何処の誰彼は知らないけれど

マチミサキ

職場のすぐ傍

いつもの出社のその道で
誰かが亡くなったそう。

詳しい経緯も知りません。

聞きたく無かったし
知りたくなかったので

朝から
挨拶代わりの様に繰り返される
その話題には
まるで興味の無いようなふり。

怖いから聞きたく無かったのですよ。

その人は
まさか今日
自分が死ぬなんて

この日が最期の日になる
その朝になるなんて

そんなの知る由があるわけもない。

そして
詳細は知りませんが
交通事故のようなので
当然加害者も居たはず。

まさか
今日
誰かの大切な存在を殺す事になるなんて


知る筈もないはずで。


人生はいつも綱渡り。


どちらがより悲劇だなんて
計りようも。

怖いくらいに夜空に輝く
金色の月に
せめて

願わずにはいられない
どうか、どうか、と。

貴方だって
例外ではないのですよ。

だからさ

だからですね!

逆上せないで
慎ましやかに
何時だって
誰にだって
どんなものにも
思いやりを

譲り合いを!

御冥福を

そして救いをも

現世のすべての命に



に無理にでも



いなが

ら。

何処の誰彼は知らないけれど

真に目指すべき到達地点から
我々
惣別な人類側は
逸れて進んでしまっているのでは?

いえ

誘引されているのか、も

そうしたほうが
とても都合の良い

何方か!に。

・・・

いえいえ
居て欲しいのではなく
存在しない方が良いのですけど。

何処の誰彼は知らないけれど

月をみあげながら

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2022-09-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted