【超短編小説】半月

六井 象

 夜空を見上げる。半月が浮かんでいる。「応募券」と書かれてある。せっかく半月に切り取ったのに、応募券じゃない方を持っていったらしい。アホだ。

【超短編小説】半月

【超短編小説】半月

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-09-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted