SS57 無言の帰宅

ぷにょ

「行ってきます」と家を出た娘が無言の帰宅をした。

 「行ってきます」と家を出た娘が無言の帰宅をした。

 出迎えた父親の顔は強張り、母親のそれは紙のように蒼白になっている。
耳がおかしくなったのかと思うような無音が玄関を支配し、それは永遠に続くと思われた。
 しかし……。

 娘が「エヘヘ」と笑った。
 仰け反った父親、母親の口からはヒィッと悲鳴が漏れた。

 紫のトサカ。
 鼻にピアス。
 唇にもピアス。
 捲れたTシャツの裾からも臍を貫いた金のピアスが覗いている。
 くちゃくちゃとガムを噛みながら、忙しなくスマホを弄る指。
 一時も止まることのない貧乏揺すり。

 娘が再び少し引き攣ったように「エヘヘ」と笑った。
「これ、カレシ」

 両親は揃ってくるりと背を向けた。

SS57 無言の帰宅

SS57 無言の帰宅

  • 小説
  • 掌編
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-09-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted