録がないことです。2つ目は、カルタゴがアウグストゥスの治世中にローマ人によって再建され、同じ土地の大部分を共有したことです(Appian、Punica 28).

RT Ridley によって書かれたこの問題に関する重要な論文は、カルタゴの破壊の物語が、都市が塩漬けにされたという本物の古代の記述、すなわちシェケムの破壊 (士師記 9: 45 ) で形作られていると説得力を持って主張しています。

この歴史的出来事の混同の元の犯人は、これまでのところ不明です. この主張は、1858 年にNew American Cyclopaedia: A Popular Dictionary of General Knowledge で確認されました。しかし、ケンブリッジ古代史の1930年版に登場することは間違いありません。8は、現代における持続的な持久力を担っています。

彼らは、カルタゴの破壊(未定義)、カルタゴが炎上していたと言われている時間の長さ、そして人々の奴隷化に焦点を当てています. 確かに、カルタゴの破壊は、キケロの演説や著作、プルタルコスの伝記など、他の非歴史的な作品にかなり定期的に登場しますが、この塩辛い話については言及されていません。

彼らは、カルタゴにまだ何かが残っている場合、スキピオはそれを抹消し、誰もそこに住むことを許可されるべきではないと布告しました。

シチリアのディオドロスはそれについて書いたかもしれませんが、カルタゴの崩壊に関する彼の物語は生き残っていません。カルタゴが完全に破壊されたこと、または都市が破壊されたことを説明するセクションが残っていますが、これらは特に説明を明確にするものではなく、繰り返しになりますが、塩についての言及は残っていません。

ポエニ戦争の主な情報源はポリュビオスですが、カルタゴの実際の陥落に関する彼の説明は断片的であり、地球の塩漬けに近いものは何も説明していません。ポリビウスはその出来事の目撃者だったので、彼の歴史の欠落した部分はなおさら苛立たしいものです。

シデ:ネタと解釈しておく。塩もったいないし。普通はやらないと思う。塩もったいないから。

大統領:彼らがいなくなってほしい。生き残った人がコンピューターのキーボードや AK-47 に戻ることは二度とないほど、大変なことになりました。
シデ:日本人が、組織的なハッキングを、どの程度やっているのか、しらないけど、わたしは、日本人に対する、インターネット普及率が、30%に過ぎないと信じているので、日本人は、ITに興味ない民族と解釈している。なので・・・アメリカにハッキングする心配も少ない。

迫害だけされて、誰も評価してくれない。

にら
アフェットフロアブル殺菌剤 多くの病害に有効な殺菌剤で、優れた予防効果を有する薬剤です。また本剤は多くの作物で収穫前日まで使用可能ですので使い易い殺菌剤です。
キルパー殺虫剤 土壌病害虫、センチュウ、雑草に効果のある総合土壌消毒剤です。毒物、劇物に該当しません。刺激臭は少ないです。
コルト顆粒水和剤殺虫剤 昆虫の行動を制御するタイプの新しい殺虫剤で、速やかに害虫の吸汁行動に影響を及ぼし、高い摂食阻害活性を示します。アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などのカメムシ目害虫や、チャノキイロアザミウマなどのアザミウマ目害虫に対して高い効果を示します
ゴーゴーサン乳剤畑作除草剤 雑草発生前の土壌処理でイネ科・広葉雑草を同時に防除し、 雑草の発生を40?60日間と長期間抑制します。土壌の種類、温度、日照などの条件によらず、安定した効果を発揮します。
スピノエース顆粒水和剤殺虫剤 チョウ目害虫、広範なアザミウマ類に優れた効果を示します。土壌放線菌が産生する天然物由来の殺虫剤で、食毒又は接触毒により害虫の神経伝達を撹乱し、効果を発揮します。優れた速効性・耐雨性により、安定した残効性を発揮します。
トップジンM水和剤殺菌剤 速効性と残効性を有し、低濃度で高い効果が持続します。強い浸透力があり、植物体に侵入している病原菌を死滅させます。広範囲の作物病害に基幹防除剤として威力を発揮します。ほとんどの殺虫剤・殺ダニ剤と混用できます。
トリフミン水和剤殺菌剤 予防効果と治療効果に優れ、病斑の拡大阻止力や胞子形成阻止力があります。浸透性に優れるので、散布後に降雨があっても効果にほとんど影響がありません。低濃度で効果が持続し、作物に対して汚れの少ない薬剤です。
ナブ乳剤畑作除草剤 イネ科雑草に優れた殺草効果があり、根まで枯殺します。雑草の葉や茎に付着した薬剤は、速やかに吸収されるので、耐雨性に優れ、土壌中では短時日で分解されるため、後作物への影響がありません。
ネマキック粒剤殺虫剤 線虫の種類を問わず高い効果があり長期間残効性があるので栽培期間の長い作物にも適しています。土壌条件にかかわらず安定した効果が期待でき、且つ作物のは種又は定植直前の使用でき安全性の高い線虫剤です。
バスアミド微粒剤殺菌剤 刺激臭が少なくて使いやすく、広範囲の土壌病害・線虫・雑草種子に効果がある薬剤です。粒剤なので散布が簡単で、また作物の生育に良い影響を与えます。10
バスタ液剤畑作除草剤 幅広い種類の雑草に高い効果を示す非選択性の茎葉処理型除草剤です。効果の発現が速く、長い抑草期間で数多くの作物に登録があります。非農耕地や家周り、ハウス周りなどの雑草もしっかりと枯らせる除草剤です
ポリオキシンAL水溶剤殺菌剤 作物が汚れず、浸透移行性にも優れ花卉、蔬菜類のうどんこ病、灰色かび病およびハダニ類等に高い予防効果と治療効果があります。天然物由来で環境に対する安全性が高く、作物に対する薬害の心配もありません。
モスピラン顆粒水溶剤殺虫剤 新規の骨格(ネオニコチノイド系)を持ち、作用機作が既存剤と異なるので、有機リン剤・カーバメイト剤・合成ピレスロイド剤などに効きにくくなった害虫にも有効です。幅広い殺虫スペクトルを有しています。
アクタラ顆粒水溶剤殺虫剤
アグロスリン乳剤殺虫剤
アドマイヤー1粒剤殺虫剤
アプロードフロアブル殺虫剤
アミスター20フロアブル殺菌剤
アルバリン顆粒水溶剤殺虫剤
オンリーワンフロアブル殺菌剤 20
クレマートU粒剤畑作除草剤
クロピクフロー殺菌剤
クロールピクリン殺菌剤
ザクサ液剤畑作除草剤
スタークル顆粒水溶剤殺虫剤
ストロビーフロアブル殺菌剤
スプラサイド乳剤40殺虫剤
Zボルドー殺菌剤
ダイアジノン粒剤5殺虫剤
ダントツ水溶剤殺虫剤 30
テロン殺虫剤
ディアナSC殺虫剤
DC油剤殺虫剤
DーD殺虫剤
トクチオン細粒剤F殺虫剤
ハチハチ乳剤殺虫剤
バリダシン液剤5殺菌剤
ファンタジスタ顆粒水和剤殺菌剤
フォース粒剤殺虫剤
フロンサイド粉剤殺菌剤 40
プレオフロアブル殺虫剤
モンガリット粒剤殺菌剤
リゾレックス水和剤殺菌剤 43

にんにく
キルパー殺虫剤 土壌病害虫、センチュウ、雑草に効果のある総合土壌消毒剤です。毒物、劇物に該当しません。刺激臭は少ないです。
ゴーゴーサン乳剤畑作除草剤 雑草発生前の土壌処理でイネ科・広葉雑草を同時に防除し、 雑草の発生を40?60日間と長期間抑制します。土壌の種類、温度、日照などの条件によらず、安定した効果を発揮します。
シグナムWDG殺菌剤 ボスカリドとピラクロストロビンを効率よく混合した野菜用殺菌剤です。 作用性の異なる成分を混合することで、うどんこ病、炭疽病、すすかび病、灰色かび病、菌核病、べと病など 幅広い病害に高い防除効果を示します。また、葉内での浸達性が高く優れた効果持続性と耐雨性を有する薬剤です。
ジマンダイセン水和剤殺菌剤 野菜、果樹の広い作物、病害に使用できます。葉への付着が強く、耐雨性のある製剤で安定した効果が長く続きます。
スピノエース顆粒水和剤殺虫剤 チョウ目害虫、広範なアザミウマ類に優れた効果を示します。土壌放線菌が産生する天然物由来の殺虫剤で、食毒又は接触毒により害虫の神経伝達を撹乱し、効果を発揮します。優れた速効性・耐雨性により、安定した残効性を発揮します。
ダコニール1000殺菌剤 汎用性が高く、70種類を超える作物に登録があり、様々な病害に効果があり、耐性菌の出現事例はなく、基幹防除薬剤として適します。
トリフミン水和剤殺菌剤 予防効果と治療効果に優れ、病斑の拡大阻止力や胞子形成阻止力があります。浸透性に優れるので、散布後に降雨があっても効果にほとんど影響がありません。低濃度で効果が持続し、作物に対して汚れの少ない薬剤です。
トレファノサイド粒剤2.5畑作除草剤 野菜、畑作用の土壌処理剤で、イネ科雑草や広葉雑草の発生前の処理で、優れた除草効果を発揮します。 多くの作物に適用があり、農耕地以外にも幅広い用途に使用でき、水を使いませんので比較的容易に散布が出来ます。
ナブ乳剤畑作除草剤 イネ科雑草に優れた殺草効果があり、根まで枯殺します。雑草の葉や茎に付着した薬剤は、速やかに吸収されるので、耐雨性に優れ、土壌中では短時日で分解されるため、後作物への影響がありません。
バスアミド微粒剤殺菌剤 刺激臭が少なくて使いやすく、広範囲の土壌病害・線虫・雑草種子に効果がある薬剤です。粒剤なので散布が簡単で、また作物の生育に良い影響を与えます。10
バスタ液剤畑作除草剤 幅広い種類の雑草に高い効果を示す非選択性の茎葉処理型除草剤です。効果の発現が速く、長い抑草期間で数多くの作物に登録があります。非農耕地や家周り、ハウス周りなどの雑草もしっかりと枯らせる除草剤です
プリグロックスL畑作除草剤 葉緑素を持つすべての雑草に速効性のある茎葉処理除草剤です。土壌に接触すると不活性化されるのでその日のうちに播種、定植などの作業ができます。雑草の根までは枯らしませんので、土壌流亡などの恐れがありません。
ベルクート水和剤殺菌剤 細胞膜に作用し、膜機能や脂質生合性を阻害します。液体なので収穫物の汚れが少なく、種子消毒の作業性にも優れます。
モスピラン顆粒水溶剤殺虫剤 新規の骨格(ネオニコチノイド系)を持ち、作用機作が既存剤と異なるので、有機リン剤・カーバメイト剤・合成ピレスロイド剤などに効きにくくなった害虫にも有効です。幅広い殺虫スペクトルを有しています。
アディオン乳剤殺虫剤
アミスター20フロアブル殺菌剤
オルトラン水和剤殺虫剤
オンリーワンフロアブル殺菌剤
カスミンボルドー殺菌剤
クレマート乳剤畑作除草剤 20
クレマートU粒剤畑作除草剤
クロールピクリン殺菌剤
コサイド3000殺菌剤
ゴーゴーサン細粒剤F 畑作除草剤
ザクサ液剤畑作除草剤
ジェイエース水溶剤殺虫剤
ストロビーフロアブル殺菌剤
スミレックス水和剤殺菌剤
セレクト乳剤畑作除草剤
Zボルドー殺菌剤 30
ディアナSC殺虫剤
トクチオン乳剤殺虫剤
トレファノサイド乳剤畑作除草剤
ネマトリンエース粒剤殺虫剤
ハチハチ乳剤殺虫剤
バイデートL粒剤殺虫剤
バリダシン液剤5殺菌剤
ビーラム粒剤殺虫剤
ファンタジスタ顆粒水和剤殺菌剤
ベネビアOD殺虫剤 40
ペンコゼブ水和剤殺菌剤
ポリベリン水和剤殺菌剤
マブリック水和剤20殺虫剤
モベントフロアブル殺虫剤
モンガリット粒剤殺菌剤
ラウンドアップマックスロード畑作除草剤
ラグビーMC粒剤殺虫剤
ワンサイドP乳剤畑作除草剤 48

はにんにく
コテツフロアブル殺虫剤 多くの作物に使用でき、殺虫スペクトルが広く、チョウ目、アザミウマ目、ダニ目、カメムシ目、コウチュウ目、ハエ目などさまざまな害虫に優れた効果を示す使い易い殺虫剤です。
ゴーゴーサン乳剤畑作除草剤 雑草発生前の土壌処理でイネ科・広葉雑草を同時に防除し、 雑草の発生を40?60日間と長期間抑制します。土壌の種類、温度、日照などの条件によらず、安定した効果を発揮します。
アグロスリン乳剤殺虫剤
ゴーゴーサン細粒剤F 畑作除草剤
ストロビーフロアブル殺菌剤
ダイアジノン粒剤5殺虫剤 6

はくさい
アニキ乳剤殺虫剤 害虫の抑制神経系に作用するタイプの殺虫剤で、チョウ目は勿論、コナジラミ類、ハモグリバエ類、ミカンキイロアザミウマなどに優れた効果が有ります。またハチ類や天敵などへの影響が少なくIPM(総合的病害虫・雑草管理)に最適です。
アフェットフロアブル殺菌剤 多くの病害に有効な殺菌剤で、優れた予防効果を有する薬剤です。また本剤は多くの作物で収穫前日まで使用可能ですので使い易い殺菌剤です。
オラクル顆粒水和剤殺菌剤 作物に感染する遊走子に直接「殺菌」するという全く新しい作用を有しています。従って土壌中の病原菌の密度を低減させ病害をしっかり防除します。定植前のセル苗灌注で省力的に使用できる水和剤です。
カスケード乳剤殺虫剤 昆虫のキチン質の生合成を阻害し、害虫の脱皮阻害しますのでハマキムシ類、ヨコバイ類、スリップス類、ハモグリバエ類など、幅広い害虫に高い殺虫効果を示します。 特に幼虫に対し顕著な効果を示します。
カーニバル水和剤殺菌剤 幅広い殺菌スペクトラムを有するTPNと、べと病、疫病に特異的な効果を発揮するジメトモルフの混合剤です。 2つの異なる作用機作の有効成分を組み合わせたことで、耐性菌の発達リスクが低いと考えられます。
キルパー殺虫剤 土壌病害虫、センチュウ、雑草に効果のある総合土壌消毒剤です。毒物、劇物に該当しません。刺激臭は少ないです。
グレーシア乳剤殺虫剤 チョウ目害虫やアザミウマ目、ハエ目など巾広い害虫に卓効を示しす新しい作用性を持つ新農薬です。抵抗性で効きにくくなったコナガ、アザミウマなどにも有効です。効果は長時間続き、作物の葉内にも浸透します。安全性も高くミツバチ、マルハナバチは翌日導入できます。
コテツフロアブル殺虫剤 多くの作物に使用でき、殺虫スペクトルが広く、チョウ目、アザミウマ目、ダニ目、カメムシ目、コウチュウ目、ハエ目などさまざまな害虫に優れた効果を示す使い易い殺虫剤です。
コルト顆粒水和剤殺虫剤 昆虫の行動を制御するタイプの新しい殺虫剤で、速やかに害虫の吸汁行動に影響を及ぼし、高い摂食阻害活性を示します。アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などのカメムシ目害虫や、チャノキイロアザミウマなどのアザミウマ目害虫に対して高い効果を示します
ゴーゴーサン乳剤畑作除草剤 雑草発生前の土壌処理でイネ科・広葉雑草を同時に防除し、 雑草の発生を40?60日間と長期間抑制します。土壌の種類、温度、日照などの条件によらず、安定した効果を発揮します。
シグナムWDG殺菌剤 ボスカリドとピラクロストロビンを効率よく混合した野菜用殺菌剤です。 作用性の異なる成分を混合することで、うどんこ病、炭疽病、すすかび病、灰色かび病、菌核病、べと病など 幅広い病害に高い防除効果を示します。また、葉内での浸達性が高く優れた効果持続性と耐雨性を有する薬剤です。10
ジマンダイセン水和剤殺菌剤 野菜、果樹の広い作物、病害に使用できます。葉への付着が強く、耐雨性のある製剤で安定した効果が長く続きます。
スピノエース顆粒水和剤殺虫剤 チョウ目害虫、広範なアザミウマ類に優れた効果を示します。土壌放線菌が産生する天然物由来の殺虫剤で、食毒又は接触毒により害虫の神経伝達を撹乱し、効果を発揮します。優れた速効性・耐雨性により、安定した残効性を発揮します。
タッチダウンiQ畑作除草剤 一年生雑草からスギナ、カヤツリグサ、ススキなどの多年生雑草まで幅広い効果がある茎葉処理除草剤です。また、土壌に吸着されると不活性化され、環境に悪い影響を与えません。
ダコニール1000殺菌剤 汎用性が高く、70種類を超える作物に登録があり、様々な病害に効果があり、耐性菌の出現事例はなく、基幹防除薬剤として適します。
トップジンM水和剤殺菌剤 速効性と残効性を有し、低濃度で高い効果が持続します。強い浸透力があり、植物体に侵入している病原菌を死滅させます。広範囲の作物病害に基幹防除剤として威力を発揮します。ほとんどの殺虫剤・殺ダニ剤と混用できます。
トランスフォームフロアブル殺虫剤 野菜と果樹に害をもたらすアブラムシ、カイガラムシ、コナジラミに優れた効果を発揮します。浸透移行性と浸達性があるため散布後に展葉してくる新葉にも一定期間防除効果を発揮します。
トレファノサイド粒剤2.5畑作除草剤 野菜、畑作用の土壌処理剤で、イネ科雑草や広葉雑草の発生前の処理で、優れた除草効果を発揮します。 多くの作物に適用があり、農耕地以外にも幅広い用途に使用でき、水を使いませんので比較的容易に散布が出来ます。
ナブ乳剤畑作除草剤 イネ科雑草に優れた殺草効果があり、根まで枯殺します。雑草の葉や茎に付着した薬剤は、速やかに吸収されるので、耐雨性に優れ、土壌中では短時日で分解されるため、後作物への影響がありません。
ネマキック粒剤殺虫剤 線虫の種類を問わず高い効果があり長期間残効性があるので栽培期間の長い作物にも適しています。土壌条件にかかわらず安定した効果が期待でき、且つ作物のは種又は定植直前の使用でき安全性の高い線虫剤です。
バスアミド微粒剤殺菌剤 刺激臭が少なくて使いやすく、広範囲の土壌病害・線虫・雑草種子に効果がある薬剤です。粒剤なので散布が簡単で、また作物の生育に良い影響を与えます。
バスタ液剤畑作除草剤 幅広い種類の雑草に高い効果を示す非選択性の茎葉処理型除草剤です。効果の発現が速く、長い抑草期間で数多くの作物に登録があります。非農耕地や家周り、ハウス周りなどの雑草もしっかりと枯らせる除草剤です 20
ピシロックフロアブル殺菌剤 新規系統のテトラゾリルオキシム系殺菌剤で野菜のベト病、疫病等に高い予防効果を示します。
フェニックス顆粒水和剤殺虫剤 従来の殺虫剤にない害虫の筋肉を収縮させるという作用機作を有し、幅広いチョウ目害虫の幼虫・成虫に対して活性を示し、効果持続性に優れるために害虫に対して散布後長期間、安定した効果を示します。
ブロフレアSC殺虫剤 新規作用機構を有する殺虫剤で、既存剤に抵抗性を獲得した害虫にも優れた効果を示します。チョウ目、ハムシ目に効果が高く、同時防除の可能です。速効性で持続性もあり、耐雨性にも優れています。
プリグロックスL畑作除草剤 葉緑素を持つすべての雑草に速効性のある茎葉処理除草剤です。土壌に接触すると不活性化されるのでその日のうちに播種、定植などの作業ができます。雑草の根までは枯らしませんので、土壌流亡などの恐れがありません。
ポリオキシンAL水溶剤殺菌剤 作物が汚れず、浸透移行性にも優れ花卉、蔬菜類のうどんこ病、灰色かび病およびハダニ類等に高い予防効果と治療効果があります。天然物由来で環境に対する安全性が高く、作物に対する薬害の心配もありません。
ポルトフロアブル畑作除草剤 10葉期のイネ科雑草でも、しっかり枯らすことができ、天候不順で撒き遅れが生じても柔軟に対応して使用できる薬剤です。てんさいの場合、一年生は勿論多年生のイネ科雑草にも優れた効果を発揮します。
モスピラン顆粒水溶剤殺虫剤 新規の骨格(ネオニコチノイド系)を持ち、作用機作が既存剤と異なるので、有機リン剤・カーバメイト剤・合成ピレスロイド剤などに効きにくくなった害虫にも有効です。幅広い殺虫スペクトルを有しています。

農薬の使用者は、まず、テレビの前で、農薬を飲んでみて、もし、カレに、健康被害が、一切ない場合にだけ、農薬を使用してもいい。

モスピラン粒剤殺虫剤 作用機作が既存剤と異なるので、従来の薬剤に抵抗性の発達した害虫にも有効です。セル苗に対し、育苗期後半の株元処理ができ、省力的です定植時の土壌処理により、コナガ・アオムシ・アブラムシ・スリップスの発生を長期間抑えます。
ライメイフロアブル殺菌剤 べと病・疫病から作物を守り抜く、優れた「予防力」と、予防効果の高さを裏付ける「耐雨性」に優れ、それらが実現させた予防効果の「持続力」に優れた薬剤です。
アクセルフロアブル殺虫剤
アクタラ顆粒水溶剤殺虫剤 30
アクタラ粒剤5殺虫剤
アグロスリン水和剤殺虫剤
アタブロン乳剤殺虫剤
アディオン乳剤殺虫剤
アドマイヤー1粒剤殺虫剤
アドマイヤー顆粒水和剤殺虫剤
アドマイヤーフロアブル殺虫剤
アファーム乳剤殺虫剤
アベイル粒剤殺虫剤
アミスター20フロアブル殺菌剤 40
アルバリン顆粒水溶剤殺虫剤
アルバリン粒剤殺虫剤
ウララDF殺虫剤
エトフィンフロアブル殺菌剤
NCS殺菌剤
エルサン乳剤殺虫剤
オラクル粉剤殺菌剤
オリゼメート粒剤殺菌剤
オルトラン水和剤殺虫剤
オルトラン粒剤殺虫剤 50
オーソサイド水和剤80殺菌剤
カルホス微粒剤F殺虫剤
カルホス粉剤殺虫剤
キックオフ顆粒水和剤殺虫剤
草枯らしMIC畑作除草剤
クレマート乳剤畑作除草剤
クロールピクリン殺菌剤
グリーンペンコゼブ水和剤殺菌剤
ゴーゴーサン細粒剤F 畑作除草剤
ザンプロDMフロアブル殺菌剤 60
ジェイエース水溶剤殺虫剤
ジェイエース粒剤殺虫剤
ジャストフィットフロアブル殺菌剤
スカウトフロアブル殺虫剤
スタークル顆粒水溶剤殺虫剤
スタークル粒剤殺虫剤
スターナ水和剤殺菌剤
ストロビーフロアブル殺菌剤
ソイリーン殺菌剤
ダイアジノン粒剤5殺虫剤 70
ダコレート水和剤殺菌剤
ダブルストッパー殺虫剤
ダントツ水溶剤殺虫剤
ダントツ粒剤殺虫剤
テルスター水和剤殺虫剤
テロン殺虫剤
ディアナSC殺虫剤
DC油剤殺虫剤
DーD殺虫剤
トルネードエースDF殺虫剤 80
トレファノサイド乳剤畑作除草剤
トレボン乳剤殺虫剤
ネビジン粉剤殺菌剤
ネビリュウ殺菌剤
ノーモルト乳剤殺虫剤
ハチハチ乳剤殺虫剤
ハチハチフロアブル殺虫剤
バイスロイド乳剤殺虫剤
バリダシン液剤5殺菌剤
パダンSG水溶剤殺虫剤 90
パレード20フロアブル殺菌剤
ファルコンエースフロアブル殺虫剤
ファルコンフロアブル殺虫剤
ファンタジスタ顆粒水和剤殺菌剤
フォース粒剤殺虫剤
フジドーLフロアブル殺菌剤
フロンサイドSC(フロアブル)殺菌剤
フロンサイド粉剤殺菌剤
プリンスフロアブル殺虫剤
プレオフロアブル殺虫剤 100
ベジセイバー殺菌剤
ベネビアOD殺虫剤
ベリマークSC殺虫剤
ベンレート水和剤殺菌剤
ペイオフME液剤殺虫剤
ペンコゼブ水和剤殺菌剤
ホライズンドライフロアブル殺菌剤
マブリック水和剤20殺虫剤
ムッシュボルドーDF殺菌剤
モベントフロアブル殺虫剤 110
ヨーバルフロアブル殺虫剤
ラウンドアップマックスロード畑作除草剤
ランマンフロアブル殺菌剤
ラービンフロアブル殺虫剤
リドミルゴールドMZ殺菌剤
ロブラール水和剤殺菌剤
ロムダンフロアブル殺虫剤 117

ただ、オペレータールームって、占領されにくい位置にありそうなもんだけど。逆に。

わたしは、わたしが、トランスユーラシア説を、調べ上げたのは、結果的に、じぇねこ先生が、九州人だったからに思っている。

どういうことかというと、おそらく、九州や、鹿児島の方言が、韓国語と、違っているんじゃないかと思える。

何故違うのか? 韓国語は聴いたことがあるので、なんとなく知っている。九州の方言は、全然わからない。佐賀市に移動できたら、ようつべとか使用して、勉強してみる予定。

現在の朝鮮人のルーツを、扶余という国に、求める説があった気がする。扶余は、古代国家だが、日本人が、韓国の南端に、弁韓などを作っていた、時期よりも、ずっとあとに、北方から、南下してきた民族。扶余も、東北人も、九州人も、全部、トランスユーラシアの一種だとは思う。

よって、日本列島に入ってきたトランスユーラシアと、扶余が、全く異なる、トランスユーラシアなので、九州方言と、現在の韓国語が、全然関係なくなった。と、しておく。

ただ、九州は、オーストロネシア語族が、影響を、彼らに与えるのであれば、前線基地になりそうな場所では、地理的にはある。そういう影響もありそうに思える。東北は、九州と真逆の立場になる・・・あるいは、アイヌ人とだけは、接触可能だった地域であるが、九州の場合、ユーラシアに残った、トランスユーラシアや、中国人や、オーストロネシア語族との、接点として、使用できた地域なので、言語や文化が、多文化になっている可能性が、期待できる。

大統領:「もちろん、それは危険です 幸運は勇者に味方するよね?そして、私たちが大胆になる時が来ました。24 時間以内にチームを選んで、明日ここに戻ってきてください。候補者について検討し、ロジスティクスとサポートについて話し合います。サポートに関しては、1 回の電話またはテキストだけで、必要なものがすべて手に入ります。最高司令官として、私は軍のあらゆる支部に、どんな状況でもあなたを支援してもらうことができます。
シデ:選ぶっていっているけど、つまり、物理的に、アメリカ国内で、スパイ活動している、スパイを探して、捕まえるか・・・殺してしまうわけだよね。

の、リーダーを、選ぶって意味かな。

大統領はソファにもたれかかる。

大統領:私は何年にもわたってあなたの両方のキャリアをフォローしてきました。あなたには、知性、タフネス、経験、そして… なすべきことを行うための完璧な背景と失恋の歴史があります。質問は?

シデは、それを聴いて笑う。

シデ:はは。ノアさんも、失恋しているんだ。

ノアは何十人もいると思うが、最初に話したくはない。
彼女は十分に話したと感じており、自分に提供されているものについて不安を感じていますが、国境内にキャンプを設置した敵と戦うという考えを楽しんでいます.

リアム:いいえ、サー 私は大丈夫です。
ノア:わたしもいいよ。

バレット大統領は満足げにうなずく。

バレット:出て行って、仕事に行って、明日会いましょう。位置と防御を備えた最初のターゲット セットを両方に提供します。(冷たい笑みを浮かべる。)塩も用意します。
シデ:塩ってのは・・・実際はともかく、設定上は、カルタゴの植物を、全滅させるためのものなので・・・二度とスパイが入れないようにするって意味になる。

リアム・グレイとノア・ヒメルが出発してから数分後、キーガン・バレット大統領は、彼のオフィスのドアが開き、カールトン・ポープが入ってくる日のスケジュールを見直します。大統領」は、多くの地面、水、空をカバーしています。まさにバレットが望んでいるものです。

教皇はずんぐりした、ずんぐりした体型で、サヴィル ロウの仕立て屋が自分に合うようにスーツを仕立てようとしているときに絶望してそれぞれの手を放り投げるタイプの塊状の体を持っています。彼の時期尚早の白髪は短く整えられており、鼻は丸くて形が崩れています。

グーグル翻訳は、翻訳ミスも起こすので、本当に教皇なのかわからない。

彼はバレットの前に座る。シークレットサービスを除いて、教皇は最初にノックせずにバレットのオフィスに入ることを許可された唯一の人です. バレットの首席補佐官であるクイン・ローレンスでさえ、警告の電話がなければここに入ることができません。

教皇はにやにや笑い、バレットは彼にその一瞥を許した。数年前、バレットが陸軍に所属し、セルビアへの秘密任務に就いていたとき、バレットはこの男のキャリアと命を救い、その後数年間、教皇はその借金を返済するために熱心に働いてきました.

シデ:ん? バレット大統領は、軍人上がりなのは、間違いないけど、秘密任務とある。軍人なのか、秘密警察なのか、どっちなんだろう。

バレットは常に他人の忠誠心に頼り、喜んでお返しします。

バレット:悪い映画や過去の歴史のせいで、ほとんどの人は、CIA が最高の優秀な人材を惹きつけていることに気づいていません。彼らを駆り立てるのは給料ではなく、宣伝でもないことは確かです. 彼らはエージェンシーとこの国に専念しているからそうするのです。
シデ:日本の自衛隊も、志願制だよ!

しかし、工作員や、秘密警察ではない。日本政府が、工作員や、秘密警察を所持しているかどうかだけど・・・。

特別高等警察(とくべつこうとうけいさつ、英語: Special Higher Police, SHP)[1]は、国事警察として発足した高等警察から分離し、国体護持のために無政府主義者・共産主義者・社会主義者、および国家の存在を否認する者や過激な国家主義者を査察・内偵し、取り締まることを目的とした日本の秘密警察である。内務省警保局保安課を総元締めとして、警視庁をはじめとする一道三府七県に設置されたが、その後、1928年(昭和3年)に全国一律に未設置県にも設置された。略称は特高警察(とっこうけいさつ)、特高(とっこう)と言い、構成員を指しても言う。第二次世界大戦後の1945年(昭和20年)に、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の人権指令により廃止された。

シデ:んー。内向きだと思う。外国に対し、働きかけるようにはなっていない。今回の、ノアたちの話しは、多分、アメリカ国内にいる、外国のスパイを捕まえる話しだと思っている。

文化庁 - 源流が旧内務省警保局検閲課(図書課)

シデ:まあでも、日本政府が、いないとみせかけているだけで、実際は、サイバー攻撃部隊とか、工作員とか、秘密警察とか、保有している可能性もあるかもしれない。アメリカの場合、CIAのことを、オフィシャルにしているけど、日本政府は、隠しているだけの可能性もある。

目が疲れるから、投稿小説やりたくない。虫とか、植物育てたい。

教皇:よし、にやにや笑いを取り戻そう。どちらも経験豊富なようです…そしてそのノア。(彼は笑います。)本物の見物人。
シデ:わたしも参加します。おそらく。

教皇:それだけの価値がある(と彼は振り返りながら言います。)国防総省、ラングレー、および議会で過ごした数年間で、私はこの…私たちの国が直面している脅威について理解していました。しかし、適切な人にあなたの話を聞いて行動してもらうことは…決して起こり得ません。政治、慣性、官僚主義。私がここにいる今、それは変わるでしょう。私はついにそれを実現する立場にいます。
シデ:んー。はい。わたしは多分、CIAではないわけだけど、なにか仕事が与えられたら、なるべくちゃんとやります。

バレットは自分のスケジュールを一瞥する。このままでは、上院多数党首と階下のプライベート ダイニング ルームでのスタッフとのコーヒーとデンマークの訪問に遅れることになります。ハンマーが落ちる前に、彼はその愚か者との関係をできるだけ長く安定させる必要があります。

んー・・・思ったんだけど、日本ではたしかに、ニワトリ以外の、家畜の屠殺が、禁止されているけど、ただ、ニワトリですら、屠殺後、羽をむしるとか、工程が大変なんだよ。だから・・・むしろ、アヒルを多めに飼育して、野菜とか雑草与えて育てて、卵だけ入手して、本体は殺さないようにするって、だけの方が、個人的に、家畜飼育したい場合に、有効な気がする。うん、屠殺は、個人がやる場合、現実的じゃない。つまり、アヒルとかニワトリは、哺乳類よりも、大事な家畜。

シデ:どうなさいましたか? バレットさん。そわそわしていますけど。

大統領:あなたは私に尋ねようとしていると思いますが、しかし、うまくいかなかったらどうしますか? と言います。心変わりしましたか?ワシントンポストにすべてを告白することに決めますか?
シデ:ワシントン・ポスト。

ワシントンポストは、ワシントンDCで発行されているアメリカの日刊紙で、和紙で最も広く流通している新聞です...

シデ:わたしの父は、CIAなどは、大統領の判断とは、別の判断をする場合もあるとは、言っていた。ただ結局・・・CIAの権限者が、大統領の判断とは、別の行動をするように、命じた場合に限ると思う。なので、そういう命令がない場合は、CIA職員は、大統領の命令に従う。と、思う。個人的に背くことは、CIAの職員としては、ありえないと思う。

もし、あなたが、教皇に言っているのなら・・・教皇がなに考えているかなんて、よくわからないな・・・。教皇なんて、なに考えているか、全然よくわからない。教皇は、カトリックの宗教指導者。カトリックの宗教指導者が、アメリカの、国益の方針に、関わる理由が、よくわからないので、教皇がなに考えているかなんて、よくわからない。

Barrett が彼の特別なアシスタントについて気に入っている多くの属性の 1 つは、彼のぶっきらぼうな話し方と物事を成し遂げる方法です。彼は、さまざまなニュース サイトやブログの thePostor に自分の写真を掲載したことがなく、陰で仕事をすることを好みます。
これは、教皇の非公式の職務記述書の一部です。

Barrett:CIAの従業員は22000人です。他に 2 人の献身的な人物を見つけることができると確信しています。
シデ:へー・・・たった4人でやるんだ。まあ、でも、多ければいいってものでもないか。

大統領の特別補佐官であるカールトン・ポープは、1 階の大統領執務室の隣にある彼のオフィスに戻ると、満足げに微笑みます。
彼は、中国からの輸入によって森林産業が崩壊し、現実の問題を抱えている実際の人々よりも愚かなフクロウのことを気にかけている、遠く離れた顔のない官僚によって発行された新しい規則や規制によって、オレゴン州のほぼ無人の故郷から長い道のりを歩んできました。 . そのくだらない町の経済は、彼や彼の同級生、大学に行かない高校卒業生のような男にとっては空虚でした.

シデ:思うに、前も言っているけど、オレゴン州とか、砂漠地帯は、農業にはあまり向いていない。実際・・・カルフォルニアでは、灌漑に水を使用しすぎて、川やダムが、かれてしまったと言われていた。つまり、産業は、IT化するあたりが、一番いい気がする。工場の場合、水を使用してしまうので、内陸ではできない。発電だけなら、太陽光発電ができる。

覚せい剤の販売、オピオイドのOD、ささいな犯罪で逮捕されることが、最も一般的な方法でした.
教皇は別のものを選びました。
軍隊。

シデ:教皇はアメリカ人の、教皇なのか。おそらく。アメリカ人って、カトリックいない印象だけど。

彼は何度か脱走しそうになったが、軍警察に居場所を見つけた — なんて冗談だろう! — コソボで混乱に巻き込まれるまで、物事は数年前まで順調に進んでいた. 他の時と場所では、セルビアの準軍組織を保護していた山岳地帯のラットラインについて話さない囚人を調整するだけで、大したことではなかったでしょう.

しかし、彼の幸運は彼の幸運であり、囚人はチェックアウトし、ポープはレブンワースで深刻な刑務所に直面していました.彼がほとんど知らなかった大佐がブリッグで彼を訪ねるまで.

大佐は時間を無駄にしませんでした。

大佐:私はいろいろな場所に行くつもりですが、私の側には、頑固な心と強い心を持った男が必要です。あなたはその男、法王軍曹ですか?質問や討論の時間はありません。はい と言うと、あなたの料金は片付けられます。
シデ:えーっと・・・雑魚でしかも、女だけど、雑用係として、参加させてください。

シデは、挙手する。

もちろん、キーガン・バレットと初めて話したとき、彼はイエスと答え、バレットは約束を守った。ポープは、ペンタゴン、ラングレー、およびキャピトル ヒルにいた間、彼と共に、またコンサルタントとして彼のために働いて、ペンシルバニア アベニュー 1600 番地まで彼についてきました。

そして、ここに彼がいます、アメリカでナンバー2の男です - ビープ音を忘れて、彼はこのホワイトハウスで、特にこれからの重要な数週間のために、本当の力と権威を持っています.彼のオフィスの。

彼は中に入り、ドアを閉め、快適な椅子に座り、すべての力と権威が内包された素晴らしいオフィスに感心します。ほぼ高校中退者としては悪くありません。そのクラスのメンバーのほとんどは、時間に奉仕しているか、北西部の冷たい墓に横たわっています。

シデは、ちょっと笑う。彼女はいう。

シデ:あの・・・あなたの文章を使用している以上、日本の秘密警察に、苦しめられそうなことを、あまり発言しないし、しないわけだから、言うけど、アメリカの、ロッキー山脈の、北東の方に、おそらくは、アメリカで生産された、核燃料のゴミが、うめたてられている、地区が、あるはずなんだけど、こういうことすると、アメリカの国土が、多少広いとはいっても、最終的には、誰も住めなくなるから、やめさせた方がいいよ。海に帰る気なの? 地上を汚染しつくして。

海洋汚染だけなら、どうにかなる。イルカが死ぬ程度ですむ。日本人が、漁業できなくなる程度ですむ。地上を汚染したら、どうしようもなくなる。まだ、核燃料を、海に捨てる方が、ましに思える。

権利に関して思うのは、権利を行使しない場合がある。禁止されているか、別にして。例えば、ニュースを見たとき、コーカソイドのカナダ人の女が、先住民族系の人種の、カナダ人の女を、かなり殴ってから、彼女の車のボンネットに、登ったという、話しがあったが、このコーカソイドの女は、殴る権利や、ボンネットに乗る権利を、行使したわけだけど、結果的に、釈放されている。

結果的に釈放されるか、いかんに、限らず、日本人の中には、男女双方、ボンネットに乗るやつは、いないんじゃないかと思う。つまり、これは、ボンネットに乗る権利を、行使してないわけだが、つまり、まず、ボンネットに乗る権利を行使してから、そのあと、釈放される権利が、適用されていると言える。別に日本人でも、ボンネットに乗っても、釈放されるのではないかと思う。何故そうしないのか? これは、別に、逮捕されるのを、怖がっているわけではない。おそらく、ボンネットに乗っただけなら、釈放されるだろう。だから、権利をそもそも、行使しない例が多い。

今からバレットが世界のために計画を立てたその日までに、やらなければならないことがたくさんあります。

シデ:ちょうどいま、ロシアとウクライナが、戦争している状態で、原文はアップロードされている。という理由で・・・アメリカは、ロシアの氾濫を抑えるために、必要な存在だという意味を、含意できる状況である。つまり、アメリカの国防は、世界のためになるという、論法。

午後 11 時近くになり、バージニア州ラングレー郊外のタッカーマン ロードハウスで、リアム グレイが温かいロースト ビーフ サンドイッチ、自家製フライド ポテト、サム アダムスのドラフト ビールを仕上げていると、バーの反対側で見覚えのある顔を見つけました。今朝の大統領との会談から 16 時間近くが経過しましたが、彼はまだ神経質で警戒していると感じています。彼はマホガニーのバーに 10 ドル札を 3 枚落とし、ビールを手に取り、そこにいる女性が同じように感じているかどうかを確認します。

ノア・ヒメルは彼が近づいてくるのを見て、敬礼で透明な液体の入ったグラスを持ち上げ、ジェスチャーを返します. 彼女はブルー ジーンズと無地のグレーのスウェットシャツを着ており、彼が近づくと、顧客の騒音に身を乗り出し、「どこかプライベートな場所を見つけたいですか?」と言いました。

ノア:どこか、プライベートな場所を、見つけたいですか?
リアン:そうですね、そんな場所があれば。
シデ:移動するのか。最初から、そこにいけばよかったのに。

スウェットシャツ:地味な、長袖のTシャツ。画像検索の結果。

シデ:ノアさんは、服装にこだわるタイプではない。わたしは、えーっと、服装をバカにされたので、もらった金の力で、武装した経験があるけど。

ただ、なんとなくわたしは、リュックよりも、持つカバンの方がスキ。

まあしかし、CIAだからかもしれない。ブランド服装にこだわるCIAいやだ。

ノアは彼女の飲み物を手に取り、居酒屋の後ろに彼女を操縦します. このロードハウスは、ほとんどの観光客にとって人里離れた場所にあり、国防総省の軍人や民間人だけでなく、庁で働く人々に人気のある時間外の目的地です. 農場でリアムを指導したベテランの 1 人は、何十年も前に、非番の労働者が会社のストラップを首にかけ、バッジをシャツのポケットに隠してバーに行っていたという話をしました。あなたの本当の職業を隠す方法ですが、あなたの重要性を静かに示しています。

シデ:ん? 会社のストラップを、クビにかけていたら、バッジだけ隠しても、意味ないのでは?

これは冷戦時代にはおそらくクールなことだったが、1993年にテロリストが国道123号線で待っていた車の列をCIA本部に向けて発砲し、CIA職員2人を殺害し、他の3人を負傷させた時以来、規則は変わっていた。

ノアは、半分空のグラスとくしゃくしゃのナプキンで雑然とした角のテーブルを見つけました。彼女は壁に背を向けて座り、彼も同じことをします。

シデ:なるほど。以前のCIAは、CIAらしい格好をしていたが、殺されて いらい、一般人の格好をはじめたのか。

シデも、そういう約束なので、ラフな格好をしており、彼女は、今回は、Tシャツに、ジャージの短パンをはいているだけ。ブラジャーは、スポーツブラ。ブラジャーつけてないと、殴られるらしいので。

ノア:うーん、なに?(彼女は鋭く言います。)あなたは今朝とてもおしゃべりだったので、最初に行かせてあげようと思いました。あなたは突然いつも恥ずかしがり屋ですか?

リアムはビールを一口飲む。"なんて言うか?" 彼は訓練と本能から人前で会話する方法を知っており、機密情報を漏らすことなく群衆をチェックします。

リアム:ボスは良い点を挙げた。私は彼が言わなければならなかったことが好きだった。あなた…あなたは、彼が再教育キャンプか何かを設定しようとしているように聞こえました。
シデ:隠語を使用するわけか。

シデは、暴露している気がする。

シデ:気をつける。

ノアは顔をしかめ、グラスの縁に指を走らせる。

ノア:実際に仕事を始めた最初の日を覚えていますか? バブルで?私たちは憲法を守ることを誓いました。合衆国の大統領ではない。
シデ:ん?

シデは考える。アメリカの大統領じゃないなら、別の国の大統領だろうけど、まあ、日本とか、中国みたいに、大統領制じゃない、外国のリーダーも、含む可能性はある。

リアム:彼はそれを合法化しています。私にはそれで十分です。
ノア:彼はそれを伸ばしています、そしてあなたはそれを知っています。
リアム:ここには私たち二人が影響を与え、重要なところで悪者を本当に攻撃する機会があります。
シデ:はい。

おそらく、ここに敵がいるって意味だろう。

ノア:それで、私たちは軍隊にいるふりをして、スマートに敬礼して、あの丘を登ってみませんか?
リアム:いいえ、代理店の従業員として、私たちは『はい、サー』と言って、彼の指示に従います。エージェンシーは大統領のために働く。私はそれについて問題はありません。

そもそも、リアムと、ノアは、なにか別の情報を、ホワイトハウス以降に、得たんだろうか。

ノアは黙っている。リアムは、居酒屋の四角い酒場のテーブルの周りに群がり、小さなグループで話し、たくさんの笑顔や笑い声を見ているだけでなく、静かな人たちも見ている公務員や請負業者の顔を捉えています。彼らは幽霊のような目をしていて、海外から帰ってきたばかりで新鮮な血まみれの思い出を持っているか、オフィスを離れたばかりで、迫り来る致命的な脅威の重荷がまだ心に残っています.

ただ、わたしが思うのは、暗号使うの面倒(無理)なので、森の中で会話すればどうだろうと、いうこと。

森に行きたくないのだろう。

リアム:昨年、私は中東にいました。内戦中の国。物事を見守る。私たちが観察していたこの家に興味のある数人が迷い込んだ。私たちの顔認識ソフトウェアを使用してそれらをチェックしました... 2つの堅実なヒット… 興味のある人. 長い歴史がありますよね?私たちは言葉を送ったところ、言葉が戻ってきました。放っておけ。交渉はデリケートな段階にあった。彼らは後で去り、彼らは…いくつかの責任を負いました。致命的で恐ろしいもの。

ほっておけとは言っている。

彼はビールを飲み干します。

リアム:あのね?交渉は常にデリケートな段階にあります。ねじ込め。そして、もしあなたがその仕事を引き受けたくないのなら、ノア、やめなさい。素晴らしいプロフェッショナリズムと熱意をもって、それを行うつもりです。

ねじこめ、やめなさい、おこなうつもり。が、気になった。つまり・・・やめろだろうか。

彼女は飲み物を手に取り、それを下げます。

ノア:先走るなよ、リアム。
リアム:私だとは思わなかった。
ノア:6 ~ 7 か月前、私はケンブリッジにいました。
リアム:こっちですか、あちらですか?
ノア:ここにあるもの。

大爆笑でノアは一瞬立ち止まり、静かになる。

リアム:彼らは市議会にいたのですか?

ケンブリッジという地名は、いくつかある。ここにあるものだから、アメリカのケンブリッジになる。

一瞬、ノアが笑顔を浮かべているように見える。

ノア:いえ、夫婦チームで、隣人は別の夫婦チームでした。彼らは皆、国道 128 号線沿いにあるさまざまな防衛会社で仕事をしていました。3年…信じられますか?3年間… いつそれらを取り出す予定ですか?と尋ねました。FBIの男はただ私を笑った. 「決して」と彼は言った。彼らは銀行にあるお金です。私たちは彼らを幸せに保ち、彼らに仕事をさせます、そしてあなた方の誰かが海外で捕らえられた時が来たら、私たちは彼らを交換のために使用します.

国道128が、どこかわからないが、ここが大事らしい。防衛仕事。3年。取り出す予定。尋ねる。FBIただ笑う、決して。幸せ仕事、ときがきたら、交換使用。

おそらく・・・3年間の間、128号線を、防衛するけど、任務を交代する。多分間違っている。

リアムは黙っていて、彼女がもっと言いたがっているのを察知した。彼女はそうします。

ノア:分かった?(彼女が言います。)いつの日かポーカー チップとして使用される可能性があるという理由だけで、4 人のスパイに最先端の軍事技術開発を盗ませていました。その間、敵は高度なターゲティング技術、ソフトウェア、兵器システムの回路図を煩わされることなく取得します。彼らが毎日、毎週、毎月行っているダメージについて、私たちは今のことを考えていませんでした. 繰り返しになりますが、私たちは将来の目標の可能性のために吸盤でプレーされていました。

ノアは飲み物を飲み干し、調べるようにグラスを持ち上げる。

ノア:私、これを断る?世界にチャンスはありません。明確な目で、報酬と起こりうるリスクを理解した上で入りたいだけです。本当のことを言うと、バレットに選ばれるのが好きなの。

リアムは空の酒場のマグカップを手に取り、ノアの空のグラスにチャリンと音を立てた。

リアム:私も。上司から狩猟免許を取得したところです。狩りに行こう。

ノアはカチャカチャと返し、グラスを置いた。

ノア:そうだ、狩りに行こう。でも覚えておいてね、リアム。
リアム:あれは何でしょう?
ノア:近日中に、ゲーム監視員が私たちが何をしているかを発見するでしょう。そして、支払うべき地獄があるでしょう.
シデ:ふむ。

サンクトペテルブルク、ロシア バージニア州ラングレー郊外のタッカーマン ロードハウスでの深夜の会議から 2 週間後、リアム グレイは、装甲ドアのある平屋建てのコンクリートの建物から数メートル離れた場所に駐車されたオレンジと白のバンの助手席に座っています。サンクトペテルブルクのすぐ外にあるオフィスパークの狭い窓。

運転席で彼の隣に座っているのは、CIAの特殊活動部門のオペレーターであり、陸軍のデルタフォースの元メンバーであるボイドモリスです。スリムでブロンドの髪に愛嬌のある笑顔で、強風で倒れそうな顔をしているが、リアムは現場での経験から、その細い体と甘い笑顔の裏に彼がどれほど苦労しているかを知っている.

4 月の穏やかな晴れた日で、近くの E-20 高速道路に沿って車がうなり声を上げています。景観は平坦で、この静かな外観のオフィス パークを取り囲むブラシや松の木がたくさんあります。80 年以上前、ドイツ軍の部隊が近くのサンクトペテルブルク (当時はレニングラードとして知られていた) に向かう途中で、この同じ道を駆け抜け、都市を征服するか餓死させ、何百万人もの人々を殺そうとしたとは信じがたいことです。

彼はまた、彼らがどれほど孤独であるかについても考えています。陸軍では、通信、緊急時対応計画、空軍およびその他の空挺資産が 1 つの無線メッセージの距離にあり、トラブルが発生した場合にお尻を救うことができました。もちろん、彼が代理店に入社したとき、それはすべて変わりましたが、ほとんどの場合、アウトがありました. あなたは外交上の何らかの形で保護されていたか、捕らえられた場合、将来のスパイスワップで最終的に取引される場所にいました.

彼らは一人で敵の領土にいて、地平線上に騎兵隊がなく、彼らを救出するために乗船する準備ができていました。
リアムは席に着く。大統領は彼にここに来るよう命じた、それで十分だ。

ボイド:非常に重要なものがスティックの真ん中に突き出ていて、かみそりのワイヤーも見張り塔もないのはおかしい。
リアム:目立たないところに隠れています。

ボイドはニヤリと笑う。

ボイド:ねえ、会社の仲間は商売の裏技を全部知ってるでしょ?
シデ:会社のことは、あなたたちの敵の会社か、あるいは、CIAのこと程度に思っておく。

彼らの目の前にある印象的でないコンクリート構造物には、スクラップ置き場、ガソリンスタンド、他の 3 つの倉庫、そしてサンクトペテルブルク交通システムからの古い緑と白のアフトバス車両 (タイヤがなくなっている) の列に隣接して、GRU によって運営されている施設があります。ロシアの軍事情報機関。

その建物内の軍人は、GRU の第 12 総局に所属し、情報戦争と、10 年以上にわたるサイバー攻撃とニュース ボットによる嘘と偽情報の拡散を担当しています。

リアムは、ロシアとの国境から 10 マイル足らず、サンクトペテルブルクから車で 2 時間ほど離れたフィンランドのイマトラにあるエージェンシーの隠れ家で、昨夜乗組員に語ったことを思い出します。
リアムによると、その建物にいる軍人は皆血に染まっているとのことです。彼らは、気が向いたときはいつでもインターネットを不自由にする先頭に立ち、政府の戦略的目標を達成するために、インターネットへの投稿が部族や民族の浄化を助長し、何万人もの罪のない人々の死をもたらしました。

シデ:まあ、あなたたちは、CIAなので、民衆を操ることができるのかもしれないし、ほかの、情報機関も、そうなのかもしれない。

彼は時計をチェックします。時間。

リアム:(彼は後ろで)トミー、仕事をしろ!(と呼びかけた。)
トミー:ロジャー・ザット。

後部から男性の声が聞こえ、後ろの貨物スペースは張り詰めた黒いカーテンで隠されている.

トミー:やった、その建物に出入りする電話サービスはなく、電子ドアロックは無効になっており、監視機器も同様です。
シデ:どっかに入るんだね。少なくても、電子ロックが存在する建物に。サンクトペテルブルクに来ているんだっけか。サンクトペテルブルクは、たしか、ウラジーミル・プーチンの、故郷だった気がする。サンクトペテルブルクに、何かCIAの敵に該当するような、敵の諜報機関があるって設定だろうけど、実際はどうなんだろう。

トミーは、バンのエンジンを始動し、ドライブにシフトし、GRU 設備の正面駐車場まで約 100 ヤード (約 100 ヤード) スピードを上げます。ボイドはバンをできるだけ正面玄関の近くに駐車します。彼は出て行き、リアムも出ます。

冷静に、しかし効率的に働きながら、ボイドがロックを解除するバンの後部に行きます。彼は二輪の台車を取り出し、リアムの助けを借りて、バンの後部にあるものは無視して、黒い硬質プラスチックのコンテナを 3 つ積み込みました。ボイドは荷を積んだ台車を狭いコンクリートの小道に押し上げ、リアムは彼に加わり、船積み書類がいくつか留められたクリップボードを持っています。

彼とボイドは、ロシア最大の国内運送業者であるTNTエクスプレスの作業服をマークする、黒い裾とオレンジ色の肩を持つ黒いズボンと短いジャケットを身に着けている. 頭にはオレンジと白の TNT ロゴが付いた黒い野球帽がかぶっており、バンも同じ TNT ロゴで塗装されています。

TNT Express

TNT Expressは、オランダのホーフドロープに本社を置く国際宅配便会社です。名前の由来となったThomas Nationwide Transportの祖父の会社は、1946 年に南オーストラリア州アデレードで1 台のトラックから始まりました。

原作者は、わざと、このオランダの会社と、名前をかぶせたのか、それとも、たまたま、被っただけなのか、わからないが、しかし、ロシアの企業の、TNTエクスプレスは、実在しない。おそらく。

ジャケットの下には弾道ベストがあり、TNT ドレス コードの典型的な部分ではありません。ボイドが立ち止まり、リアムがクリップボードを手に上ってドアベルを鳴らす。もう一度。

ボイド:彼らはそこに気を取られているに違いない。
リアム:きっとあなたの言う通りよ。(とリアムは金属製のドアをこぶしで叩きながら言い、ロ​​シア語で)ねえ、誰か入ってる?(と呼びかけた)
シデ:なにをやっているのか、あまり状況が見えてこない。

ところで、スラブ人のコーカソイドと、西洋人のコーカソイドだと、人種(Y染色体)が、違うらしい。実際、ちょっと、プーチン大統領などの顔は、西洋人の顔とは、違うような気がする。スラブ人の方が新しい。これは、スラブ人の方が、あとから、インドヨーロッパ語族のゲンキョウから、移動したからじゃないかと思っている。

なにがいいたいかというと、ロシア人に、変装していても、バレるんじゃないかと思えるが、まあ、シデなんか、素では確実にバレるので、特殊メイクか、魔法を使っているのは、確実。

彼はボイドに目を向け、眉を上げ、突然ドアが開き、ジーンズと黒いタートルネックのシャツを着て、肩のホルスター、ピストル、そして怒った顔をした若い男が現れました。

若者:(彼はロシア語で、)道化師、住所を間違えた。
リアム:申し訳ございません。

彼はしばらく集中力を失い、リアムの肩越しに遠くにある別のしゃがんだ建物を指さし、リアムは隠されたウエストホルスターから9mmベレッタピストルを取り出し、彼の額を撃った.

シデ:死体増やすなよ・・・死体処理しなきゃならないじゃないか。

ベレッタ。緋弾のアリアで、キンジが使用していたが、未だに使用されているとは。イタリア製だっけか。

リアムが死んだグルーの男の体を脇に引きずると、ボイドは台車を押し込み、バンの後部が再び開きます。他の 4 人の男性も TNT Express の装備を身に着けており、武器を外して玄関に駆け寄った。それぞれに建物の四分円が割り当てられており、アメリカの諜報機関の一部である多くの 3 文字の機関のおかげで、建物のインテリアの完璧なレイアウトを持っています。

経験豊富な 4 人のオペレーターがボイドとリアムのそばで競争し、2 人が作業に取り掛かり、タイル張りの床にある硬質プラスチック製の保管容器を開けます。建物の内部から、くぐもった銃声、数回の叫び声、叫び声が聞こえ、2 分以内にオペレーターの 1 人である

フェリス ウォルトン:(がロビーに出てきて、次のように言います。)二人とも元気です。

なんかしらんけど、銃撃戦をしているんだろう。状況がわかりずらい。しかし、ただの、運送会社だったのではないのか? 殺したら、可哀想じゃないか。

リアムとボイドはそれぞれのプラスチック容器から、ストラップ付きの黒いかばんを取り出し、狭い廊下を進みます。ドアを開けると、机とコンピューター端末、GRU の死体が見えます。リアムは一瞥も惜しみません。

シデ:死体の証拠隠滅するのか、隠滅しないのか、選ぶべきに思える。隠滅する場合、もう・・・テレ朝みたいに、ルミノール反応でない段階まで、血液分解して拭き取らないと。

でも、銃撃戦している以上、隠す気ないのかもしれない。でも、なんで殺したのか、不可解。

彼にはやらなければならない仕事があり、それを成し遂げる時間はほとんどありません。別のオペレーターである

マイク・クーパー:(は、彼が開いたままにしている重い金属製のドアから彼らを振ります。)ここではすべてクリアです、皆さん。
シデ:クリアなのか。何故かクリアしてしまった。

彼とボイドは、エアコンの効いた暗くて涼しい部屋に入る。金属製の棚に並べられた列では、コンピューター機器が赤と青のインジケーター ライトで点滅します。見渡す限り列が続いています。コンピューター端末の前の机の椅子に、黒髭をしっかりと整えた GRU の年配の男性が静かに座っており、目を開けており、額には血まみれの丸い穴が開いています。

シデ:ここは、運送会社なんだよね? 運送会社の、オペレータールーム?

そうじゃないのか。運送会社のフリをして、敵の諜報機関に潜入しているのか。

わたしは・・・ファンタジー脳なのは、前提だとしても、わたしなら、ここの職員を、殴るか捕まえるか、殺すかしてから、彼女に変装して、彼女のIDカードでも奪ってから、潜入しそうな気がするけど。まあ、実際は失敗しそうな気がする。魔法を駆使して変装しても。なんか、本人確認されて、バレル気がするんだよね。でも、フィクションなので・・・。

とにかく、オペレータールームっぽいところを、制圧するのが先決なんだろうね。ただ、オペレータールームって、占領されにくい位置にありそうなもんだけど。逆に。

アリムビ:ただ、アルジュナ、わたしは、基本的には、恋愛を支持している。

わたしは、飛び出した鉄砲玉だな。もう、戻れない。日本の小説には。

マルチェラは、よろめきながらもどり、生き物が近づいてきたので彼女の足につまずきました。彼女はお尻に倒れましたが、後退を止めませんでした。過呼吸で肺が燃えていました。生き物はオオカミのようなものでしたが…違います。彼女のいまいましい悪夢から引き抜かれたのは、巨大な動物と人間のハイブリッドでした。

木の太い幹が私の後退を止めたとき、彼女は叫び、反撃したかった。しかし、彼女はおびえ、動けず、この冷たい恐怖が私を襲いました。
彼女から 10 フィート離れたとき、それは止まり、日暮れの影がこの獣を覆いすぎました。その巨大な体と非人道的な頭が分かり、長い顔、鼻、鋭い歯、体全体を覆う毛皮が見えました。
そして、その子牛はオオカミのように曲がっていて、曲がっているように見えました。

近づいてきました。そのステップがどれほど強力であるかから地面が振動します。その物体は少なくとも7フィートの高さで、膨らんだ腕と黒い爪のついた前足のような手でなければなりませんでした。太くて毛むくじゃらの尻尾が前後に動いており、襲いかかってくる捕食者を連想させます。
なんてこった… その物は酔って興奮し、その足の間にぶら下がっていたものは巨大だった.

シデ:んー・・・。なんかエロい。これは、ホラーに入っている。

わたしは以前、クマではなく、ホモエルガスターと、性行為するような話しを、考えてたことがある。

ホモエルガスターは、毛はおそらく薄くて、身長は高くて、痩せていて、脳みその量は少ないが、腕脚が長いので、歩行移動には、長けていたとされている。赤道直下の存在なので、当然肌は黒かった。

「いいえ」マルチェラはささやき、首を横に振った。彼女は銃身のついた胸とオオカミのような顔に視線を向けました。
なんてこった。
それはオオカミのように見えましたが、マルチェラの心はささやきました。

「なんてこった」は、英語では、holy shitである。聖なるウンコらしい。

シデ:これは・・・人狼かも。クマではなく。

ホモエルガスターよりも、人狼の方が、格上なのかもしれない。たしかに、その方が、近親相姦を避けているし、人狼が、アホだという証拠はない。ホモエルガスターは一応、わたしよりも、アホとされている。ただ、セイカツの実際の知恵は、脳の容積量だけで、はかれるものではない。

マルチェラ:ああ神様。お願いします。私を傷つけないでください。(彼女の声はささやき声でした。彼女はその言葉を声に出して話したのかさえ確信が持てませんでした。)な、何ですか?(あまりにも近くにいたので、彼女が嗅いだのは、それにまとわりついたこの野生の香りだけでした。)

シデは、マルチェラが、人狼の前で、凍っているのを、石に座って、近くで眺めている。

ここにこの原始的な生き物がマルチェラに群がり、彼女に息を吹きかけました... 彼女にスペースを与えることを拒否しました。それは彼女を食べるつもりでした。彼女はそれを確信していました。他になぜここにあるのでしょうか?それは彼女にとって他にどのような目的がありますか?
違います。彼。この生き物は、彼が働いていたことを考えると、明らかに男性でした.

シデ:しかし・・・人狼って狼だから、基本的には、群れを作る性質がある。単品で出現するのなら、クマニンゲンにでも、設定する方が、いいと思える。あとは、トラニンゲンとか。クマは、集団生活している種類はない。猫の場合、ライオンの場合、集団生活している。クマが一番適当に思える。

マルチェラ:あなたを私のものにするのは私です。

マルチェラは首を横に振って、彼の胸に沿って私の爪を掻き集め、固く、その下の明確な筋肉を感じました. 彼は足をパチンと外し、彼女の手首、手のひら、指に巻きつけたので、彼に比べて非常に小さかったので、速かった.

シデ:クマと仲良くなった例を、きいたことがある。しかし、ニンゲンの男性と、メスのクマの関係だった。

悲鳴を上げて蹴り出し始めたので、この生存本能が高まっているのを感じましたが、彼に比べて、マルチェラは迷惑なブヨのようでした.

そして、彼がマルチェラの足首をつかもうとして彼女の手首を離し、彼女の足が彼の両足の間にあった巨大なものと接続するのを止めたとき、彼女は再び叫びました. しかし、今回は恐怖でした。身も凍るような恐怖。
彼は立ち上がって、彼女がじゃがいもの袋のように彼女を引きずり始めました。

追記しよう。人狼と言われているが、実際は、この男性は、クマに近い生物で、クマから進化した、クマニンゲンである。彼は、手先が器用で、じゃがいもの袋を持ち歩き、マルチェラを、じゃがいもの袋に詰め込んでから、袋の出口を、紐で縛った。

マルチェラは体をひねり、地面を引っ掻き、爪の下に土を掘りました。涙で視界がぼやけ、彼が彼女を持ち上げて肩越しに投げると、世界が一変しました。
胃が彼の肩につながった瞬間、風が吹き飛ばされ、彼女は彼の動きからバタバタと横たわっていました。
そして、彼はスピードを上げて走ったので、彼女は彼を覆っている長くて暗い毛皮をつかみ、手に負えないほどすすり泣きました。

男:安心してください、女性。すぐに、まったく別の理由で泣かせます。

マルチェラは死に慣れたと思った。
最初の痛み。どれだけ時間が経っても緩和されないように見えた胸の中心の恐ろしい痛み。

しかし、彼らが祖母の棺を地面に降ろすのを見ていると… 痛かったです。
全員が去った後もずっと墓地にとどまり、膝を胸まで引き上げ、腕を足に巻き付けて地面に座っていました。
マルチェラは祖母と親しかった。母が仕事をするのに適していなかったとき、彼女は私を育ててくれました。
ブランシェットはマルチェラに自転車の乗り方を教えてあげたし、生理になったときに初めてタンポンを買うのを手伝ってあげたり、何が起こっているのかわからなくて泣き出してしまったときにすべてを説明してくれました。

彼女は座って男の子について話し、運転の仕方を教えてくれ、宿題を毎晩手伝ってくれました。彼女が高校を卒業したとき、彼女は彼女がそこにいた唯一の家族でしたが、彼女は彼女が望んでいた唯一の家族でした.
すべての意図と目的において、彼女は彼女の母でした。
そして今、22歳の彼女は完全に、そして本当に一人ぼっちでした。

マルチェラ:そして、あなたの有名なチョコレート チップ クッキーの作り方を教えてくれた方法をいつも覚えています。毎回焼いてしまいますが。
シデ:それは作らないと思う。

シデは、バナナを食べる。

マルチェラ:しかし、本当のことをしましょう。私はそれを正しく理解することはありません。あなたがいつもしていたようではありません。祖母が私の前に立って、自分を落胆させたことを叱るのを想像して、私は静かに笑った。彼女は自分自身に対して決して否定的にならないでください、常に改善の余地があり、それが私たちが成長する方法であると私に言ったので、彼女の顔はさらにしわになりました.
シデ:うーん。しかしさ、あなたの母親のヒョウジョウが、どう変化しようと、わたしには、関係ない気がするんだけどなぁ・・・。

一人称小説は、こういう性質がありそう。なので、ここは、欧米人から身をひくことができる。インドネシア人の本を手元に持っている。これを使用する。

アルジュナは、ある時、女子とキスをしていた。カレの車の中で。シデは、助手席に乗っていた。そこへ、アルジュナの父親がやってきて、アルジュナに、扉を開くように言った。アルジュナは、車の外に出た。父親はアルジュナに言った。
父親:だらしないやつだ。あの女はだれだ?

シデも、車の外に出た。扉をしめた。

アルジュナ:恋人の一人だよ。
父親:では、他にも恋人がいるんだな?

カレは、アルジュナが今まで使用していた、カレの車を、アルジュナに使用禁止にした。シデは、父親に尋ねた。

シデ:あなたは、アルジュナが、浮気していることに、反対なんですね。

アルジュナの、父親の会社は、国営。

シデ:国営か・・・あまり国営はいいと思えないな。いや、日本の原発って、かなり国営なんだよ。国がかなり税金で援助しているからね。

アルジュナ:お父さんが、カレの車を、わたしに かしだし禁止 にしたので・・・友達と、ドライブにいけなくなった。
シデ:災難だったね。買わないの?
アルジュナ:買えるなら買っている。わたしは、お小遣いもらってない。
シデ:なるほど。

プトゥリ:お兄ちゃん、大丈夫? 車禁止されてしまったそうだけど。
アルジュナ:大丈夫じゃない。お前もお父さんも、死んでしまえばいいんだ。

父親があらわれる。彼は怒ったヒョウジョウをしている。アルジュナの話しを、聴いてた設定である。

シデ:アルジュナのお父さん。家族かはともかく、つい死んでしまえって言いたくなる程度は、わたしにもあります。
アルジュナ:お前なんか、くたばっちまえ!
シデ:怒りたくなる気持ちはわかるけど・・・アルジュナ、たかが車じゃん。しかも、お父さんの車なわけだし。お父さんから、全部貸し出されて、あなた自身の財産が、ないことに、気づいて、怒っているんだと思うけど、新約聖書では、アタマの中に、あなたの財産を積めとか、書かれている。わたしも頑張って、執筆している。

アルジュナも、カレの父親も、双方銃を持っているらしい。

アルジュナ:わたしの父親は、銃を持っているんだけど、怖くない。わたしだって、いざとなれば、カレを撃つ。
シデ:えーっと・・・お父さんが、どれくらい悪い人なのか、精査すべきに思える。

アルジュナ:車使用できないと、バスに乗ってしまうかもしれないけど、わたしは、バスが嫌い。何故かというと、バスに乗ると、庶民に会うんだけど、その庶民たちは、大抵、不幸そうな顔をしている。それを見るのがいや。
シデ:んー・・・あなたは、そういう意味もあって、お父さんに反発しているのかもね・・・国営はあまりよくない。

アルジュナ:なので、友達の方を、呼ぶことにする。

彼は、交番の電話を、使用させてもらって、カレの友達を呼び出す。シデは、あっけにとられる。彼は、そのあと、警官に、タバコを貰って、タバコを吸う。シデは、やっぱり、あっけにとられる。シデは思う。(インドネシア人って・・・なんか、ラフというか・・・まあ、日本人とも、コーカソイドとも、双方と異なるなぁ。)

インドネシア人や、オーストロネシア語族も、モンゴロイドの一種だろうが、日本人などは、インドネシア人への進化への、中途な状態で、切り離されたんだろう。ハプログループR、つまり、コーカソイドが、どこから生じたのか・・・。であるが、ハプログループKの段階から、モンゴロイド方面と、分岐していた気がする。

アルジュナは、どうやら、スティヨワティ、つまり、彼と、キスしていた女子と、電話するらしい。シデは頼む。

シデ:スティヨワティさんとの会話に、わたしも混ぜて欲しいので、チャット機能にしてほしい。

アルジュナはそうする。彼とスティヨワティは、会話をはじめる。

アルジュナ:ゆうべ、あなたとキスしていたのを、見られたので、父親に怒られた。
スティヨワティ:なんとなくそうだとは思っていたよ。わたしも追い出されたし。
アルジュナ:車は使用禁止にされた。これで、わたしの使用できる車は、なくなった。
スティヨワティ:そうか。それは残念だな。これで、あなたは、車内でわたしと、キスすることは、なくなったわけだ。しかし、なんであなたのお父さんは、わたしとあなたが、キスしているくらいで、怒ったんだろうな。あなたは結果的に、車を禁止されてしまった。おっと、わたしに、責任をなすりつけてもらっちゃ、困る。あなたから、もとめてきたんだからな。
アルジュナ:スティヨワティ、クレスナと一緒に、そちらに車で向かうから、待っていてくれ。

アルジュナは、警官たちに、元気よく、お礼をいってから、クレスナの車に乗る。シデは、後部座席に便乗する。

クレスナ:ではいこうか。主人。
アルジュナ:申し訳ないな。しかし・・・わたしが今後、車を一生父親に禁止されるとしたら、あなたは今後、一生わたしの、お抱え運転手になるだろう。

アルジュナは、わらいながら、クレスナの肩をたたいた。アルジュナは、スティヨワティの、家につくと、彼女を、家から連れ出して、車に乗せる。彼女は、シデの隣に座る。スティヨワティはいう。

スティヨワティ:ちょっと、アルジュナ。わたしは、お母さんに、出かけるってまだ言っていない。
アルジュナ:いや、わたしが交渉してくる。

彼は、車から出ていく。シデも様子を見にいく。スティヨワティは、大人しく、車内で待っている。

さて、アルジュナと、スティヨワティの母親は、会話をはじめる。

アルジュナ:すみません、おばさん。今からわたしたちは、クレスナの農場にいきます。スティヨワティも一緒にいきます。
母親:いいけど・・・スティヨワティは?
アルジュナ:もう車に乗ってますよ。
母親:そう。えーっと・・・よろしくね。

アルジュナは退室する。母親はいう。

母親:アルジュナは一応報告してくれたけど・・・本当はスティヨワティ本人に、報告して欲しいかも。
シデ:内容がずれたな。

シデも、車に戻る。しかし、アルジュナは、スティヨワティにキスしたいといって、シデと席を交換する。シデは、助手席に移動する。後ろで、スティヨワティとアルジュナは、揉めている。スティヨワティは、アルジュナに文句言っている。

わたしの、スティヨワティは、無理やり連れ出されたことには、怒ってない。

スティヨワティ:アルジュナ、こんなところで、キスしちゃ駄目。

アルジュナは、彼女に無理やりキスしようとしている。

クレスナ:おい、アルジュナ、なんというか・・・お前は、スティヨワティと、キスしていたせいで、車を奪われたんだろ? しばらく自粛すればどうだ?
シデ:おそらく、スティヨワティが嫌がっているんだから、やめるべきに思える。
アルジュナ:いつからお前ら、そんなに、行儀よくなったんだ?

クレスナは、安全運転を続けていたが、アルジュナは、彼にいう。

アルジュナ:クレスナ、随分おとなしい運転だな。
クレスナ:そんなに運転技術があるわけじゃないからな。依頼主を傷つけるわけにも、いかないだろう。

クレスナが、車をとめたとき、アルジュナは、スティヨワティに、キスをする。スティヨワティは、あたまが真っ白になる。アルジュナは、扉をあけて、出ていく。彼は、スティヨワティが、扉から出てくるのを、待っている。アルジュナはスティヨワティに言う。

アルジュナ:さあ、お嬢様。

アルジュナは、スティヨワティに、手をさしのべている。スティヨワティは、車から降りる。そして、クレスナの家のテラスに向かう。シデも、助手席から降りて、クレスナの家に向かう。彼女も着席する。そこには、クレスナやアルジュナの友人がたくさんいる。しかし、アルジュナと彼らは、口論になる。それから、クレスナと、アルジュナは、やりとりをする。

クレスナ:いや・・・悪かった。しかし・・・他人の浮いた話しは、したくなるんだ。わたしにそういう話題がないからかも、しれないな。

スティヨワティ:アルジュナ、あなたにキスをされたのは・・・そんなに悪い気分じゃなかったけど、その、なんというか、しすぎは、よくないと思うんだ。いや、アルジュナ、なんで怒ってるの? わたしは、怒ってないから、みんな、アルジュナを、責める必要は、ないんだ。

アルジュナは、新しい顔ぶれの女子に、声をかけた。しかし、彼女の彼氏は、彼女を、カレの車にかくした。

スティヨワティ:アルジュナ、なんというか・・・このハーレム男。

インドネシアって、どういう結婚制度になっているんだろう・・・?

アルジュナ:倫理の点数をたずねようと、思っただけだよ。
スティヨワティ:そう。
アルジュナ:あの、パルグナティの連れている女だけど、彼女の唇は、魅力的。キスしたい。
スティヨワティ:わたしじゃ足りないっての? いや、わたしが悪いわけじゃない。あなたが、ハーレム願望すぎるだけ。

アルジュナは、車の中で、パルグナティが連れていた、女子にかんして、クレスナに尋ねた。クレスナは、その女子の名前を、アングラエニと、答えた。

クレスナ:ただ、お前がもし、彼女に手を出したら、パルグナティはお前を殺すかもしれん。気をつけろ。
アルジュナ:そういう構造なのか。
スティヨワティ:もしそうなのなら、アルジュナは、わたしを愛するしか方法は残ってないわね。
アルジュナ:そうだな。

アルジュナは、スティヨワティにキスをする。

スティヨワティはその後、彼女の家に戻る。彼女は、部屋にいる。彼女は考えている。彼女は別に、アルジュナのことを、嫌いなわけではない。

もっとも、わたしは、あまりそういう表現を、していないが。

スティヨワティは、アルジュナはたしかに、女子によく声をかけるが、下心はないだろうと、予想しており、それに、仮にあるとしても、それは、彼女自身と、カレの関係とは、別の事だと考えている。

原作では、倫理と家庭科の単位の話しが出てくる。カルチャーギャップだな。

日本や岩手県には、そんな科目は存在しない。倫理なんか、破壊されているのが、日本だ。わたしはそう思っている。

日本の倫理なんて、共産主義者を、刑務所にぶちこんで、殺すのに使用されるだけの、方便に過ぎないだろう。

クソトランスユーラシア。

さて、そういう経緯で、スティヨワティは、倫理のことなんて、考えていない。しかし、インドネシア人は、イスラム教徒。彼女は、クルアーンを開く。

わたしは、かれらのこころのなかの、怨恨をのぞき、かれらのあしもとに、川をながす。かれらはいうであろう、わたしたちを、みちびかれた、アッラーを、たたえる。もし、アッラーの、お導きが、なかったら、わたしたちは、けっして、ただしく、みちびかれなかっただろう。主の使徒たちは、たしかに、真理を、つたえました。かれらは、呼びかけられる。これが、楽園。あなたがたは、行いのために、ここの、居住者と、なれたのである。

中国語などは、孤立語になっている。これは、膠着語日本語のように、語尾が、ゴチャゴチャ、全くしない言語。しかし、オーストロネシア語族は、孤立語ではなく、多分、屈折語だろう。アラビア語も、屈折語。

アルジュナは、バリ音楽の、カセットをきいている。

シデは、xenobioticを聴いており、これは、デスメタル。オーストラリア人。

アルジュナは、エロ本読んでいる。

シデは、アメリカ人が書いた、ジャンル:スリラーの、オンライン小説を見ながら、マスターベーションしている。

スティヨワティは、アルジュナが、エロ本を読んでいるのを知ったら、怒るだろう。

アルジュナは、しばらく、クレスナの家に、お泊りしている。両親は、アルジュナを、是認しつつも、あまり注意を払ってない。

思うのは、わたしみたいな、引きこもりニートは、どの文化圏に所属すれば、一番マシな、扱いを受けるんだろう。日本ではないのは、間違いない。チェコ人と、アメリカ人の間に、少し差があるように感じている。

まあいいや。とにかく、なんか、日本への憎しみは、現在噴出しているので、日本の経済力など、凋落して、インドネシアに負けてしまえばいいだろうと思う。実際はどうなることか。日本の構造には、欠陥が見られる。しかし、インドネシア人が、それを凌駕できない場合は、日本人に、恥をかかせることは、できない。インドネシアにも、インドネシアなりの、欠陥があるだろう。おそらく。

ただ、日本が凋落するより、インドネシアの経済力が、上昇して、日本人を倒せるのであれば、その方が前向きだけど、ただ、アメリカ国債の保有高で、日本がかなり持っているらしいので、それが大事だときいた覚えがある。日本が安定する場合に、これを凌駕できる存在は、少ない気がする。

クレスナの両親は、国王らしい。とにかく、上流階級の話しなんだな。インドネシアでは、共産主義者、撲滅運動が、アメリカの指導のもとに、展開され、相当の人が、殺されたことが、あるらしい。

そう、ノアは、コントラ事件をわたしに伝えたが、アメリカは、仲間を増やしたいためだけに、共産主義者を迫害していた。いまもしているかもしれない。

スティヨワティと、アルジュナは、学校で会う。スティヨワティは、アルジュナにいう「平安あれ。」アルジュナも、同じ返事をするが、それきりだった。

スティヨワティは、アルジュナに、声をかけてほしいと、思っているが、スティヨワティは、カノジョが、アルジュナに対し、なにを言うべきなのか、まず考えるべきに思える。

スティヨワティは、クレスナにいう。「クレスナ、アルジュナは、わたしに関し、なにか言っていた?」クレスナは答える。「いや・・・カレわたしの家に、いま宿泊してるんだけど、全然あなたの話しはしていない。」

スティヨワティ「そうか・・・捨てられてしまったのかな。」クレスナ「そういやさ、彼は最近、あなた以外の女と、付き合っているって言っていた。アリムビ。キスをしたらしい。」スティヨワティ「キスマめ。」

アルジュナは、アリムビと会話している。アルジュナは、アリムビに、カノジョとの、キスは、最高だったと告げた。アリムビは答える。

アリムビ:なるほど。しかしさ、キスに終始するのかい。

アルジュナは、アリムビの家に入る。アルジュナは、アリムビの母親に、挨拶する。アルジュナは、母親に言う「わたしは、アリムビさんが、わたしに捨てられないかと、怖がっていないか、心配しています。怖すぎて、泣いてしまうかもしれない。」

アリムビ:わたしはそんな程度では泣かない。
母親:アルジュナ? 捨てるな。そうとしか言いようがない。
アルジュナ:善処します。
母親:善処ってお前・・・。
アリムビ:いいんだお母さん。アルジュナみたいなやつでも、一度はわたしを、顧みてくれたんだ。

アルジュナは、アリムビの家から立ち去る。

彼は、母親のもとに戻り、カノジョと話す。アルジュナはいう「わたしは、橋の下で、寝泊まりしていた。このシャツは、浮浪者たちに送られたものを、わたしも受け取ったのだ。」

母親:ほう。アルジュナ、今日は家に入りなさい。休まないと。橋の下なんて、石ばっかりじゃないの。寝れてないんじゃないの? 布団で寝なさい。

プトゥリは、会話に乱入する。

プトゥリ:お兄さん。邪魔。あなたが帰ってくると、お母さんが、あなたにとられてしまう。出ていって。

アルジュナ:プトゥリ、調子に乗るなよ。お前なんか、わたしの父親の、私生児に過ぎないじゃないか。

プトゥリは笑う。

プトゥリ:仮にそうだとしよう。しかしさ、その場合、あなたもわたしにとって、わたしの父親の、私生児。平等に敵同士なわけだ。

母親:お前ら、わたしたち3人の顔を、見比べて、よく考えてみるんだな。あと・・・お前ら二人とも、うざいから、わたしは、血縁関係で、差別しないことにする。

場面変わる。

アングラエニは、アルジュナから、マンゴーの実を、送られている。この果実には、メッセージがかいてある。あいしていると、書かれている。アングラエニは思う。(アルジュナのやつ、一体何人の女に、あいしているって言っているんだ・・・? まあいい。彼だって、誰彼構わず、言っているわけじゃない。わたしは一応選ばれている。そうだな・・・差別しない、アルジュナは、博愛主義者。そういうみかたも、出来る。

いや、彼は一部の女しか取れない。であれば、博愛主義者には、結局なれない。一人の女しか、愛さない男と、カレの好みの女を、複数愛する男と、どっちが、選ばれなかったモノを、不幸にするんだろう・・・?)

アングラエニの家に、男子が数人 たずねてくる。彼らは、高級車を乗り回している。アングラエニは、彼らに尋ねる「いい車乗ってるじゃん。わたしでも知っている銘柄だな。」

彼らは、いい服装をしている。アングラエニも、カッコつけた服装しなきゃならないなとは、思った。

そのうちの一人が、パルグナディだった。パルグナディは、いい車に乗っていたので、カノジョは、パルグナディに乗車させてもらい、そこらへんを回って見てみた。パルグナディは、あまり、性的なアプローチや、身体的接触を、してくる男ではなかった。アングラエニは、パルグナディが、なにもしてこないので、カレを、運転手として、使用することにした。

アングラエニは、パルグナディに言った。「パルグナディ、あなたは何を考えているんだ? 本当はわたしに、さわりたいと思っているんだろう? じゃなきゃわざわざ、運転手をするわけがないからな。メリットがない。電気自動車は、どの程度開発がすすんでいるんだろうね。これはヨーロッパ製品みたいだが。」

パルグナディ:わたしはわたしの領分を守るだけ。
アングラエニ:どういう意味?
パルグナディ:あなたは、わたしを犬のように、扱えるだろう。

アリムビは、アルジュナと、久しぶりに、キスをした。アリムビはいう「この色男め・・・」

アルジュナ:冷静になれよ。アリムビ。
アリムビ:わたしは冷静。発情してはいるが・・・。
アルジュナ:わたしがもし、あんたを捨てたら、どうする気?
アリムビ:かまわない。理由を教えてやろうか? 恐れ多いから、言わないけど。捨てるくらいで、わたしを泣かせられると思うな。その程度で泣く女が、もし、普通のニンゲンだとするなら、わたしは不死者に近い。

しかし、アリムビはいう。

アリムビ:ただ、アルジュナ、わたしは、基本的には、恋愛を支持している。

買った本が、いっぱい溜まっている。でも、オンライン小説が、結構読めている。

逆に、子孫を残さないように、要求される社会はあるのか?

グーグル検索は、国を指定できる。インドネシアを指定してみた、online novelと、検索してみた。出てきた。

モンゴロイドって、小説書くの、コーカソイドよりも、得意なのか? インドネシア人は、書いている。日本人同様。

コーカソイドって、仕事しかしない生物なんだろうか。いや・・・ワットパッドのチェコ人は、あくまで、ワットパッドのチェコ人に、過ぎなくて、チェコは指定して検索していない。

レノとリリィがいる。元ネタは、インドネシア語で書かれている。名前は原作に準拠している。

日本人へのインターネット普及は、30%と信じている。インドネシア人に対しては、

インドネシアのインターネットユーザーは現在 1 億 7,540 万人に達し、普及率は 64% です。

日本より高い。インターネット普及すると、どういう効果あるかというと、わたしは、マスターベーションを神聖視している。仮に、わたしより、脳容積が大きい人でも、生涯非オナニストの場合、わたしよりも、低レベルな文学作業しか、できないだろうと、信じている。マスターベーションには、そういう意味がある。

インターネットを使用できると、アダルト動画が手に入る。性行為の動画。パンダに、性教育ビデオを見せて、こうをなすのなら、ニンゲンにも、同様の現象は、もっといえる。ニンゲンは、パンダ未満というのだろうか?

レノは、リリィの、服を脱がせようとしている。リリィは、ウェディングドレスをきている。何故か、シデは、それを、ベッドに座って、見ている。

リリィ:なにをしているの?
レノ:夫の義務。

レノは、リリィの、服を破く。シデはコメントする。

シデ:その服、破りやすく作っているだろ・・・。

レノは、リリィの服を破いて、カノジョの胸を露出させる。リリィは、毛布を引き上げて、胸を隠す。

レノは、タキシードを脱ぐ。シデは、簡素な格好・・・Tシャツと、短パンを穿いている。短パンは、スカート状である。ジャージではない。シデは、ちゃんと、ブラジャーをつけている。

シデ:そういやリリィは、ブラジャーつけてないの?

レノ:何故今更怖がる?
リリィ:わたしは、こんな結婚はのぞんでない。
レノ:あなたは、わたしをアーラと、結婚させないためだけに、わたしと結婚した。アーラ自体は、ピアニスト。おそらく、あなたは、アーラの、ピアニストとしての、活動を、阻害させないために、わたしの注意を、あなたに仕向けたんだろう。結構。
リリィ:そのとおりだ。わたしは、ピアニストではないからな。

リリィは、立ち上がる。カノジョは、何かはおる。カノジョはいう。

リリィ:あなたとの結婚を解消するように、チャンドラさんに言う。
レノ:駄目。
リリィ:いや、断る。わたしは娼婦のようには、扱われない。

場面変わる。

エルラが入室する。

エルラ:たしかに、レノは美形。
シデ:そうなのか。
リリィ:まあ、わたしは顔とかどうでもいいんだけどな。
シデ:あなたはなにが大事なんだ・・・?
リリィ:つまり、彼は私のソウルメイトではないということです。
シデ:はぁ。ソウルメイトか・・・ソウルイーターって知ってる? 日本の昔の漫画。魂の共鳴! たしか、武器職人と、魔武器が、魂の共鳴を引き起こすと、魔武器の力が、増幅されるらしい。

エルラ:そんなことで諦めないで、お姉ちゃん。あなたは彼の心のために戦わなければなりません。とにかく、レノについて何を知っていますか?彼をあなたに近づけるお手伝いができるかもしれません。
シデ:エルラ。なんというか、再会という、予定調和、虫唾走る響きなのか? いや・・・つまり、リリィは、一回レノを、ふって、カレを傷つけて、マウントポジションをとってから、最終的にカレを恋人にするってだけの展開なのか・・・?
リリィ:レノが何を考えているのか、そんなことはどうでもいい。わたしは、カレの好みのものを、沢山調べた。
シデ:わたしの観点からすると、あなたはおかしい。そんなことして、一体何になんのや?

リリィは、一旦、外国に出てから、そこの大学で、博士号を得た。カノジョはそれから、インドネシアに戻ってきて、就職した。

それはそれとして、シデは、リリィの部屋にいる。リリィは仕事から戻ってくる。そして、エルラが入ってくる。

リリィは、エルラの手をとり、カノジョの胸に当てる。カノジョはエルラにいう

リリィ:とてもドキドキしている。わたしの心臓が高鳴っているのが、聞こえますか? わたしの心臓は、レノに会うと、跳ね上がります。

シデは、レノを探すが、カレはどこにもいない。シデはいう。

シデ:いや、リリィお前・・・エルラに対し、心臓の鼓動高めているだけだろ・・・。ほぼそう断言しているよね? だって、レノどこにもいないじゃん・・・。

リリィ:話の流れを考えてみろ。まず、わたしは、レノとセックスしたくない。これは確定やな?
シデ:ああ。
リリィ:あとは、わたしは、エルラに、わたしの胸に、手を当てさせて、ドキドキする、そんな女や。
シデ:そのとおりやな。

エルラは、笑う。

エルラ:そうか。わたしのことが、スキか。しかし、わたしは、レノと結婚する予定や。
シデ:そうくるか。
エルラ:しかも、リリィ姉さんは、本物の、姉なんや。
シデ:レズ近親相姦は・・・別に問題無いな。子供出来るわけと違うし。
エルラ:しかし、わたしは、レノの方を重視する。
リリィ:ふざけるなよエルラ。わたしを選べ。
エルラ:アタマの片隅においておいてやろう。

両極のバランスを取る。イシュタルは、エレシュキガルと会ってからは、そういう女になった。

エルラ:あなたは、単純に、レノと性行為したくない。あなたは、単純に、わたしと性行為したい。わたしはとりあえず、レノを受け入れようと思う。
シデ:本当にいいのか? いきなり結婚なんかして。インドネシア人の事情がよくわからないが、結婚前の性交渉で、試すべきじゃないのか?

エルラ:シデ。みてみて。わたしの指輪。レノが買ってくれたんだ。
シデ:ふうん・・・レノは美形だとは聴いたが、金の方はどうなんだろうな。それが、プラスチックじゃないのなら、経済力もあるって意味か。

場面変わる。今回は、レノ、シデ、リリィがいる。エルラはいない。

リリィ:レノさん・・・聞きましたよ。わたしの姉妹と、ご結婚なさると。これで、わたしたちも、義兄弟姉妹に、なりますなぁ。
レノ:そうだね。よろしく。

リリィ:ちきしょー。レノの野郎・・・。
シデ:リリィ。しかしさ・・・まあ、百合とか、レズはいいとしよう。しかし、近親相姦は、ちょっとおかしいと思うよ・・・。いや、妹以外にも、興味持てよ。わたしとかさ!!

場面変わる。

エルラ:ママ、チャンドラおじさん、レノ、カイサンお姉ちゃん、ミランダお姉ちゃん…先に謝ります。でも、リノとの結婚は続けられない。昨夜、ニューヨーク最大級のクラシック音楽オーケストラのピアニストとして認められたというメールを受け取りました。それは私の長い間の夢であり、私はこれを 5 年間待っていましたが、彼らは私の履歴書とスキルを見たのです。
シデ:へー。あまり予想してなかったけど、まあ、リリィがレズビアンである以上、エルラも同じか。しかし、近親相姦するのか? いや・・・思想的には誤りだと思う。仮に子供が出来なくても。そういう理由で、わたしはインドネシア人を調べているんだ。

ただ、申命記に、近親相姦は誤りと書かれているだけであって、クルアーンにかかれているわけでは、ないと思うが。しかし、わたしは、これらを併用している。

レノ:あなたがピアニストになりたいなら、私はあなたを止めません。それで、それは私たちの結婚をキャンセルすることと何の関係がありますか?
エルラ:もちろんあります。契約開始から3年間は結婚できません。だから私はあなたとの結婚を続けることができません。三年待ってくれる?あなたが本当に結婚したいのは、あなたの兄弟とチャンドラおじさんの主張のために知っているからです。だから待ってないでよ、レノ
シデ:しかし、結婚をできない設定を作ったのは、原作者であるので、カノジョが、自由に捏造しただけの設定である。要するに、エルラは、心底、レノと結婚したくないだけと、考える方が正しい。

母親:エルラ!ママはピアニストになるためだけにあなたをニューヨークに行かせません。あなたはここに残り、レノと結婚します。ママを失望させないで。その夢は忘れろ!
シデ:エルラはまあ、ニューヨークにいって、愛人と遊びまくるんだろうな・・・おそらく。子供はつくらない。しかし、孤児院から、子供を引き取る可能性がある。そういう意味がある。子供自分で作らないタイプのニンゲンには。
エルラ:子供の頃から有名なピアニストになるように頼んだのは母自身でした。でも今、ママが忘れろって言ってるの!?(エルラは叫びました。)私は自分の決定に固執します。私はリノとの結婚を続けたくない。申し訳ありません。ピアニストになりたい!とにかく遅すぎることはありません。リリー姉も未婚で彼氏もいません。彼は私がレノと結婚する代わりになることができます!
シデ:なるほど、強固に、子孫を残す必要性を、要求されているということか。インドネシア人は、人口が多い。まあいいや、さっさとニューヨークに行ってくれ。しかし、リリィも、別にレノなんぞと、セックスしたいとは、これっぽっちも考えないであろうよ。

逆に、子孫を残さないように、要求される社会はあるのか? インドネシアはそうじゃない。チェコで失敗したが、こんどは、ポーランドを調べてみようと思う。

女は、シデの下唇を指で触る。

FC2駄目だわ。やめよう。投稿した時に、段落が、離反してしまう。つまり・・・ここは日本に戻ってみるかな。いや・・・。

戻ってみる。点数最高に高いのだけ利用していく。

シルバーと、イグナートは、戦っている。刀で戦っている。二人は、戦いをやめる。シデは、二人と相談する。イグナートは提案する。

イグナート:ほんじゃまあ、とりあえず、戦おう。
シデ:しかし・・・やっぱ点数高くても、駄目なんだな。スリップノットのいう通りだ。戦うだけ→駄目。なんで、誰も、マクロプロスの処方箋みたいな話し作んないんだよ。欧米人も、日本人も、インドネシア人も、中国人も、クソばっかだ。

ーーー

アンリケタ:若い時に結婚しておくべきだと思う。
シデ:若い時に、オナニストを開始しておくべきだと思う。結婚? わたしなんかと、誰も結婚してくれないんだよ。

アンリケタ:キメットの方が、わたしは好み。ペラはまあ・・・駄目だな。理由か。キメットは、自分の店を持っており、目端がきくし、セイカツ力がある。
シデ:わたしは、ない。でも、セイカツ力があれば、それですべて済むなんて、わたしの実感に違反している。それじゃ、律法なんて、なんの意味もなくなるじゃないか。

キメットと、ナタリアは、同居するらしい。二人の家を見せてもらった。二人は、ボロアパートの一室を借りているらしい。

シデ:しかし・・・このアパートは、レンガで出来ている。立派だと思う。防音効果もあるんじゃないのか? 木造とかとは違う。

建築労働者たちが、アパートを修理している。壁を崩したり、補強したりしている。瓦礫を運んでいる。

キメットは、また尻の話しをする。

シデ:くそ・・・わたしは尻見せたいぞ? でも、そんな恥ずかしい真似をするわけには・・・。

駄目だ。わたしが考えてみればそうだが、無料で公開されているものには、どれも値うちがない。カスミを食べて生きれる人たちが、羨ましい。

ーーー
なので、変態小説を、英語で検索してみた。これを使用する。

小屋に入る。女が出産している。子供が泣いている。助産婦がいる。女の夫がいる。子供は元気である。

作者は中国人らしいな。英語が出来る中国人だ。

シデは、白くて広い室内に入る。男と女がいる。二人は揉める。揉める内容が大事だと思う。わたしは何を大事にしているのだろうか。男は、女に、平手打ちをする。女は、紙飛行機のように、飛んでいく。カノジョは、壁に、受け身をとる。

ーーー
カスミを食べて、生きることにする。つまり、マクロプロスの処方箋みたいのは、カレルチャペック以外の人物には、誰も書くことが出来ないと判断しておく。

唯一の違いは 聖者と罪人の間にあるのは、すべての聖人には過去があり、そして、すべての罪人には未来があります。

シデ:聖人と罪人の違いがよくわからない。

ーーー
仕方ないから、マクロプロスの処方箋と、白い病の設定を、使用し続けることにしよう。

元帥は、ガチバトルすることに決めた。もはや、欧米人の間で、なにが正しいのか、よくわからない、理不尽な戦争が開始されている。

爆撃ヘリや、爆撃機や、戦闘爆撃機に、運転手や発砲手が乗って、離陸して、爆撃したり、他の飛行機を撃墜したりしている。

アメリカは、ヨーロッパや、南アメリカの各国に対し、飛行機をたくさん送って、たくさん爆撃させる。ヨーロッパ人も、殺し合ったり、アメリカに飛行機を飛ばし、爆撃させる。ロシア人は、ヨーロッパ人や、カナダ人に対し、ボコボコに爆撃する。基地は全部破壊する。民間人は攻撃しても、無意味なので、攻撃しない。

シデは、チェコにいる。チェコには、まだ、ガレーン博士が、生き残っている。シデは取り敢えず、ガレーンを、防空壕に連れていく。防空壕で、人々は、メシ食っている。防空壕の奥へいく。仮想シュミレーターの、飛行機の訓練所がある。このシュミレーター訓練で、うまくいった場合、本物にのって、撃手になる。ガレーンは、医療器具を受け取って、防空壕の地下で、白い病の患者の、治療にあたる。彼はいう。

ガレーン:アメリカの技術力。わたし以外のものが、白い病の治療薬を開発する可能性もある・・・白い病は、たしかに重病であるが、寿命を40歳までに、縮めるだけの効力しかない。

誰もわたしの提案など、ききはしないだろう。

シデ:とりあえず、貧しい人だけを、治療する方針を続けろと、わたしは言った。
ガレーン:そうだな。

元帥は、この地下施設を用意させていた。とにかく、いまのところ、元帥は、空襲、空爆、空爆、を、繰り返す方針であって、諸外国も、同様であった。

欧米人同士が、血みどろの争いをはじめたので、イスラエルはいま困っている。イスラエルは、確かに強いかもしれないが、イランなどに対し、経済封鎖するにつけても、欧米人のバックアップは必須。アメリカは、中国や、北朝鮮、日本などを、野放しにする。いまはとにかく、欧米人を殺すことが、先決。

シデは、尻を触られている女を、防空壕の地下で目撃する。なので、近くにいた、男の腕を引っ張って言う。「わたしの尻をさわれ。」

その女はいま、戦闘機のシュミレーション訓練を、訓練画面を使用して行っている。

男は、シデのスカートの中に、上から手をすべりこませ、カノジョの下着の中にも、手を入れて、カノジョの尻穴に、指を入れる。

シデ:申し訳ない。汚い尻で。
男:前の方も見せろよ。

彼は、シデの尻穴の中を、指でかきまわしている。

シデ:いいけど、ここじゃさすがにまずい。トイレにでもいこう。

シデは、男子トイレに入る。男は、シデを、水洗便所のボックスに、閉じ込める。男は、シデの胸を、服の上から揉む。彼は、シデに、後ろを向かせて、壁に対し、手をつかせる。男は、シデの、下着をずらして、それから、カレの勃起した生殖器を、シデの尻穴にねじこむ。彼は、かなり長いあいだ、シデと肛門性交してから、カノジョの尻穴の中で、射精する。シデは、下着をモトに戻す。男はいう。

男:いや、まだだ。生殖器の方でもやらせろ。
シデ:いいよ。

シデはもう一度、後ろをむく。彼は、もう一回、今度は、シデの腟内で、射精する。シデは、振り向いてから、下着を元に戻す。男は、トイレから出ていく。シデも、急いで、トイレから、モトの場所に戻る。

これ、R-18だろうなぁ・・・流石に。でも、原作はそういう指定されてないんだよ。

シデもとりあえず、爆撃ヘリのシュミレーターを受けてみる。敵のヘリが、機関砲を、発砲してくる。複数に囲まれている。

シデは、シュミレーターを一旦終えて、さっきの男の腕を、引っ張っていう。

シデ:ごめん男、でもわたしは、辛抱ならない、変態なんだ。尻穴に長いもの入れてくれ。
おとこ:わたしは、あなたの尻を、スキではないことを、確信しています。
シデ:うるさい。なんでもいいだろ。入るんなら。

男は考える。彼は言う。

男:対価を何か考えてみろ。
シデ:対価?

シデは考えてみる。

シデ:仮にあなたが、兵役につきたいなら、訓練クリアポイントを、分けてやるし、もし、ここでサボって寝ていたいのなら、わたしが代わりに戦場に出てやる。
男:いい答えだ。

シデは、代償として、尻を揉んで貰う。人々は、あまり気にしていない。メシ食べたり、雑談したり、自作ゲームしたり、筋トレしたり、戦闘機シュミレーターやっている。シデは、思わずいう。

シデ:みんな、見ていないから、ここでセックスしよう。
男:そこまでサービスする義理はない。もし、もっと上級のサービスを受けたいなら、もっとなにか対価を考えてみろ。

男はどっか行ってしまう。シデは、訓練機に戻る。

シデは今回、戦闘爆撃機みたいのに乗っている。やたら、回避行動を取らされる。機関砲を装備した、ヘリコプターが、たくさん襲ってくる。爆撃目標は、敵の軍事基地だが、チェコから、そう遠くない、どっかのヨーロッパの国となっている。

イスラム教徒たちは、この戦いに一切参加しておらず、インドヨーロッパ語族の、キリスト教徒だけ、激しく殺し合っている。

この、戦闘飛行機訓練機では、仲間からの、アナウンスが入る設定もある。なので、シデは、音を耳に聞こえるようにする、機械を、耳に装着して、訓練を行っている。また、仲間への、レスポンスをする、機能もある。なので、口元に、マイクがある。

ヘリコプターには、防弾性能を、強化されたものも、混ざっているらしい。ただ、シデの操縦飛行機に、弾丸を使い分ける性能が、あるのかわからない。わたしの予想だと、弾丸は一種類しかない。

おそらく、これらの飛行機には、乗組員を、複数要求するものがある。その場合、一つの飛行機を、複数人で、操縦する、シュミレーションも行う。今回、シデは、発砲する係になる。どれが一番適切なのか、試す必要がある。

一応、チェコの設定なので、飛行機は、わたしの想像力だと、全て、飛行場から、離陸している。

さて、シデは、実際の任務に投入されることになる。しかし、戦闘員ではない。カノジョは、山の頂上に、通信装置を、設立する役割を任されて、ヘリコプターで、機材を運んでから、頂上へ下山し、通信装置を、適切な場所に、組み立てて配備する役割を担った。他のメンバーと一緒に、設立する。仕事が終わって、しばらく待っていると、帰りのヘリが戻ってくる。メンバーは、ヘリに乗せられて、基地に戻る。地下施設である。地上の基地はもう、あらかた滅びている。滑走路などは、普段は、地面の裏側に、隠してあり、必要な時だけ、出現させて、使用するようにしてある。

シデは、地下の基地に戻ってセイカツしていたが、戦闘が沈静化したらしい。しかし、地上は焼け野原になっており、地上に戻す計画などを、元帥は考慮していないらしい。シデは、しばらく、戦闘機シュミレーターなどをやって、時間を潰していた。それに、考えてみれば、シデは、機械の組み立て訓練を受けていたので、組み立てできたのである。そういうギョウムもある。

シデは、たまたま、元帥の娘である、アネットに会う。アネットはシデにいう。

アネット:お前、風呂入れ。
シデ:忘れていた。どうやって入るんだ?

シデは、説明を受けてから、地下室にある、風呂場にいき、浴槽につかる。泡が出る洗剤があるので、それをいれて、泡を沢山だしてから、浴槽につかる。カノジョはアタマだけは、個別に洗っておく。ある程度髪の毛が長い。

風呂から出ると、以前、シデと、肛門性交した、男が、風呂に入ってくる。シデは、外にある、ソファーで、水を飲んで、くつろいでいる。男が出てくる。彼は、シデにいう。

男:クインシーって女がスキで、カノジョの膣に、わたしの生殖器を、ぶち込みたくて、たまらないんだが、クインシーは、わたしが嫌いなんだ。

彼は、シデの隣に座る。シデはいう。

シデ:わたしなら、両方の穴に入れさせてやるけど。
男:んー。お前を人種差別するとしておく、しかし、それがないとしても、わたしは、クインシーのこと以外、スキになれないんだ。
シデ:本当にそうか? わたしは、じぇねこ先生のこともスキだが、カレルチャペックのこともスキなんだ。二人スキだ。
男:つまり、クインシー以外にも、スキになれる相手が、見つかる可能性があるって意味だな? そう解釈しておこう。

男は、シデを、男子トイレに連れ込んで、個室に入れて、カノジョに、背後を向かせて、以前のように、肛門性交する。それから、膣内性交もする。彼は、シデにいう。

男:んー。クインシーを、ここまで道具みたいに、扱えたらなぁ・・・
シデ:でも、反抗する人だから、スキなんじゃないの?
男:ちなみに、尻穴では、圧搾が行われないが、位置的には、挿入しやすい気がする。

シデの方が、男よりも、かなり身長が低い。その為、尻穴の方が、膣より、上にあるので、都合がいいと、予測される。

この地下訓練所には、ご丁寧に、バーがある。シデが、バーを眺めていると、以前の男が、座って酒を飲んでいたので、カレの隣に座る。

シデが、男を観察していると、やってきた女、この女は、クインシーなんだけど、カノジョの、尻を、彼は凝視している。クインシーの、尻を、彼が見れる以上、クインシーは、彼に対し、背中を向けているといえる。カノジョは、男には来なかった。

カウンターでは、女が一人働いている。この女の頭髪は赤い。カノジョは、シデに言う。

女:この男のことを、ベッドに誘ったんだが、のってこなかったんだ。
シデ:それは残念。

シデ:男、わたしの穴だけじゃなくて、あなたの生殖器を、舐めたりもしたいな。
男:微妙だな。たしかに、わたしは快楽を得たい気持ちも強い。しかし、官能美も見たい可能性はある。

シデ:新しいプレイを思いついたんだ。ついてきて。

シデは、男の袖を引っ張る。

男:お前、わたし以外に友達作れよ。
シデ:いまはあなたでいい。

それに、この男は、一人でバーで飲む、孤独な男である。

シデは、男を、男子トイレに連れ込む、便座に座らせる。シデは、尻穴を湿らせてから、男のチャックをあけて、カレの下着の隙間から、カレの生殖器を取り出す。それから、いじりまわして、勃起させる。それから、カレのモモを、椅子のようにしつつ、カレの生殖器を、カノジョの尻穴に、入れるようにしつつ、座る。すると、奥まで、シデから言わせれば、長すぎる、カレの生殖器が、突き刺さる。

んー・・・身体構造がよくわからないし、わたし自身は、別に、尻穴に、異物を挿入した経験がないが・・・直腸と大腸は、名称がわかれている。直腸の壁に突き当たる場合、その壁は、骨格で形成されるのか、臓器で形成されるのか、どっちなのかと思う。骨なら安全だが、臓器に突き当たると、臓器が心配。

シデは、尻を振る。上下運動は難しい。

しかし、男は、シデの尻穴の奥地を、ついてくる。シデは叫ぶ。

シデ:痛い! 痛いのいい!

シデは、便器の上に、脚を乗せる。腰を浮かせる。男は、腰を突き出して、上下運動をする。

男は、シデの尻穴をつきながら、クインシーのことばかり、考えている。

ーーー

さて、シデは、女に声をかける。

シデ:わたしの身体でも、さわりませんか?
女:いいよ。わたしはどんな女にでも、セクハラできるたちだからね。

シデは、女を、女子便所に連れ込む。個室に入る。シデは、便器に座る。女はシデに、マッパになるように命じる。シデは、いままで着ていた服を、全部脱ぐ。女は、シデの身体に触れる。

女は、リボンを取り出して、シデのクビに巻く。

シデ:苦しい。
女:わたしは、サディストの側面もあるからね。

女は、シデの両腕を、トイレのパイプに、リボンで縛る。

シデ:完全に、SM。
女:お楽しみはこれから。

女は、シデにキスをする。カノジョはシデに言う。

女:積極的な女子よりも、気が弱いぐらいの、女の子の方がスキ。
シデ:そうなんだ。

シデは、縛られたまま答える。

女は、シデのウエストを握る。カノジョは言う。

女:最初に裸にさせたのは、いま思うと、間違いだったかもしれないな。

女は、シデの、両脚も、柱に各々縛り付ける。女は、シデの、腹部を撫でる。この女は、金髪。女は、また、シデにキスをして、シデの口の中に、カノジョの舌を入れてくる。

女は、シデの口内の味を確かめる。女は、シデの口から、口を離す。カノジョは、シデの脱いだ衣服を確かめる。女は、シデの、腰回りよりも、下の肉に、口を這わせる。

女は、シデの、胸の谷間の方へ、顔を移動させて、そちらを舐める。それから、シデの、乳房へと、口を移動させる。

女は、シデの、生殖器に、手をあてる。カノジョは、シデの、クリトリスを、探している。シデは、腰を突き出す。

シデは、女が、カノジョに何をするのか、見守っている。こういう機会でもないと、カノジョは自分の身体を、隅々まで、確認する機会がない。シデは、はにかんだヒョウジョウで、女を見ている。女は、シデの下唇を指で触る。

ジュニアは、麻縄を用意する。緊縛。

わたしは、元ネタによって、内容が変化するので、別段性的な話しばかりできるわけではない。R-15程度で関の山である。

しかし、白い病や、マクロプロスの処方箋の設定も、大事。

ローナンという、一見真面目そうな男がいる。彼は、シデと性行為しようなんて、思わなそうな雰囲気がある。彼は、シデに、食料事情を改善するために、地上にいく必要があるような、話しをする。

ローナンは、他にも、単純に、元帥の命令に従い、カレの方針で戦争するだけではなく、他の戦術も展開していく必要があると、主張しつつ、カレの妻の話しをして、シデに、自慢した。シデは思わずいう。

シデ:わたしの胸を揉め。

ローナンは、鼻で笑ってから、ビールを飲む。シデたちは、バーにいる。

ローナンは、具体的には、工作員・暗殺部隊、みたいのを、結成したいと言っている。元帥は、そういう方針ではない。

しかし、ローナンは、内向きな思想の男であって、この小さな、防空壕内を、監視するための、秘密警察を組織する必要があると、シデに告げる。

シデ:この内ゲバ野郎・・・。

シデは、ローナンにムカつき、さらに、カレを、つまらない男だと判断したので、ローナンから離れる。

シデは、ジュニアという男を見つける。ソファーに座ってはなす。

ジュニア:おしっこ漏れそう。
シデ:わた、それは・・・わたしに、おしっこ飲ませたいって意味なのかっ?
ジュニア:へー。おもしろいね。

シデは、ジュニアを連れて、男子便所に入る。便所大活躍。個室に入る。シデは、ジュニアを、便座の前に立たせてから、カレに、ペニス取り出すように、要求する。カレは、取り出す。勃起はしていない。シデは、カレのペニスを、口に含む。そして、カレにアイズする。ジュニアは、シデの喉の奥に、放尿する。シデは、必死に飲む。

ところで、実際に小便飲むと、喉がかわく気がする。浄化したいのだろう。つまり、身体に悪い。

ジュニアは、シデの口内から、ペニスを引き抜いてから、ズボンに戻す。彼はチャックをしめる。彼は、シデのさほど大きくない胸にでも、興味があると告げる。シデと、ジュニアは、位置を入れ替える。シデは、便器に座る。ジュニアは、シデの胸を、凝視する。シデは、胸が小さいので、カノジョのシャツを引っ張って、胸を浮き出させる。ジュニアはシデにいう。

ジュニア:わたしは、怪我している女萌えでもある。萌えさせろ。
シデ:そんな危険な真似できない。
ジュニア:わたしは、その野望を実現するために、元帥にかけあって、格闘訓練施設を、解放してもらった。いくぞ。ボコってやる。
シデ:駄目だ。そんなことしちゃ。
ジュニア:わたしの役にたたないのか?

ジュニアは、悲しそうな顔を作って、悲しそうな態度を取る。

シデ:普通にやろう?

ジュニア:シデ、出血してくれ。
シデ:いまは無理。

月経(げっけい、英: menstruation)は、性成熟したヒトの女性および高等霊長類のメスにおいて、子宮内膜(子宮壁の最内層)が周期的に剥離・脱落する際に生じる生理的出血である。思春期に始まり(初経)、個人差はあるが、閉経時期までの間におよそ28日周期で起こり、通常3~7日間続く(正常月経周期:25日から38日)。

情報源間の定義にはいくつかの不一致がありますが、月経は一般的に霊長類に限定されていると考えられています. サル類(旧世界ザル、新世界ザル、および類人猿) では 一般的ですが、ストレプシリン霊長類では完全に欠如しており、メガネザルにはおそらくわずかに存在します。霊長類を超えて、それはコウモリ、象トガリネズミでのみ知られています、およびとげのあるマウス種Acomys cahirinus。

胎盤哺乳類の他の種の雌は、生殖周期の終わりに子宮内膜が動物によって完全に再吸収される発情周期を経験します (隠れ月経) 。多くの動物学者は、これを「真の」月経周期とは異なると考えています。繁殖に使用される雌の家畜(犬、豚、牛、馬など)は、動物が受精の準備ができていることを示す発情周期期間の身体的兆候について監視されます。

子宮内膜は、哺乳動物の子宮の粘膜とともに内側の上皮層です。基底層と機能層があります。基底層には、機能層を再生する幹細胞が含まれています。機能層は厚くなり、ヒトや類人猿、旧世界ザル、コウモリの一部の種、ゾウトガリネズミ、カイロとげのあるマウスなどの他の哺乳動物の月経中に脱落します。他のほとんどの哺乳動物では、子宮内膜は発情周期で再吸収されます。

ジュニア:そうか。

彼は残念そうにする。ジュニアはいう。

ジュニア:では、金を出すから、お前の生殖器をよこせ。
シデ:いいよ。

シデは、500円受け取る。チェコという設定だが、面倒なので、円で換算する。

チェコの通貨は、チェココルナ。

大きなパンは150円くらい、豚肉の塊が一キロ650円くらい、卵は10個で125円くらいです:チェコ。

日本の場合、卵は、200円程度だろうか。チェコの方が物価が安い。吉野家の牛丼は、約400円。チェコの場合、これが、単純計算で、250円になると思われる。

シデ:牛丼が、二杯食べれる。

ジュニア:娼婦になれ。
シデ:ちんこ舐める。
ジュニア:いや・・・それよりも、おまえの生殖器を渡せ。

モンゴロイドたちは、小説を重視している。これはこれでいいと思っている。コーカソイドたちは、軽視している。コーカソイドたちは、わたしが、植物を栽培したり、ジャイアントミルワームを育てたりして、その観察記録を、日記にしたためて、提出する方が、評価してくれると思う。

ただ、小説家になろうに、クモの観察記録を、書いている人がいたけど。

ジュニアは、シデに説明する。

ジュニア:わたしは、おっぱいと、尻を重視している。

シデは、便座に座っているが、やはり、シャツの下を引っ張って、胸を浮き出させる。

シデ:これでどう?
ジュニア:よし、では次は、後ろを向け。

シデは、壁に手をついて、ジュニアにむけて、尻を突き出す。シデは、ハーフパンツをはいている。これは、スカート形状。ジュニアはまず、シデのスカートをめくって、下着を露出させる。それから、彼は、シデの尻を、たたく。いい音がなる。それから、彼は、シデの下着に、指をすべりこませて、カノジョの尻の肉をかきわける。彼は、シデの、生殖器の入り口のあたりの、肉を、指でなぞる。

ジュニア:血がみたい。
シデ:駄目。乱暴は。

ジュニアは、シデの腟内を、執拗に、指でかきまわす。

アイルランド人は、ケルト人だっけか。

ケルト語派(ケルトごは)は、インド・ヨーロッパ語族の語派の一つ。ケントゥム語に属す。イタリック語派とはいくつかの共通点があり、また語彙の点でゲルマン語派との一致も見られる。

ケントゥム語とサテム語は系統の違いを表すものではなく、このような音変化はそれぞれの言語で独立に起きたと考えられる意見もある。とくにスラヴ語派とバルト語派はどちらもサテム語派に属するものの、同時にケントゥム語派の音声的特徴も残しており、またこのスラヴ語派とバルト語派は文法的にはゲルマン語派(ケントゥム語派に属する)との間で明確な共通性があるため、スラヴ語派、バルト語派、ゲルマン語派の3つの言語の共通祖語(インド・ヨーロッパ祖語の北西語群)を想定する学説も有力となってきている。

インド・ヨーロッパ語族に属する諸言語話者を特徴づける遺伝子はハプログループR1b (Y染色体)およびハプログループR1a (Y染色体) であるが、R1bはヨーロッパ西部やアナトリア、ウイグル(旧トカラ語分布域)などケントゥム語話者に高頻度で、R1aはバルト・スラブ語派やインド・イラン語派などサテム語話者に高頻度である。

印欧祖語が話されたヤムナ文化の人骨からはハプログループR1b (Y染色体)が91.5%の高頻度で検出されているが、R1aは検出されていない。そのため、元来の印欧語族話者はケントゥム語を話すR1b集団であり、ある時点でR1a集団が新たに印欧語に言語交替を起したものと考えられ、その際にR1a集団の基層言語の特徴がサテム語の特徴として受け継がれたものと思われる。

ヤムナ文化(ヤムナぶんか、英語:Yamna culture、もしくはヤームナヤ文化、竪穴墓文化、黄土墓文化とも)は、紀元前3600年ごろから紀元前2200年ごろにかけてドナウ川とウラル山脈の間の広大な地域にわたって存在した、銅器時代の文化圏。中心地はウクライナ。

基本語順はVSO。例えば、Chonaic mé é. 私は彼を見た。という文は「見た・私は・彼を」という順で構成されている:アイルランド語。

ケルト語派に共通して見られる現象であるが、アイルランド語には軟音化(英: lenition, soft mutation)と暗音化(英: eclipse, dark mutation)の2種類が存在する。

おおむね、破裂音が摩擦音ないしは接近音に変化する。dとg、bとmはこの軟音化の結果、同じ音を表すことになる。

摩擦音 子音を調音する際、声道内に狭い隙間をつくって空気の流れを遮り、小さな隙間から無理やり出ようとして起こる空気の摩擦を利用して作り出される音、bh。

接近音:日本語の、や行の子音は、接近音に該当している。
破裂音:日本語の、ば行や、ぱ行は、破裂音。

暗音化、おおむね、無声音が有声音に、有声音が鼻音に変化する。

アイルランド語の名詞は基本的に、男性名詞・女性名詞の二性、単数・複数の二数、主格・属格の二格を区別する。

前述の通り、アイルランド語の名詞は男性名詞・女性名詞の二つに分けられる。大まかに言って、語末が非口蓋化音(広子音)で終わるものは男性名詞、口蓋化音(狭子音)で終わるものは女性名詞という傾向がある。

例えば、日本語では、「カ」 /ka/ と「キ」 /ki/ の子音は同じものと考えられている(音素上は完全に同じものである)が、実際に発音してみると「キ」 [kʲi] は「カ」 [ka] に対して、前舌面が硬口蓋に向かって近づいているのが分かる。つまり、「キ」を発音する時に口蓋化が起こっているといえる。

前述の通り、アイルランド語の名詞は主格・属格の二つを区別する。ただし、一部の名詞はこれとは別に与格形を持つ。また多くの場合に他の格と同一の形態を取るものの、呼格も存在する。

ジュニア:脱げ。

シデは、裸になる。ジュニアは、シデに、前をムクように命じるので、シデは、便器に座り、またを広げる。ジュニアは、シデの生殖器に、指を差し込む。彼は、シデの生殖器を、徐々に、拡張して、指を使用して、広げていく。

ジュニアは、シデに、500円握らせる。シデは受け取る。

ジュニアは、シデにいう。

ジュニア:わたしをファックしてください。

シデは、カレのチャックを開いて、ペニスを取り出す。もみしだく。ジュニアは、シデを下がらせて、シデに、背中を向かせて、カノジョに、壁に手をつかせる。尻を突き出させる。まずかれは、シデの尻を撫でる。それから、シデの肛門に、指を差し入れる。

ジュニア:親は全員ファック野郎に思える。
シデ:それはそうだね。

birth through gore.

元帥は、生活地区の中での、武器の所持を、禁止している。ジュニアは、銃を持っているらしい。彼は、銃を整備する時にだけ、銃の所持を許可され、銃を返却される。これらの銃は、格闘訓練所では、使用してもいい。

緋弾のアリアの雰囲気は、後期(角川書店になってから辺り)になってくると、キンジが、銃使用しないで、格闘技しかしないように、なっていた気がするが、ただ、緋弾のアリアみたいに、色々な武器を使用しながら、近接格闘するのは、おもしろいとは思う。色々な武器とはいっても、ナイフと、拳銃と、拳法しか、使用していなかった気がするが。まあ、くさりがま などは、使用しない。実効性がないからだろう。

ジュニアは、シデを振り向かせてから、シデのこめかみに、キスをする。

ジュニア:シデ、もっと視姦しろ。
シデ:いいけど、どこを?
ジュニア:股間を見ろ。

シデは、ジュニアの、ペニスを、ズボンの上から さする。

しかし・・・マクロプロスの処方箋って、いや、カレルチャペックが、仮にチェコ人だとしよう。スラブ人の一種になる。さっき、アイルランド語を調べた結果だと、スラブ人は、やはり、西洋人とは別のハプログループRに該当している。アメリカ人は、英語圏なのもあるし、人種も、チェコ人とは、違う計算になる。

わたしは、エミリアは、浮気しまくるために、とにかく長生きしていたと思っており、おもしろいと思っている。英雄的女に思えるが、アメリカの文化では、こういう女は、生じない気がする。わたしは、スラブ人の人種が違うのは、スラブ人が、あとから、移動したからだと思っていたが・・・まあどうだろう。

カレルチャペックは良かったが、別の岩波の、翻訳小説は、あまりよくない。ただし、尻マニアではある。カレルチャペックは、さほど尻マニアではなくて、まあ、政治的な話しも入れてくる、とても知恵が高くて、ガレーンみたいな男も出してくる、貧しい人に配慮できる、優しい人に思えるが、

他の岩波の翻訳小説の原作者は、たしか、デンマーク人で、これは、ゲルマン語の一種になる。人種も、アメリカコーカソイドと、同じ側になる。この原作者を、わたしは、使い物にならないと考えているが、しかし、尻マニアである。ゲルマン系の特徴として、尻マニアの傾向があるかもしれない。スラブ人より。

ジュニア:手首を握れ。

シデは、ジュニアの手首を握る。そして、カレの手をさする。両手ではさんで揉む。シデは、ジュニアの、腕に、手を這わせる。

ジュニア:わたしはファック野郎。
シデ:うん。

わたしは、エミリアが、グレゴルなどに、カノジョの膝に、座るように言ったのを、覚えており、おもしろいと思っている。

ジュニアは、便座に座り、シデに、カレの膝に、座るように命じる。そして、シデは、カレの膝に座る。ジュニアは、シデに、カレのクビに、顔を預けるように、めいじ、シデは、カレのクビに、顔をうずめる。

ジュニアは、ロックミュージシャンの話しをする。シデは答える。

シデ:うーん。blasted pancreasって、ギリシャ人の、デスメタルミュージシャンが、いるんだけど、ギタリストが、交通事故で死んだので、しばらく活動休止していたみたいなんだよね。blasted pancreasの、話しが出てきたので、ギリシャ語が、どちらにカテゴライズされているのか、調べてみようか。

ヘレニック語派(Hellenic languages)またはギリシャ語派はインド・ヨーロッパ語族の語派のひとつである。ギリシャ語が含まれる。

ヘレニック語派に含まれる言語は現在ではギリシャ語のみであるが、その方言や古代ギリシャ語を別言語とし、複数言語が含まれるとする場合もある。さらに古代マケドニア語が含まれる可能性がある。フリュギア語とは最も近い関係であったと考えられており、現存する語派の中ではアルバニア語派に最も近いとする研究もある。

ギリシャ語は、ケントゥムであって、英語と同じグループに入る。スラブ語は、サテム。

バルカン半島の諸民族は、デスメタルを、全くやらない。ギリシャ人はやる。バルカン半島の諸民族の多くは、スラブ語である。

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、上位運動ニューロンと下位運動ニューロンの両者の細胞体が散発性・進行性に変性脱落する神経変性疾患である。

筋萎縮性側索硬化症の約50%で経過中に人格変化、行動障害(異常)、言語障害、遂行機能障害などの前頭葉機能障害で特徴づけられる認知機能障害を併発する。

感覚障害、眼球運動障害、膀胱直腸障害、褥瘡の四大陰性徴候が有名である。

頚椎症などで尺骨神経が障害されると、尺骨神経支配(C8>Th1)である小指球筋と第一背側骨間筋は、通常一緒に障害される。

ジュニア:女を守るために、銃弾を使用したいなぁ。
シデ:アメリカ人は、そんなこと考えているのか。ちなみにジュニア、女は自分で、銃を使用して、自分を守るだろうね。銃に腕力いらないので、女と男の間の、優劣は、全くない。わたしは、女の方が、一般的には、視力が優れているとすら、思っている。銃を使うのは、女の方が得意なんじゃないのか?

銃社会怖いな。ヒッキーとはいっても・・・全く出ないで済むわけじゃない。出た瞬間殺されるかも・・・。

ジュニアは、エイダンという名前も持っているらしい。

ジュニア:あなたの、甘いお尻を、かけてください。
シデ:本当に、お尻スキだねぇ・・・。あなたから、尻マニアを除いたら、あまり何も残らない気がする。

ジュニアは、シデに、騎乗位をやるように言う。シデは答える。

シデ:ここじゃできない。

さっきから、ずっと狭いトイレの中にいる。寝室は存在しているが、個室にはなっていない。一般には。しかし、個室も少し存在している。ジュニアは、シデを、個室に連れていき、内側から、鍵をかける。シデは、ジュニアの生殖器を、勃起させてから、カノジョの膣を、それに差し込む。そして、カレの身体の上に座る。

ジュニアは、シデの中に、ペニスを入れながら、シデのクリトリスを、探し出して、押す。

ジュニア:濡れてください。

ジュニアはずっと、シデのクリトリスを、触っている。

さて、ジュニアは、その後、シデの両腕に、手錠をはめる。シデはいう。

シデ:なんでそんなもの持っているんだ・・・
ジュニア:不思議だな? 戦時中なのに。

不思議なことが、小説では起こる。シデは、両腕を、背中側に回される。

ジュニアは、シデの膣の中に、指を入れて、シデが濡れているか確かめる。彼は、シデにいう。

ジュニア:濡れておけ。
シデ:うん。

エロビデオ見ようかな。勉強になるので。最近全然見てないんだけど。

ジュニアは、麻縄を用意する。緊縛。

シデが、主役であるためには、原文引用は必須。

ジュニアは、シデの胸を凝視する。シデは、ジュニアに凝視されて、思う。

カノジョは、胸が小さいのが、恥ずかしいと思った。

ジュニア:縛る。

彼は、麻縄を持っている。緊縛動画調べよう。

porn video ropeって、キーワードで、調べた。縛っていくプロセスは、えがかれていない。ロープで、女が、腕脚を縛られて、目隠しされている。カノジョのまた には、結び目を一箇所作った、ロープが与えられており、カノジョは、このロープを、自分の意思で、前後移動させられる。カノジョは、このロープを、前後移動させて、結び目を、カノジョの、下着で隠れた、またの下を、こすれるようにしていた。

ジュニア:美しいお尻。

シデは、後ろをムク。シデが、服着ているのか、着ていないのか、あまり考慮してなかったが、普通に考えれば、着ている。

シデ:尻、裸の方がいい? それとも、服着ている方がいい?

ジュニア:わたしの口内に、放尿してもいいよ。
シデ:いや・・・わたしは無理。普通はこぼれる。

しかし、女の尿を回収する器具があるはず。

ジュニアは、シデのリョウアシが、広がるように、シデを縛る。わたしの想像だと、背後に縄を通し、その縄で、リョウアシを、結べば、左右に開く気がする。ジュニアは、脚クビに、バインドする。しかし、ジョウ脚と、カ脚の、接続部分に対しても、バインドするのも、効果的に思える。確かに。どっちかとイエば、脚クビよりも、ジョウ脚カ脚の、関節部分に、バインドし、そこを力点にする方が、安定する気がする。さらに、ジュニアは、その縄を、シデの、背中側に回った、両腕の、手首にも、接続させる。

シデ:に、肉便器みたいに、なってしまった・・・。

しかし、下着まだつけているはずである。忘れがちだけど。

疲れた。そろそろ休憩したい。どうやれば休憩できるのだろうか?

休憩がてらに、灼眼のシャナの、最終巻を使用してみる。買っておいたので。日本の話しだけど、商業作品なので、商業作品の底力でも、見せてもらおう。

灼眼のシャナに関しては、二次創作していた経験がある。高校の時に。なので、旧約聖書。

よくわからない箇所は飛ばしていく。今更調査はしない。まず、灼眼のシャナには、紅世の徒が出てくるはずだが、今回出てくる紅世の徒の名前は、ロフォカレ。えーっと・・・白い病から導き出された、いまのシデを取り巻くシチェーションに、どうドッキングするかというと、

元帥自体は、オカルトを扱う能力がないかもしれないが、元帥の協力者に、オカルトを扱える者がおり、カノジョは、紅世の徒を、呼び出して、何かしらの軍事利用をしようとした。元帥も承諾した。カノジョは、地下室の中に、紅世の徒が、脱出できないような、空間を作り、そこに、紅世の徒を、呼び出していた。そういう経緯で、ロフォカレは、その部屋に招かれた。

ロフォカレはまず、封絶に似たものを使用した。女は、紅世の徒を、一人ずつ呼び出すようにしている。理由は危険だから。女は、シデを、紅世の徒を制御するサポートとするために、呼び出す。シデも、出世したものだ。仮に魔術師であろうと、陰陽術師であろうと、戦闘機乗る時には、役にたたないからね。ほとんど。

ロフォカレ:空々しい笑劇を演じる。
シデ:えっと・・・考えろと?
ロフォカレ:フレイムヘイズはいないのか?
シデ:いないと思う。
女:いなくてもどうにかなるだろ。

ロフォカレ:おしゃべりする余裕・・・ある。
シデ:そうだな。

ロフォカレ:印象派に媚びるのはどう思う?
シデ:印象派って何? それを調べろと言っているんだろうけど。

調べてみた。まあ、絵の話しなので・・・みたまんまである。シデは、みたまんまの感想を述べる。

シデ:風景画に思える。まあ・・・流石ラノベだけはあるかな。言語的ではない。
ロフォカレ:写実性を崩す。
シデ:写実主義って言葉を知っているけど・・・。写実主義は、写真みたいな印象を受ける。でも、絵なので、ファンタジーをかけるはずで、そういう意味はある。

ロフォカレ:中央アジア。
シデ:中央アジアぐらい知っているよ。他の人が知っているかしらないけど。
ロフォカレ:尻込み。
シデ:そのワードだけで、あなたが、お尻マニアと判断するのは、早計かも。
ロフォカレ:何か、ご所望の曲でも?
シデ:xenobiotic。生体異物って意味。バンド名が。
ロフォカレ:導きの神の、神託。
シデ:最近は、モロには使用していない。神託マニアすぎるのはよくないけど、わたしにとって、必要な部分だけ、抜き出すのは、これは大事。

灼眼のシャナは、三人称小説。わたしもいまは、三人称小説をやっている。わたしはとりあえず、マクロプロスの処方箋を、尊敬したり、オナネタに使用する方針なので・・・マクロプロスの処方箋は、三人称小説あるいは、劇作。ただ、ジュニアは、一人称小説。一人称小説は多い。

ロフォカレ:命をこえる、愛の、至極なる境地を、みいだしたものが、わたしを呼ぶ。
シデ:一人称小説を使用できるようになってから、三人称小説を行うと、無駄にキャラ増やさなくて済む。この方がいい。
ロフォカレ:そのものは、強く堅く、ゆるぎない、芯を、心に持っている。
シデ:主役の性別が固定化される現象に思える。
ロフォカレ:それは、宝具起動の、要件と重なる。これは偶然ではない。
シデ:あまり意味はわからないけど、とりあえず、抜き出してみた。
ロフォカレ:あまねく、よせる力を、己の、ノリにとらえ、カッコと屹立する。
シデ:そう。キャラクターが散逸しているのは、多神教風なんだよな。カレルチャペックは、比較的散逸気味だが、白い病では。まあ、商業作家なので、わかっててやっていたのかもしれないが、マクロプロスの処方箋の方は、エミリアが主役に見えるようになっている。白い病の方は、よくわからない。最後に、本来なら、ガレーンさんが、死んでしまって、終わりという展開になっているので、カレが主役なのかもしれない。しかし、エミリアは死なないで、マクロプロスの処方箋は終わっている。

ロフォカレ:ヒラルダは、ニンゲンに、自在法を、使わせるために、生み出された宝具。起動条件は、使用者の、存在の力ではない。
シデ:わたしの場合、起動条件は、じぇねこ先生だったろうな。ただ、精査するとか、精鋭化するとか、研ぎ澄ますのには、色々必要だった。これは今後ずっと、研鑽しなきゃいけない。それに、やっぱり、旧約聖書の申命記がいっているように、なるべく、遺伝的に疎遠な相手と付きあう方が、効果的だと思う。

ロフォカレ:必要なのは、命を捨てることなどより、遥かに困難な、ともがらと、同じように、自在法を使うこと。というもの。
シデ:まあ、じぇねこ先生が、この文脈で、ともがらに、当たるとして、椿木色飾る人食いでは、ミユはまあ・・・女性とも、男性とも、双方と性行為する、女性なので・・・わたしも一応、アメリカ人の、オンライン小説を、使用して、そういうことやってみた次第ではある。あとは・・・椿木色飾る人食いは、一人称小説なので、一旦一人称小説を使用してみたのも、重要だったと思う。

わたしが、いま、三人称小説使用している主な理由は、マクロプロスの処方箋を評価していることに由来している。

自在法というだけあって、一人称小説、三人称小説、双方使用可能な方がいいということかもしれない。自在に行き来できるという意味で。あと、性的にも、自在である。シデは、男性とも女性とも、セックスできるし、相手がその気であれば。わたしも、多分できるだろう。

わたし自体は、もともとは、三人称小説使用者。ただこれは、灼眼のシャナの中では、そんなものは、あらかじめ、宝具にはめこんでおける。と、言われている。なので、元来のわたしの方針は、重要ではない。つまり、椿木色飾る人食いが、大事なのは、明白である。これが最高位に当たる。ただし、マクロプロスの処方箋も、必要だったと思うのは、それは、外部的に評価に値する、三人称小説なので、これも大事だと思う。しかし、椿木色飾る人食いないし、じぇねこ先生は、最高位の存在である。とにかく、最高位に魅せられて、受肉してから、色々経験していく必要があると思う。最高位に魅せられた状態は、その人の人生で、なるはやで、行われるほうが、その人のためになる。

ロフォカレ:ニンゲンの、意思総体は、わたしたち、ともがらにとって、呼吸同然な、自在法を使うには、よくもわるくも、煩雑すぎて、まっすぐに念じる。ただ、それだけのことが、できない。だから普通、これを託すときは、自らの存在という、雑念最大の、根源を払うため、命が代償と、伝えられる。
シデ:恋をしたり、愛したりすると、わたしより、大事なものが、出来てしまう気がするので・・・それが、わたしの命を、代償とするという意味になる気がする。

ただこれは、実際は、フィレスが言っている台詞である。フィレスも、紅世の徒だと思われる。ウィキペディアに書いてありそう。調べない。フィレスは、女だと思う。おそらく。

一応最初の約束で、シデの上官の女は、紅世の徒を、一人ずつしか、呼ばない約束をしていたが・・・

シデ:でも・・・わたしは、アイドルか、あるいは、主役みたいな女を重視すべきだと思うので、フィレスも呼んだ方がいい気がする。
女:んー。交代させるか?
シデ:いい?
ロフォカレ:別にかまわんぞ。

ロフォカレを、紅世に、戻してから、フィレスを呼ぶ。フィレスはなんでも、紅世の王らしい。ロフォカレはおそらく、普通の、ともがらなんだろう。

フィレス:あなたは若く、力に溢れ、この街で、あまたの戦いに、かかわることで、存在の力に対する耐性も、わずかながら、帯びている。つまり、あなたは、死なない。
シデ:わかった。

そういやさ、アイルランド語のルールだと、男性名詞は、えーっと・・・舌奥音で、女性名詞は、舌先音のルールがあるらしい。ただしこれは、アイルランド語のルールであって、日本語のルールではない。

ちなみにさ、主役交代しようとして、いままで、主役として、扱っていたキャラクターを、えーっと・・・フェードアウトさせるって、商業作品として、可能なんだろうか。つまり、灼眼のシャナの場合、坂井悠二を、消してしまうということだが。

贄殿遮那は、自在法の干渉を受けないらしい。一応、三人称小説にすると、わたしの発言権が、生じる意味がある。一人称小説の場合は、シデの発言に、わたしの発言が、全て内包されてしまう。

コーカソイドたちは、小説が嫌いで、まあ、特に、アラビア人などは、おそらく、エッセイとか、ノンフィクション形態を、とってそうな気がする。わたしの意見を、シデの意見と独立させておくほうが、コーカソイド受けはするかもしれないと思う。ただし、モンゴロイド勢は、小説という手法を、肥大化させている。

フィレス:わたしは、坂井悠二を、存在消失寸前まで、追い込んだことがある。わたしは、カレを、別人に転換させた。
シデ:んー。灼眼のシャナの作者にも、色々あったってことなんだろうか。

シデに、主役が集約しており、シデは、わたしの、移し身に近く、女性である。そして、現在、他人を吸収する方法しか、とっていない。他人を吸収しない限りは、シデは、孤独な存在。吸収した他人は、原作者に、近い存在で、現れる気がする。

フィレスによって、引き起こされる、風の自在法は、飛行を阻害するだけでなく、カノジョの気配を宿して、吹き荒れることで、気配や攻撃の関知を、困難にすることこそが、本領。

なんとなく感じたわけだが、フィレスはやはり、女だったな。満足。

一旦一人称小説やってみる必要はあったんだよな。一人称小説やると、陰陽術が、なにがあっても、解けなくなる。しかし、三人称小説は、わたしの陰陽術を、解こうとする場合がある。かなり危険ではある。わたしは既に、男性主役の話しは、できなくなっている。しかし、出来ない状態で、やらされると、わたしが消失することになる。これはマジで危険。

ああ、なるほどね。灼眼のシャナは、考えて見れば、終わっている。では、原作者が、いまなにやっているのか、調べてみよう。

ウィキペディア見る限りだと、特に仕事としては、作家してないみたいだな。理由はよくわからないが、売れないからだろう。

わたしは、モンゴロイドらしく、売れない作家を続けよう。

ちょっと発情した。デスメタル不使用・・・えーっと、こういうのを、シラフというだろうけど、この状態で、マクロプロスの処方箋を二次創作していたら、シデが、シデ? 一人称小説だった覚えもある。まあ、どっちにしろシデなんだけど、よし、一人称小説にしてみよう。三人称小説を扱うには、一人称小説の方がよくて、一人称小説を扱うには、三人称小説のほうがいいとか、そんなルールある可能性がある。

わたし:んー。シャナかわいいなぁ。エミリアと同じ波動を感じる。
フィレス:どこの部分が?
わたし:えーっと、シャナなんか知らないけど、男(この場合、坂井悠二)に、尽くしたいタイプとして、設定されている。
フィレス:なるほど。
わたし:しかし、性的な秘技が公開されることはない。これは、ライトノベルだからなのか、日本人だからなのか。一応、すぐにでも、抱きつきたい気持ちをおさえる、恋人として。とは、言われている。しかし、エミリアの場合、グレゴルに、カノジョの膝に、座るように、口頭で命じたからね。
フィレス:抱いてやろうか? 一応、わたしは、原作の分身。抱いてやろうか?
わたし:出会ってお手軽恋人。しかし、わたしは、出会ってお手軽なのに、さんざん、ジュニアとは、セックスしたけどね・・・シャナは、抱きつきたいだけであって、抱いてはいない。そこもポイントに思える。

あと、フィレスさん、あなたもまた、アラストールと会話できて、すぐデレデレしているね。お手軽だなぁ・・・。
フィレス:わたしはまあ、お前にニコニコできるかというと・・・んー。男女差別すべきなのかという問題になってくるが、アラストールは、どうしようもなく、男で、お前は、どうしようもなく、女なんだよなぁ。

フィレスとシャナが、殴り合うような展開になっているな。うーん。別にいいけど。

わたしとフィレスは、語り合うだけなので。

三人称小説に戻してみよう。色々入れ替える。

フィレス:愛というのは実際、君が恐れているような、理屈や利害に、左右されたりしない。なんでもできる、最強の、動因になる。途轍もない、凄いもの。
シデ:三人称小説の方が上だと? そうだな・・・岩波の、マクロプロスの処方箋は、三人称小説で、こっちがスキ。昨日配達された、デンマーク人が書いた、岩波の翻訳小説、お尻マニアな雰囲気の話しは、一人称小説。こっちはスキじゃない。

ノーベル賞作品を、使用できない。わたしは、そういう女。ノーベル賞受賞作品は、大抵どれも、一人称小説。

フィレス:しかし、わたしも大したことはない。
シデ:そう解釈しておく。
フィレス:わたしは肯定的に、作中ではとらえられている。
シデ:ああ。どういうことだろう。いや・・・わたしの中で結論は出ているわけだが・・・わたしの主張と、原作者の主張と、どちらなのか、見分けがつきずらい。

ただ、理由は判然としないが、当初からわたしは、多神教的には・・・つまり、無数に、キャラクターを乱立させていくのは、できなかったのかもしれない。理由は・・・バカだから? かもな。いや・・・しかし、コーカソイドの方がアタマいいはずと思っているが、一人称小説になると、無数にキャラクター増やさないぐらいが、普通になる。

ただ、ジュニアと付き合った時の手法は、優れていると思う。つまり、小説としての描写は、セックス程度にとどめて、残りは、ノンフィクションで固める。学術調査が重要になる。

フィレス:わたしをやすやすと、突破はできない。わたしは、紅世の王。
シデ:なるほど。わたしはニンゲン。陰陽術使用しているけど。

構造が・・・つまり、フィレスが本当の意味で、本体であって、坂井悠二は、もぬけの殻なんだろうか? それは、灼眼のシャナの、原作者にとってですら。

そういえば、フィレスは、嫌だけど、頑張ってやったとか、言っていた。つまり、坂井悠二に関する描写を、原作者は、嫌だけど、仕事だから、仕方なくやっているだけって、意味にとらえることができる。

なんでそんな無駄なことを・・・。わたしは、そんな真似しない。効率よく生きたい。

フィレス:護衛のほうを頼む。
シデ:まあ、わたしは多分、わたしにとって、正しい状態なので、可能だろう。

この灼眼のシャナでは、約束の二人 という、単語が使用されている。フィレスと、シデしかいない状態は、約束の二人 に 思える。だんだんこうなっていく、予兆はあった。わたしは最初からこうだった。

じゃあこうしてみよう。えーっと、ここは、チェコって設定で、しかも、地下に作られた、防空壕って設定。わたしは、ノンフィクションに近い設定の方が得意。

日本は、戦火にあってない。安全圏の日本では、色々なキャラクターが、暗躍している。例えば、シュドナイという男がおり、これは、灼眼のシャナの登場人物だが、カレは、ビルの上で、弁当食べている。夜なのに、カラスが飛んできて、シュドナイの弁当を、ねだるので、彼は、カラスに、彼が食べている、弁当を分け与えている。

フィレス:神殿の守護の方が、代行体の援護よりも、大事。
シデ:神殿はわたし。わたしが、女でならなきゃならないのは、多分・・・わたしの性癖に由来している。セックスするとき、色々都合がいいからね・・・こっちの方が。

シュドナイが、歌を歌うと、白いハトが、集まってきて、カレの頭上を旋回する。

シデ:なんか・・・意味を感じたんだ。なんでか知らないけど・・・。
フィレス:シデ、わたしは、味方じゃない。わかるか? さっきお前は、わたしと、シャナが戦っているのを見たはず。
シデ:そういやそうだったな。わたしを殺そうとしているのか・・・
フィレス:そういうこと。暇つぶしにはなるやろ?

わたしは、灼眼のシャナのキャラクターの性別が、そのキャラクターの台詞から、類推できるようになっている。それは、原作者が、男女の役割を、区別しているから。また、男性の台詞は、あまり感銘を、わたしに与えない。

フィレス:わたしの可愛い、亡者たちを、恐れずに戦う、
シデ:スペルバトル。
フィレス:あなた。あなたは、酷く純粋な、わが同胞。
シデ:いや、わたしは、紅世の王ではない。
フィレス:熱烈にむかえる。死者の道を目指す女。

まあ、しかし、原作者が仮に、紅世の王を名乗っていたとしても、過去の話しである。紅世の徒は、他の紅世の徒に、殺されると、消滅してしまう設定のはず。

わたしは、ただのニンゲン。商業作家を、電撃文庫で、目指す人向けへの、メッセージかもしれない。

フィレス:これが、わたしたちの楽園、ザナドゥ。
シデ:わたしの楽園は狭いんだよ。めっちゃ。ほぼない。
フィレス:いろいろと、はめる準備をしていた。
シデ:下ネタとして解釈していいか?
フィレス:あなたみたいな、手合いを、とらえるのに、最適。
シデ:へー。

下ネタとして解釈する場合、シデは、フィレスに、フィストファックされることになる。

フィレス:思い通りになる、戦などない。
シデ:マインドコントロールか? わたしのような、ニンゲンも、必要である。

フィレス:おまえの不在を、せめあぐねいている、と、勘違いさせることで、時間も稼げる。任務に、いろうは出ない。
シデ:なんとなくわかる。
フィレス:ちなみに、ロフォカレ出しても、無駄だからな。
シデ:そうなんだろうか。いや、あなたにしておくけど。

フィレスのことも、ロフォカレのことも、よくわからないが、フィレスは、紅世の王で、性別が女。ロフォカレは、紅世の徒で、男。その程度の違いだと思っている。

シデは・・・基本的には、男の方がスキだろうと思う。性的には。

シデ:ロフォカレ呼んでくれないかな?
女:えー? 駄目っていったじゃん。同時に、二人存在させるのは。
シデ:大丈夫。というのは、フィレスが王だから、ロフォカレはカノジョに従うので、暴走はしない。
女:本来であれば、紅世の徒同士の関係は、そういう意味ではないはずだけど・・・

アッラーは、耐え忍ぶものを、導くらしい。シデは、さっさと性行為したいと思っている。

フィレス:わたしの役に立つ時が、来たんじゃないのか? わたしの役に立て。
シデ:どうやって?
フィレス:色ボケのアタマはどういっている?
シデ:えーっと、役に立ちたい。
フィレス:お前とセックスしたい。いいだろ?
シデ:どうすれば・・・

シデは、恥ずかしがっている。ジュニアとは、お手軽にセックスしていたのに。シデは答える。

シデ:見せることはできない。

フィレスは、シデの、下着に、前から、指を差し込んで、性的なことをする。

まあ、モトの話しが、性的な描写は避けるようにはなっているからな。そういう理由かもしれない。

フィレス:おまえでなきゃ、あの厄介な連中は、とらえられない。
シデ:はい。
フィレス:どんな、めぐりあわせが、あったとしても、あの立場に、自ら、のぞんでなった、女や。その覚悟分くらいは、こたえても、われらが、神のバチは、あたらないだろうさ。
シデ:頑張ります。
フィレス:ご機嫌取りぐらいにはなるか。

フィレスは、シデの、脚を、こずく。

フィレス:しんじゃ駄目だよ。シデ。いまさら。そりゃ勘弁。

フィレスは、素直でない、相棒のアタマを、ぽんと叩いた。

使用しやすくなった。まあ・・・原作者の意図的な配置かもしれない。でも疲れた・・・転写するだけでも疲れる。

フィレス:わたしたちは、厳重に隔離されている。
シデ:たしかに。

ここは、防空壕の地下な上に、この部屋には、紅世の徒が、暴走できない結界が、はられている。

ヴェルヘルミナは、フレイムヘイズで、カノジョをバックアップしている、紅世の王は、ティアマトって名前らしいが、ティアマトは、女性名なので、きっとこちらも女。ヴェルヘルミナは、アニメをみて確認しており、女。

ヴェルヘルミナは、いま、日本のどっかにいるが、カノジョは幽閉されている。

フィレス:あなたは、いま、ヴェルヘルミナを拒んだ。
シデ:んー。
フィレス:カノジョは、仮面の中で、揺れ動いている。
シデ:わたしは、本質が存在すると思っている。他の側面は、本質ではない。
フィレス:カノジョは、裏切ってしまった、重さに、押しつぶされている。
シデ:なにを?

さーて、メシどうするかな。

フィレス:ヴェルヘルミナは、わたしから、万感をこめた、拒絶の言葉を、うけとっている。
シデ:フレイムヘイズは、紅世の王を複数使用できないだろ? できるなら、もっとそうしているはず。なら、あなたが、ヴェルヘルミナを拒絶するのは、道理やな。

フィレス:ヴェルヘルミナは、わたしを、裏切ったと考えている。
シデ:経緯を知らないからな。なんともいえない。

約束の二人は、お互いだけをみて、お互いの愛のためには、なんでも利用する。それゆえ、約束の二人は、ヴェルヘルミナを、そうしてしまう場所には、入れない。

シデ:かぶりキャラは不要で、一応フィレスと、ヴェルヘルミナには、紅世の王と、フレイムヘイズって違いがあるけど、わたしが、原作と対話する上で、その違いはまあ、どうでもいい。男女の差の意味はあると思う、でも、ヴェルヘルミナと、フィレスって、性別まで同じだからな。

この、約束の二人状態は、結構使用されている。有名所だと、東方ゆっくり解説。しかし、わたしは、それを凌駕している。原文を引用して、対話するから。

シデが、主役であるためには、原文引用は必須。

わたしは普通に、学術研究スキだし。ライトノベルには、それはもとめられないか。

アメリカ人や、商業作家を使用するのは、身分差、悲恋、異種間、などを、示しそうだと、思った。タグ追加した。

アメリカ人は、異種間にも、該当する。ただ、灼眼のシャナが、異種間に該当するかは、微妙ではある。わたしは、東京方言。

フィレス:ヴェルヘルミナと、ティアマトは、同じ牢屋に、とらわれている。
シデ:少しは、灼眼のシャナの基本設定を、アニメをみて知っているので、アラストールの場合、たしか、紅世に存在しつつ、ペンダント使用して、シャナと会話できる状態に、しているだけだと、わたしは思っている。なので、アラストールは、他の紅世の徒に、殺される危険性を、常に伴った状態で、シャナにフレイムヘイズをさせている。と、思っている。なので、ティアマトが、牢獄に入っているというのは、違うんじゃないかと思えるんだけど。

シデ:これはこういう意味に思える。つまり、わたしはいま、フレイムヘイズの役割をしており、あなた・・・フィレス、あなたは確かに、紅世の王であるし、フレイムヘイズを作成できる立場。

フィレス:二人はいま、吉田一美がとらわれたものと、同じ型式の、しかも、大きさも、強度も、段違いに、厳重な、風の球内にある。それでも、強引に、破ろうと思えば、破れただろう、この檻の中で、ヴェルヘルミナは、一歩も、動けなくなっていた。
シデ:なんでだろう。話の続きを読まないと、わからないな。檻の中にいたいからか? 破れるのに破らないってのは、そういう意味に思える。

フィレス:カノジョを、がんじがらめに、しばるのは、力ではなく、心。
シデ:わたしは・・・東京レイヴンズを読んだり、使用したりしているときに、なるべく中2ワードを、使用したいということで、主役を女にしておくことを、陰陽術を使用すると言うことにした。ただ、いまは、もっと、意図的なものに近いカタチで、わたしは、フレイムヘイズをやっている、べつに、陰陽術師じゃなくても、フレイムヘイズはやれると思う。

自分で考えるより、他人を利用する方が、ラクで効率的で、社会貢献度も、高くなる場合があると思う。フレイムヘイズは、バカでも、やり方さえ知っていれば、できる。

フィレス:ヴェルヘルミナは、どれだけ、覚悟をかためても、奮戦をつづけても、変えられない。拒まれてしまう。
シデ:わたしみたい。ヴェルヘルミナは、フレイムヘイズなので・・・頑張っても、評価されない人には、フレイムヘイズやる程度しか、道が残ってないのだろうと思う。

紅世の王は、フレイムヘイズに、力を与える。そして、紅世の徒を倒させる。

色が赤い(3種とも)。なんか、左翼のロゴマークみたいにおもえる。共産主義国家で、商業作品を、購買する行為が、あるかは、わからないが、灼眼のシャナ自体は、購買されることを、目的として、販売されている。しかし、わたしは、投稿しても、一切、わたしの金銭にはならない。わたしの行為自体は、共産主義的であるが、しかし、わたしは、この行為をするためにも、インターネットを使用しており、金銭を支払っている。これは、資本主義行為。

わたしは、フレイムヘイズ役。原作者は、紅世の王役。そして、フレイムヘイズは、紅世の徒を倒す。わたしは、原作者の、ライバルを倒す。そんな構造やな。

わたしも必要。というのは、仮にもし、この手法が、ウケるのであれば、一般小説の読者を、減らせるかもしれないので、原作者のライバルを減らせるということになる。おそらく。評価高い場合は、商業作家になれるらしいから。

フィレス:わたしは、ヴェルヘルミナを、拒絶した。
シデ:ヴェルヘルミナは、あなたとは、別の紅世の王に仕えているからな。

わたしみたいな、ニンゲンには、飼い主は、多かれ少なかれ、必要。多かれ少なかれとは、千差万別なわけだが・・・とにかく、灼眼のシャナとは、結構相性がいい。とある魔術の禁書目録は、失敗した。多分もう、放置すると思う。

そこで、まあ、ライトノベルでも、使用可能な可能性は出てきているが、灼眼のシャナの場合は、電撃文庫というカテゴリーになっている。後ろを見ると。とある魔術の禁書目録も、電撃文庫なんだ。でも、とある魔術の禁書目録は、失敗してしまった。電撃文庫なので、全部使用可能というわけではない。特に、灼眼のシャナの作家の方は、いまの状況では、フェードアウトしてしまっており、疑わしい状況である。

フィレス:わたしは、ヴェルヘルミナを、拒絶するときに、ごめんなさい、ヴェルヘルミナ、みたいな、感じで、やんわりと・・・、優しくも辛い、悲しくも、断固とした、拒絶をした。
シデ:ティアマトは、どういうキャラなんだろうねと思う。まあ・・・作者は同じなわけだが。とにかく、わたしは、普通の解釈で、フレイムヘイズは、同時に、二つの紅世の王を、使用できないという意味とだけ、解釈する。せやから、わたしは、灼眼のシャナと同時に、他の文献は、基本は使用できない。

ここで、クルアーンを読んでみる。他の文献やな。クルアーンは、表紙カバーが赤い。でも、いくつか、イスラム教圏の、小説読んでみたんだけど、ピンとこなかった。イスラム教徒は、性的な解放が、不寛容な、印象を持つけど、実際は・・・わたしは、イスラム教徒の都合など、しらないけど、それを無視しつつ、人は、オナニーに、熱中して、生存をかけるべきだと思っている。

一体、かれらの、貧しい理解力が、こう命じたのか、それとも、かれらは、法外な、民なのか。また、かれが、これを、偽作したのであると、いうのか。いや、かれらは、信じては、いないのである。

アラビア人の手法は、ノンフィクション的なはずであると、わたしは思っている。わたしみたいに、文献を引用しながら、わたしの話を、展開するスタイルを、アラビア人が好むのかどうか・・・これ自体は、受けそうに思えるけど・・・日本人には、全く受けない。ただ、日本人を含む、モンゴロイドたちは、小説という手法を、肥大化させすぎている、民族と解釈している。

フィレス:ヴェルヘルミナは、あのときの、裏切りの意味をわかっている、つもりになっている。カノジョは、叫びたいような、衝動、心を引き裂くような、痛みを、伴っている。
シデ:わたしは、あなたを裏切ってないと思うので、正しいフレイムヘイズである。

フィレス:ヴェルヘルミナは、動く力を、失ってしまう。
シデ:ちょっと、フレイムヘイズに関して、調べてみようか?

強い力を持つ“紅世の徒”である“紅世の王”と契約し異能を得た元人間と、その『器』の中で休眠する“王”の、二人で一人を指す総称(ただし作中では、『器』である元人間のみを示す用例も見られる)。呼び名の由来は、契約の際に人間が幻視するこの世と“紅世”の狭間の光景「炎の揺らぎ(flame haze)」からきている。

その姓は、(特にヨーロッパ出身者に)音楽家由来のものが多い。

わたしは、オーストラリア人の、デスメタルを、いま聴いているんだよなぁ。なんか、関係ありそうである。もともと、しばらくは、素の状態でやっていたが、とある魔術の禁書目録を、二次創作している時に、やっぱ聴くかってことになって、聴いている。

“紅世の徒”がこの世において“存在の力”を浪費すると、世界に歪みが生じる(灼眼のシャナ#“存在の力”に関する概念参照)。これに気付いた一部の“紅世の王”達は、この歪みが累積するとこの世と“紅世”の双方に何らかの大災厄が起きると予測し、自らはこの世に歪みを生じさせることなく、歪みを生む同胞達を止める手段を模索した。その結果、誕生したのがフレイムヘイズである。

フィレスと対談することで、シデは、フレイムヘイズになれる設定に、わたしはしているが、フィレスのことは、原作者と、かなり同義と見ている。なので、紅世の王は、原作者自体を示せる。わたしの論法なら。紅世の徒は、紅世の王のライバル。んー。わたしはニンゲン。まあ、紅世の徒として、ふるまうよりは、フレイムヘイズとして、ふるまう方が、正しい姿勢だといえる。そして、力が弱いものは、フレイムヘイズする程度しか、道はない。

なお“存在の力”を浪費する“徒”のほとんどは、世界に歪みが生じるという認識はあるものの、それらの歪みがこの世や“紅世”に及ぼす影響については無関心であり考慮することもない。この世に及ぼす影響について関心を持つ(ごく少数の)“徒”も、「この世と“紅世”に必ずしも災厄が訪れるとは限らない、それらの予想は根拠が曖昧で、“存在の力”を使うことへの過剰反応に過ぎない」と考える者が多い。

なので、紅世の王の考えと、紅世の徒の考えが、どっちが正しいかは、曖昧なんだろう。ただの利害対立か、意見の違い程度の差かもしれない。

フレイムヘイズの誕生の際には、契約と呼ばれる儀式を執り行う必要がある。これは“紅世”において神を呼ぶ儀式『神威召喚』を応用したもので、この世の人間と契約を望む“紅世の王”が主体となって執り行う。契約の前段階として、人間が何らかの理由で(フレイムヘイズを作る場合は“紅世の徒”やフレイムヘイズに関する)抱いた強い感情を、“紅世”にいる“紅世の王”が感知する必要があり、“王”が人間の存在を捉えると両者の間で次元を超えた会話が可能となる。

ただし、わたしは別に、原作者に認知されているわけではない。しかし、シデは、一応、フィレスに、認知されている、設定。わたしも、モンゴロイドの一種で、小説という手法を、残す。ということ。

“紅世の王”が感知した人間に、異能を与える代償として「人間としての過去・現在・未来の全て」が失われることを提示し、人間側がそれに同意すると「強制力を持つ約束」である契約が成立する。契約が成立すると、契約者である人間の「人間としての過去・現在・未来の“存在の力”(=運命)」を全て「召喚」の代償として失わせ、この世の時空に空白を作る。その空白を『器』に見立て、「召喚」により『器』の中に転移した“王”が、契約により『器』の中に固定されることでフレイムヘイズは誕生する。作中では「人間の身の内に“紅世の王”が入った」と表現されることが多いが、フレイムヘイズの肉体そのものは通常の人間と同じであり、“存在の力”が人間ではなく契約した“王”のものに挿げ変わった状態である。

存在の力か。わたしは、取り付いた相手によって、内容はある程度変化する。ここでは、そのことを、存在の力を、入れ替えたと、表現している。

「人間としての運命」を失い、『運命という名の器』に“紅世の王”を宿した人間は、人間としての因果や法則から切り離されるため、人間であった時の周囲との関係性を失うと同時に、肉体的な不老と無限の寿命を得る。すなわち、この世に在りながらこの世の法則に捉われない存在となる。また『器』に“王”を宿したことによる、圧倒的な存在感と“徒”同様の独特な違和感を放つようになる。

小説の登場人物、特に、三人称小説の場合は、不老も可能。わたしの好みもあると思うが、王の力も大きいと思う。いや、それこそが、源泉で大事かも。

存在感は・・・ないと思う。なんでか知らないけど。ヴェルヘルミナが説明するかも。

んー。灼眼のシャナなんて、現代人は、そもそももう、知らないと思う。しかし、売名目的だけで、最新のラノベ使用なんか、そういうの、なんか、あざとくて、いやだなぁと思う。内容の方が大事。いま、灼眼のシャナは、休憩のために使用しているだけ。アメリカの、オンライン小説利用は、かなり疲れる。

灼眼のシャナ最終巻の時点では、会社名は、アスキー・メディアワークスに、なっている。しかし、とある魔術の禁書目録、最新刊では、角川書店になっている。とある魔術の禁書目録は、使用不能なっている。つまり・・・アスキー・メディアワークスの、野望が、潰えてしまったかのように、思える。地上の放浪者に、なってしまった。多分、角川書店は、駄目なんだろうと思う。

なので、灼眼のシャナの、原作者の、その後の動向に、本来期待できる、はずだった。しかし、カレは、潰えている。

なお、通常の人間の『器』は強大な“紅世の王”を納めるには小さすぎるため、契約の際に“王”は『器』の内に収まるべく自らの一部を休眠させる必要がある。何らかの理由で休眠が破れると、『器』は中の“王”により破壊されフレイムヘイズは爆死する。

んー。そんなに危険なのか?

多くの“紅世の王”は、“徒”に恨みを持つ「復讐者」を選んで契約する。その理由として、憤怒と憎悪が最も強力な感情の一つであること、復讐という目的は人間に全てを捨てさせること、などが作中で挙げられている。古い時代には“徒”に恨みを持つ人間も多く、“王”も有能な人間を選んで契約できたが、封絶が普及した現代では“徒”への恨みを持つ人間が減少し、基本的に契約者を選ぶ余裕はなくなっている。作中で出てきた“王”は契約相手を異性にしていることが多い。また、契約には人間の強い感情が必要なために若年者が契約する傾向が強く、老人のフレイムヘイズは珍しい。ちなみに、契約の経緯はフレイムヘイズにとって根深い心の傷であることが多く、契約の経緯や人間時代の過去について本人が語らないことは訊ねないのが礼儀とされる。

フレイムヘイズは、いじめられっ子の役割。わたしはそう。

『器』となっているフレイムヘイズが死ぬと自動的に契約が解除されるほか、フレイムヘイズか“紅世の王”の片方が望めば、任意で契約を破棄できる。また作中の描写から、精神崩壊により「契約し続ける意志」を失った場合にも契約が解けることが確認できる。 契約が解けた場合、『器』であるフレイムヘイズは肉体が砕け散り消滅、“存在の力”を喰われた人間が消滅した場合と同様に、存在の痕跡が消え周囲の人々からも(“存在の力”を感じ取れる者を除いて)忘れられる。 一方、契約していた“王”は『器』を失っても死なず、この世に放り出される。通常はそのまま“紅世”への帰途に付くが、使命の完遂や契約者の仇討ちなどのため、残された力でこの世へ顕現して戦うこともある。しかし“王”単独でこの世に顕現し「続ける」には、人間の“存在の力”の摂取が欠かせない(すなわち、この世の“存在の力”を消費し世界の歪みを生むことになる)ため、顕現した“王”は一時的な活性の後に燃え尽きて死亡するのが通例である。

んー。紅世の王も、ニンゲンを、ある条件下では、必要としてしまうというのが・・・注目かな。ん? そっか。読者や。一時的な活性後、死亡。

“紅世の王”と契約しフレイムヘイズとなった(元)人間は、『器』に見合った分の“存在の力”と、“存在の力”を感じ操る能力を手に入れる。つまり、『器』が大きければ、それに比例した大きな力を持つフレイムヘイズが生まれる。そのため、才能のある人物や王族など、この世に及ぼす影響の大きい人物ほど、強いフレイムヘイズになる可能性が高い。しかし実際の『器』の大きさは契約を終えないと測れないため、契約前の才能や身分はフレイムヘイズの強さを保証するものではない。また親や(将来生まれる)子などの血縁がこの世に強い影響力を持つ(ことになる)人物も、大きな『器』を持つことが示唆されている。

わたしは、弱いフレイムヘイズ。

“存在の力”を感じ操る能力は、あくまで(元)人間のフレイムヘイズが後天的に得た能力なので、使いこなすには経験や鍛練が必要となる。フレイムヘイズの多くは“徒”から襲撃されている最中に契約するため、その場をしのいだ後に支援組織である「外界宿(アウトロー)」と接触し、先輩フレイムヘイズの指導下で基礎訓練を受ける模様。大抵のフレイムヘイズは“存在の力”を用いて、身体能力の強化、契約した“紅世の王”が生来持っている能力の具現化、一般的な、あるいは固有の「自在法」の行使、宝具へのエネルギー供給などを行い、それらを駆使して戦う。また、フレイムヘイズの中の“王”は、契約している限り『召喚され続けている』状態にあり、その“存在の力”の量は一定量で固定されるため、戦闘などにより“存在の力”を消耗しても時間経過により回復する。

灼眼のシャナが、終わらない限りは、無限供給できたわけだけど、紅世の王が、死んでしまった状況と言える。

フレイムヘイズは「人間としての全て」を失っているため、肉体的に成長する事も老化する事も決して無く、基本的に契約時の肉体を保ち続ける。ただし、残しておきたいと強く思った傷跡が残る、長かった髪を切ったままにしておくなど、フレイムヘイズになった後で容姿が変化した例もある。その性質上、自然死しないという意味では「不死」と言えるが、外的要因による負傷は受け、致命傷や失血による死亡も有り得る。ただしフレイムヘイズとしての強さに比例する、人間の域を遥かに越えた治癒能力や耐久能力を持っており、表面的な軽傷はもちろん、腕が千切れるなどの肉体的な欠損も時間を掛ければ元に戻り、なおかつ傷跡も全く残らない。胸部に致命傷を負ってもすぐには死なず、“存在の力”と時間が十分にあれば完治するが、首を切断されるなど頭部の致命傷については、明確な描写がなく不明。

原作はそのままの状態で、残されている。

また、食事や睡眠などの生理行動は厳密には必要なく、それらの行動は人間であった時の行動や嗜好を習慣的に継続しているに過ぎない。汚れも『清めの炎』と呼ばれる自在法を用いる事で浄化できるため、風呂に入るなどの文化的な行動も同様である。しかし、そうした習慣を継続することには、精神は「人間」のままであるフレイムヘイズの精神を安定させ保つ意味があり、フレイムヘイズが実際に不眠不休で行動することは極めて稀である。なお肉体が成長も老化もせず「人間としての経験」も積まないため、フレイムヘイズの精神的成長は通常の人間より遅い。

まあ・・・わたしは、ひきこもりニートだからね。文学者として以外は、経験を積めない。

一部のフレイムヘイズは、フレイムヘイズとしての真価を発揮する際、日常時とは異なる外見になる。

陰陽術の意味かな。これで終わりにしよう。もう一回、原作者の動向を見てみる。

駄目だな。いまは、同じ名義では、なにも書いていない。ままならない。

まあしかし、いい加減、ライトノベル卒業しろって意味かもしれないな。なに買えばいいんだろう・・・今から探すのか。岩波の古い話し使用したいとは、あまり思えない。一個ぐらい買ってみるか。角川書店自体は、ライトノベル以外も出しているから、そっち買う程度の道は、残されている。見てみようか。

じゃあさ、灼眼のシャナを、無事に終えたら、角川書店の、普通の小説を買うよ。あと、岩波の古いの。しかし、太宰治は、買わない。理由は・・・青空にあるし、もう見たことあるから。別に使えないと思う。

フィレス:ヴェルヘルミナにはわかっている。わたしが召喚されて以降の事態の推移、ヨーハンの復活と、連れたっての遁走は、カノジョが、とらわれた中にあっても、かすかな、気配のどうせいや、カノジョたちに、百鬼夜行を、送り届けさせたことから、容易に、察しがついた。二年もの間、苦楽を、共にしてきた、間柄だから。
シデ:あなたと、ヴェルヘルミナがって意味に解釈する。ん? しかし、ティアマトと、あなたが同時に、ヴェルヘルミナと同居できるわけがないよね。

フィレス:わたしたちは、ヴェルヘルミナを使用したくなかった。
シデ:でもさ、ヴェルヘルミナは、ティアマトに使用されているんだから、別にそれでいいじゃん。

フィレス:わたしたちは、カノジョを隔離することで、わたしたちの行いから、カノジョを守った。
シデ:はい。

フィレス:わたしは、言ってくれさえすれば、わたしのできる限りのことをする。
シデ:説明して下さい。続きを。

ペルソナってなんだっけか。

ペルソナとは、自己の外的側面。例えば、周囲に適応するあまり硬い仮面を被ってしまう場合、あるいは逆に仮面を被らないことにより自身や周囲を苦しめる場合などがあるが、これがペルソナである。逆に内界に対する側面は男性の女性的側面をアニマ、女性の男性的側面をアニムスと名付けた。

シデ:わたしの、スキなように、解釈するのなら、ヴェルヘルミナと、あなたを、一致させていいもの・・にしたい。
フィレス:いつしか、わたしのつけた、仮面型の神器、ペルソナ に ひびがはいっている。内心を隠す、壁を、涙が破る、前兆のように、亀裂が入る。無力感が、わたしを襲う。
シデ:やりかたを変更すべきか。いや・・・意味がないか。

一応、ヴェルヘルミナのもとに行き、カノジョと直接会話させることもできる。どれだけ意味があるか・・・。面倒だ。

わたしが、よくわからないのは、筆者が、独白しているのか、それとも、そうじゃなくて、わたしに見せる・・・つまり、筆者のこと言っているわけじゃなく、わたしを、知らしめるために、言わせているだけなのか、どっちか、よくわからなくなる。わたし自体は、わたしのことしか、考えていない。けど、他人をマインドコントロールするために、自分の文章を、使用する人がいる可能性はある。わたしが、浅はかな存在に、過ぎないから、強力なものが、なにを企んでいるか、よくわからないため。

シデ:あなたを信じてみよう。
フィレス:理性は容赦なく、わたしの弱さを、弱いわたしが、得る結果を、えぐりだしていく。なにかを言って、なにかを残して、みんな、いなくなってしまうという、結果を。だから、みんな、巻き込むまい、かかえさせまいと、はんじ、いってしまう。
シデ:しかし、わたしは、ジュニアと、セックスしまくって、楽しかったし、そういう関係の方がいい。一応、なんかの病気のこととか、アイルランド語に関し、知識も受けたし。灼眼のシャナは、大した知識を、与えない。わたしは普通に、学術研究スキだし。ライトノベルには、それはもとめられないか。

わたしは、カレの精液を、搾り取った。

一人称小説にすべきか、三人称小説にすべきか、迷う。

リーザ:わたしには、きっと、ドイツ人の祖先がいるはずだから、家系図を調べてみた。
シデ:はい。
リーザ:おじいさんの、墓碑には、ヨハン・ディティーと、かいてある。どこかの領主の、うまやばんを、していた。ことあるごとに、おじいさんが、うまやばんだったことを、わたしは、はずかしくおもっていた。
シデ:わたしのお父さんは、空調の図面を書いている。わたしは無職。わたしのお父さんの遠い祖先は、大分県で、医者をやっていた説がある。わたしのお母さんは、花屋で、草むしりをしている。わたしのお母さんの祖先は、軽米町で、炭焼をしたり、コメを作ったりしていた。

リーザ:わたしは、チェコの伯爵。
シデ:うん。

状況を考えよう。リーザは、ちょうどチェコ人なわけだが、チェコの防空壕の中で、リーザとシデは話ししている。ジュニアは、チェコの防空壕の中にいたものの、カレは、アメリカ人。何故、チェコの防空壕に、アメリカ人がいて、チェコ人として、セイカツしているかというと、チェコ人が、足りてないので、補充要員である。しかし、補充要員の方が優れているケースも、おこりうる。

ジュニアは、あまり大層な身分の男ではない。シデは、無職の投稿作家、ジュニアも、商業作家ではない。リーザは、商業作家。リーザと、シデの場合の方が、身分差が激しい。しかし、ジュニアは商業作家ではないが、それなりに魅力的であって、リーザを上回るケースもありえる。

リーザは、シデの、股をさする。シデは、リーザに抱きつく。リーザは、シデから、距離を取ると、ライトをつける。明るくなる。この部屋は広い個室。

リーザの全身は、目も口も、濡れている。何か、膜のようなものが、カノジョの目を覆っている。カノジョは、シデを、マットレスに、押し倒す。カノジョは、シデに、口づけをする。長い口吻をする。舌で、シデの、口内の、歯まで、舐める。カノジョは、舌で、シデの、口内の、歯の、本数を、数えるように、舐めていく。

油のさされてない、門が、風で、ひらいたり、しまったりするように、リーザは、嘆きこえをあげ、うめき、もはや、シデが、まちのぞんでいたことを、するほか、なくなった。カノジョからはじめる。カノジョは、シデのことを、必要としており、すべてを、シデに、さらけ出し、ゆっくり服を脱ぐ。リーザは、シデにも、服を脱ぐように言う。シデも、服を脱ぐ。リーザは、シデが、服を脱ぐさまを、じっと、みていた。

なんか、変な気持ちである。本当に、リーザで良かったのか。でもほぼ、原作通りである。

リーザは、軍隊にいたので、下着や、スリップにも、制服のようなものが、あって、軍病院の、看護婦にも、配給される、下着を、つけていると、みせかけて、カノジョの下着は、ホテルパリで、仲買人たちの、回診を、うける、女性たちや、天国かんの、女性たちと、同じ。シデとリーザは、お互いの裸体を近づける。

自分でも考えてみよう。シデの下着は、布が少ないタイプ。もっこりする下着。色は・・・白いと思う。まあしかし、脱いでいる。シデは最近は、以前と違って、スカートをはいている。以前は、ロールヘム デニム を はいていた。中国に、いたからだろうな。カノジョは当時、中国を旅行していた。シデのスカートは、短パンと言われるタイプの、スカート。

一人称小説にしてみよう。

わたしたちは、カタツムリに、なったかのように、からから出た、濡れた身体を、近づけあった。そして、くっつけた。

カタツムリは・・・雌雄同体。双方のカタツムリは、精子を放出する、管を、相手のカタツムリに、突き刺して、相手のカタツムリに、受精させる。これによって、カタツムリは、相手のカタツムリに、怪我をさせるので、殺したりする場合もある。

生物の基本形態は、メスの方と、言われるけど、雌雄同体のカタツムリは、卵子と精子、双方持っている。精子を放出する、管を、相手に突き刺す点は、ニンゲンのオスに、ちょっと似ている。カタツムリは、メスに、精子を放出する機能を、持たせてしまった生き物のように、感じる。

リーザは、激しく、身体を揺らし、震えている。わたしはリーザみたいな、女と、付き合ったのは、はじめて。それまでとは、かなり、違った感覚を持った。注意してとか、気をつけてとか、言われることなく、すべてが、自然。

わたしは、リーザのおまけとして、見られている。リーザは、大佐や、大将に、囲まれていた。リーザは、ドイツ語も、チェコ語も、双方上手。しかし、チェコ語の方がうまい。わたしは、日本語だけできるが、魔法を使用して、どうにか、チェコ人などと、コミュニケーションをはかっている。

リーザは、金髪で、青い瞳。わたしは、双方黒い。

リーザは、眠れる森の美女のようであって、黒いハイヒールを、はいている。

色々あったけど、とばす。リーザは、わたしの顔を、抑えて、わたしの顔を、カノジョの子宮に、ぶつける。リーザは、おなかを強く、痙攣させたのち、興奮に達し、突き抜けるような、さけびごえをあげて、脇に倒れた。

わたしは、わたしの側が、挿入されたいとおもった。
ーーー
わたしは、そういうわけで、リーザとの、性交渉を、中断した。リーザは去っていった。一人称小説にも、色々あるらしい。わたしは、ジュニアを呼んだ。ジュニアは来てくれた。彼はかなり優秀な、投稿作家かもしれない。ジュニアは、膣に挿入するための、オモチャを持ってきている。わたしは、それを、刮目して、凝視する。のどがなりそう。

ジュニア:女の子の赤ちゃん、わたしは、しなければならない。
わたし:結果的に、アメリカ人の方が使える・・・チェコ人より。

インドヨーロッパ語族の、最終進化形態が、西洋人なのか、それとも、単なる、変異体の一種なのか。

投稿作家は、下層民であるが、下層民の力が強いかどうかは、大事。

ジュニアの名前は、エイダンでもある。

わたし:エイダン、来て。

Bluetooth バイブレーターの先端をエイダンは、わたしのひだに通して、わたしの汁で滑らかにしました。

エイダン:小さい子、はい。

わたしは、ディルドがあったので、それも入れる。

エイダンが わたしのクリトリスをおもちゃでこすったとき、わたしはうごめきました。お互いの視線を合わせたまま、彼はおもちゃを押し込み、わたしは、新しい充満を味わったときのまつげのはためきをした。

エイダンはバイブレーションのスイッチを入れませんでした。それをアクティブにしてから袖口に手を伸ばし、拘束具をチェックして、わたしを保持するのに十分なほどきつく締められているが、傷つけるほどきつくないことを確認しました.

エイダン:私はこの部屋を監視します。もしあなたが自由になるために怪我をするようなことをしたら、私はこれを全開にして、私が戻ってきたらあなたをぶちのめします。
わたし:どこをぶちのめすの?

わたしの目は、恐怖ではなく興味から燃え上がった。

わたし:いい子になれば、なにがあるの?

エイダンは、発情している様子。

彼は手を伸ばして、彼のペニスをなでました。

エイダン:あなたが望むものなら、なんでも。

わたしは、真顔で、彼を見つめている。目は大きい。

エイダンは、わたしの口元にキスをした、わたしは舌を出して彼を誘惑した。ただ、わたしの舌は短い。入れてほしい。

エイダンは、ちょっとの間、わたしを放置した。

彼のペニスは下がらなかったし、下がろうともしなかった。彼はわたしのジュースに指を滑り込ませ、手のひらをきれいに濡らし、余分な潤滑油のために唾を吐き出しました。わたしは、身体をくねらせた。

わたし:もっと、だきしめてほしい。

わたしは、かれにしがみつこうとする。

エイダン:いいえ。これは別のレッスンと考えてください。

カレの頭は後ろに反り返り、カレの喉の筋が膨らんだ、彼は、わたしに、カレの生殖器を、挿入しようとしない。

でも・・・なんかしらないけど、彼は射精した。

それは、わたしの胃に飛び散り、いくつかは、わたしの胸に飛び散り、わたしのきれいなピンク色の猫に対する、カレの、真っ白なものは、カレが降りるときに、安堵した様子で、喘いでいたときでさえ、彼を見てカレの歯を食いしばっていた。

でもわたしはいう。

わたし:本番はこれから。

わたしは、四つん這いになって、カレに、お尻を向ける。

わたし:わたしの、上の方の穴にいれてください。今なら、あなたのチンポは、濡れている。とてもよく入る。

そういや、デンマーク人じゃなくて、商業作家の、おしりマニアは、カタルーニャ人だった。

エイダンのペニスは、勃起しっぱなしだったので、カレは、可能だった。カレは、わたしの尻穴に、入れてくる。カレは、わたしの尻に、腰を打ち付ける。わたしは、カレがわたしの、尻穴の中に、射精したあと、カレに、もう一度、わたしの膣を、使用させた。わたしは、カレの精液を、搾り取った。

つまり、あなたは、自分の意思で、行動できる。

やっぱり、三人称小説にする。だって、カレルチャペックを越える話しが、なかなかないから。

一人称小説の中には、主役を切り替えるものもある。そういえば、小学館で発行している、ポーランド人の翻訳小説は、そうだった。ただし、わたしには、性別を一致させることは、大事であって、取引できるものではない。

以前カレと会った時、カレの名前をきかなかった覚えがある。かなりおしりマニアの男。クインシーという女をスキな、おしりマニアの男。シデは、クインシーと会ってみる。

クインシーは、アメリカ人だった時は、海軍のパイロットだった。カノジョは、以前から、筋トレや、ヨガをやっていたらしいが、防空壕に移動してからも、筋トレしている。元帥は、筋トレマシーンを導入した。

シデは、戦闘機訓練シュミレーターを使用しない場合は、ごろごろしている。こんな女が、本当にパイロットになれるのか、未知数だが、大日本帝国は、本当に、誰でもカレでも、かりだしてしまった経緯を、末期には持っている。しかし、女の場合、いくら、戦闘向きな女であっても、かりだされなかった。カノジョらは、何故か、竹槍を持たされていた。こういうのは、人材の分配方法として、効率が悪い。負けて当然である。女の方が、飛行機の操縦が下手くそという、道理は一切ないと思っている。同じか、女の方がうまいかの、どちらかと思っている。シデは、ヘタレだけど。

クインシーは、一応、ケネディをスキだと言っている。ケネディは、ケネディ大統領の意味ではなく、おそらく、おしりマニアの男の意味だと思う。ケネディという名前らしい。

クインシー:わたしの父親も、軍人で、かなり階級が高い。
シデ:世襲は無駄だと思う。スキなら、親と同じ道をめざせばいいけど、トンビはハトを産んだりする。実際は。わたしと、わたしの両親の性能の差は大きい。世襲では、効率いい人材配置ができない。
クインシー:父親の方が高い。タカとかワシが、トンビ産んだ印象やな。
シデ:あなたはこれから出世するかも、いや、アメリカ軍人の階級制度が、わからないけど、もし、下士官に一度なれば、出世する機会がないのなら、下士官のままだろうな。

クインシー:デビッドが、殺された。カレを殺した罪に、他の兵士が問われた。
シデ:まあ・・・軍人が同僚を殺したという話しと解釈しておく。
クインシー:デビットを殺したのは、フォードで、フォードは除隊させられた。
シデ:同僚を殺す軍人はまあ・・・他が優秀でも、きっと駄目軍人扱いされるだろうね。軍隊の利益にならない。きっと。
クインシー:あまつさえ、フォードは、上官だった。
シデ:へー。

クインシー:ただし、フォードは、冤罪の可能性もある。わたしは、アメリカ軍の、上層部が、外国から、麻薬の密輸をしており、フォードが、告発しようとしたので、カレを追放しただけじゃないかとも、考えている。
シデ:ふうん。そういう展開にするんだ。

これの方が、スリラー風かな。スリラーなのか、サスペンスなのか、どっちなのかわからないけど。

クインシー:わたしの父は、わたしが、海軍に入ることに関し、批判的だった。
シデ:ふうん。アメリカ人の親が、子供の教育に、かなり口うるさいのは、チャールズ・ブコウスキーの話しを見ているので、予測がついている。わたしの父親の場合、わたしが、何をしようと、ほっとく気がする。つまり、自衛隊になろうと、麻薬の運び屋はさすがに怒られる気がするが・・・。
クインシー:わたしは、父親が、わたしが女だから、そういうこと言っているんだと思っている。
シデ:ふうん。アメリカ人は、もろに男女差別する印象はある。

しかし、元帥はたぶん、男女差別しないと思う。多分。有能なら誰でも使用する。

クインシー:わたしの父は、わたしを、娘扱いする。
シデ:うん。嬉しいの?
クインシー:うん。
シデ:ファザコンファック野郎なの?

クインシーは、答えないが、シデは、そうだと判断した。

クインシー:お父さんのことを愛している。
シデ:ふうん。

クインシーの名前は、メリッサでもあるらしい。カノジョの父親は、その名前で、カノジョを呼ぶ。クインシーが、苗字なのかどうか、わたしには、よくわからないが、メリッサは確実に、人名。

シデ:あなたは会話の中では、嘘をつく可能性もあるよね。

メリッサの友達? には、ミーガンという女がいる。

メリッサ:お父さんのことは、お父さんと呼んでいる。提督とは呼ばない。この方が、カレを怒らせるのに役立つ。これは、アタマのいいおしり。
シデ:お父さん呼びする方が・・・色々効果は期待できるのかな。まあ、あなたはもしかすると、職種で判断したくない人なのかも、しれないけど。

メリッサ:コーヒーでも飲む?
シデ:別に飲まなくてもいいけどな。コーヒーは別にスキじゃない。牛乳はスキ。ところでメリッサ、お父さんを怒らせる方が、お父さんと肛門性交できる確率は、あがると思う?

わたしはそんなことしないけど。お父さんが可哀想。

メリッサ:提督とは、海軍の大物の意味。わたしには、兄が3人いて、彼らも、提督の地位を狙っている。
シデ:へー。

メリッサ:それで・・・ミーガンは、保安官代理で、熟達した泥棒猫。ヨガも上手。
シデ:泥棒猫ってどういう意味?

accomplished cat burglar

警備犬ピーナッツによって保護されている美術館から貴重なアートワークを盗もうとしている漫画の猫ローディを演じます。

シデ:わたしは、この行為を、旧約聖書を、主に対し、香ばしい香りとして、たちのぼらせて、燔祭として捧げると呼んでいる。

メリッサ:わたしは、海軍を一時期やめて、傭兵になった。家族はもっと心配した。
シデ:そうなんだ。
メリッサ:お父さんは、わたしの邪魔をできない。
シデ:うん。そうらしいね。

メリッサ:フォードはまだ仕事している。
シデ:へー。
メリッサ:フォードを善人にかえる必要がある。
シデ:どうやるの?
メリッサ:ケネディは、かなり筋肉質な男で、技師もやっている。
シデ:へー。
メリッサ:そして、タトゥーしている。
シデ:ふうん。筋肉質な日本人は少ない。それはそう。技師はいると思う。タトゥーは禁止されている。

メリッサ:でもカレとセックスしたいわけではない。
シデ:へー。
メリッサ:あとかれは、ケネディじゃなくて、リーって名前。
シデ:みなまでいってないけど、中国系アメリカ人かもな。ケネディはどういう体型なの?

中国人と、韓国人で、どっちが筋肉質好みなんだろう。とか、そういう試合をしても・・・無意味な程度の差だろうか。ただ、韓国人と、中国人には、歴然たる、自殺率の差があるけど。

メリッサたちは、リーが去っていくとき、カレのお尻を見つめていた。

シデ:尻マニアばっかだ。
メリッサ:リバウンドは、彼がコミットメントに興味がなく、ほんの少しの楽しみに興味があることを意味した。
シデ:尻軽の男なのか。
メリッサ:かれは あついです。そして、いい。
シデ:へー。
メリッサ:わたしは、カレと結婚しない。広い肩と、強い手という、娯楽のためにだけ、使用する。
シデ:おもしろいね。あなたはコーカソイドのアメリカ人なんでしょ? 性的に興味持たれるなら、中国系アメリカ人も、頑張るかもね。
メリッサ:でも、頭に浮かんだ強い手を除いて、リーではなくケネディのものでした. それらの長い指は、私に触れる場所を正確に知っていました。どうやって私を org に連れていくのか - 私はその考えをクリアするために頭を横に振った。内心、うめいた。
シデ:まあ、本命はケネディだけど、リーは、ケネディを牽制するのに使えるかもしれない程度の意味かもな。しかし、ケネディに危機感もたせるほうが、ケネディを有効活用できる可能性もある。あなたは、ケネディ役もやる人だけど、リー役はやれる?

外に出ると、危険なので、出ない方がいい。つまり、引きこもりを批判するのは、わたしを、外に出して、殺そうとしている連中の、陰謀に過ぎない。こうして、日本人の死体と、引きこもりが、どんどん増える。これが、日本人の、日本文化、自生的秩序。

メリッサ:ケネディは、地獄のように変態。
シデ:ふーん。でもあなたは、ケネディじゃないので。
メリッサ:私は実際に男性と一緒に寝たことはありませんでした。私は18歳で実家を出てそのまま軍に入隊しましたが、もちろん海軍では外泊は厳禁でした。個室があったわけではありません。
シデ:冷房は必須だと思う。わたしの場合、31歳になってから、チェコに旅行にきて、遊んでいる時に、チェコの防空壕に逃げ込んで、いまに至っている。

メリッサ:私は彼に自分自身をむき出しにしました-私の体だけでなく私の魂-そして彼は私と一緒にいました。それは一度だけのことでしたが、私たちはそれを何度もやりました。彼のスタミナは…印象的でした。
シデ:うん。ケネディとの話しでしょ。

ーーー
メリッサとの、座談会が終わる。カノジョは、部屋を退室する。ジュニアを呼ぶ。

主役を統一しない人は、あまり信用できない。

シデ:ジュニア。待っていた。変態男。

ジュニアは、エロワードを、わたしにいうようにいう。

シデ:いいよ。あなたのスキなものを、わたしに差し込んでくれ。

シデは、欲情しきっており、カノジョの生殖器は、きらめいている。

ジュニア:言葉よ、ちびっ子
シデ:まだいける。ヒリヒリするけど。

ジュニアはエロワードを言うように言う。

シデ:あなたのチンポを、わたしの・・・穴に入れてください。
ジュニア:あなたも愛してるよ、小さい子。

しかし、疲れる。欲情はする。でも疲れる。こんなことばかり、しているのは、間違っていると思う。でも、さりとて、日本人の小説が、いいわけでもなんでもない。マクロプロスの処方箋は、いいと思う。まだいいと思える。ずっとマクロプロスの処方箋を、超えるものが、現れないかもしれない。こんな人生はいやだ。

GDP高い国の文化なんて、どこも腐っているのだろうか。

洗練されてきてだるい。エミリアみたいになってしまっている。他人とセックスするたびに、利用価値があるものが、失われていく。

リリーという女が、防空壕にいて、カノジョは、ギリシャにいくように、シデにいう。

シデ:どうしよう?

カノジョは考える。つまり、わたしは考える。今回の元ネタは、三人称小説。今の状況だと、空爆による、殺し合いが、キリスト教徒の、インドヨーロッパ語族の間で、続いている。これは止めようがない。ギリシャも、荒れ果ててしまっている。しかし、シデは、反世界にいくことにする。シデは、シデが開発した、神道を利用した、呪術を使い、まず、神道の祭殿に似た、小さな祭殿を作る。そして、出入り口を作る。ゲートを作る。このゲートをトオルことで、反世界に行ける。反世界は、あまり、戦火を受けていない。シデは、神道風のゲートをくぐって、反世界の、ギリシャの、地上に移動する。リリーも来る。

リリーは、ギリシャの、灼熱の太陽に、目をほそくして、帽子のつばを、押し下げ、ペットボトルの水を、ごくりと飲んだ。

シデとリリーは、現地で、ブリタニーという女と合流する。ブリタニーは、遺跡の溝の、一角から、土や砂を、払っている。

リリー:もし、また、あなたの前で、愛って言葉を、口にしたら、この遺跡のどこかに、わたしをうめてしまって。
シデ:遺跡に興味があります。
ブリタニー:ここには、地下の、埋葬室があるから、うめてあげてもいい。
シデ:へー。

実際にあるかは、わからない。

シデ:なんか、古事記を思い出す。
リリー:いいわね。墓碑銘は、人類の起源と進化と行動について、研究を重ねながら、結局男を理解できなかった、リリー、ここに眠る。って、とこね。

リリーは、古代都市、アプテラの遺跡のむこうに、目をやった。

アプテラという地名が出てこないので、まあ、無視するしかない。実在が証明できない。

ここは高台になっていて、背後には、ホワイト山地が、陽光を浴びて輝き、前方には、クレタ海が、青くきらめいている。

クレタ海は、クレタ島の、北側の海域で、エーゲ海とは、区别される。エーゲ海は、もっと、北にある、ナイカイ。

この美しい眺めは、たいてい、リリーの、気持ちを明るくしてくれるが、今日はちがった。

ブリタニーは、腕で、額の汗を、ぬぐった。

ブリタニー:自分を責めることはないわ。カレの方が、大うそつきの、浮気者だったんだから。
シデ:発情するのは大事だけど、それだけじゃいけないんだ。なんでみんな、マクロプロスの処方箋程度のものを、作ろうとしないのか、理由がよくわからない。

ブリタニーは、バックパックに、手を伸ばしながら、遺跡のむこうで、話し込んでいる、男たちのグループを見る。

ブリタニー:幸いかれは、明日、ロンドンの、奥さんのもとへ、帰っていく。気の毒なのは、何もしらない、奥さんの方よ。
シデ:んー。お互い何も知らなければ、それで済む気がするけど、ただ、リリーは知っているってことよね。その男性が、何も言わないのなら、リリーとその人以外は、知ることはない。

リリーは、両手で、顔を覆う。

リリー:奥さんという、言葉はやめて。自己嫌悪に、陥っちゃう。
シデ:キリスト教徒は、浮気が禁止されていたっけか。あまり覚えてない。でも、その男性は、浮気しているけど、あなたは、浮気してないよね。ほかに付き合っている人がいないなら。それに、その男性も、一時的なものとしてしか、考えていなかったんだろうし。

ブリタニーは、声を尖らせた。

ブリタニー:ちょっと、かれの方が、独身だと、嘘をついた。悪いのはカレ。
シデ:そういう問題ではないのでは? というのは、リリーは、なんだろう・・・カレのスキルアップに、使用されただけなんだろうからね。

わたしにとって、じぇねこ先生は、唯一無二の存在で、あり続けると思うが、ただ、カノジョ自体には、もう、利用価値は、残ってない気がする。そういう構造みたい。リリーさんや、ブリタニーさんは・・・わたしの餌。わたしは、大抵の場合、摂食不良を引き起こしてしまう。
ブリタニー:でも、もう、リリーは、カレとは、二度と会うことは、なくなるし、わたしも、カレを殺したくて、うずうずしなくて、済む。
シデ:殺すほどのことなのか・・・? セックスした程度で殺されていたら、キリないと思うんだけど、ブリタニーさんは、そういわはるし、なんか、インド人とか、パキスタン人とかは、本当に、セックスするとか、強姦するとかした人を、殺してしまう。インドヨーロッパ語族って、そういう民族なのかと思える。

考えてみれば、パキスタン人たちは、セックスした人を、男女問わず殺している気がする。結構男女平等。
リリー:でも、その、妻の人に、カレがバレて、二人が別れるケースもありえる。
シデ:リリー。仮にそうだとしても、そのプレイボーイの人は、あなたに来るとは限らないよ。妻の人の意思による。その場合。一応その男性は、その女性を、特別扱いはしている。そこを評価するのなら、カノジョは、別れる必要はない気がする。

この男性は、なるべく多くの人と、付き合うことを、目的としていると思う。ただ、カレが、そういう方針を示すと、妻の人の側にも、同じ権利が生じる気がする。そういう話を、聴いた覚えがある。それは、絶対王政の崩壊が、そうだったとか、聴いている。つまり、王が、規範を破ったので、民衆なども、規範を破る権利が生じた。と、聴いた覚えがある。

なので、実際あなたの言う通りに、なるかもしれない。もし、その女性が、なるべく多くの人を、知りたいと思うなら。

ブリタニー:いや、わたしは、その女性は、もっと、真面目な男と、幸せに暮らすチャンスを、手にするはずと思う。
シデ:そうかな。わたしは、自由奔放になる、鍵を手にすると、言っているわけだけど。
ブリタニー:リリー、あなたはもう、カレのことを、忘れなさい。
シデ:でもさ、リリーだって、その男性と同様に、ヤリマンなんじゃないの? なら、忘れられるだろうね。

わたし自身は、何を考えているのだろうかと思う。わたしは、結婚制度など、面倒なだけで、性的な付き合いは、自由にやりたいと思っている。わたしは、捨てられて傷つくかどうかだが、もう、じぇねこ先生に、一度捨てられているので、あまり、今後誰かに捨てられても、冷ややかに感じるだけな気がする。カレルチャペックは死んでいる。でも、愛しているというよりは利用価値がある程度にしか、みなしていない気がする。能力の評価になる。恋愛とは異なる。そして、それは、リリーに対しても、同様に思える。神が、カインに、印をつけたからに思える。

リリーのアタマには、カレとの記憶が、いやおうなく、思い出されてしまう。リリーは、理想の男性を探したいから、明白なサインを見落としていた。

わたしの場合、理想の女性・・・じぇねこ先生を見つけたので、一旦これで、終了。あとは、わたしの文学性を改善していくだけになる。イバラの茂みをかきわけて、食料を探す必要がある。

カレは、アハブのイエで、婿だったからである。

婿か。婿制度か。アブラハムの子供は、嫁を手にしたはず(リベカ)だが・・・ただ、下人自体は、一旦、他人のイエに入る必要があった。

リリーのケースでは、妻を持っている、男性と、セックスしたことになっている。そう。カレがもし、リリーにぞっこんになって、結婚破棄してから、リリーのもとに戻ってくれば、婿みたいな意味になる。

ただ、この男性のもとに、リリーが自ら出向くのであれば、この男性は、婿ではなく、嫁を取る存在になって、男女の関係が、逆転する。

旧約聖書で、婿制度が大事だとされているのなら、男性は、自ら女性のもとに、出向く必要があると、みなせる。

そして、男女差別しないのであれば、誰であれ、自ら、他人のモトに、出向く必要が、あるとみなせる。

よって、シデはいう。

シデ:リリー。整いました。もし、本当に、その男性のことがスキなら、自分から、行かなきゃいけないよ。でも、わたしは、じぇねこ先生のもとに、行かないけど。逮捕されると困るからね。そういう制限がある。でも、あなたの場合、その人を、殺したりしない限りは、逮捕されないでしょう。つまり、あなたは、自分の意思で、行動できる。

カノジョは、一本の糸くず。なににも、つながっていない、一本の、孤独な糸くず。

リリー:わたし、8月は、かれと、ギリシャのしまじまを、まわる予定だったのよ。かれが、クレジットカードと間違えて、家族の写真を、取り出すまでは。
シデ:笑うところなの? カレルチャペックにも、こういう部分あるけど。

アメリカ人とか、チェコ人の、お笑いセンスは、関西人とは当然異なるだろう。

道化師の系譜は、障害者。リリーには、何か障害でもあるんだろうか。

リリー:三人の子供が、カレに、蔓草のように、からみついていた。わたしはなんで、あんな、酷い判断ミスを、してしまったんだろう。
シデ:それは・・・あなたが、プレイボーイスキな・・・そういう女だから。浅はかな女。

リリー:家族は、わたしにとって、踏み越えては、いけない一線。家族は、わたしにとっては、聖域。家族とお金の、どっちを取るかと言われたら、絶対に、家族を取る。

シデは笑う。

シデ:じぇねこ先生の場合、どうおもわれはるんやろ。家族制度・・・それはそれとして、わたしは一応、父親とセイカツしている。しかし、これは、たまたまそういう処理を、されているに過ぎず、わたしは、一人でもセイカツしなきゃいけない。人は、孤独な状態ではじまって、孤独で終わるか、あるいは、配偶者を得るかもしれない。旧約聖書では、自家受精は禁止されており、孤独な方が、普通である。配偶者を、得られないとしても、孤軍奮闘しなきゃいけないだろう。しかし、わたしは、他人の小説を利用するもので、利用すれば、孤独ではなくなる。であるなら、あなたは、わたしと相性が良さそうに思える。わたしは、単純に性欲だけに狂うのは、疲れるし、無意味に感じている。もう。
リリー:実のところ、わたしにはお金も、家族もない。
シデ:浮気女にならなくて、良かったじゃん。
リリー:かれは、わたしのことを、まったくわかってなかった。そのうえ、わたしのほうも、わたしのチェックリストに、てらして、かれを、完璧だと、思ってしまった。

ところで、この本は、ハーレクイン・ロマンスの一種。ハーレクイン・ロマンスの会社は、ハーパージャパンとか、そんな名前だった。ハーパーは、ハーレクイン以外に、もうひとつのブランドを出している。しかし、こっちの方は、値段が高いので、買わなかった。結果的に、この本は、結構使える。命の綱みたいだ。マクロプロスの処方箋・・・ないし、カレルチャペック以外に、何も見いだせてなかったからね。今まで。

シデ:おもしろいね。なにそれ?
ブリタニー:チェックリスト?

リリーは顔をほてらせる。

リリー:なるべく客観的で、ありたいの。永遠のきずなが、欲しいから。家族という、絆が。ただ、そんなにうまくいっているわけではない。今後同じことが続いたらと思うと、アタマがクラクラする。幸せな家庭を、きずくために、わたしが、男性にもとめる、根本的な、資質は、わかっている。だから、その3つの条件を、クリアしていない、男性とは、つきあわないことにしている。

シデは、ニヤニヤする。

シデ:選り好みできるわけだ。わたしは、かなり貧している一方で。
ブリタニー:興味あるわ。わたしの場合、高身長、高収入、あとは、なんか高いものあったっけか・・・
シデ:わたしは、使えればいいけど、カレルチャペックがスキなので、貧しい人に優しい人がいい。あと、インテリな人。

アメリカは・・・日本人に見せるべきものと、アメリカ人に見せるべきものを、使い分けている可能性がある。

リリーは、笑いながら、さえぎる。

リリー:違うったら、1つ目は、感情豊かであること。感情をみせない人には、興味はない。2つ目は、正直で、誠実であること。ただし、うそはっけんきにでも、かけない限り、それは知ることはできない。アシャースト教授は、正直な人だと思ったの。ええ、カレをもう、デイビットとは呼ばない。
シデ:アシャーストが、誰なのか、全然よくわからない。
リリー:えーっと、あっちにいる。

リリーは、向こう側にいる、アシャーストの方を見る。

リリー:かれは、短い付き合いの間、わたしを、幻惑した。かれは、客員の、考古学者。
シデ:幻惑? 本当じゃなかったってこと?
リリー:あなたの言う通りよ。かれは、大うそつきだった。
シデ:そうなのか。わたしの場合、カレルチャペック以外は、ほとんど誰にも興味をもてない。色々付き合ってみたけど。あなたにも、期待しているけど。
ブリタニー:わたしは、大うそつきの、浮気者といったの。
シデ:何を嘘ついたかによる。わたしは・・・嘘はついていないつもり。
リリー:わかってる。でも、そういう言葉は、つかわない。
ブリタニー:使ったほうが、すっきりするわよ。だけど、かれの話しなんかして、時間を、無駄にすべきじゃない。かれは、わたしたちが、掘り出しているものと同じ、過去の遺物なんだから。それで、3つ目の条件は?
シデ:うーん。過去の遺物かー。
リリー:明確な、家族観を、もっていること。家族なんて、不要だっていう人は、困る。とはいっても、同時に複数の、家族を持つ人も、おことわり。
シデ:さじ加減が難しいね。
リリー:ああ、かれがどうして、家庭的な雰囲気を、漂わせていたか、わかった。かれには既に、家族があったからよ。
シデ:面倒な人や。あなたが。

リリーは、しゅんとなった。

リリー:わたしのチェックリストに、重大な欠陥が、あったってことね。
シデ:話しがあえば、それでいいと思うけどな。わたしはそう思っている。あまり男女差別する意味はない。友達とセックスすればいいだけ。
ブリタニー:そうでもない。正直さを、はかる、手立てをみつける。独身であることという、条件をつける。

シデはわらう。

シデ:でもさ、リリーとセックスしてから、イエに戻っていった男性は、独身であると、見せかけていたんでしょ。いや、セックスしてはいなかったのか。まあ、どっちでもいいや。この人は当然、嘘をついていた。でも、あなたには、そんなのわからないんでしょ? なんでかっていうと・・・かれが、独身であると、みせかけていたのは、リリーの思考を、見通していたから。何故か? あなたにあまり、特殊性がないからだろうな。一般のアメリカ人は、浮気したがらないのだろう。なので、独身と見せかけるのは、結婚している人にとっては、性的なやりとりをする上では、必須の条件になる。

つまり、結婚してない雰囲気を持っている人が、本物の独身であって、その人の、告白には、信ぴょう性はまったくない。ということになる。

なので、あなたが、本当に独身なのかどうかも、これもわからないこと。
ブリタニー:とにかく、あたまをひやして、真面目なつきあいよりも、もっと、気軽な、たのしみを、みつけなさいよ。
シデ:でも、セックスだけのセイカツは、もう、疲れた。
リリー:セックスのことを、言っているの? わたしには、無理だわ。

リリーは、水をまた飲んだ。

リリー:わたしは、愛する人としか、ベッドを共にする気には、なれない。わたしにとって、愛とセックスは、きってもきれない。あなたは違うの?
シデ:そういう人なので、あなたは、未婚なんだろうな。多分簡単に結婚する人は、そんなことこだわってない。
ブリタニー:ええ、セックスはセックス、愛は愛。セックスは、楽しむもので、愛は、なにがあっても、避けるべきもの。
リリー:わたしは、そんなふうに、わりきれない。どこか、おかしいのかしら。
シデ:普通だとおもう。図太い人のほうがおかしい。みんな武士みたいに、豪傑すぎる。
ブリタニー:おかしくはない。ただ、真剣な付き合いを、もとめる分、普通の人よりも、傷つきやすいだけ。

ブリタニーは、帽子の、つばを、あげた。

ブリタニー:しんじられない。このあつさ。まだ、10時なのに。ロブスターみたいに、ゆだってしまいそう。
シデ:アメリカには、砂漠地帯がある。砂漠地帯に旅行にいけば、ギリシャ以上に、日射にさらされることができる。日本にはない。でも、佐賀市にいく予定・・・はやくいきたい。
リリー:ブリタニーは、メイン州出身。なので、ロブスターに詳しい。
シデ:メイン州ってどこだっけか。

ニューヨーク州の、北東。かなり寒そう。

リリー:だけど、今は夏で、ここはクレタ。あつくて当然。
シデ:ヨーロッパの地形は、地中海によって、北アフリカと、遮断されているのが、印象的に思える。これは、大陸が集合していく過程で、ユーラシア大陸に、もともと、たとうだった、ヨーロッパの原型が、集合して、造山して、形成されたはず。なので・・・地中海は、最初から存在していたわけだけど、ここがもし、なくて、まあ・・・中央アジアみたいな、乾燥した平原になっているとしたら、アフロアジア語話者と、インドヨーロッパ語族の境界線が、接しており、おもしろいことになっていたと思う。アフロアジアの方が、インドヨーロッパ語族より古そうだから、アフロアジアがあらかじめ、入植していた地域に対し、インドヨーロッパ語族が、侵入するような、カタチになった可能性もある。

また、地理的に、地中海がない場合は、ユダヤ教、キリスト教の、形成プロセスも、変化しただろう。アブラハムが、ウル出身だから、メソポタミアの情勢は、変わらないとして、ヘブライ人の祖先は、生じることができるが、地中海がないので、ヘブライ人の旅行行程が、変化しただろう。

ヨーロッパ人は、EUみたいな連合を作っている。仮に、隣人状態になった、北アフリカ人と、そういう連合を結成できれば、利益になる。紛争になると、マイナスになる。実際はどうでるか。

現在の地理だと、地理的に、エジプトと、ギリシャの、中間位置の存在は、海で、消されている。クレタは、中間位置になる。残った。

一神教が流行る前、アレキサンダーが、遠征して、ギリシャの領土を増やした。それから、アレキサンダーが死に、ギリシャの領土は、いくつかの王が、おさめたはず。この時期の、エジプトは、ギリシャの側に、編入された。たしか、プトレマイオス朝になっていた気がする。当時のエジプトは。だから、この時のエジプトは、今より、インドヨーロッパ的であった。
ブリタニー:いまは、数時間でも、故郷にかえりたい。肌が焦げそうな、夏なんて、慣れてない。
シデ:日本は湿度が高いが、アメリカ北東部も、湿度高そうに見える。佐賀市にいって、湿度がどんな感じか、確かめたいと思う。つまり、低緯度なわけだけど。
リリー:わたしたちは、毎年夏には、地中海の、あちこちで、発掘作業をしている。
シデ:考古学か。古代の遺跡には、絶対量がある。
ブリタニー:そのたびに、泣き言をいっている。
シデ:んー。古代文明の遺跡は、乾燥地帯に多い。メソポタミアもそう。メイン州の古代には、ネイティブアメリカンがいたと思うけど・・・遺跡なんか作っていたかどうか。

ブリタニーは、リリーの羨望を、かきたてる、長い脚を伸ばす。

リリー:その、ショートパンツをはいた、あなたって、ララ・クロフトみたい。本当に、キレイな脚。

ララ・クロフト(Lara Croft)は、ビデオゲーム『トゥームレイダー』シリーズや、それを原作とする映画に登場する架空のイギリス人。同作の主人公であり「ゲームヒロインとして最も成功した人間の女性」としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。

トゥームレイダー (Tomb Raider) は、1996年にイギリスのゲーム会社 Core Design が制作し、アイドス(2009年よりスクウェア・エニックスの傘下)が発売しているアクションアドベンチャーゲーム、及びこれを第1作とするコンピュータゲームシリーズの名称。開発は6作目『美しき逃亡者』までが Core Design 、7作目『レジェンド』以降はスクウェア・エニックス・ホールディングス傘下でアメリカのCrystal Dynamicsが担当している。リブート2作目『ライズ』はマイクロソフトが販売を担当。全世界シリーズ累計出荷・ダウンロード販売本数は2021年時点で8,500万本以上に達している。

シデ:スクエニは、日本の会社だけど、イギリスの会社と一緒に作ったゲームとみなす。えーっと、あなたの小説は、日本語に翻訳されているわけで・・・いや、ハーレクインは、日本語に翻訳することを、あらかじめ計算して、書かれるのかもしれないな。と、思った。
ブリタニー:おおむかしの、遺物をさがして、すみにくい土地を、あるきまわってきたせい。わたしは、リリーの、きれいな、ブロンドがすき。
シデ:ん?

つまり、ブリタニーの髪の色は、金髪ではない。

シデ:あるきまわるといえば、ホモエルガスターって、古生人種いるんだけど、もうとっくに滅びているんだけど、ホモエルガスターが、身長が、180cm程度で、成人で、えーっと、アフリカ東海岸、内陸部の、トゥルカナ湖ってとこで、見つかったはずだけど、腕脚が長かった。歩行に長けていたとされている。ただ、ホモエルガスターが、高身長だったに、かかわらず、現在の、ここらへんのアフリカ人は、低身長なはず。たしか。間違っているかもしれないけど。ホモエルガスター自体は、熱放散のために、腕脚が長かったとも、言われていた気がする。

まあ、ホモ・サピエンスと、ホモエルガスターは、全く別種なわけだけどさ。しかし、同じ自然条件であるので、同じ収斂進化しても、良さそうなものだけど。

ブリタニーは、みがきあげられた、オーク材の、色をした、髪を、ポニーテールに、していた。

ブリタニー:もう、あの男のことなんか、考えちゃだめ。今夜は、わたしたちと一緒に、でかけましょう。リニューアルオープンした、考古学博物館の、オープニングパーティーに、でたあと、ウォーターフロントの、あたらしい、バーにいくの。
シデ:バーは知らんけど、オフィアコドンとか、そういう・・・盤竜類だっけか。盤竜類の化石みたい。酒をわたしは飲めない。でも、化石は、考古学博物館じゃないのか。まあいいや、考古学でも。バーで、わたしは、牛乳飲むと思う。
ブリタニー:わたしの、スパイがいうには、アシャースト教授は、こないそう。きっと、たのしめるわよ。
リリー:わたしは、いけない。今朝、清掃会社から、電話があって、急な仕事が、はいっちゃったの。
ブリタニー:リリーは、考古学の、修士号を、とっている。リリー、清掃なんて、非生産的な、仕事は、やめなさい。
シデ:わたしの場合、清掃業務していると、腰いたくなってくるから、できない。考古学の意味は・・・現在の状態が、くだらないからだろうな。

修士(しゅうし、英語: Master's degree)とは、下位の学士と上位の博士の中間に位置する学位。

日本国内においては、その学制上、医学部医学科・歯学部歯学科・農学部獣医学科・薬学部薬学科の6年制学部を修了した場合、授与される学位は学士であるが、大学院へ進学する場合、4年制博士課程へ直接進学できる措置がとられている。

はくし‐かてい ‥クヮテイ【博士課程】
〘名〙 大学院の課程。 大学の学部を修了後に入学し、修士課程にあたる前期課程を含み、修業年限五年以上の履修課程を修了するもの。 修士課程修了後に後期課程に編入し、三年で修了する場合もある。

リリー:研究助成金をもらっても、学費の返済には、あてられない。はやく、ローンを、かえしたい。
シデ:ああ。学費で借金しているのか。
リリー:それに、掃除はスキ。気分がほぐれる。
ブリタニー:掃除がスキですって。信じられない。
シデ:掃除している人、沢山見かけるけど、嫌いではないんだろうな、少なくても。わたしだって、腰が痛くなければ、やると思う。ただ、やらせてもらえるかは、別だけど。
リリー:ちらかった、イエを、ピカピカに、するほど、やりがいのある、仕事はない。今夜、その仕事が、はいっちゃったのは、残念だけど。オープニングには、わたしも、いきたかった。貴重な、出土品を、いちどきに、見れるのは、当然のこと、膝の泥を、洗い落とし、ドレスアップする、チャンスだもの。でも、今夜は、緊急の仕事ってことで、報酬が、割増になる。
シデ:へー。
ブリタニー:掃除が、緊急の仕事?
リリー:えーっと、そうだなぁ。いままで、いくつかの物件を、掃除してきた。今回の場合、イエのオーナーが、きゅうに、来ることになった。いつもは、アメリカにいる。
シデ:ギリシャに? まあ、あなたたちも、アメリカ人なわけだけど。

リリーは、バックから、日焼け止めを、取り出している。

リリー:あの人は、世界のあちこちに、イエを持っているらしい。とんでもない、お金持ち。
シデ:報酬は高そうね。流石アメリカ人といったところか。

わたしは、投稿作家のアメリカ人も、目撃してしまったわけだけど。

ブリタニー:その人の名前は?
リリー:しらない。会社も教えてくれない。わたしたちが、決められた時間にいくと、カレに雇われた、警備の人たちが、中に、いれてくれるらしい。そして、4時間後には、わたしの口座に、ありがたくも、多額の報酬が、ふりこまれる。それで、おしまい。
シデ:ふーん。掃除したい人には向いているね。わたしの知り合いの人・・・は、掃除が別段スキとは言ってなかったか・・・。
ブリタニー:4時間? 一軒のイエを、掃除するのに、5人で、4時間もかけるの?

ブリタニーは、飲もうとしていた、水のボトルを、ちゅうで、とめた。

ブリタニー:それって、どういうイエ? ミノアの宮殿?

クノッソスの宮殿の最古部はMMIBに属しているが、この時期に宮殿が完成されたわけではなく、北西部と西側の貯蔵庫が最初に構築され、その後、東側の建物が構築されたと考えられている。西側の広場ではクールーレスと呼ばれる円形のピットが3つ掘られており、これらは穀物を地下に貯蔵していたとされている。また、最西部ではオリーブ油やワインなどが貯蔵されており、宮殿が構築当初から農産物の貯蔵に使用されていたことが窺える。また、中央広場東部では土器の補完や紡績の作業場として使用されていたことが推測されており、これらの発展はメサラ平野のフェストス宮殿でも見ることができ、フェストスでは古宮殿時代はフェイズ1、フェイズ2、フェイズ3の三段階に分けられているが、それぞれのフェイズで貯蔵庫、加工の場としての性格が進行している。

古宮殿時代に一度は崩壊したクノッソスの宮殿もその上に新たに宮殿が再建された。この再建は同時に行われたものではなく、徐々に造営されたと考えられている。この再建時に「玉座の間」も玉座が作られ、それを取り巻くベンチも作られたと考えられるが、この玉座が作られた経緯、その機能については現在も議論が続いている。

ただし、玉座背後の壁には一対のグリフォンが描かれているが、この一対のグリフォンが印章などに描かれていた場合、女性を守る図で描かれることが多いことからこの玉座に座って宗教的、もしくは世俗的な行為を行ったのが女性であった可能性が高い。また、「玉座の間」の南側には宮殿における信仰の中心地であったと考えられている神聖な円柱を含む祭祀施設が構築されており、さらにその奥側には神聖な供物を保管する地下格納庫が構築されていた。

この地下格納庫では陶製の蛇を持つ女神像や線文字Aが刻まれた粘土板が出土しているが、これらのものが同じ場所で出土したことは祭祀と行政が堅く結ばれていたことを示していたと思われる。

リリー:ヴィラよ。ついたら、まとりずを、わたされる。せやが、かえるときには、かえさなならん。コピーとってもあかん。
シデ:ヴィラか。

ヴィラまたはヴィッラ(villa)は、本来は上流階級のカントリー・ハウスを意味し、古代ローマが起源だが、ヴィラの概念と機能は時代と共に発展してきた。共和政ローマが終焉を迎えるとヴィラは小さな要塞化された農場の複合家屋となっていったが、中世を通して徐々に再発展し、贅沢な上流階級のカントリー・ハウスとなっていった。現代では、特定の種類の一戸建て郊外住宅を指す。

ブリタニーは、水で、むせそうになる。

ブリタニー:まとりず? おもしろそう。わたしもいっていい?
リリー:いいわよ。浴槽の、ゆかみがきのほうが、地中海に沈む、夕日をながめながら、考古学博物館の、テラスで、カクテル飲むのより、いいのなら。
シデ:考古学みたければ、ウィキペディアで見れる。わたしに、それをする才能がない以上、あなたについていくしかない。なにに一体意味があるのか・・・わたしはただ、孤独を癒やしたいだけなのかもしれない。
リリー:ああ、ゆかみがきのために、パーティーにいけないなんて、シンデレラの気分。あなたは、そのパーティーで、誰かと出会い、停滞ぎみの、愛情セイカツに、あらたな変化を、呼び込む気なんでしょ。
シデ:小説にも飽きてきたよ。しかし、カレルチャペックは、かなりの印象を与えた。カレルチャペックほどの人しか、周囲に存在しないのなら、絶望せずに済むと思うんだけどなぁ・・・

絶望している。日本人とアメリカ人は、確かに違うかもしれないが、どっちも絶望的に思える。結局わたしなんか、嗣業のない、生きる値うちのない存在に過ぎないってことなんだろう、ふぅ。植物飼育して、癒やされるしかない。

傷を癒せない。投稿作家にも、癒せないし、商業作家にも、癒せない。

ここで、マクロプロスの処方箋のまえがきを、見てみる。

老化は、組織の、自家中毒。

自家中毒・・・? なんだそれは。

自家中毒とは、普段は元気な子どもが急に何回も吐く症状が数日続き、また元気になることを繰り返す病気で、周期性嘔吐症とも言われます。 「自家」の意味は「体の外からやってきた毒物による中毒症状ではなく、自分の体の中でできた物質による中毒症状」という意味で、自分の家という意味ではありません。

どういう意味なんだ? わからない。導く白い手が見えない。結局、カレルチャペックの代替物が、どうしても見つからない。わたしは、レアリティが高いものに、ひかれる性質が、ありそうに思える。一生、カレルチャペックの小説しか、読めないなんてことになったら、いやだ。前も同じこと言った。

ブリタニー:わたしには、愛情セイカツなどない。わたしにあるのは、性生活だけ。こっちの方は、幸い、全然、停滞していない。
シデ:わたしは、リリーに近いと思う。カレルチャペックのことは、色々使っている。色々。全部に使う。言葉は神だった。であるのなら、性欲よりも、言葉の方が、もっと大事だろう。

もしカレルチャペックがいなければ、じぇねこ先生のことを、未だに引きずっていたのかもな・・・。ぶるぶる。
リリー:ブリタニー、ちょっとあなたが、羨ましい。やっぱり、わたしも、あなたみたいに、結婚に、直結しそうな、関係ばかり、もとめないで、割り切った付き合いも、すべきなのかもしれない。あなたって、一人っ子だったわよね。兄弟が、欲しいと、思ったことは?
シデ:わたしには、弟がいるけど、カレとは仲が悪い。もう会わない。カレルチャペックの場合、兄と仲良かったらしく、一緒に書いていたみたいだ。本人がそう言っている。
ブリタニー:ない。というのは、わたしの育った、小さな島では、住民全員が、大家族みたいな、ものだったから。だれが、いくつのときに、あるきはじめたとか、オールAの、成績をとったとか、みんな、全部知っている。
シデ:わたしはそういう関係をもとめているわけでは、ない気がする。
リリー:すてき、うらやましい。わたしは、子供のころ、病弱で、手間がかかった。だから、どこでも長く、おいてくれなかった。小さいときには、湿疹がひどく、軟膏、絆創膏だらけの、見苦しい子供だった。そんなこを、ほしがる、人はいない。だから、わたしは、どこのイエでも、歓迎されなかった。
シデ:リリー、なんか、ミユみたいに、あなたが見えるよ。でも、ミユも嘘つきだったと思っている。あなたもそうなんだろう。

エミリアのことは、かわいいと思っている。エミリアはむしろ、カノジョが思っているよりも、他人を悪く表現する方だと思う。
ブリタニー:やめてよ、リリー、感傷的なタイプでもないのに、胸が、痛くなっちゃう。

かなりの孤独を感じてしまっている。わたしが。何も食えなくなってしまった。末期のエミリアみたいな状態になってきている。冷静になって、もう一回、灼眼のシャナを見てみよう。

ーーー
カレルチャペックの重要な第二の点は、舞台が、わかりやすく提示されている点に思える。同時に、誰が何を喋っているのか。

ヨーハン:わたしが消えることを、フィレスは、嫌がっていた。残された時間は少ない。
吉田:これからどうするつもりなんですか?
シデ:緊急避難先だ。それに過ぎない。
ヨーハン:命が死を乗り越える方法を、みせてやろう。
シデ:どーだろーな。カスミでも食わなきゃならないってことだろうなと思う。ヨーハンさん、あなたは、わたしにとって、特別な人なのか、それとも、そこらへんの、空気と同じなのか、わたしには、違いがよくわからない。
ヨーハン:わたしたちは、創造神の、たいめいすいこう に のっかる。しきを、改変する、虎の巻も、わたす。
シデ:かなり厳しいな。退避しよう。
ーーー
ナタリア:いや、わたしが、見ていたら、おさんばさんが、赤ちゃんの脚を、動物かなにかのように、持ってぶら下げる。それから、カノジョは、カレの背中をたたく。
シデ:実際に、それが、目の前で起きているってことにするのは? 逆に、あなたたちは、大抵はそうしない。

おきている。

シデ:でも・・・止めるべきなのかどうか、よくわからない。見るしかできない気がする。

駄目だ。これも駄目だ。どいつもこいつも・・・。
ーーー
リリー:ごめんなさい。それじゃ、あなたの家族の話しを、きかせて?
シデ:もう、かなり、ぶちまけてきた経緯があるので、もう、喋りたくない。オーバーキルになっている。
リリー:わたしは、人の話しをきくのが、スキ。家族の歴史に、あみこまれた、愛や、葛藤の話しが。
シデ:もう、カレルチャペックと、じぇねこ先生以外のものは、どうでもいいとしか、思えない。
リリー:わたしにとって、家族とは、多色使いの、セーターみたいなもの。
シデ:わたしのお父さんの話をしよう。2chのひろゆきだが、かれのことは、疑わしいと思っていた。問題なのは、維新の会の、宣言と、国葬に、10億円使用する行為が、真逆になっている点である。結果的に、維新の会は、ただの、嘘つきだった。

では、維新の会でもなく、立憲民主でもなく、その次の政党を見てみよう。しかし、岩手県には当然ない。佐賀市でもないかもしれない。投票する意味などあるのか? 小選挙区制のせいだ。

ゆうしのかい というものがあるが、これは・・・コロナウイルスを対策するための政党。まあどうでもいい。

れいわしんせんぐみ。少ないけど、仕方ない。なるほど、最低ランクが一番いいというわけか。

・消費税廃止
・インボイス廃止(多分、法人税減らしつつ、従業員の給料上げる制度)
・ガソリン税廃止
・教育費無償
・社会保険料減免

いいんじゃないのかと思う。細かい点で気になるけど、スルーしよう。維新の会は、もっと、しっくり来ることを言っていた。しかし、全部嘘なら、意味がない。
リリー:さまざまな色の、毛糸が、つめたい風から、自分を守ってくれる、あたたかなものを、作り上げている。
シデ:なるほど。でも、わたしの父親は、もうすぐ死ぬ。それに備える必要がある。

この小説は、翻訳小説。わたしは、どっちを見るべきなのか。グーグルのニュースか、yahoo.comのニュースか。

グーグルのニュースは、もう、一切役に立たない。もう見ないだろう。無駄だ。完全に。

生まれ故郷のベネズエラから数千マイル離れたこの島の観光客で賑わう繁華街の石畳の歩道に立って、木曜日の夜、若い男性が携帯電話を使ってフロリダ州知事へのメッセージを録音しました。

この島って、一体どこなんだ・・・? まあいいや。いまやもう、あまり真面目に、生きる意味は、なくなっている。前も言ったけど、暴食して、太ろう。

無意識のうちに島への自家用飛行機に乗ることに同意してから約 24 時間後、50 人近くの移民のグループ (全員ではないにしてもほとんどがベネズエラ出身) は、木曜日の夜、ボランティアの弁護士が彼らの法的状況を理解するために働いていたため、宙ぶらりんのままでした。

グループの移民たちは、仕事と援助を約束してマサチューセッツに飛ぶことに同意したが、彼らがマーサズ・ヴィニヤードに向かうことを知らなかった. 島の誰も彼らが来ることを知りませんでした、そして彼らの弁護士によると、彼らは入国管理官によって偽造された米国の住所を与えられていました.

続きを読む: フロリダはかつて難民の子供たちを保護していました。今日、それらを避けていない家は免許を失う可能性があります

難民やと? ベネズエラで難民。ベネズエラに なにが起こっているのかは、言われてない。

いや、移民と言われている。

家族を支援するためにセント・アンドリュースに群がった弁護士は、彼らが島で得た援助は、彼らがそこに向かう途中で受けた治療とはまったく対照的であると述べ、移民は何層にもわたる欺瞞に耐え、飛行機に飛び乗り、犯罪の被害者である移民に与えられる保護を受ける権利さえ与えられる可能性があります。

「エージェントは、ワシントンからフロリダに至る全国のホームレス シェルターを無作為に選んで、移民の住所をリストアップしたようです。移民から、米国には住所がないと言われたときでさえも」とセルフは主張しました。

セルフ氏によると、移民のグループは、早ければ来週の月曜日にも、全国のホームレス シェルター近くの司法管轄区に出頭するよう求められていました。彼女は、移民は本質的に「誘拐された」と述べた。

「誰かが彼をマサチューセッツに送るとき、ワシントン州タコマのホームレスシェルターを住所としてリストする理由は他にありません. 人々が暴力や抑圧から逃れようとする道に障害物を投げつけるのは、ひどく残酷なことであり、その中には安全を求めて10カ国を歩いた人もいます」とセルフは言いました。「それは恥ずべきことであり、非人道的です。これらの犠牲者の多くは、明らかな損傷があったにも関わらず、医療を受けられませんでした。これらは基本的人権を奪われた人間です。」

んー。アパートに住まわせよう。しかし、アパートの壁は、厚くなければならない。防音壁か。

木造 < 鉄骨(軽量鉄骨・重量鉄骨) < SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造) < RC造(鉄筋コンクリート造)
の順に防音性が高くなるとされている。

鉄筋コンクリート造とは、鉄筋の周囲にコンクリートを流して固めたもので構成された建物を指し、RC(Reinforced Concrete)造とも呼ばれています。 圧縮する力には強いが引っ張る力には弱いコンクリートと、引っ張る力に強い鉄筋を組み合わせることで実現する、強度の高さが特徴です。 そのため鉄筋コンクリート造は、中低層から高層まで幅広い建物に用いられています。

鉄筋について非常にシンプルな説明をすると、上図を見て頂ければ分かると思いますが、鉄で出来た細長い棒状の部材というような感じになります。こうした形状の見た目通り、鉄筋はコンクリートとは反対に、圧縮する方向に力に対しては弱く、引っ張る方向の力に対しては強いという特徴を持っています。

圧縮する方向の力に対してはコンクリートが、引っ張る方向の力に対しては鉄筋がその性質を発揮して抵抗していく、というのが鉄筋コンクリート造の基本的な考え方になります。性質の異なる二つの部材を組み合わせることによって、建物の構造体となり得る部材として成立している訳です。

そう。解説すべき人物が、解説しないので、現場で働かない限り、情報が手に入らない。暗中模索。もっといい言葉は・・・。暗闇の中で目をこらし、そして、光があるなら、そこに、なにもないことに、気づくだろう。

リリーは、無意識に、ショートパンツのすそから、垂れている、糸を、引っ張った。それが、カノジョの人生を、象徴しているように、カノジョには思われた。カノジョは、一本の糸くず。なににも、つながっていない、一本の、孤独な糸くず。

つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。

つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。

  • 小説
  • 長編
  • 恋愛
  • サスペンス
  • 幼児向け
更新日
登録日
2022-09-15

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work
  1. つまり、精神病棟の、幽閉作業は、邪魔であって、ほっておいて欲しい。
  2. もし、カレに、健康被害が、一切ない場合にだけ、農薬を使用してもいい。
  3. ただ、オペレータールームって、占領されにくい位置にありそうなもんだけど。逆に。
  4. アリムビ:ただ、アルジュナ、わたしは、基本的には、恋愛を支持している。
  5. 逆に、子孫を残さないように、要求される社会はあるのか?
  6. 女は、シデの下唇を指で触る。
  7. ジュニアは、麻縄を用意する。緊縛。
  8. シデが、主役であるためには、原文引用は必須。
  9. わたしは普通に、学術研究スキだし。ライトノベルには、それはもとめられないか。
  10. わたしは、カレの精液を、搾り取った。
  11. つまり、あなたは、自分の意思で、行動できる。
  12. カノジョは、一本の糸くず。なににも、つながっていない、一本の、孤独な糸くず。